Hatena::ブログ(Diary)

東トルキスタンに平和と自由を・・・

2008-06-25 東トルキスタン世界同日開催デモ感想

東トルキスタン世界同日開催デモ感想

 

今回のデモは、レポートを書くほどに全体を見ることができなかったので、以下感想ということでお願いします。後ほどきちんとしたレポートにしたいと思います。

開会式のスピーチなどは、ほかの方がyoutubeやHP、ブログなどで書いていてくれるのではないかと思います。

 

北京オリンピックへの抗議として、世界ウイグル会議が世界各国で同じ日にデモを計画しました。日本は東京都港区六本木で行ないました。

当初の見込みでは、平日ということもありますし、50人もいけば上出来と思っていたのですが、倍以上の人数が集まってくれました。

デモの主催は世界ウイグル会議「日本ウイグル協会」です。イリハムさんはこれまでは世界ウイグル会議の日本代表でしたが、先日誕生した日本ウイグル協会の会長にもなられました。

今回のデモの準備には日本人も大いに関わっており、申請などの手続きは日本ウイグル協会の顧問となられた白石氏が行なってくださいました。僕は準備と企画を担当させていただきましたが、当日は裏方に徹していました。司会やシュプレヒコールなどの準備は他の方に完全にお任せしました。

日本では戦後初めての、東トルキスタン関係者主催のデモでしたので、どのくらいの人数になるか、どんな流れでデモが行なわれるのか、どのような事態が想定され、それにどう対処するのか、などなど全然予測がつきませんでした。前日までにお願いしていたスタッフは総数15人、まあ50人程度のデモなら大丈夫だろうとの予測で役割を決めました。

しかし、当日は手間取るだろうと予想していたところでは大して時間がかからず、予想していなかったところで手間取ることが多かったです。

東トルキスタン風船を配ったのですが、100個作るだけで大幅な時間と人数が必要となりました。そして出発点の公園を空にしていくための、荷物の管理が頭から抜けていました。というか、打ち合わせのときに荷物を入れる車の駐車場について僕が誤解していて、出発の公園の近くに停めるものとばかり思っていたので、大して考えていなかったんですね。だからゴール地点に停められていた車を一度往復して頂き、更に積み忘れた荷物をスタッフ数人にタクシーで運んでもらったりと、非常に負担をかけてしまいました。

あとは人数が予想以上に多く、しかも想定していた4列ではなく、3列で並べという指示があったために、デモ隊の後ろの方に声が届かなかったという問題がでました。シュプレヒコール係を途中に入れる予定もなく、しかも現地で名も無き市民の会の方が名乗り出てくれたのにも関わらず、その方にシュプレヒコール一覧を書いた紙を渡すことができませんでした。いや、取りに行こうとしたんですがその前に出発してしまったんですよね。だから列後方の方々は不満であったと思います。

計画で一番の問題だったのは、僕に役割を与えてしまったことですw 当日の色んな質問や相談が一番集まる人間は、完全にフリーにしなければダメですね。

ということで、色々と問題点の残るものであり、参加くださった方々にはご迷惑をおかけしました。すみません。

僕自身今年の3月がデモ初参加でいきなりの企画担当でしたし、スタッフの中にはデモ慣れした人はいるものの、デモの企画や主催は始めてという人ばかりでしたので、とにかく初めてづくしのデモでした。

それでもなんとか形にすることはできたようです。開会式のときのスピーチを全く聞くことができなかったんで、どのような感じで会が進んだのか把握できていませんが、きっと東トルキスタンの始めてのデモに相応しい素晴らしいスピーチであったと思います。

デモは1.5km程度の道のりでしょうか、なんか想定していたよりもずっと早くゴールに着いてしまったようです。アピールし足りない、物足りないという方も多かったようです。

参加者は警察発表で130人、予想の倍を軽く超えていました。

閉会式のスピーチもあんまり聞くことができず、中国大使館にイリハムさんら5人で抗議声明分を届けるために出発したのを見送ってから、旗の回収や販売、あとは次回の東トルキスタン主催の行事案内が欲しい方へは名簿への記入お願いなどなど行ないました。また、名も無き市民の会のデモによく参加しているんですよ、という方が募金箱を作ってきてくださったので、それを持って参加してくださった方々を周って募金のお願いしました。今回頂いたお金は、このデモの経費に充てたいと思います。ありがとうございました。

中国大使館前に行くのは、同時に5人までという「配慮」があるそうです。中国大使館に抗議声明分を届けたイリハムさんら5人は無事に帰ってきました。抗議声明を読み上げる声は堂々としており、とてもよかった、だそうです。

 

スタッフの方々、また当日朝に来て頂いて飛び入りでスタッフになっていただいた方々、お疲れ様でした。

平日昼間で130人ですから、次回やるときはスタッフを大幅に増やさないといけませんね。スタッフであった東トルキスタンサポーターのメンバー達も次回はもっとスムーズに出来るものと思います。またよろしくお願いします。

 

デモの様子、思いっきり荒い画像でアップしました。

 

D 

 

 

 

あと今回のデモ中に、歩道を歩いているデモに無関係な母子を撮影された方がいるようです。ご本人から連絡があり、肖像権の侵害に当たることであるから、画像を速やかに削除し、絶対に使用しないようにとのことです。撮影された方で心当たりのある方はよろしくお願い致します。

 

東トルキスタンのために、投票お願いします↓

blog ranking

黒猫黒猫 2008/06/26 07:31 お疲れ様でした!
今回の反省点を生かし、これからも続けて行きましょう!

黒猫黒猫 2008/06/26 07:31 お疲れ様でした!
今回の反省点を生かし、これからも続けて行きましょう!

ぴよぴよぴよぴよ 2008/06/26 10:23 こんにちは。
当日、風船配り担当をさせて頂いた者です。
イリハムさん始め、スタッフの皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした。
ニュースを見ればマイナス面ばかりが浮きだってしまう日本人ですが、苦しむウィグル人を助けたいと、多くの人が集まった事に感動です。
仕事の有休をとる会社員さん、子供を家族に預け駆けつける主婦。
決して極右勢力でも、誰かに傀儡されてるでもなく、ウィグル人を思う気持ちは見て取れました。
利害関係などなく、慈愛の精神からの行動に日本人も捨てたものではないなぁなんて思いました。

不謹慎かもしれないですが、いろいろな方と出会えてお話をしたりと楽しかったです。

私自身、デモ参加は子供達がいて、都合もつかず、なかなか大変なのですが都合がつけば参加したいです。(下は魔の2歳なので、弾けちゃうこともあり、連れて歩くのは勇気がいります(^_^;))

一日も早く、東トルキスタンに自由と平和が訪れ、笑顔が取り戻せ
ますように・・・

ではでは。

sabitsabit 2008/06/27 09:36 お疲れ様でした。
反省すべきところは反省し、今後に向けて前向きにやっていきましょう。
ウイグル人の方々も、今回のデモにこれだけの人が来てくれたことに感動していました。大成功だよと言ってました。
色々な立場、主張の方々が、東トルキスタンの現状改善を訴えるために集まれたのは本当に素晴らしいと思います。
これからもがんばっていきましょう。

西海道人西海道人 2008/06/27 22:41 動画、壮観ですね。報道機関が沈黙を決め込んでいてもこれだけの有志が集まるとは大した物です。参加できずに申し訳ないです。