Hatena::ブログ(Diary)

Commentarius Saevus このページをアンテナに追加 RSSフィード




電子書肆 さえ房」開業!電子書籍『共感覚の地平』を無料公開中

2017-02-19

クロスジェンダーキャスティング、だがその効果は〜子供鉅人『マクベス』

| クロスジェンダーキャスティング、だがその効果は〜子供鉅人『マクベス』 - Commentarius Saevus を含むブックマーク クロスジェンダーキャスティング、だがその効果は〜子供鉅人『マクベス』 - Commentarius Saevus のブックマークコメント

 本多劇場で益山貴司(名前に間違いがあり、修正演出劇団子供鉅人『マクベス』を見てきた。104人もの役者舞台に登場するというけっこう規模の大きい上演であるマクベス夫人を益山寛司(この方が演出家なのかと思ったら、名前が一字違いで兄弟らしい)、マクベスを億なつきが演じるというクロスジェンダーキャスティングが特徴だ。

 いいところはいろいろある上演であるマクベス夫妻の役者性別を交換するというのはいアイディアだし、とくに益山寛司の長身マクベス夫人はむちゃくちゃ妖艶だ(衣装を使わないでマクベス夫人をふくめてあらゆる人物に化けた佐々木蔵之介のひとり『マクベス』には及ばないかもしれないが、それでも益山マクベス夫人は本当に綺麗で性格も強烈だった)。棚とか脚立とか日常的な家具が所狭しと置かれた舞台に大量の人物がわらわらと出てくる猥雑な演出もエネルギッシュである。ところどころ笑えるのもよかった。

 ただ、けっこういくつか疑問点もあった。冒頭の台詞ナチスとかジハードとかが織り込まれているのだが、この政治的ネタあんまり機能していない。ちょっと和風だがいろいろ折衷衣装あんまり政治的にどこの政府イメージしているというようなところもないため、ファシズムとか狂信への言及全然効いていないと思った。また、マクベス夫人に比べるとちょっとマクベスが弱く、台詞回しも最初ちょっと流れが悪いと思うところがあった。さら最後マクベスが殺されるところの演出があまり良くない。それまでは小柄でも極めて男男していた億なつきのマクベスが大量の群衆に服を剥がれてタンクトップ姿になり、女の身体を露わにするという演出なのだが、かなり性暴力連想させる不気味で暴力的な殺され方で、ここでこれをやる意味全然からなかった。何をしたかったんだろう?

2017-01-31

ゴミみたいな舞台、ゴミでない内容〜カクシンハン『マクベス』

| ゴミみたいな舞台、ゴミでない内容〜カクシンハン『マクベス』 - Commentarius Saevus を含むブックマーク ゴミみたいな舞台、ゴミでない内容〜カクシンハン『マクベス』 - Commentarius Saevus のブックマークコメント

 木村龍之介演出、カクシンハン『マクベス』を見てきた。プログラム作りを少しだけお手伝いしたので、招待だった。

 全体的にとにかく舞台ゴミみたいなのが特徴である。内容は全然ゴミではないのだが(むしろゴミの逆)、セットの見た目がゴミの山みたいに汚い。最初はわりとシンプル舞台で、剣のかわりにパイプ椅子を持った人々が戦ったりする程度なのだが、最後に近づくにつれてどんどん汚くなってくる(サミュエルベケットの「息」の舞台美術みたいな感じ。これとかこれとか)。全体的に舞台を汚くすることで、政治的闘争不条理バカげたものとして相対化していると思う。本人たちは大まじめだが、はたからみると王位をめぐる戦いは非常にちっぽけな人間の営みにすぎない。

 まず、真以美演じるマクベス夫人が祝宴の場面の前にパイプ椅子舞台にばらまくところからだんだん舞台の見た目が汚くなる。祝宴の場面では移動式のラックに山のようにスナック菓子が積まれた状態で出てきて、壮麗なはずの宮廷の祝宴をただの安っぽい飲み会みたいに見せる。右端の宮廷入り口という設定になっている場所を通るとファミマ入店音が鳴るようになっており、バンクォー(白倉裕二)の亡霊はファミマ入店音とともに現れる。バンクォーの亡霊を見たマクベス(河内大和)がスナック菓子をまき散らしたりするので、舞台ゴミ捨て場のような惨状になってしまう。だんだん暗殺やらなんやらが増えてくると今度は舞台に白っぽいシートが敷かれ、半透明ゴミ袋に入れられた死体が散乱するようになる。ゴミまみれになっても自分王国にしがみつくマクベスと、そんなゴミ捨て場を欲しがるマルカ王子(鈴木彰紀)、どっちもそんなに高貴な目的で動いているようには見えない。マクベスが倒れるところは役者たちが椅子に横になって座り、まるでマクベス夫妻の死体を上から見ているかのような空撮っぽい効果を出しているのだが、ここでマクベスが死んで喜んでいるマルカムの軍の人々は全然正義回復したという感じではなく、むしろこれからスコットランドの政情が思いやられるといったような印象だ。

 他に演出面白い点としては、女役の扱い方がある。まず、魔女が3人の女性ではなく、白っぽい服を着た男性大軍になっている。あまりにも大人数なのでけっこう迫力がある。ヘカテ(岩崎MARK雄大)は男優が演じているのだが一応魔女で、性別不明の妖艶さがある。マクベス夫人マクベスにあわせて坊主頭に赤い衣装を着ているのだが、面白いことに終盤ではマクベス夫人がずっと舞台下で手をこすりながら夢遊病状態で観客に見えているという演出を行っている。マクベス夫人台詞が強烈なわりに出番があまり多くないのだが、こうやって病気状態がずっと見えているというのは何か痛々しいものを感じさせる。最後マクベスマクベス夫人が死んで、舞台奥、立った状態で寄りそって死ぬ2人に日の丸みたいなライトがあたり、さら日の丸の真ん中、ふたりの顔の位置に白っぽいスポットがあたるという照明の演出が行われており、ここは『薔薇戦争』同様の国旗を用いた政治諷刺が行われている一方、この2人が死によってやっと愛の世界で落ち着きを得られたのだということも暗示していると思った。

 こんな感じで、政治闘争不条理さ、空しさなどを前面に押し出し演出で大変面白かったと思うのだが、あまり機能していないかもと思うところもあった。空耳英語を使った台詞面白おかしいがちょっとくどいのではという気がしたし、ミスチルの「放たれる」の歌を使った場面は、わりとドライな他の場面に比べるとちょっと喚情的にすぎるように思った。

2016-11-22

南国魔女悲劇〜満天星シェイクスピアシリーズ『マクベス』

| 南国魔女悲劇〜満天星シェイクスピアシリーズ『マクベス』 - Commentarius Saevus を含むブックマーク 南国魔女悲劇〜満天星シェイクスピアシリーズ『マクベス』 - Commentarius Saevus のブックマークコメント

 芝居砦・満天星で満天星シェイクスピアシリーズ『マクベス』を見てきた。金守珍演出、新宿梁山泊の公演である。1時間40分くらいで終わってしまう短い『マクベス』だが、カットの仕方は一貫性があり、そんなに悪くはない。

 美術は以前に同じシリーズでやった『ハムレット』に似ているのだが、とにかくスコットランドらしい特徴を一切払拭して南国ふうにしている。着ている衣装は『ゲーム・オブ・スローンズ』のドーン人みたいだし、使っている音楽は『アランフエス協奏曲』とかジリオラ・チンクエッティの「夢見る想い」とか、スペインやイタリアの楽曲ばかりだ。全体的に地中海ふうの情熱的でどぎつい演出になっていると思う。

 視覚的にはいろいろ工夫があり、3人の魔女が色っぽく、冒頭ではクロスしたゴムに目の前で蜘蛛の巣を張るなどいろんなまじないを観客に見せたり、大きな手(まじないに使う運命の手みたいなもの)を担いで出てきたり、見映えのするところがいろいろある。マクベスが掴もうとする短剣を脇から差し出すのはこの魔女たちだし、最後は運命の糸車を持って後ろに控え、マクベスの死を見守る。

 こういう感じでいろいろ見所はある演出なのだが、台詞回しはかなり貧弱で、とくに主演の2人は長台詞を扱い切れていないと思った。マクベス夫人ちょっとわざとらしいというか、1人だけそれこそ『ゲーム・オブ・スローンズ』のドーンから出てきたみたいに温度が高くて、もうちょっと冷静な怖さが必要とされているマクベス夫人には個性があわないんじゃないかと思った。

 台詞のカットはわかりやすくていいと思ったのだが、そんなら地獄の門番は全部カットでもいいのではという気がした(一瞬だけ出てくる)。あと、私が個人的に好きなマルカ王子の童貞宣言はカットされていた。

 

2016-10-16

わかりやすいのはいいのだが、カットしすぎて意味不明箇所も〜Casual Meets Shakespeare『Macbeth SC』

| わかりやすいのはいいのだが、カットしすぎて意味不明箇所も〜Casual Meets Shakespeare『Macbeth SC』 - Commentarius Saevus を含むブックマーク わかりやすいのはいいのだが、カットしすぎて意味不明箇所も〜Casual Meets Shakespeare『Macbeth SC』 - Commentarius Saevus のブックマークコメント

 ラゾーナ川崎プラザソルでCasual Meets Shakespeare『Macbeth SC』を見てきた。演出は松崎史也で、シリアス版である

 翻案と言ったほうがいいような台本で、原作をかなりカットする一方でわかりやすくするためにいろんな場面を付け加えたり、変更したりしている。本来はマクベスひとりで行い、さらに実際には舞台上で行われないダンカン暗殺が、マクベス夫人マクベスが一緒にダンカンの寝室に行って凶行を行おうとするという場面に変更されており、こういう変更はなかなかドラマチックだし夫婦の絆やマクベス夫人の胆力が強調できるので良かったのではと思う。他にも説明のために付け加えられた台詞がかなりたくさんある。

 一番の変更は男性同士の会話場面が多いことであるマクベス、マクダフ、バンクォーの友情について序盤でいくつか場面を付け加えて丁寧に描き、この男同士の絆の頂点に君臨するダンカン王の殺害によって人間関係が崩れ、マクダフが新たにマルカ王子やシーワードと連帯することで秩序が回復されるというはっきりした展開が強調されている。こういうふうに男たちの絆を強調すると、マクベス夫人魔女などの女たちが秩序を壊す邪魔物みたいに見えてしまうという難点はあるのだが、コンセプトとしてはしっかりしているし、見応えはある。

 ただ、カットのしすぎて意味がわからなくなっているところがいくつか見受けられるのは良くない。たとえばバンクォーが独身(このプロダクションでは女であるドナルベイン王女と縁談が持ち上がったりする)という設定なので、バンクォーの子孫がマクベス王位に対する脅威だという魔女の予言が無効化されており、物凄く強力なはずの魔女の予言の力がなんだかよくわからないものになってしまっている。また、独白をほとんどカットしており、マクベス夫人の「私を女でなくしておくれ」の独白や、剣の幻影を見ながらマクベスが語る「ダガー・スピーチ」などはほぼカットされている。一方でマクベス夫人の死を聞いたマクベスが話す有名な「トゥモロー・スピーチ」は、冒頭をカットしてはいるがちゃんとやっているので、いきなりここでマクベスが内面を吐露しはじめるのでなんかすごく場違いな感じがする。独白の有名な台詞くらいは残しておいて全体で少しずつ内面吐露をやらないと、だいぶ演出効果が下がると思う。

 また、狂言回しを付け加えているのも良くないと思った。場面と場面の間に狂言回しが出てきていろんな台詞を言うのだが、この間アクションが止まっちゃってテンポが狂うし、正直『マクベス』みたいなそこまで難解でもないし、お客が自然に共感もドン引きもできるような話に狂言回しはいらないと思う。そんなら独白をやったほうがいい。

 あと、男性衣装男優陣のハンサムさを引き立てる感じで良かったのだが、女性陣の衣装がイマイチなところがあったと思う。全体としては黒を基調とした衣装で、黒いドレスで踊る魔女たちは良かった一方、マクベス夫人とドナルベインの衣装があまりよくない。マクベス夫人の王妃になってからのドレスが、腰の下をバンドで止めてヒップを強調するもので、後ろ姿はいいのだが前から見るとなんかバンドが中途半端でみっともなく見えた。また、原作ではあんまり活躍しないドナルベインがなんとマーシャル・メイド(武勇の乙女)でいろいろ戦ってくれるのは良い変更なのだが、他の男性の武人が片足ごとにデザインの違うズボンを履いているのに、ドナルベインは右足ほぼ剥き出しでヒザにだけ当て布と水色のリボンをつけている。これが他の武人とあまり合っておらず、さらになんかヒザを悪くしているみたいな連想を生むのでちょっとダサいんじゃんと思った。

2016-08-21

ヴィジュアルに凝った演出〜グローブ座『マクベス』

| ヴィジュアルに凝った演出〜グローブ座『マクベス』 - Commentarius Saevus を含むブックマーク ヴィジュアルに凝った演出〜グローブ座『マクベス』 - Commentarius Saevus のブックマークコメント

グローブ座でイクバル・カーン演出の『マクベス』を見てきた。

 

 かなり視覚的に凝った演出で、黒いカーテンやスモークなどを使って非常に不吉で奇妙な雰囲気を醸し出している。わりと現代的なセットや衣装なのだが、かなりゴスい趣味で、魔女の場面では人形の手足がバラバラになるなどの見た目に派手な演出が行われている。ふつうは3人のはずの魔女が4人おり、魔女役の女優が他の役もやったりするので、全てが魔女の支配下に置かれているという印象を与える演出だ。とくに魔女のひとりを演じるナディア・アルビナは片腕の女優なのだが、門番の役も演じており、ドナルド・トランプをディスるなどの時事ネタを織り込んだ滑稽な台詞回しでかなり笑わせてくれる。凶事からお笑いまで全部魔女が支配している舞台である

 主演のマクベス夫妻はよく息が合っている。レイ・フィアロンは非常に武将らしい堂々としたマクベスだし、一方でタラ・フィッツジェラルドは燃えるように熱く情熱的なマクベス夫人で、ちょっと好みはあると思うが非常に私好みのマクベス夫妻だった。ただ、マクベス夫妻に子どもがいる演出なのは非常に謎である…だいたいマクベス夫人としか関わらないのでこの子どもは幻想という設定なのかもしれないが、あんまり劇的にきちんと機能しているとは思えない。で、幻想なのかと思って見ていたら、子どもを殺されたマクダフの「あいつ(マクベス)には子どもがいない」というマクベスの無情をなじる台詞が、なぐさめようとするマルカムに向かって「あなたには子どもがいない」というマルカムのお節介をなじる台詞に変更されており、どういう含みを持たせたいのかちょっとからなかった。ちなみにマルカムはこの前に「私は女をまだ知らない」と、例の童貞宣言をしているので(ここでは笑いが起こった)、親どころか恋人にすらなったこともないのに一生懸命不器用ながらマクダフをなぐさめようとしているマルカムがなんかちょっと気の毒に見える。

 個人的にはスコットランドの独立などを織り込んだ時事ネタ面白かった。マクダフにスコットランド王位継承者として兵を挙げてくれと言われたマルカムが「いや、オレは強欲なので…」と嘘をついて断ろうとしたところ、マクダフが「大丈夫、スコットランドには石油があります!」と言うところはとくに笑えた。

 全体的には、見ていて飽きることはなく、結構面白かったが、イマイチ何をやりたいのかわからないところもあったという印象である