Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-03-01 牛乳石鹸のカウブランド無添加メイク落としオイル

sachiko_deli2007-03-01

[]牛乳石鹸のカウブランド無添加メイク落としオイル 牛乳石鹸のカウブランド無添加メイク落としオイル - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 を含むブックマーク 牛乳石鹸のカウブランド無添加メイク落としオイル - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 のブックマークコメント

クレンジングオイル、というのは、化粧品史というものを作るとしたら、結構浮き沈みの激しい人生(?)を送っているアイテムとして記録されるのではないだろうか。

 昔からのクレンジングはやはりいわゆる「コールドクリーム」系のもの。ふきとって落とすタイプのクレンジングだ。もしくは、普通のベビーオイルとかで落としていたようだ。そのあと、ジェル系の水で洗い流せるタイプのクレンジング剤が主流となったのかな。もともと日本人は顔を洗うのが大好きだからね。洗ってメイクを落とすというのは日本人の性分に合ったのかもしれない。

 そのあと大流行したのがDHCに代表されるクレンジングオイル。落ちの良さと洗い流すという行為で、あっという間にクレンジング剤の主流となり、各社からクレンジングオイルが発売されるようになった。もともとは、シュウウエムラくらいしかなかったと思うんだけど、ここ数年はドラッグストアクレンジングコーナーでかなりのスペースをクレンジングオイルが占めている。

 私はもともとDHCのクレンジングオイルが好きで(今は会社の方針があまり好きでないので使っていないが)クレンジングオイル道に入った。それまではジェルやクリームを使っていたような気がするけれど、ちょうどメイクを始めた時期がDHCの出始めだったような気がする。

 だが、一時期、クレンジングオイルは「顔がくすむ」「ニキビが悪化する」「界面活性剤が肌に悪い」「肌が乾燥する」などと、ものすごく悪口を言われた。いや、今も言われている。私はオイル好きだったので、「乾燥肌なのにクレンジングオイル使うなんて」と、いう雑誌やコメンテーターの言葉がすごく嫌だった。私にとっては、一部のジェルやミルク、クリームを除いて、クレンジングに時間と手間と摩擦(拭き取り)の負担をかけるものは、かゆみ、ニキビ、ひりひり感、赤みなどのトラブルのもと。短時間で確実にメイクを落とせるオイルというのは欠かせない存在なのだ。それを「オイルは悪」と目の敵のように言う人もいて、「ああ、この人、時代(というか、製品)の進歩についってるのかしら」と疑問に思うこともある。フランスなど水質が違う国では拭き取り式は正しいのかもしれないけど、ここは、日本だしねえ。

 もちろん、クレンジングクリームやクレンジングミルクが肌に合っている方には素晴らしいものであることは間違いない。何でもその人に合えばいいと思うのよね。私はクレンジングクリームもミルクもジェルもいろいろ試して、結局オイルが合ってるんだ、とわかったわけだし。

 また前置きが長くなったが、今、私が気に入ってるのが、牛乳石鹸共進社株式会社牛乳石鹸のカウブランド無添加メイク落としオイル。ファンケルのオイルを使っている人がこれもいいと言っているのを見かけたので、興味をもってドラッグストアで購入。700円くらいだったかな。無添加とかは、今ではあまりみかけない表現だけど(少し前まではアレルゲンとなりうる成分を表示する制度があった)、やはり敏感肌の方はこの言葉を目安にされるのだろうか。そして、「クレンジングオイルは肌に悪い」というイメージも取り払いたいのかな。なんだかこの「無添加」表示は今どき遅れているような気もするが、まあいいや。

 牛乳石鹸から発売されているその名も「カウブランド」。牛か…牛乳石鹸だからね、どこまでも牛なんだね。中身には関係ないと思うけど。

 このクレンジングオイルは濡れた手でも使える。保存料などを使っていないあたりが売りらしいが、私は感触と落ちがとても気に入った。評判の良いファンケルのオイルにもちょっと似ていると思う。かなり軽い液。注意して落とさないと手などに垂れてしまうかも。でも、その軽い感触が顔の上で、ミクロの玉を転がしてる感じで、じわじわ良さがわかってくる。落ちもよい。ただし、私は今、お湯で落ちやすいマスカラを使っているのでウォータープルーフなどのがっちりしたマスカラが落ちるかはわからないけど。ファンケルのオイルは、乳化が少し遅く、白くなる感じがあまり好きではないのだけれど、このカウブランドのオイルは簡単にすっきり落ちて、ぬるぬる感もない。でも、カピカピ乾燥もしないし、これはいいもの見つけた!という感じ。毎日使っても全然大丈夫だ。

 オイルが市民権を得た今、クレンジングオイルはどんどん進歩を続けている。使わないで毛嫌いしている方にはぜひ挑戦してほしい。安いオイルでも掘り出し物はあるからね。

 

はるはる 2007/08/27 03:03 私もこのクレンジングオイルが大好きです☆まとめ買いして使ってます^^お肌の調子も良いです♪

2006-06-23 カネボウロージーアロマのクレンジングクリーム

sachiko_deli2006-06-23

[]カネボウロージーアロマのクレンジングクリーム カネボウロージーアロマのクレンジングクリーム - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 を含むブックマーク カネボウロージーアロマのクレンジングクリーム - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 のブックマークコメント

 ここのところ、相方の家と実家を往復していて、相方の家はちょっとランクを落とした化粧品を使っていた。最初はあんまり影響がなかったけど、相方の家にずっといると、ものすごく肌が劣化していくのがわかる。これはまずいなあと相方の家用にデパートコスメかそれに準ずるコスメをそろえることにした。

 といっても、全部いきなりそろえるのもなあ。クレンジングや洗顔、化粧水などは実家と同じものか以前使ったことのあるものを使っているので、何か一、二品を投入することにしよう。まずは、私の大好きな角質柔軟もの。ドラッグストアで角質をケアする化粧水を買って使っていたけれど、やっぱり化粧水化粧水。角質を取る的要素と美白に力が入っているせいか、肌を柔らかくする効果はない気がする。もちろん、普通に化粧水と思って使えばいいのだけれど。それに安いから悪い製品ってわけでは絶対ない。

 そこで本格的に角質柔軟アイテムを購入することに。第一候補は一番初めにこの手のアイテムで私が使ったもので、とっても効果があったカネボウのデパート専門ブランドのロージーアロマno titleの「ブライトナー」という商品。これ、実は去年の福袋に入っていて、何も考えずに使ったらとってもよかったという、結構面白い出会いをした品である。

 ロージーアロマのシリーズはカネボウのデパートブランドの中では一番手ごろだし、何より香りが大好きなので、またこれをリピートしようかな。

 でも、同じものをまた買うのもなんだし、と近くの化粧品専門店でSK兇化粧水前につける商品を見せてもらった。私はSK蕎ι覆倭漢咳錣ないのだが、雑誌で角質柔軟系商品があるのを見て、ちょっと気になっていたのだ。店員さんに見せてもらうと2種類あって、しっとりめで美白効果もある製品が7000円、さっぱりした化粧水感覚のものが6000円とか。割引になるので、結構お得かも。しかもしっとりタイプは結構感触もいいなあ。とろみもあって、ふきとりしてもらったらとっても気持ちよかった。とりあえずこれも候補。現在のお手入れにピンポイント的に使ってもいいということだ。

 さて、もう一度デパートに戻る。私が行く池袋西武カネボウのカウンターはとっても狭い。その日も夕方で結構混んでいたのだが、一瞬、お客さんが途切れた。こういうのは、ちょっと運命的なものがある。私はススッとカウンターに寄って行って、BAさんにロージーアロマのブライトナーを買おうか迷っているのだけれど、と話してみた。ブライトナーの良さ、ロージーアロマについてなど喋る私。そんなこと別に話さなくてもいいのだけれど(もちろん途中で商品を指名買いするお客さんが来ると先に譲った。)BAさんとコミュニケーションをとって、BAさんがどのくらい商品知識があって、信頼できる人かを知るためにも結構大事だと私は思っている。この時のBAさんはとっても優しくて面白くて気の利く人で、すごく気に入った。BAさんは、ブライトナーをお買いになる前にまずはお肌のご様子をご覧になりますか?と言ってくれたので、調べてもらうことにした。

 まずは水分や油分の関係。この日は珍しく水分がいい!私は下手すると、基準値の半分くらいしかないときもあるくらいの乾燥肌だが、素晴らしい水分である。でもこの季節、汗とかもあるからねえ。どうなのかしら。

 続いてキメ。頬の高いところの下から口もとにかけては、自分でもびっくりの綺麗なキメである。イプサのオンザピークのローションが効いてるのかしら。でも目元や頬の高いところはキメがやっぱり流れている。BAさんは頬についてとても誉めてくれた。でも続いて撮影した鼻から頬にかけての肌のアップ。あああああああああああ!汚い!なんだこれ!ヤバイ、恥ずかしい。もともと毛穴では悩んでいたけれど、そこにびっしり汚れが…。BAさんも私が「これって、やっぱり汚れ…ですよね?ファンデとかではないですよね?」と確認すると一瞬、間があって「そうですね…今お使いのクレンジングアイテム(事前に聞かれた)はジェルなど、ということですが、もしかしてわりとさっと流していらっしゃいませんか?それから毛穴パックとかなさってません?」その通り。もちろんクレンジングも忙しくて適当に済ませてしまっていた時もあるし(鼻周りなどは気になるのでよく洗っていたつもりだが)、最近ビオレの毛穴パックに久々にはまってよくやっていたのだ。「サチコさま、毛穴パックはダメです〜。あれをやってしまうと、こういう風に(…と絵を描いて一生懸命説明してくれる)毛穴が開いて、そしてそのまままた毛穴の中に皮脂をためなきゃ、ってお肌が変に頑張ってしまうんですよ〜。でもあれって気持ちいいですよね。」「そうなんですよ…でつい…。」「わかります。でもあれは本当にどんどん毛穴が開いてしまうので、なるべくでしたらおやめになって、クレンジングでゆっくりと毛穴の汚れをとって差し上げた方がいいですよ。」ととても丁寧に毛穴について説明してくれた。私はどんどん自分の毛穴パックやクレンジングの未熟さを反省していった。ああ、だから毛穴とか開いてしまうし、そこにまた汚れがつまってしまうのだなあ。パックが楽しいわけだ。だって毎回、大収穫だったからね。

BAさんはクレンジングを手の甲で試させてくれた。これはクリームだけど、メイクが落ちるとオイル化するタイプ。オイル化するタイプはクリームクレンジングではない、という人もいるけど、ゆっくりクレンジングをするというのは、私にとって今必要なことなのではないだろうか。洗い流しもふき取りもOKとのこと。それに、ロージーアロマのシリーズだからいい香り!私はすっかりこのクレンジングを買う気になっていた。5000円だけどね。まあ、ちょっと頑張っちゃわないとね。それに一回の量ってそれほどでもない。BAさんは親指くらいの量で大丈夫と言っていた。それにしてもBAさんの一生懸命さにも心を動かされた。物を売りたいという熱意ではなくて、このお客さんのお肌をなんとかしたい、という感じがとてもよかった。

 実際、自宅(というか相方宅)に帰ってひととおりの家事を終えて、ゆっくり自分タイム。よい香りを実感しながらくるくるくる…。やっぱりいつもクレンジングに時間をかけている時間よりは長くかかる。鼻の横にずっと居座っていた毛穴のつまりのところもゆっくりくるくる…一回では落ちないけど、なんか綺麗になった気もする。この日は洗い流して、サンプルをもらった洗顔料で洗顔。うわあ、なんかいい気分。ちょっと自分の肌にお金をかけて、ちょっと自分の肌に時間をかけて…こんなことやってる場合ではない日は、もっとすばやくクレンジングできるものでいいとも思うけど、やっぱり基本的にはこういうことがクレンジングなのだろうな。だってあれだけメイクに時間かけてるんだからねえ。落とすときも頑張らないとね。

ケロリンケロリン 2006/06/26 16:12 クレンジングって、おざなりになりがちですが洗顔共に大事なステップだと思います。昔は落ちればいい、しか考えない位でしたが、大きくクレンジングで肌質は変わりますよね(しみじみ)。ロージーのは、香りとパッケージで凄くおだやか〜になりますよね♪ブライトナーは私は毎日は厳しいのでミルクレの際に使っています。SK兇里蓮普通のは昔数本愛用しました。かなりつるつるになります(故に下手したら因幡の白ウサギ状態)。美白の方はキシキシするのでDRY肌の私は絶対無理!でした。後クレンジングはボビーのバームリンスもお薦めです。じんわりとろけるバターのようにオイル状になる様と、香りが最高に幸せになります。欠点は形状が邪魔な瓶で大きすぎる!んです。
ロージーの洗顔剤、泡立ちがいいですよね〜、カネボウは洗顔ものは
凄く上手いと思います。

サチコサチコ 2006/07/05 23:06 けろりんさん、使用感などいろいろレポありがとうございます!迷っているものすべてけろりんさんご使用なので、安心して選べます〜。ボビイのは香りがいいですよね〜。オレンジの香り好きなので、これもいつか買ってみたいです(ちょっと高いですけどね。)カネボウはsuisaiの洗顔料のモコモコ感がかなり好きです。赤い美白のふきとり好きですし、そちらの洗顔料も使ってみたいです。

2006-04-21 花王ソフィーナソフィーナクレンズのオイルメイク

sachiko_deli2006-04-21

[]花王ソフィーナソフィーナクレンズのオイルメイク 花王ソフィーナソフィーナクレンズのオイルメイク - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 を含むブックマーク 花王ソフィーナソフィーナクレンズのオイルメイク - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 のブックマークコメント

 クレンジングといってもいろいろな種類がある。ジェル、クリーム、リキッド、オイル、ミルク…こんな感じだろうか。私は気分で何種類か使い分けているけれど、クリームやミルクはやや苦手。ふき取りタイプのクリーム、ミルクはいくつも使ってみたが、たいていものすごく顔がかゆくなるのでほとんど使わない。ちょっと膜っぽくなるのと、ふき取りの摩擦がどうも私の肌には合わないらしい。そんなわけで、だいたい、リキッドかジェルかオイルかな。摩擦もすくなく、すっきり洗い上げて、あとからしっかり保湿する、というのが今のところの私の肌の結論である。

 ただ、どうしてもオイルは乾燥するものが多い。そんな中、私の気をひいたのは、ソフィーナから新しく出たクレンジングオイル。正式にはno titleオイルメイク落としというらしい。もちろんソフィーナのクレンジングは、ジェルタイプが好きで以前使っていたけど、オイルは初めて。なぜ心引かれたかというと、このオイルが肌のセラミドを奪わずに、メイク製品の汚れのみに反応する、という実験をネットで見たから。そんなうまい話があるか、とは思ったが、だまされたと思って、このオイルメイク落としを買ってみることにした。セラミドのような肌の中にある成分を奪ってしまうからオイルは乾燥しがちなんだろうけど、それがない、というのはかなり魅力的なのだ。

 発売日より少し早めにドラッグストアを覗いてみたらもう店頭にあったので早速3割引で購入。ソフィーナクレンズの製品は白い容器のものばかりだが、オイルだけは透明ピンクのボトルでポンプタイプなので、気をつけて欲しい。手が濡れていても使えるとのこと。ビオレのあの紫のボトルのメイク落としよりはいいかな。発売当初使っていたが、あれはちょっと肌荒れしたなあ。

 セラミドを落とさない、という言葉に期待して、早速使用開始。かなりサラッとしたオイルだ。5プッシュくらいをとって顔になじませると、へえ、結構いい香り。香りに関しては全然期待していなかったので(微香性)、ちょっと意外。でもフローラルだけど甘すぎず、ちょっとハーブのような感じで好みの香りなので、私はすごく気に入った。

 私は普段、フィルムタイプのマスカラを使っているので、クレンジングオイルではたいてい落ちない(その代わりお湯で落ちる)のだが、ソフィーナのオイルはあっという間にマスカラが落ちた。ちょっと怖い。もちろん顔全体のメイクもちょっと馴染ませただけですぐ落ちる。すごいスピーディ。ぬるま湯と馴染ませて洗い流してもサッと流れるし、おお、これは結構いいかも。その後軽く洗顔した。

 私は新しいクレンジングを買うとためしにクレンジング後何もつけずに放置しておく。今回もやってみたが、あらら、大変、すぐにカピカピ…やっぱりちょっと乾燥肌には厳しいか。セラミドなんて残ってるのかしらという乾燥具合。う〜ん、やっぱり毎日はちょっと辛い。ただ、こってりメイクを簡単に完全には落としてくれるので、本当にさっぱりしたい時、メイクを落とすのさえ面倒なほど疲れた時にはぴったりかもしれない。ただし、その後のしっかり保湿は必ず必要だけどね。

 いろんなクレンジングが発売されているから、その時その時の肌状態や気持ちの状態で使い分けて、うまくクレンジング剤を使いこなそう。

 

けろりんけろりん 2006/04/23 16:26 サチコさま、こんにちわ。私もメインはジェルですが、たま〜に
ミルク、そしてオイルを使います。しかしオイルはやはり使うと
ぱさつくのでよっぽど疲れたときやあのテクスチャーが恋しく
なってから、ですね。かさつかないオイルの代名詞のシュウのでも
やっぱりかさつきますし。色々メーカーも苦戦してオイルを研究
してるようですが、やはり脱脂力は凄いですよね。
花王はクレンジング剤はとっても優秀と思えるメーカーですので
私もこれは期待していました!が、そうですか〜やはりかさつき
しますのね。でもほんまに疲れたときには有難いアイテムでは
有るので1つは必要ですよね。夢のオイルが開発されるのを
ただただ祈るばかりですね〜。

サチコサチコ 2006/05/02 22:54 そうですね、やはり毎日ですとかなり乾燥するとは思いますが、さっぱりしたいときやこれからの暑い季節にたまにオイルを使うのは良いですよね。お試しサイズも出たみたいですので、思いっきりさっぱりしたいときのために買っておいてもいいかもしれませんね。

2005-09-24 pdcのセルディミルククレンジング

pdcのセルディミルククレンジング

[] pdcのセルディミルククレンジング  pdcのセルディミルククレンジング - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 を含むブックマーク  pdcのセルディミルククレンジング - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 のブックマークコメント


 pdcって?と思った方も多いだろう。ポーラデイリーコスメ。この名前ならみんな聞いたことあると思う。シャンプーや、洗顔料、クレンジングなど数々の製品を出している、ポーラのドラッグストアラインを作っている会社である。それが突然9月1日にnot found | pdc 〜あなたの「スキンケアのパートナー」になりたい〜になったらしい。ドラッグストアオタクの私は、最近どうも「pdc」と書いてある製品が多いなあと密かに思っていたのだが、そうか、ポーラデイリーコスメなのね…。なんだってポーラのポの字もない単純なアルファベットの会社名にしたんだろうか?ま、それはいい。なんか大人の事情があるのであろう。

 しかし、セルディのシリーズはドラッグストアでもよく見かけるし、私は洗顔料やシャンプー類も結構使っていた。低価格でもポーラの製品はきちんとしているので、好きなのである。一番気に入っているのは洗顔リキッド。オイルに近いけれど、洗い流しがとても早くて大好き。先日、このセルディのある辺りを眺めていたら、どうやら「セルディミルククレンジング」というのを発見した。ポンプタイプで、天然ローヤルゼリー入り。「柔らかにつるんとたまご肌」になるらしい。

 クレンジングミルクは本来、海外ブランドのものがほとんどで、ふき取りの化粧水をコットンなどにふくませたり、クレンジング用のチーフを使ったりしてふき取り、洗い流しはしないものである。数年前から乾燥肌の方を中心に主流となり、クレンジングオイル=悪、というようなことを言う人さえいる。たしかにオイルは乾燥するという方がほとんだろうけど、完全否定するのはどうかとも思うけどね。

 私はどうもこのふきとりクレンジングミルクが苦手で(絶対にコメドぶつぶつ、顔中ヒリヒリになる。)ので、お湯で洗い流すタイプオイル、ジェル、クリームのクレンジングを気分で使っている。で、安くていいクレンジングがあるとすぐとびついてしまい、家にはクレンジング剤がごろごろしている。

 そんな中、日本のドラッグストア製品も徐々にミルク状のクレンジングが増えてきた。しかし、海外のものと違ってそのほとんどがお湯で洗い流してください、というものばかり。なんか間違ってるよなあ。流行にあわせて、海外式のふき取り式のものを出せばいいのに。でもそういうのが使いたい方はドラッグストアでは買わないのかな。さっとクレンジングを済ませたい、という方にはやはり洗い流しなのだろう。

 私もその洗い流し派であるが、先ほど買いたセルディのミルククレンジングは即買いしてしまった。説明書きにはマッサージするようにメイクとなじませてから、洗い流して洗顔料を使うように、ということが書いてある。ああ、またこの形式か、と思いつつ、目新しさに負けて買ってしまったのである。公式サイトにはまだないから新しい製品なのだと思う。

 家で早速使ってみる。ポンプ式はやっぱり楽。顔に広げるとほんのりジャスミン系の香り。ああ、いい香り…。私はもともとジャスミン好きなのでこの香りだけでも充分買った価値がある。製品の説明書きには「フローラルミルク」の香りと書いてあるが、私にはジャスミンに感じた。しばらくくるくるしたあと洗い流し…あんまりすっきりとは洗い流せないかな。元がミルク状だからクリームクレンジングのように残ったりはしないんだけど。そして

、気のせいかちょっとヒリヒリするような…気のせいかもしれないが、もしかして合わないのかなあ。このあと洗顔料で洗顔でクレンジング終了。

 コットンに化粧水を含ませて、軽くふき取ってみたが、目立つ汚れはない。いつもしっかりメイクしている私だが、それでもここまで落ちるなら合格であろう。もちろん目元はリムーバーで落としてからの話なので、マスカラの落ちはちょっとわからない。膜感は少しある感じがしたが、そんなに気になるほどではなかった。

 それにしてもセルディのシリーズは実に製品が多い。店によって並んでいる製品もさまざま。もしみかけたらいろいろ研究してみてね。

けろりんけろりん 2005/09/25 10:26 セルディはシャンプー昔使っていました。香りが良かったので(爆)
ミルクレは私も好きですが、やっぱり角質の溜まり具合が気になるので
ジェルにしたり時たまオイルにしたり変えています。第一毎日同じモノ
使うのは飽きるタチなんです(^^ゞひりひりと言えば、私はポンズの
コールドクリーム。あれ使うとひりひりしちゃいます。大容量で
クリームでいかにもクレンジングしてます♪っ的でいいんですが
あれは合わない私です。ジャスミンの香りですか〜いいですね〜。
絶対香りはある方が良い主義なのでそそります〜。

サチコサチコ 2005/09/29 02:32 クレンジングは、いろいろ用意しておいて、気分や肌状態で決めるのが一番いいような気がします。ひりひりしちゃうのってありますよね。
ジャスミンの香りというのは、あくまで私の鼻による感想ですが、
お花系の香りではあると思います。
見かけたらぜひお試し下さいね。