Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-01-28 ポール&ジョーの限定アイシャドウ

sachiko_deli2007-01-28

[]ポール&ジョーの限定アイシャドウ ポール&ジョーの限定アイシャドウ - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 を含むブックマーク ポール&ジョーの限定アイシャドウ - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 のブックマークコメント

またこの季節がやってきた。ポール&ジョーの紙パッケージの限定品発売の時期である。ポール&ジョーの服は私のようなオバサンには可愛すぎて買えないのだが(もちろん高いし)、ポルジョの柄ってものすごく私のツボである。どうしたらこんなプリントが生れるのだろうと不思議になるほど。芸術ってやっぱりすごい。

 そのクチュールの方と連動してコスメのパッケージも決まるそうだけれど、今回の紙パッケージも相変わらず可愛い。いつも欲しいとは思うのだけれど、肝心の中身がゴールド系など私の苦手な色が多くて買えなかった。でも今回の限定シャドウ3色は、くすんだピンク、白、薄パープルと、ブルーベースの肌の人たちのためにあるような色だ。やっと私の時代が来た!というと大げさだが、中身の色はともかく、紙容器の柄が可愛すぎる…。特にパープルのシャドウ(正確にはフェイスカラー)の容器!色といい、花柄といい、私の心をわしづかみにした。雑誌で見た時点で購入を決定。といってもたしか雑誌で見たのは去年の11月末なんだよね…早過ぎか。

 予約開始を待って今年初めに早々に予約。ピンクと白も欲しいけどねぇ…ちょっと予算的に無理なので、一番気に入ったパープルだけを買うことにした。店頭のテスターをつけてみると、薄づきで、いい感じでお上品パール感が残る。やっぱりポルジョは若い人向けなんだろうけど、質がいいのがいい。どれをつけても下品にならないのよねえ。これってすごいと思う。

 さて、発売日の26日の金曜日、限定発売初日ということで、夕方のポルジョはちょっとした列ができていた。私も10分か15分くらい待たされたが、BAさんがとても丁寧に対応してくれた上、サンプルもパウチだけど、ミルクレと化粧液をくれて、フェイスパウダー一個だけなのに可愛いポルジョの袋に入れてくれて大満足。BAさんの対応がしっかりしてた(ほかのBAさんも)。何度も「長いお時間お待たせして申し訳ありません。」と連発されたので(そんなに待った〜という感じではなかったけど)、私も「今日は限定品の発売日でお忙しいでしょうけど、頑張って下さい。」などと余計な言葉を発してしまった。BAさんから見たらこういうのってどうなのかな。でも私は本当にこういう日は大変だろうから頑張って欲しいな〜ほかの人にもいい接客をして欲しいなあと思うからつい言ってしまうのだけれど。

 家に帰って、まずは記念撮影。パケ買いだもの、まずは写真よね。もちろん中身も気に入ったからかったんだけどね。う〜ん、一度塗りだと、パープルパープルしてなくって、上質なパールがほんのり紫味を帯びて残る程度。色を出そうと思ったら重ねて出せばいいかな。こういうパール加減って非常に使いやすい。それに、パープルって下手すると、ちょっと派手になりがちだけど、調節が簡単だからパープル初心者の方にもお勧めかも。春だけでなく、わりとオールシーズン使える色なので、活躍してくれそうだ。

 こちらの商品、セットで口紅もあるのだが、口紅は今手持ちがたくさんあるのでパス。26日発売の限定品の他にも、2月初旬に発売される新製品のフェイスパウダー(主にチークに使う2色が半分ずつ入っているタイプ)もテスターをみてきたが、非常に魅力的。でもねぇ、この前チークはスティラの限定の2色入りを買ったばかりだし…こちらはとりあえずやめておいた。

 紙パッケージの商品は限定品なので、欲しい方はお早めにお店でチェックしてね。

f:id:sachiko_deli:20070126233927j:image

2006-05-05 ポール&ジョーのアイクレヨン

sachiko_deli2006-05-05

[]ポール&ジョーアイクレヨン ポール&ジョーのアイクレヨン - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 を含むブックマーク ポール&ジョーのアイクレヨン - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 のブックマークコメント

 4月の終わりごろ、GW前に、会社帰りに通りかかった池袋西武コスメフロアで、PAUL & JOE BEAUTEポール&ジョーのメイクショーが行なわれていた。ショーをしていたのは、ポール&ジョーの専属アーティストの土屋さん。イケセイにはよく来てるみたいだけれど、あんまり見かけたことないなあ。噂通り、若くて可愛い顔したお兄さんだわね。別にそんなに見たいわけではないけれど、ちょうど始まったところだったので、しばらく見せてもらうことにした。お客さんは20人弱くらいかしら。入り口付近の狭いスペースで行なっているので、よっぽど好きな人でないとわざわざ立ち止まっては見ないかも。

 モデルさんも土屋さんもポルジョの新作のお洋服を着ている。ポルジョなんてとても着られない年齢の私だけれど、柄的には好き。限定コスメの柄(紙ケースのもの)も好きでいつも買いたいなと思うのだけれど、頂き物のアイシャドウを1つしかもっていない。

 この日は、5月1日発売の新製品の紹介ということで、メイクアイテムはほとんどその新製品を使っていた。他の製品ももちろんポール&ジョーね。

 ベースはすでに作ってあって、ショーは眉から始まったようだ。パウダーとペンシルと眉マスカラという基礎的な書き方で、別に変わったことはない。でもササッと描いてるのに、びっくりするほどふんわり可愛い眉毛が完成。やっぱりこの辺はアーティストさんてすごいわねえ。次に新作のアイクレヨンの登場。長さ10cm強のクレヨンのようなアイペンシルで、ライナーにはちょっと太い。モデルさんがブルー系のワンピースですごく可愛かったのだが、これにぴったり合ったブルーの既存色のフェイスカラーを筆で広範囲に入れる。はその後、ついにアイクレヨンの05(角砂糖)という白をハイライトとして使用。続いて04(ブルーラグーン)というまさに海を連想させるようなブルーを使っていた。ライナーよりは広めに塗って少しぼかす感じ。たしかアイライナーも使っていたかなあ。あんまり覚えていないけど。夜向けに、とアイクレヨンをもう一度濃い目にラインとして入れたら、すっごい綺麗。いやあ、夏のブルーっていうのはいいなあ。それにペンシルタイプのアイシャドウって非常によくあるアイテムだけど、結構ぐりぐりつけても大丈夫そうだから、急いでる時にはよさそう。土屋さんもそう言ってたし。

 その次に登場したのが、下地とマスカラがダブルエンドになっている新商品。これもよくある商品だけど、マスカラの方がちょっとワインがかった色で、しかもコームタイプなので使いやすいのだそうだ。つけるとモデルさんの目元がもうびっくりするほど明るくなった。マスカラの威力はやっぱりすごい。下まつげは既存のブルーのものを。この組み合わせも可愛かった。

 そしてリップ。これも目元に使ったアイクレヨンと同じ形。リップライナーには太いけど、口紅ではない。これもよくあるタイプだよなあ。今さらって感じだけど。目元にブルーでインパクトをもたせたので、抑え目の03のチョコレートムースという色。あとで現物を見たら結構濃い色だったけど、モデルさんに使っているのをみたらそんなにきつくなく、なおかつこの手のものは比較的乾きやすそうなので敬遠していたが、ツヤ感もあっていい。土屋さんは唇の中央にベージュのグロスも乗せていた。

 あと、モデルさんはゴールドの新色ネイルをしていた。ネイルは今回5色出るのだけれど、私はそんなに惹かれる色はなかったな。最後に、オレンジとピンクの中間という、既存のフェイスカラーのチークを入れて完成。このチークの入れ方が結構面白かった。頬骨を中心にその下あたりに向けてブラシを動かすのが一般的だと思うが、頬骨から目尻の方へ軽く流すように入れていた。こうすると、子どもっぽくなりすぎないし、小顔に見えるのだそう。これ、最近私実行しているけど、上に向かってブラシを動かすと広がりすぎずふんわりついていい感じ。お勧めである。

 これでショーは終了。土屋さんが直接メイクをしてくれるというので、熱狂的な土屋さんファンらしき人々がメイクの予約をしていたけど、私はカウンターに移動して今使っていた

アイテムをチェック。気になっていたのはアイクレヨン。最近ずっとすばやくつけられるハイライトを探していたので、白いアイクレヨンを手の甲に塗ってみた。まあ、綺麗ねえ。全然ギラギラしていないし、真っ白になることもない。しかも塗り心地がいいのよねえ。もっとぐりんぐりんに塗り付けないといけないかと思ったけど、柔らかくて目元にも安心。ブルーを始め、他の色も塗ってみたら、どれも綺麗に発色した。お値段は2000円。1本持ってても損はない気がする。

 一旦カウンターを離れたが、近くにポール&ジョーのサンプル受付カウンターというのを見つけた。スキンケアやベースメイクの好きなサンプルをくれるという。こういう機会はのがすまい。私は以前から気になっていた化粧水前につけるオイルのサンプルが欲しいといったら、手の甲に塗ってくれ、その上化粧水乳液が一緒になった化粧液も塗ってくれた。うんうん、いい香り。べたべたしないし。ポール&ジョースキンケアはオレンジっぽい香りがして大好き。以前、クリームだけは買ったことあるのよね。化粧液やクレンジングミルクはサンプル使ったことあるし。でもこのオイルもいいなあ。欲しくなってしまう。そのサンプルを貰うとき、メイクの新製品の紹介も少しされて「予約できますよ〜。」なんていわれてしまったので、ついついさきほど気になってチェックしていたアイクレヨンの白を予約してしまった。サンプルで釣っておいて新製品を予約させる。メーカー側の作戦にまんまと乗ってしまったわけだけれど、まあいいや。

 そうそう、このアイクレヨン、画像だとよくわからないかもしれないが、絵の部分は柔らかいプラスチック。でも削れるんだそうだ。専用のシャープナーが要るのでそれもついでに予約。500円か。まあ仕方ないね。でも繰り出し式にしてくれればいいのに。

 さて、ここ数日この白のアイクレヨンは毎日のように使っている。面倒くさい日、アイシャドウの色に迷った日なんてこれをぐりぐりっとつけて指でぼかして、ハイ、出来上がりって感じ。しかも、下まぶたの粘膜のところに入れるとすんごい綺麗。今までいろんなインサイドライナーを使ってみたけど、これだけ力入らずで綺麗について、しかも全然派手に「入れてます!」って感じにならないで、でもちゃんと効果を発揮する製品は初めてかも。上まぶた用として買ったけど、インサイドライナーとしても非常にお勧めである。ただ、ちょっと油分があるのかな、とても長い間メイクを直さないでいると、ちょっとマスカラかアイライナーがにじむかも。でも全然許せる範囲。それににじむかどうかは、これはマスカラやアイライナーとの相性、目の形や涙目かなど、いろいろな条件があるので一概には言えないと思う。新製品は、限定品ではないので安心だ。リップクレヨンも可愛いし、今度出るポーチも可愛い。

 あまりよく考えずに買った製品だけど、意外と実力派。他の色も欲しくなった。今のところ5色が発売されている。普段アイメイクはパウダーがほとんどの私だけれど、たまにはこういうアイテムを使ってみよう。

2005-11-15 KATEのグラディカルアイズN

sachiko_deli2005-11-15

[]KATEのグラディカルアイズN KATEのグラディカルアイズN - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 を含むブックマーク KATEのグラディカルアイズN - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 のブックマークコメント

 先日も書いたけど、まだドライアイがひどいので少しずつ…。

 ファンケルのブルーベリーのサプリを買って毎日真面目に飲んでるけど、意外といいみたい。即効性があるとは聞いていたが、しばらく飲んでみようと思う。


 今日はno titleグラディカルアイズN。もうKATEのアイシャドウは毎シーズン入れ替わり立ち替わり発売されるので、何かしら買ってしまう。KATEは安いし手軽に手に入るから、そういう方も多いのかもしれないな。

 秋冬に入り、洋服のトーンも変わってきた。そんな服に合うような黒やシルバー、グレーがグラデーションになっているシャドウがないかな、と思っていたら、まあ不思議なことにちゃんと今度のグラディカルアイズNに黒からグレーへグラデーションになっているBK-2という色があるではないか。なんて素敵。長年、KATEを愛してきたから、私の思いが通じたかしら。

 店頭で見つけるや即買い。黒い立体感のある丸い部分が一番濃い色で、細かな、でもさすがにKATEというようなラメが入っていて綺麗な黒。その部分に隣接して、扇型のように3色のアイシャドウがだんだん薄くなって入っている。一番広い部分は白に近いグレー。パール入ってるけど、そんなにギラギラではないので、私は全然気にならないんだけど。付属のチップとブラシが両側についているツールも使いやすい。ブラシの質がこの価格帯にしてはダントツでいいので、まぶたに広く使っても刺激がない。このブラシで、一番明るい白っぽい色をまぶた全体に乗せ、もう少し濃い色も同じブラシで軽くグラデになるように入れる。今度はチップの方を使って、3色並んでいる中で一番濃いめの色はまぶたのキワに細めに。そして仕上げに、一番濃い、丸い部分の黒をラインのように入れる。手持ちのアイラインに使えるような細いブラシで入れてもいいんだけど、私は敢えて付属の太めのチップでポンポンとライン的に置いて、そのあと指でここを中心にグラデを作っていく。黒系は一歩間違えると難しい色かもしれないけど、私は今この方法がなかなか気に入っている。一重まぶたの人は黒のシャドウはよく似合うんだそうだ。まあ、やりすぎはよくないけどね。ギャルっちいから。

 BR-2も、黄味のないブラウンで、ブルベの私には使いやすい色なんだよなあ。妹が買っていたので、私も!と意気込んでいたのだが、よく考えたら先日同じkATEの丸いシマシマのアイシャドウで同じような色を買ったんだった…。というわけで、またその黒グラデしか持っていないのだが、他の色も綺麗なので試してみたい。

 安くて手軽、でもツボは抑えているKATE、やっぱり私の大のお気に入りブランドである。

2005-10-14 ポール&ジョーの限定アイシャドウ

ポール&ジョーの限定アイシャドウ

[]ポール&ジョーの限定アイシャドウ ポール&ジョーの限定アイシャドウ - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 を含むブックマーク ポール&ジョーの限定アイシャドウ - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 のブックマークコメント

  先月末の誕生日、大阪のお友達からお誕生日プレゼントを頂戴した。中身はあらかじめちょっとだけ聞いていたのだけれど、開けてみるとやっぱり可愛い!!もうどこを探してもないだろうけど、中身はこの夏発売されたポール&ジョーの限定アイシャドウ。ポルジョの限定品って、毎回紙でできていて、本当に柄や色が可愛くていつも買ってみたいとは思うのだが、パッケージは可愛いものの、中身の口紅やシャドウの色がどうもピンと来なくて実は一回も買ったことがなかったのだ。もちろん定番品の口紅とかは持っているんだけどね。

 でも今回頂いたのは外の紙のパッケージも中身の色も私好み!円形の紙製のパッケージのふくろうちゃんだかみみずくちゃんだかも可愛い。それに中身もさすがポルジョ、素晴らしいのだ。地は薄めのピンク。でもまぶたに乗せるとちょうどいい発色でちゃんとピンクが主張する。パールもパッと見地味なんだけど、ちゃんとシルバーがかったパールが上品に入っている。そして真ん中に三つの○がくっついたように濃いボルドーがかかった締め色が埋め込まれている。この色がいいんだよなあ。ボルドーなんだけど、レンガ色のような赤みのある茶色のような、不思議な温かみのある色。私はこの締め色を、ブラシでもつけるけど、指の先に軽くとって、目尻を中心にポンポンとぼかすようにおいていくのも大好き。とっても奥行きが出るのだ。

 というわけで、最近はこのアイシャドウの出番がとっても多いのだけれど、残念ながら限定だったんだよね。もうさすがにないだろう。欲しいと思った方ごめんね。

2005-08-04 カネボウKATEのディープアイズN

カネボウKATEのディープアイズN

[]カネボウKATEのディープアイズN カネボウKATEのディープアイズN - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 を含むブックマーク カネボウKATEのディープアイズN - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 のブックマークコメント

 ドラッグストアのセルフのメイクブランドのうち、どれが好きかと問われれば、私は即答する。KATE。no more rules…ルールはいらない。ブランドができてからもうずいぶん経つが、私はブランド登場以来、このKATEが大好きである。アイブロウもアイライナーもマスカラもチークもアイシャドウも…いったいどれだけ使ったことか。今のイメージキャラは中島美嘉だし、10代の子向けなのかもしれないけど、たしかな質とデザイン、旬のセンス、大人でも充分楽しめるブランドだろう。

 今回発売になったno titleの秋の新作は、まあ特別にものすごく変わったわけではないけど、やっぱりどれも素敵な品々である。だいたい毎シーズン何かしら買うのだが、今回はやはりディープアイズNが私の目を引いた。円形のアイシャドウにしましまに5色も入っているのだ。ああ、可愛い。色も秋っぽくて大人な感じだし。こんな品が割引だと1300円前後で買えるなんて、いいブランドだ。

 今回は5種類の発売で、私は迷わずBR-2を購入した。以前にもちょっと書いたが、ブルーベースの肌に茶色は結構難しくて、赤みのある茶を選ぶのがポイントだと私は思っている。BR-1というのは黄色味があるのでイエローベースの方はそちらがお勧めかな。

 翌日から早速つけてみる。が、蓋の部分、鏡になっているのかと思ったら全然映らない。ま、それは仕方ないか。チップは片方が太くて、もう片方が細いのが1本入っている。私はKATEのアイシャドウは指でつけると綺麗につくので、いつもはブラシやチップではあまりつけない。今回の製品も指でとっても細かい部分以外は指で塗ろうとしたのだが、あら困った、しましまがあんまり細すぎて指でとるにはちょっと手間がかかる。私は指がかなり細い方なのだけれど、一番太い色(真ん中の明るい色)でちょうど指でとれるくらいだ。端の濃い色は絶対チップかブラシでないととれない。KATEのシャドウは指でラフに塗りたいんだけどなあ。仕方ないので、真ん中の明るめの色をハイライトに指で眉下に、その両隣の色を気分で調節しながら太い方のチップでアイホールに、両端の濃い締め色をライン的に細いチップで入れてみた。うん、大人っぽくてよい。本当の大人のお姉さんが使ってもいいし、背伸びしたい10代の子が使ってもいいし。

 

 でもどうやら公式HPを見ると私の5色の塗り方よりもっと彫りが深くなる塗り方が書いてあった。下まぶたにも濃い色を少し入れて、目頭に一番明るい色を持っていくということらしい。別に新しい方法ではないと思うが、どうも私は下まぶたに濃い色を持ってくるのって好きではないのよね。今流行りの囲み目メイクっていうのかな。中島美嘉とか、ああいうお若い皆様にはいいんだろうけど、さすがに私には厳しい。それに私はもともとキツイ顔立ちなので、どっちかというとふんわりさせたい。下まぶたはたまに本当に軽く目尻側に入れる程度である。今回は「深い“ホリ”」がテーマだそうなので、ブランド側としては目周りなんてびっしり塗ってね、って感じなんだろうけど。

 まあ、5色入っていてこのお値段、見た目も可愛いし、買って損はない。ラメのギラギラもない。しっとりとした質感もいい。他にPK-1とPU-1があって、それも私好みなんだよなあ。ダメだ、やはり気になるKATE。とにかく一つ買えば簡単にグラデができてしまうので、アイメイク初心者の方にもお勧めの一品である。KATEの商品はやはりno more rules。自分好みにメイクしよう。