Hatena::ブログ(Diary)

素晴らしきAMERICAN

2015-01-29

評判高い大学に留学させるNICの成果

国外で働くことを視野に入れているのでしたら、
学生時代に留学するのは良い経験だと思います。
また、海外にはいくつもの評判高い大学があります。
日本とは文化も言葉も違いますので、
それに慣れておくには若いうちの方が有効です。
その1つが留学ですが、日本と外国の教育体制はまるで異なります。
言語の壁もそうですが、授業システムおよび難易度が、
日本のソレとまるで違うからです。
そうした齟齬を無くし、留学を最後までやり通せるものとして
NICが評判になっているのです。

日本の教育を悪く言うつもりはありませんが、
日本の教育は暗記重視です。
その最たる例が、筆記試験による評価方法です。
知識を詰め込み、それをどれだけ吐き出せるかが
日本の教育方針だと言います。
その方法が悪いとは言いませんが、
+αとなる部分も養っていくがことが、将来重要になります。
発想力・直感力・柔軟力・説得力・創造力などなど。
これらの「知識」以外の部分も鍛えておくことが、重要なのです。

海外では「知識」よりも上記の人間力
鍛えることを重視しています。
最悪、知識はコンピューターでも代用できますので、
その情報を如何に上手く使いこなすかを人間が行います。
これが日本と海外の学校の違いであり、
NICはそれを『転換教育』にて海外の授業スタイルを学ばせているのです。
これが評判になっているのは、単純な話、成果として表れています。
転換教育をせずに、単身、海外に留学しても
1年も経たずに帰国する方が大多数だそうです。

f:id:sabuinesabui7:20161108174318j:image

また、勉強する習慣を付けさせるのも重要です。
日本の大学生は世界的も勉学時間が少ないと言われています。
海外では1日12時間以上、勉学に費やしている方は大勢います。
非常にハードワーカーですが、
彼ら彼女らは勉強するために大学に進学していますので、
他の雑事に費やす時間がないのです。
そんな彼ら彼女らと共に学ぶには、
同等程度の勉学を身に付けないといけません。
そうした机に向かわせる習慣を
日本の地で身に付けさせるのがNICなのです。
だからこそ、NICからの留学生は、
現地の学生からも高い評判を得ているのだそうです。

f:id:sabuinesabui7:20161108174541j:image

そして勉強は手段ではなく、目的です。
その後の就職も視野に入れないといけません。
NICを利用して留学するのも良いですが、
やはり就職先は早い内から見つけておきたいところです。
ここの利点は、海外の大学を無事に就職させるだけでなく、
しっかりと就職支援を行うとして高い評判を得ています。
特にNIC生は日本企業において高い評判を獲得していますので、
ほとんど引っ張りだこ状態だと言えます。
合同説明会の会場で、
その日の内に内定を獲得した学生も居るそうです。

f:id:sabuinesabui7:20161114162637j:image

Blog RemajaBlog Remaja 2015/10/25 09:13 この有用な情報の共有と感謝のための良い記事のおかげ
挨拶の成功

Blog RemajaBlog Remaja 2015/10/25 09:13 この有用な情報の共有と感謝のための良い記事のおかげ

Tips dan inspirasi berkebunTips dan inspirasi berkebun 2016/01/11 16:26 この有用な情報の共有と感謝のための良い記事のおかげ
挨拶の成功

Jasa Cetak Buku Yasin MurahJasa Cetak Buku Yasin Murah 2018/04/30 17:30 こんにちは...これを書いていただきありがとうございます、私はソーシャルメディア上で共有することができます

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sabuinesabui7/20150129/1422514588