Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-10-14 カバーマークのモイスチュアヴェール

[]カバーマークのモイスチュアヴェール カバーマークのモイスチュアヴェール - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 を含むブックマーク カバーマークのモイスチュアヴェール - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 のブックマークコメント

私は長年、カバーマークカバーマーク 公式オンラインショップのジャスミーファンデーションのBO10という色を使ってきた。あまりにも有名になってしまったが、私が使い始めたのは発売して間もない頃。以来、たまにパウダリーにしたりしたこともあったが、基本的にこのファンデに戻ってしまう。決め手はやっぱり色。今さら言うまでもないが、ジャスミーファンデは、肌色をブルーベースイエローベースという2種類に分類し、黄色味が強めか、それとも全く違うブルーの色の系統か、というのを判別して選ぶファンデーション。まだ、ご自分がどちらに属するのか試したことのない方はぜひ一度カウンターで調べてもらって欲しいが、日本のファンデーション、特に資生堂コーセーは黄色味が強めで、ブルーベースの私が使うとくすんできてしまう。でも私はブルーベースの中でも赤みの少ない部類なので、一般のファンデーションでもオークル(ベージュオークルなどと名前がついているものは無理)などの黄色味が少なくて色が明るいものなら、比較的使えるのだということがようやく最近わかってきた。それに、あまり長く同じ製品を使うのもどうかと思うので、思い切って2ヶ月くらい前からルナソルのクリームファンデのソフトオークルという色を使っている。これは黄色味がなくてやや赤みのある色で、明度も高い。でも、9月のリニューアルで残念ながらこの色は廃番になってしまった。残念。カネボウ系(ルナソルなど)はブルーベースの人でも使える色が多いのだけれどね。ああ、ソフトオークル復活してくれないかな。でも、後日カネボウのアーティストさんにメイクしてもらったとき、「あのソフトオークルが会うのはロシアの白人の方とか、本当に肌が真っ白い方向けなんですよ。日本人で似合う人はまず、いない。」といわれた。それなら何で出すんだよ…でも私としては気に入っているのでまあいいか。そういう理由で廃番になったのだろう。ダーク目な色出しが流行だしね。

結局オークルが一番合うと言われたなあ。

 始めのファンデはそれで、その後のお直し用のお粉ファンデ(これはカネボウのフェアクレアのオークル系を使っていた)がさらさら系だったので、しっとりしたものが欲しいなとちょっと思っていた。ジバンシイやエスティなどいろんなブランドを回ったがいまいちピンとこない。エスティの新しいファンデは色はすごくよかったんだけど、薄つきすぎてパス。そうだ、そういえば雑誌にかカバーマークから新しい派うだりファンデーションが出るって書いてあったな。ちょうど発売日前日(10月1日発売)だし、見てみよう。

 発売日前だが、先行発売しているということで、BAさんに実際に塗ってもらうことにした。BAさんに自分がジャスミーのクリームファンデーションのBO10という色を長年使っているのだが、と告げると、ジャスミーとは色の考え方が違うのですが…と申し訳なさそうなBAさん。それは雑誌で知っていたからいいのだけれど、なぜジャスミーのパウダリーは発売されないんだろう?出たら絶対買うのに。BAさんは、1か3、4あたりがブルーベースの方にはお勧めとのこと。私は1と3を塗ってもらったけど、1はすごく肌に馴染んだ。首のあたりからの一体感もいい。3は黄色く見えてしまったのでこれは私にはダメそう。結局、1を使って化粧水から始まり、パウダリーファンデまで、丁寧に全顔に塗ってもらった。ふむふむ、さすがBAさんがメイクしてくれただけあって、綺麗についている。私はお直し用に使うつもりだけど、これだけでも結構カバー力ある。BAさんも、「リキッドの水分だけを蒸発させて固めたファンデなので、保湿力が非常に高いんですよ。」という。指先で表面をさわらせてもらって、びっくり!このなめらか感は何なのか…布で言うならベルベットって感じだろうか。指にぴったり吸い付いてくる。もう1本の指とこすり合わせたら、もううっとりするほどなめらかである。BAさんも「つきがいいので、ほんのちょっとスポンジにとっていただくだけで充分伸びます。」と言っていた。たしかにスポンジにとったのはほんのちょっと。お直しのときも綺麗に直せそう。私は思わず購入を決定してしまった。カバーマークは普段は安売りの店で買うのだけれど、定価購入だ。色もちょうどあったし、いい買物だろう。ちなみにメイクしてくれたBAさんではないBAさんはブルーベースで、私と同じパウダリーの色(1)を使っていたが、全然違和感はなかった。色は全部で6色ある。ケースも黒に見えるけど、実は深い深い緑に細かいラメが入っていたりして、わりとおしゃれだし、正方形のケースというのも結構珍しくて好き。でもこのパウダリーのしっとり感は、これからの季節、乾燥肌にはかなりの味方になってくれそう。色に特にこだわりがない方も、乾燥肌の方でパウダリーファンデを探しているなら、ぜひ候補に入れて欲しい商品である。

f:id:sachiko_deli:20060930233315j:imagef:id:sachiko_deli:20060930233409j:image

2005-07-14 舞妓はんの化粧下地とUVコンパクト

舞妓はんの下地とUVパクト

[]舞妓はんの化粧下地とUVコンパクト  舞妓はんの化粧下地とUVコンパクト  - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 を含むブックマーク 舞妓はんの化粧下地とUVコンパクト  - Cosmetic Deliのお気軽コスメ日記 のブックマークコメント

去年、「舞妓はんのおしろい」という404 - ファイルまたはディレクトリが見つかりません。のルースパウダーが発売されて大ヒットした。もちろん私もその和風な容器に惹かれてすぐ購入した。粉の軽さ、うっすらとしたピンク色、細かく入ったラメ、ほんのりとした桜の香り、大きなパフが2枚も入っているところ、値段の安さ…もちろん容器以外にもいいところがやまほどあって、本当に気に入っている。少し乾燥するのだが、私はお粉はあんまりしっとりしていなくていいので、別に気にならない。リフィル作ってくれるといいんだけどな。

 舞妓はんシリーズはお粉の他にアイライナーと下地とUVコンパクトがある。でもSANAの製品ってなかなか割引になっていないので、貧乏な私としてはWポイントとか全品10%引きとかいうときにまとめて買うようにしている。

 で、今回近所のスーパーで舞妓はんの下地が15%引きだったのでついにゲット。ずっと欲しかったんだよなあ。もう姿が可愛い。蓋を開けるとスパチュラがついている。中身はピンク系。私の肌はブルーベースなので、このピンク系がたまらなく肌に合いそう。下地って買うの久しぶりだなあ。もしかしてニナリッチのバーズシリーズ以来かも。普段カバーマークのジャスミーファンデを使っているので、そんなに肌色を補正しようと思わないのだ。でもこの下地はどうしても買いたい。だってあんまりにも可愛いんだもの…。ゆるいテクスチャーを日焼け止めの上に思い切って塗り塗り。いっぱい入っているから、思いっきり使える。乾燥する、という噂も聞いたけど、夏なんだからそのくらいでちょうどいいだろう。ファンデ前の一手間で、肌色ワントーンアップ。匂いもたまらない…。よく桜の香りって売ってるけど、実際のソメイヨシノは香りはしないのよね。イメージの香りなのかな。それとも桜餅…。桜餅の香りはあまり好きではないけど、この舞妓はんシリーズの香りは大好き。

 もう一つ、別の店の10%引きで買ったのが、新発売のUVパクト。完全にジャケ買いならぬパケ買い。可愛すぎる。パフではなくて刷毛だなんて、ああもうツボすぎ。刷毛にまで桜柄が…この細かい技にやられた。普段はパウダリーファンデでお直しをする私が、あんまりにも可愛いのでついプレストパウダーを買ってしまった。ルースパウダー同様細かいラメが入っていて、これまた舞妓はんシリーズの香り。コロンと手の中に入る大きさもいいし。ピンク系のお粉で脂だの汗だのでどんよりした肌のトーンが上がる気がする。ちょっと乾燥するけど、ミスト状スプレーでシュッシュとしておけば大丈夫。

 ああ、それにしてもこの舞妓はんシリーズは私のツボを見事についてくるなあ。アイライナーはまだ買ってないけど。今後の新製品にも期待しよう。