うしろすがたのしぐれて行くか


コウレンレンタルCGI

2017-10-25

いよいよ

 僕にとって映画原体験が『スターウォーズ』。もちろんそれまでにも映画館映画は観いてたが、あの開巻、巨大戦艦が頭上を馳せ抜けて行く大迫力に、バチッと眼を見開かされた。

 そして、映画に「ハマった」のは『ブレードランナー体験。公開数年経っていたがまだ当時あった大毎地下という名画座で鑑賞し、衝撃を受けた。鑑賞後何度も胸の内で反芻した。以後、ずるずると映画の深みにはまっていくことになる。

 最も繰り返し観ているの映画がこの『ブレードランナー』だ。何バージョン存在し、発表されるたびに見返した。もちろん原作も読んだが、ある意味理想的映画化作品ではないかと思う。両者は全くの別物でありながら共に甲乙つけ難い名作であり、共に作り手の個性を最大限発揮した作品であるゆえに。

 その『ブレードランナー』の続編が、いよいよ今週末公開される。ドゥニ・ビルヌーブ監督自身が、最初にこの企画の話を聞いたとき「最悪の企画だ」と思ったという。同感だ。あのエンディングのあと、どうなったかなんてわかってはいけない。それに、あの奇跡映像美をどうやって継ぐのか。二番煎じではいけないけれど、しっかりと継承していなければならない。そんなもの、できるわけがない。「まあ、よく頑張って作ったと思うよ」なんて続編は要らない。そう思った。

 だが、今はもう一刻も早く観たい。好意的な宣伝もされているが、監督に興味があることと、理屈ではない「予感」がある。これは観ておくべき作品だ、と。

 鑑賞後に改めて感想は書くと思いますが。いや、書けないかもしれない。自分の中で「こなれる」までは、たぶん暫く言葉にするのは難しいだろうと思う。

ぼの2ぼの2 2017/10/26 10:34 台風は大丈夫でしたか?関西も大変だったようですが、選挙速報が優先されて台風の情報が少なかったとか。

「銀河鉄道999」では、人間が機械化して永遠の生命を得たために、人間らしさを失ってしまいました。
「ブレードランナー」は数年の寿命しか与えられない人造人間が、人間らしく生きようともがく物語といえるでしょうか。
映画楽しみですね。

2017-10-09

消せるボールペン

 三菱が出した消せるボールペン、ユニボールR:E。消せるボールペンといえばフリクションですが、あれは書き味が悪く感じられたのですぐ使わなくなり、その後興味はありませんでした。

 今回は楔さんがこのペン対応のグリップを出されたので使ってみる気になりました。会議メモなどには、確かに消せるボールペンは便利ではあります。

 良くも悪くも特徴は、消すときには固定されるてっぺんノック機構でしょうか。

 書き味はフリクションよりいいような気がします。肝心の消す機能ですが、消したときは「あ、いけるやん」と思ったのだけど、後で見たら少し色が戻ってる。もう1回消したら見えなくなりましたが、これは少々マイナスかと。

f:id:sa10kazu:20171002133054j:image

ぼの2ぼの2 2017/10/26 10:11 最近は手書きすることが少なくなったうえに、書く場合は文字が消えては困る書類だったリするので、「消せるボールペン」を使ったことはありません。
画期的なことなのはわかりますけど。
パイロットと三菱鉛筆との間で特許について揉めているようですが、うまく解決して、いい製品をつくってもらいたいですね。

2017-10-05

気づくとこんなに更新怠ってた!

 で、とりあえず。

http://www.msn.com/…/%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%9…/ar-AAsVUIm…

 素晴らしい!!

 カズオ・イシグロさん好きです。もちろんハルキ様の受賞も心底願っておりますけれど。

ぼの2ぼの2 2017/10/09 11:25 落胆するハルキストが、秋の風物詩·秋の季語になってしまいました。
カフカ賞を受賞した作家がノーベル文学賞も受賞する、ということがあったから村上春樹への期待が高まったのでしょうね。
しかし、「ブックメーカー」が名前を挙げているだけで、実際ノーベル文学賞の候補になっているのかはわからないですよね。本当に受賞したらいいですね。
カズオ・イシグロの「忘れられた巨人」「日の名残り」読んでみたいと思います。

sa10kazusa10kazu 2017/10/09 18:59 書店からカズオ・イシグロの作品が消えてしまって少々笑ってしまっております。読んでみたくなりますよね。
これで村上春樹の受賞は遠のいた(出身国の問題で)という話もありますが、どうなんでしょうね? 僕の中ではカズオ・イシグロって完全に英文学の人なんですが… 多少生まれた国の影響もそりゃありましょうが。

2017-08-03

 サンタロウノヒで今日ドーナツが貰えるらしいんですが、ほぼ興味ないんで寄らずに帰ってきたら妻が激怒

なんかアレむっちゃうっとおしいんですけと。

 欲しいもんは欲しいときに欲しい数だけ金払って買うから。貰えるもん貰えへんのは愚かやというこの圧迫感がむっちゃ嫌いです。

ぼの2ぼの2 2017/08/03 20:27 「サンタロウノヒ」は「英雄(au)」ユーザーだけの特典のようですね。…ぼくには関係ないわけですが…。
シネコンの中にも「英雄(au)」ユーザーだけの特典があるようですね。
…ドーナツがほしいというよりも、せっかくの特典を何故利用しないのか、ということなのでしょうか。
…ご主人、大変ですね〜。

sa10kazusa10kazu 2017/10/05 23:08 その後も三太郎の日は続いている訳ですが、もう妻も何も言わなくなりました。
ほんま労力割くのがアホらしいです。なんて間違っても口には出しませんが!

2017-07-29

意地。しかし…

 「スパイダーマンホームカミング」、面白そうだけど… 僕にはひとつ、腹に据えかねてることがある。

 他でもない、前のシリーズ「アメイジング・スパイダーマン」が明らかに中途である2作目で強制終了させられた件だ。

 サム・ライミ監督シリーズ三部作は好評のうちに終わり、リブートして新たな三部作としてスタートした「アメイジング・スパイダーマンシリーズ。1作目から明らかな伏線があり、監督は最終第3作ですべてを回収する心づもりだったろう。2作目だって新たなバトルがスタートする瞬間で終わっていて、この新たな戦いを心待ちにしたファンは多かったはず! 少なくとも僕の周りではそうだった。

 制作サイドの皮算用としては不入りだったのだろうか。それともキャストスタッフと制作サイドで何か揉めたのだろうか。ビジネスから興行収入の加減で打ち切りになると言う話は珍しくはないだろう。けれど、あれだけ人気があって、しかも誰の目にも続きがあることが明白なものを。例のマーベルシネマティック・ユニバースだか何だかの展開でアベンジャーズに何とかスパイダーマン組み込みたくなったから正規シリーズの方が邪魔になった、というようにしか僕には見えない。

 ということで、新たに始まるスパイダーマンシリーズには何の恨みもないけれど、制作会社のファン無視のやり口が気に入らないので以後の新作は絶対観ない! と決めていたのです。まあ僕がほざいたところで痛くも痒くもない話です。しかも、もう決意が揺るぎそうになっています。

ぼの2ぼの2 2017/07/30 10:56 「スーパーロボット大戦」というゲームを知ってますか。マジンガーZやガンダム、マクロスとかスーパーロボットが共闘する夢のようなものです。
最近はゲームそのものをしなくなって、登場する作品も知らないものが増えたので、遊ぶことはなくなりましたが、現在も新シリーズが発売されている人気ゲームです。
それぞれ作品の世界観が違うわけなので、一つの世界に収めるのはもともと無理。
「パラレルワールド」で「お祭り」的な作品ですね。
「アベンジャーズ」シリーズもそういう感じですかね。(ただ「アベンジャーズ」になると「アメリカの(独善的な)正義」っぽい感じがします)
あと、「大人の事情」「舞台裏」が見え隠れすると、熱が冷めちゃいますね。

sa10kazusa10kazu 2017/08/04 05:59 「スーパーロボット大戦」って聞いたことあります! ずっと続いてるシリーズなんですね!
「魔界転生」なんかもそうですが、もし○○と○○が闘ったら… というのは楽しい夢で、それはよくわかります。でもおっしゃる通り「お祭り」ですよね。
最近あっちもこっちも○○ユニバースとかいう展開で別々のヒーローや怪物を同じ世界観に置いて多数作品に足を運ばせようとしてますが、やり過ぎだと思います。ましてや↑のようにそれのために正規のシリーズを途中で潰してしまうなんて言語道断ですよ。
なんかマジになって怒ってる自分が笑えてきた…

2017-07-27

文学踏査

 二泊三日のフィールドワークで奈良に行っていました。国語科の一年生が全員参加するという、なかなか大掛かりな行事です。

 日本で唯一の国語科という専科を持つ学校としての矜持を感じました。生徒の中にはただしんどかったという感想しか持たない者もいるかと思いますが、だんだんとわかってくるのではないかな。

 行程の要所要所でミニ講義があります神職さまや学芸員さんにもお話をしてもらいますが、我々国語教員9名、担任社会科先生一人もそれぞれ担当します。

 A4両面のプリント一枚だけが道具で、他に何もない屋外で、炎天下だったり雨降りだったりする中での講義ですから教室以上に力量が問われます。そうした条件でそれぞれ個性を発揮する先生方の講義を見られることが、僕などにはものすごく面白かった! 勉強になり、刺激になりました。

 もしかしたら一番得したと思ってるのが僕かもしれません。

 もちろん僕もひとつ講義担当しました。来年度に向けて、もっともっとブラッシュアップしていきたいと思います

ぼの2ぼの2 2017/07/30 09:38 たしか二ヶ月ほど前に話題に出てましたが、まさかこんなに暑い時期に行くなんて…。高校生は元気ですね〜。
外部の方のお話しや先生方の講義も含めて、貴重な経験になったことでしょうね。
「国語科」というのが設けてあるのですか。初めて聞きました。
昨今ビジネス的視点から、英語教育が重視されていますね。
でも高等な思索を母国語でできなければ、いえ高等でなくても、母国語でものを考えることをしなければ、結局のところ国力、国際的競争力は低下するのではないでしょうか、と思う今日この頃でございます。

sa10kazusa10kazu 2017/07/31 06:13 本当に、その通りだと思うのです。「国語科」という専門科を設けている高校は全国で唯一と聞いています。保護者としては不安あるでしょうけどねえ、ソコ行って進路・就職はどうなん? って。それだけに補習やこういった行事には力入れているようです。
今回は「珍しく」救急車を一度も呼ばず、誰も倒れなかった。
こう聞くとかなり命がけの行事ですね…

2017-07-19

接客

 この夏こそは連休を取って、家族旅行に連れて行こうと思う。知っていますか。石川県にウルトラマンスタジアムという施設があるのです。そこを中心に、温泉にもつかって来ようかと。

 まだ僕の休める日が定まってはいないのですが、妻が近くの旅行会社に行って資料を漁った上で、窓口の人に相談したようです。なにしろこのウルトラマンスタジアムを含めた観光コースの案というものがどこにもないらしく(つまりおそらくはそれほどマイナーであり、近隣にな〜んもないのでしょうね。あ、取手フィッシュランドという遊園地内の施設だということは承知してます!)、何かアドバイスしてもらえるかなと。

 ところが対応してくれた方が、「ないですね」以上。

 「研修生」という札をつけていたようなので、ベテランのように知識はないのはわかりますが、それならちょっと調べてみるとか、知ってそうな先輩に聞くとか、何かできるでしょ。ただパンフレット見て「書いてある通りです」と。それ以上何も言わないので、妻が「じゃ何もないんですか」と聞くと、先述の解答。「ないですね」。

 この人、絶対この仕事辞めた方がいいですね。接客全般向いてないと思う。パンフレット以上の接客ができないんだったら、それこそそういう窓口要らんでしょう。旅行慣れしてなくて、ネットでの情報収集も苦手というような人がわざわざ出向いて、接客型の窓口に行くんじゃないん? 対応できないというより対応する気がない。ある意味僕も接客業という側面のある仕事してるので、こういう奴の話聞くとムチャクチャ腹立つんですよ。よっぽど僕がもう一度出向いてそいつ探して話聞いたろかと思いましたが、さすがにそこまでヒマではないので、もっと有効情報収集に努めます

ぼの2ぼの2 2017/07/20 10:27 まぁなんともやる気のない接客ですね〜。
たぶん、本当に就きたい仕事には採用されずに、広い意味で旅行関連ということで、仕方なく…ってところでしょうか。
小さくても成功体験を通じて、その仕事の「面白さ」が分かり始めたら変わってくるのでしょうけどね。
ちょっと検索しただけでも、フィッシュランドから少し行ったところに辰口温泉、いしかわ動物園がありますよ。
おとなりの小松市には航空プラザという博物館、こまつの杜という建機の博物館兼加賀の自然に触れられるところがあるようですよ。
ところで8月はじめには大阪高島屋でウルトラセブン50周年の催し物があるようです。ええなぁ…。

sa10kazusa10kazu 2017/07/23 05:25 なるほどそうかもしれないですね。
不本意な仕事に就いて頑張っている人は多いのだろうな。どんな気持ちで続けるかは自分次第なんですが。
なんか結構周辺にもあるんですね! 行程練るのが楽しくなってきました! 京都では確か春にセブン50周年やってたと思います。大阪は夏やるんですね? これもいいこと聞きました!