ナツヤキタマゴ。

RSSフィード この日記をはてなアンテナに追加

C/W 「豆の使いやあらへんで!!」

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2010 | 11 | 12 |

2007-12-08-土

12月8日ですなぁ……その時、10歳でした。

[]遅ればせながら…… 05:55

Berryz工房さん,℃-uteさん、紅白初出場おめでとうございます。

ここ数年、大晦日は実家で両親とカミさんと紅白歌合戦を見ながら過ごしておりまして、今年もそうなると思いますが、紅白にBerryz工房さんと℃-uteさんが初出場と云うコトで、バックダンサーとしては何度か出演している皆さんが、今回はバックダンサーではなく歌手として出場し、歌う姿を家族で見守りたいです。

大晦日までお仕事で新年も1/2からコンサートで忙しそうですが、大舞台も楽しんじゃって欲しいですね。

[]秋山ゆりかさん

ファンになった理由を自問自答したりしなかったり。

 

THE ポッシボーの最初の3人(橋本・秋山・諸塚)を見た時から一番気にはなっていたけれど、その時点では「推す」って程ではなかったなぁ。
2ndシングルの「初恋のカケラ」あたりから、どんどん好きになった気がする。「初恋のカケラ」は歌謡曲テイストのせつない歌ですが、秋山さんのせつなげな表情が感情を込めて歌っているように見えて、最初はそれが良かったのかなぁ……

2007-12-04-火

[]シングルV「HAPPY 15」 03:45

シングルV「HAPPY 15(フィフティーン)」 [DVD]

シングルV「HAPPY 15(フィフティーン)」 [DVD]

12/2(日)に先行発売イベントで買いました。
(↑↑ ジャケ写がまだ出ないようですので、どんなジャケ写かは こちら で。)

DVDで見れるようになって嬉しい……のですが、ハロー!の多くのPVと同じく16:9の映像を上下に黒い帯を付けて4:3にしているし画質がイマイチな感じもあって、ちょっと不満ですw。
それはともかく、THE ポッシボーの勢いが凝縮されているようなビデオで、先日の楽曲大賞でも2位に選びましたがホントに大好きなミュージックビデオです。

THE ポッシボーのメンバーがガールズバンドに扮しているこのビデオ、演奏する真似だけではなくて、ある程度頑張って弾いているようで、メイキング映像でそんな様子も少し見るコトが出来ます。ドラム担当のかえぴょんが指にマメが出来てしまった様子も写されていました。
そんな頑張りもあって、ホントにガールズバンドのように見える、熱いビデオです。

6人の個性はそれぞれ特徴的でありつつも、1つの目標に向かって一丸となって頑張っているような、そういったチームプレイ的な様子を今一番ワタクシが感じるのがTHE ポッシボーで、そんな所が好きなんだと思います。

 

このビデオはしばらくYahoo!動画(↓)で見るコトが出来るようなので、まだ見たコトない方はよろしければご覧になってみて下さい。

http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00253/v00892/v0089200000000407497/

 

先日のイベントの最後、握手会の後に来年に向けての抱負を言っていたりしたのですが、「(来年は)紅白に出る」だの「新人賞を狙う」だの「ハロプロに負けない」だの、威勢の良い発言も聞かれ、THE ポッシボーのメンバーを頼もしく思いました。

ハロプロNICE GIRL プロジェクト!について、何か書きたいと思いつつ時間が経ってしまいました……その「ふたつ」についてワタクシがどう感じているのか、ココで書くコトでちょっとずつお伝えしていければ、と思っています。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sabi-oh/20071204

2007-12-02-日

[]第6回ハロプロ楽曲大賞2007 03:45

今までの自分の投票をあとから振り返ってみると意外と後悔するコトが多いです。
今年もそうなるのかな……w

 

http://www.k2.dion.ne.jp/~prse/hpma/2007/

 

<楽曲部門>

1位 ℃-ute 「JUMP」 
 ℃-uteの新しい「始まり」を感じた勢いのある曲。

 

2位 THE ポッシボー 「乙女ナゾナゾ」 
 「大きな夢にはいつも 小さな悪魔がいて」のくだりを歌うポッシボーのメンバーたちの歌声に胸を締め付けられる。

 

3位 モーニング娘。誕生10年記念隊 「愛しき悪友(とも)へ」 
 「友情」と云うモノに存在する普遍的な何かを娘。OGメンバーの歌声に感じ、現役娘。メンバーの歌声にはそれを「継承」するような意志を感じた。

 

4位 THE ポッシボー 「HAPPY 15(フィフティーン)」 
 青春甘酸っぱロック。

 

5位 Berryz工房 「スプリンター!」 
 佐紀ちゃん・雅ちゃんの声と、ブリブリアイドルソングとのミスマッチが素敵。

 

 

<PV部門>

1位 Buono!ホントのじぶん」 
 とにかく素晴らしい。ポニーキャニオン主導で作られるとこうなるのか…… 

 

2位 THE ポッシボー 「HAPPY 15(フィフティーン)」 
 バンドであれば「ロック」なワケではないけれど、PVの中ではバンドである彼女たちの姿は「ロック」だ。

 

3位 ℃-uteめぐる恋の季節」 
 周りの最大限の「人力」による努力によって、℃-uteメンバーの可愛らしさが最大限に伝わってくる。

 

<推しメン>

THE ポッシボー 秋山ゆりか

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sabi-oh/20071202