Hatena::ブログ(Diary)

日々の箱詰め このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-06-01

プライド・キャリア・ミーティング-最高の自分を生きる女性の応援イベント-

f:id:sacco0627:20100601082633j:image:w400

日時:2010年7月4日(日) 午後1時〜5時

場所:京都造形芸術大学 春秋座 (京都市左京区北白川瓜生山2‐116)

募集:300名 女性(社会人、高校生以上の学生)男性(女性をエスコートして来て下さい〜)

参加費: 無料 

京都文芸復興倶楽部、プライド・キャリア・ミーティング実行委員会 共催事業

[詳細/guest etc..↓]

http://pride-career.com/

先日、七月に開催される『プライド・キャリア・ミーティング』のDMをつくらせていただきました。女性をテーマにアイシングクッキーを制作してイメージとして使わせていただきました。

アイシングはお絵描きしているみたいで楽しいですね*

f:id:sacco0627:20100423134738j:image:w550

f:id:sacco0627:20100423134847j:image:w550



このお仕事であったり、実際に仕事をはじめてみると、活き活きとした女性と出会う機会が多いです。みなさん強くてしなやかで、美しいです。

今回のイベントにも多数のパネリストの方を招いて、パネルディスカッションが行われるみたいで、私自身とても楽しみです。

当日は私も、もしかしするとDMに使っているクッキーを販売するかもしれないので、是非興味のある方はお越し下さい。

2010-05-20

KRP町家スタジオプレゼン大会&学生キックオフパーティーケータリング

先日の土曜日に、京都西陣にあるKRP町家スタジオにて、学生を中心に様々な分野で勢力的に活動されている団体が集まり、プレゼン大会が行われました。同時に、これから町家スタジオを盛り上げていこうという事で、キックオフパーティーが行われ、ケータリングをさせていただきました。

プレゼン大会の様子は、

http://blg.krp-machiya.co.jp/article/150501312.html

でも紹介されています。

今回は、キックオフという事で、豆乳プリン花輪に町家スタジオのロゴをクッキーで焼いたものをアクセントにしたものをお届けしました。

お品書き

f:id:sacco0627:20100521003234j:image:w550

f:id:sacco0627:20100521003037j:image:w550

f:id:sacco0627:20100515172333j:image:w550

f:id:sacco0627:20100521003033j:image:w550

2010-05-12

瓜生通信にインタビューを掲載してもらいました

一ヶ月程前くらいのことなのですが、京都造形芸術大学の学内誌(?)の『瓜生通信 NO.49』にフードコーディネーターとしてのインタビュー記事を掲載していただきました。

美大で何をみつける?という企画で、美術大学を卒業後それぞれの路をどう見出して開拓していったのかを、評論家の黒瀬陽平さんであったり、自らデザイン事務所を設立された方、アーティストとして活躍されている方など、私を含め五人の方の記事が掲載されています。

f:id:sacco0627:20100513004034p:image:w550

こちらからpdf形式でダウンロードできるので、是非↓

http://www.kyoto-art.ac.jp/info/uryutushin/

今回のインタビューでも中心となった質問だったのですが、最近「なぜ、デザインを勉強してきて、フードコーディネーターなの?」と聞かれる事がよくあります。

自分の中ではあまり筋道をたてて考えた事がなくて、自然な流れで現状があるので、大層な事もいえず回答に困ってしまうのですが。。

よく考えてみると、大学在学中に行ったアメリカへの留学はやはり大きなきっかけだったなと思います。

アメリカ食文化で、ポットラックと呼ばれる一品持ち寄り制のパーティーなどの、コミュニケーション性のある部分にとても心地よさを覚えたのが一つ。

その反面、スーパーに大量に並ぶ鶏の丸焼きや、便利なインスタント食品を目の当たりにした時に、とても違和感を感じたのが一つ。世界の中のたった一つの中のスーパーに何十羽の鶏が丸々普通に並んでいると思うと、自分の想像もつかない生産、流通に少しぞっとしました。

とても身近で、自分の大切な人にも深く関わっている「食」について、もっと知りたいし、関わってみたいと思うようになったんだと思います。

まぁ、結局は食事の時間が好きなのが一番でしょうが。。。