ナツヤキタマゴ。

RSSフィード この日記をはてなアンテナに追加

C/W 「豆の使いやあらへんで!!」

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2010 | 11 | 12 |

2007-03-29-木

[]「にょきにょきチャンピオン!」DVD 02:14

SSAに向けて、ライブDVDを見直してみる……

 

実は8人時代のライブDVDはあまり見れないのです、なんかツラいと言うか。

で、ライブDVDを見ようとすると「にょきにょき」か「夏夏」なワケですが、個人的に「夏夏」の雅ちゃんはなんとなくピンと来ないんです。(雅ちゃんゴメンナサイ!) 
そんな感じで「にょきにょき」を見るコトが多いんです。

まぁそういう消去法的なコトは関係なく、このコンサートは素晴らしかったので、何度見ても良いですね。

実際に見に行った時は、なんだか泣きながら見ていましたw。(涙腺の緩い中年のオッサンで申し訳ない)

一番グッと来るのはアンコールで「友情 純情 oh 青春」が始まるところ。
なんと言ったら良いんですかね……最後にハジケる感じが心にガツンと来ると言うか。

このDVDに収められているのはもう1年近く前のコンサートなワケで、もっともっと成長したBerryz工房にSSAで会えるコトに期待が高まっております。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sabi-oh/20070329

2007-03-28-水

[]デビュー曲「あなたなしでは生きてゆけない」 03:05

 

今聴くと、つんく♂ボイス、というかコーラスが驚くほど鬱陶しいw。(「行くZYX!FLY HIGH」も同様だった。) 
まだ幼く細かった彼女たちの声をサポートしたくてこのようなアレンジになったのだと思うが。

初めて聴いた時の印象は「だいぶ背伸びした曲を歌わせてるな…」と云う感じだった。(「FIRST KISS」も同様だった。) 
しかし、そういう曲の方が後々に残る曲になる気がする。

多くの方がお書きになっていると思うが、「あなたなしでは生きてゆけない」のPVはさいたまスーパーアリーナ(ヲタ用語だと「SSA」)で撮影されており、PVのラストでは「いつかコンサートをここでやるぞ」というような表情のBerryzたちが235扉からアリーナへ入ってくる所を写して終わる。その「夢の舞台」でBerryz工房は来る4/1に単独コンサートを行う。

そんなさいたまスーパーアリーナで、彼女たちがどんな「あなたなしでは生きてゆけない」を聴かせてくれるのか、非常に楽しみにしている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sabi-oh/20070328

2007-03-27-火

大きな夢にはいつも 
小さな悪魔がいて 
甘い言葉でいつも 
乙女心 奪う 

−「乙女ナゾナゾ」 THE ポッシボー

[]無題 01:50

歌が好き。

ハロプロメンバーの歌声が好き。

 

彼女の歌を再び聴ける日が来るコトを、こんな私でもずっと祈っていた。

あの子の隣に並んで立つ彼女の姿を想像して。

それが叶わないコトが残念。

 

私が思うのはただそれだけ。

[]Kindai 5月号

Kindai (キンダイ) 2007年 05月号 [雑誌]

 

℃-uteパーフェクトガイド」と云う特集があって、すごく嬉しいです。
各メンバーに質問が100個。

「Q98 夢はかなう?」と云う質問。
まいまいの「悪い事をしなければ、神様は夢をかなえてくれると思います」と云う答えもかなりグッと来るモノがありますが…… 
舞美さんの「かなえます」と云う簡潔な答えに舞美さんの強い意志を感じました。

泣きました。

コメントレスれす〜

>舞美にビキニをサン
写真集に何を期待するかは自由なのですがw、ワタクシの知人に「舞美さんの水着姿が他の人にはストロング金剛に見える呪いをかける」とおっしゃっている方がいらっしゃるのでお気をつけ下さいww。それはともかく、℃-uteメンバー初のソロ写真集、期待したいです。

>モリオ氏さん
そっか……3人同じ誕生日でしたね。まぁ同じ誕生日だからと言って同じ道を歩むコトは無いワケで、ワタクシだってあの偉い人と同じ誕生日なのにとか言われたら返す言葉もございませんw。
それはともかく、まいまいと舞美さんには険しい道であるかも知れないけど、陽の当たる道を歩んでいってもらいたいものです……

舞美にビキニを舞美にビキニを 2007/03/27 07:52 舞美の水着姿楽しみ。エロいのをたのんます。ビキニ、ビキニ、・・・・。

mari-osimari-osi 2007/03/27 22:56 2月7日生まれAB型のまいまい好きな言葉は「感謝」だしとても好感が持てます。そのままそのまま育って欲しいです。
あの子も2月7日AB型なんですよね・・・なんだろうこの差

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sabi-oh/20070327

2007-03-26-月

[]THEポッシボー 1stアルバム「(1)Be possible!」発売記念追加インストアイベント @ 亀戸サンストリート 3/24(土) & 大宮アルシェ 3/25(日) 03:00

2日続けてTHE ポッシボーのイベントに行ってまいりました。

土日共にオープンスペースでのイベントでした。
土曜日は亀戸サンストリート。THE ポッシボーがここでイベントを行うのは4度目でしたっけ?

衣装が野球のユニフォーム風、そして半袖・ホットパンツで更に腹出しとちょっと寒そうでしたが、とても可愛らしかったです。髪型も、編み込んでいたり、三つ編みだったり、まとめていたりと、いつもと違ってバラエティに富んでいて素敵でした。
THE ポッシボーのブログでロビンが書いていますが、あっきゃんの髪の編み込みはごとぅーがやったそうです。

歌った曲は、以下の通り。

1.主食=GOHANの唄

2.危い土曜日

3.可愛いゝひとよ (ロビン・あっきゃん・ごとぅー)

4.メロンのためいき (かえぴょん・はしもん・もろりん)

5.ヤングDAYS!!

3人+3人で分かれて歌うのを、ワタクシは久しぶりに見たので嬉しかったです。

大体そういう時は、あっきゃんかはしもんが中心で歌う感じです。歌の面ではこの2人につんく♂Pは特に期待しているように思います。その上で3人+3人で分かれたり、変幻自在な所もTHE ポッシボーの魅力かなぁ、と。

記憶力が悪いので、MCとか詳しく憶えていないのですが、花見についてのMCでロビンが自らのコトを「日本人としては…」のように言った時にごとぅーが「日本人?!」と突っ込んで、周りに「ごとぅーが初めて突っ込んだ」と言われていたのが印象に残っていますw。

 

日曜日は大宮アルシェ。朝から大雨だったのですが、イベント直前に小降りになってきて、歌っている最中は止んでいて、歌い終わったらまた雨降ってきて、とTHE ポッシボーはス天気も味方につけたなぁと思いましたw。ロビンがMCで「もろりんが雨女なんですけど、ワタシは晴れ女」とか言ってましたがww。

衣装は、「ヤングDAYS!!」の制服風衣装のリボンがスカーフに変わったような感じでしたが、ライブで見ましたっけ? あんまし憶えてませんw。

曲は…

1.ヤングDAYS!!

2.初恋のカケラ

3.主食=GOHANの唄

4.乙女ナゾナゾ

5.SWEET&TOUGHNESS (GTT倶楽部2名がギター形のバルーンを持ってバックダンサー)

歌う曲が毎度毎度違うのは何度も足を運ぶファンへのサービスかなぁと思いますが、アルバムのイベントのハズなのに、アルバムと関係ないカバー曲:「可愛いゝひとよ」や「メロンのためいき」や「SWEET&TOUGHNESS」を歌うのは、どうなんでしょ? まぁワタクシは嬉しいですけどw。

 

毎週イベントを行っているのにイベント情報が直前に発表になったり、THE ポッシボーの方針がよく分からない所もあるのですが、イベントをこなしていくコトによってパフォーマンスの面では成長していく部分もあると思うし、気長に見守っていきたいと思います。

コメントレスれす〜

>博多駅前さん
そうなんですよね、自分もちょっと思っていたら、港湾さんもおっしゃってましたw。
THE ポッシボーが誰に対して商売しているのかと言ったら毎回同じ数百人のヲタなワケで、駅前さんが某所でお書きになっていたようなコトとも関係してくるのですが、そういう「害」の面を棚上げして考えると、いろんな曲を歌うコトで私のようなファンは嬉しいし、彼女たちにもプラスになれば……と楽天的には思います。

hakata_ekimaehakata_ekimae 2007/03/26 07:08 そう言えば確かにアルバム発売イベントなのに関係ない曲ですな(笑) もうその辺の感覚が麻痺してしまった…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sabi-oh/20070326

2007-03-22-木

[]「超劇場版ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!」 03:20

「ケロロ軍曹」はテレビで放映が始まった頃はよく見ていたのですが、最近見てなくて。でも、辻ちゃんが映画に出るっていうんで見てみたくなって映画館に行ってまいりました!

なるべく映画のネタバレはしないで、辻ちゃんに関してほんのちょっと書きますね。

辻ちゃんが本格的にアニメの声優として出演するのは初めてですよね? 
ミニモニ。じゃムービー」とかミニハムずとかはありましたが。

 

で、結論から言うと……すっごい辻ちゃん良かったです!

役どころは、どこかのポータルサイトの映画紹介から引っ張ってくると、「水の惑星マロン星から地球に来たメール王子と従者マール」ってなってまして、その「従者マール」を辻ちゃんが演じています。
今回の映画では主人公のケロロ軍曹たちの敵役なワケですが、全然憎らしさとかは無くてむしろ可愛らしいんですよ。
マールはメール王子の従者なので基本的には丁寧な言葉遣いで従順な感じで、その喋り方が全くいつもの辻ちゃんから想像つかないようなかしこまった感じで。更に、そういう喋り方の中にメール王子との関係の機微を感じさせるようなカワイイ感じがあって。メール王子に対するマールの気持ちを声で上手く、そして可愛らしく、巧みに演じていたと思います。

映画としてもなかなか面白くて感動してしまうのですが、ワタクシは辻ちゃんの声の演技の上手さにビックリして感動してしまいました!w

 

4月から始まる日曜朝のテレビアニメでも声優をやるそうですが、「声優・辻希美にかなり期待しちゃいたいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sabi-oh/20070322

2007-03-20-火

[]THE ポッシボー 1stアルバム「(1) Be possible!」発売記念イベント @ 秋葉原・石丸電気soft2 7F 3/17(土) 03:45

多くのメンバーが「(イベント会場として)此処が一番好き」みたいなコトを言っていました。

私は昨年秋以来、個人的事情で秋葉原の石丸電気に行くのを避けていて久しぶりに秋葉原の石丸電気でポッシボーを見ましたが(時東さんのイベントには一度行った)、「ホームグラウンド」的な会場で楽しそうなメンバーたちを見たら、秋葉原の石丸にもまた来ても良いかな、と思いました。

ただ、人気が此処に収まるようなアイドルで終わって欲しくはない、ですよね。

 

歌った曲は、

1.主食=GOHANの唄

2.初恋のカケラ

3.乙女ナゾナゾ

4.危い土曜日

5.ヤングDAYS!!

の5曲。
何度も書いて申し訳ないですが、「乙女ナゾナゾ」と「危い土曜日」の並びがカッコ良くて大好きです。好きすぎてバカみたいですw。

 

MCとかでは、はしもんが非常にしっかりしていると思います。喋る所になると、ハッキリ言って他のメンバーは「天然」な可愛らしさが大きい魅力だと思うのですが、はしもんは言いたいコト・伝えたいコトをしっかり言えていると感じます。
もろりんは、一番年上だからしっかりしなきゃ的な意識があるようには見えるのですが、それほどしっかりしてなくてw、逆にそこが可愛らしくて癒される感じです。でも、首都圏UHF局で放送されている「ごはんミュージアム」の料理コーナーでは上手いコメントを言えるようになってきたりと、徐々に成長している気がします。
あっきゃんは、喋りではあまり深く考えてないようにワタクシには見えますw。あまり考えてないような、そんな「勢い」的な部分も「センター」に居るコトの多いあっきゃんの良い意味での「素質」かなぁと思ってます。
ロビンは結構「ツッコミ」役になるコトが多いです。でも、とてもしっかりしているかと言うとそうでもない所もあって、そこがまた可愛らしいと思います。
ごとぅーはメンバーの中で一番年下なせいか、ちょっと舌足らずな喋り方もあってか、みんなの妹的なポジションのように見えます。意識してボケてるのか、天然なのか分からない所もあります(多分、天然な部分が強いと思いますがw)。
かえぴょんはきっと非常に頭が良いと思います。そんな聡明さが天然さに包まれて、嫌味無く可愛く見える気がします。

なんとなく、メンバー6人の印象を勝手にまとめてみましたw。

 

THE ポッシボーはこのアルバム発売のイベントは先週水曜から毎日行っていて、更にはこれまでも毎週のようにイベントがあるというスケジュールをずっとこなしていて、また今度の水曜・日曜にもイベントがあるのですが、疲れを見せず笑顔で歌う彼女たちはホント頑張っていると思います。
以前は3人・3人で分かれてイベントを別々に行ったりもあったのですが、最近は全員でのイベントが続いています。
ファンとしては彼女たちに会える機会が多いのは嬉しいのですが、ホント体に気をつけて頑張って欲しいと思います。

[]「モーニング娘。コンサートツアー2007春〜SEXY 8 ビート〜」@ハーモニーホール座間 3/18(日) 昼公演

とりあえず、あまり大きくネタバレしないように、ほんのちょっとだけ感想書きますが、全然しないと云うのも無理なので、ゆるくネタバレしつつ書きます。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sabi-oh/20070320

2007-03-17-土

カミさん推し 11:17

カミさんが今、横浜・石川町で、カミさん含めて4人のメンバーでグループ展を行っています。
もう、今日明日で終わっちゃうんですけど、お時間おありの方よろしければ見てみて頂ければ……と思います。

詳しくは↓のカミさんのページにて。よろしくお願い致します!

http://www.clayweb.net/~miyako/

[]1stアルバム『(1)Be Possible!』

1Be Possible

1Be Possible

THE ポッシボーの1stアルバムが発売になりました!

6曲入りで、今までのシングルが3曲、新録オリジナル曲が1曲、新録カバー曲が1曲、そしてあと1曲はイベント等でよく歌われていてシングルVにも収録されていた「恋するニワトリ」と云う、あまり目新しさの無いアルバムなんですがw、それでも1stと云うコトでめでたいです!

 

目新しさが無いとか言いつつ、新録オリジナル曲の「乙女ナゾナゾ」がめちゃめちゃお気に入りです。
イントロのエレピっぽい音(打ち込みみたいですけど)、そしてつんく♂ボイスと思われる「Want You!」の声に高まります。オッサンなワタクシは、「Want You!」の掛け声に敏いとうとハッピー&ブルーの「星降る街角」を思い出したんですけどw、そんなムード歌謡的な所や、'70〜'80年代風のマイナー調アイドル歌謡的な所がありつつ、THE ポッシボーのフレッシュな歌声を得て現代に蘇った曲のような印象を感じます。

また、キャンディーズのカバー第3弾「危い土曜日」も良いですね。「乙女ナゾナゾ」も似ているんですけど、マイナー曲調が恋愛のハラハラドキドキな部分を上手く描き出すような、胸を締め付けられるような、なんとも言えない感覚がたまりません。キャンディーズの歌はハモリがよく使われていて、それも聴いていて楽しいですね。
THE ポッシボーキャンディーズのシングル曲をデビュー曲から順にカバーしていて現在3曲目、つんく♂PはTHE ポッシボーキャンディーズのシングル曲を全部カバーさせるつもりでは?と囁かれていますw。)

 

つんく♂PはTHE ポッシボーに昔のアイドル歌謡的な曲を歌わせたいのかなぁ。2ndシングルの「初恋のカケラ」もそんな感じですし、カバーもいっぱい歌っていますし。
単なる懐古趣味ではなく、昔の曲の良い部分を現代のアイドルTHE ポッシボーがカッコ良く蘇らせているように思うので、若いファンにも気に入られると良いなぁと思います!

[]さいたまスーパーアリーナに向けて

4/1(日)のBerryz工房さいたまスーパーアリーナでのコンサート、FCからのチケットも届いて、もうすぐなんだなぁと云う気持ちになってまいりました。

1月の横浜アリーナでのハロー!プロジェクトのコンサートで「胸さわぎスカーレット」を歌った時、曲の途中でBerryz工房が花道を歩いてきたんですけど、その時にBerryzたちのパフォーマンスがアリーナを圧倒するような、Berryzたちの気がアリーナに満ちるような、背中がゾクゾクする感覚をおぼえました。
広い会場で歌うと云うのは、何と言うか「パワー」が歌手に必要だと思うのですが、Berryz工房はそういうアリーナクラスの「パワー」を持っているとその時に感じました。

そういった意味でもさいたまスーパーアリーナでのコンサートが楽しみです!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sabi-oh/20070317

2007-03-15-木

[]岡田ロビン翔子さん誕生日 03:15

14歳の誕生日おめでとうございます!

ワタクシがロビンを初めてちゃんと見たのは2005年暮れのミュージカル「34丁目の奇跡」。
その時は歌が上手いとも、演技が上手だとも思わなかったんですけど、とにかく「カワイイ」と思いました。舞台の上でもカワイイ普通の少女でいられるコトも才能ではないかと。

その後、ハロコンでは「あ、ロビンいる」と思うコトもありましたが特に注目して見てはいませんでした。(夏ハロでは確かテンガロンハットを被っていて見つけやすかったw)

再び注目したのは昨年夏の「コトブキ珈琲」。またしても演技が上手いとは思わなかったんですけどw、とにかく「カワイイ」とは再び思いました。舞台の上で「カワイイ」コトを求められ、それを自然に演じられるのはやっぱり才能ではないかと。

 

THE ポッシボーになってからは直接見るコトが出来る機会が増えましたが、「ロビンのどこがスゴい」とかはやっぱりよく分かりませんw。でも、あっきゃんと共にTHE ポッシボーの中では推すメンバーです。
多くの人に認められる分かりやすい可愛らしさと、人懐っこい可愛らしい笑顔と、若い真っ直ぐな様子が魅力ではないかと。

もちろんダンスや歌も成長中で、だんだんカッコ良くなってきたと思うので、これからも注目していきたいです!

[]「VERY BEAUTY」

VERY BEAUTY

VERY BEAUTY

新曲「VERY BEAUTY」が好評のようですね。
私もこの曲が大好きです。

つんく♂Pの雅ちゃんに対するコメントが寂しいけど……

http://www.tsunku.net/berryz.htm##berry_13

まぁ「安定感のある歌唱力です。」と云う短い言葉にこめられているのは、音楽を作っていく上での仕事の「パートナー」としての「信頼感」だとも思うので、良しとしますw。
最後の「♪それが女よ」の部分の歌い方とか、きっとつんく♂Pの期待通りの歌い方をしていると思うんですよね。

 

あと、PVが素晴らしいですね。メンバーみんな、まさに「BEAUTY」と云う感じです。

http://www.dohhhup.com/movie/1pws4ZtXFvKkbr9iSF7UjNFaDp5rkhPF/view.php

早くシングルVが欲しいのですが、再来週発売ですか……

コメントレスれす〜

>pinzuさん
お久しぶりです!って、ウチはよく休むし、ベリのコト書くのもサボるのでゴメンナサイ!w 
多分つんく♂は彼女たちよりほんのちょっと大人な部分のある歌をずっとBerryz工房に書いてきたと思うのですが、Berryz工房も成長してきて今回の「VERY BEAUTY」ではそれがさらに一歩進んだように思いますね〜。
自分も相撲もFCのバスツアーも行っていないので、ベリに会うのはさいたまスーパーアリーナが久しぶりです(とは言え横アリ以来だからそうでもないかもw)。pinzuさんは行かれないのでしょうか…?

>ウニョ子さん
そうですね! 大事なキメの部分で雅ちゃんの声が多く使われている気がします。「安定感のある歌唱力です。」とはいえ、ちょっと不安定な所があったり、コンサートでは調子出てないように聴こえるコトも多いのですがw、そういう所も含めてつんく♂Pに信頼されているんじゃないかなぁと思います!

pinzupinzu 2007/03/15 17:43 お久しぶりです。VERY BEAUTYは僕も良い曲だと思います。経験と歌詞の内容が完全に一致はしないとしても、内面的に著しく成長してきたいまのベリーズにふさわしい曲だと思います。
PVも綺麗に作られていて期待できますね。でも、最近まったく現場に行っていないので本当は媒体通してではなく生の梨沙子ちゃんに会いたいこの頃です。

unyokounyoko 2007/03/15 20:42 シングル曲の「最後のキメ」の部分ってたいがい雅ちゃんですよね。
相当信頼されてるんだなーと思いながら聴いてます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sabi-oh/20070315

2007-03-13-火

[][]食欲とせつなさと恋心と 04:06

℃-uteの「タイムカプセル」。

ソフトクリームダブル 全部食べた 
食べ終わる その時は 
幸せが奪われるみたい
 
(「ソフトクリームダブル」は「ソフトダブル」と発音)

 

上手い表現だなぁとずっと思っていました。楽しいコトが終わるコトはせつないコトです。青春とは何かを終える瞬間を積み重ねるコトかも知れません。そんな感覚を美味しいソフトクリームを食べ終わるコトと重ね合わせるコトで、聴いているワタクシのようなおっさんでも「思い出す」コトが出来る気がします。

 

さて、THE ポッシボーの「主食=GOHANの唄」。

夢の中で 何度も見るの 
恋をしてる 気分とおんなじ 
食べ終わると 切なくなるの 
夕御飯になるまで 会えないから 

「タイムカプセル」と似てるなぁ…と思っていたのですが、よく考えると「逆」なんですよね。こちらは伝えたいのは「GOHANを食べるコト」であって、食欲をせつない気持ちや恋心に喩えているのです。
つんく♂Pがどうしてそこまで「GOHAN」にこだわるようになったのかは寡聞にして知りませんが、ちょっと面白すぎる歌詞だと思いますw。ワタクシは最初笑いながら聴いていたのですが、すっかり大好きな曲になりました。

[]「Cutie Circuit 2007 〜桜チラリ〜」@日本青年館 3/10(土)夜の回

これから大阪・名古屋・札幌でご覧になる方もいらっしゃると思うのでネタバレ的なコトは書きませんが、予想以上に楽しかったです。

℃-uteが今「推されているなぁ」と感じ、また℃-uteメンバーそれぞれ魅力をしっかり出せるようになってきて、それが上手く一つになって、℃-uteのグループとしての魅力がパワーアップしているように感じました。

次のコンサートの直前には先日のコンサートのDVD、そしてミニアルバムが発売されて、ますます勢いに乗っていきそうな℃-uteから目が離せない、と思いました!

[]「時東ぁみ with THE ポッシボー ライブ '07春 〜ぁみコレ ポッシコレ〜」@Shibuya O-EAST 3/11(日)

最近はよくTHE ポッシボーのイベントへ行っていたのですが、ライブハウスでのライブはまた全然違って良いですね。

イベント会場の貧弱なPAと違って、きっと歌いやすいんだと思います。みんな歌が上手になったように聴こえましたw。「主食=GOHANの唄」でごとぅーのソロ部分、イベントの時はいつもごとぅーの声が細くて聴こえな〜いって思っちゃっていたのですが、ライブではしっかり聴こえました。

また、ダンスもみんな気合入っていたのか、とてもカッコ良く見えました。
ワタクシは特に、今度のアルバムに収録される曲「乙女ナゾナゾ」でのあっきゃんのダンスがアイドルらしい可愛らしさの中にピリッと芯の通ったような感じがして、見ていてゾクゾクしました。
あと、時東さんの曲をあっきゃんがソロで歌う所もあって、そんな所からあっきゃんに釘付けでした……(ぉ

(時東さんのファンの方々は、「W&Berryz工房」コンサートのWに対するような感覚を抱いたと思いますが、私のような者にはとても楽しかったです。)

 

やっぱり彼女たちの「歌」がちゃんと聴けるのが一番の喜びなので、イベントより機材的なコトや場所的な理由でパフォーマンスを制限されるコトが少ないライブと云うのはホントに嬉しい空間です。
次は6/9(土)にあるそうで、また行きたいと思っています。

Connection: close