革命的ドジっ子の物語におけるセクシュアリティとトランクの認識論〜『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(ネタバレあり)

 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を見た。

D

 原作幻の動物とその生息地 (ホグワーツ校指定教科書 (1))』は学校用の教科書という設定なので物語が無いので、映画はこの本の著者で魔法動物に目が無い研究者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)が1920年代半ば、イギリスを出てニューヨークに行き、行った先で魔法動物をうっかり落っことしたりしてトラブルに陥る一方、闇の魔術と戦うハメに…という物語である

 とにかくニュートがとんでもないドジっ子だ。容易に持ち歩きできるサイズの使い込んだトランク魔法自分用の研究室ミニ魔法動物園を仕込んでいるのだが(これがすごくデカくてまるで『ドクター・フー』のターディスみたい)、飼っている動物がどいつもこいつも飼い主に似たのがとぼけた連中ばっかりで、しょっちゅうトランクから外に出ようとする。ニュートは優秀な研究者であるはずなのだ動物管理は全くなっておらず、けっこうデカくて危険そうな動物もうっかり逃がしたりしてしまう。こいつ大丈夫かと思うところがないでもない。

 しかしながら全体の物語を見ると、この「トランクからいろんな動物を逃がしてしまドジっ子魔法使い」という設定はある種の哲学的重要性を帯びているように見える。というのは、この物語においては魔術を隠しておいて人にさとられないようにするということの是非がプロットの鍵だからであるアメリカ魔法使いたちの評議会MACUSAは自分たちの身を守るため、人間魔法使い交流することを極端に嫌い、魔法を一切、魔法使いでない人間(ノー・マジ)に悟られないようにしようとしている。ニュートははっきりとこの過剰に防衛的な態度を批判しており、魔法使い人間隔離政策に異を唱えている。おそらく本人の意識にはのぼっていないのだろうが、彼がトランクからだいたいは素敵だがたまにとんでもないこともある魔法をこぼして歩き回っているのは、この自分たち特性を秘匿しようとする態度に対する反抗心の無意識な現れだろうと思う。このせいでニュートは人間であるパン屋ジェイコブと得がたい出会いをし、さらに闇の魔術からニューヨークを守るんだから、ニュートのドジっ子ぶりは実は革命なのだ。ちなみにMACUSAの建物で何重にも魔法をかけた扉にアロホモラ(開錠呪文)がきかず、クイニー(アリソン・スダル)が困っているところでジェイコブがドアを人間力…で脳筋的にこじあけるところがあるが、おそらくジェイコブとニュートはいろんなものオープンにすることができるという共通点を持っているのだと思う。

 一方で秘匿することの悪を象徴しているのがクリーデンスとグレイブズのストーリーラインである。このストーリーライン象徴的にぼかしてあるが、私はこれは所謂「クローゼット」なホモセクシュアリティ児童性的虐待メタファーだと思う(この映画魔法使いセクシュアルマイノリティ意味してるのではということは英語圏では既にたくさん言われている)。エズラ・ミラー演じる若者リーデンスは狂信的なキリスト教徒魔法弾圧を訴えているメアリールーベアボーン(サマンサ・モートン)の養子なのだが、実は魔法使いでそれを隠している。しかしながらベアボーンはそんなクリーデンスを悪に傾いていると思って疎んじており、ひどい身体虐待を加えている。前にアナ雪のレビューでも書いたが、英語ではin the closetとかcloseted、つまり「クローゼットに入っている」で「同性愛であることを隠している」という意味であり、自らの性質である魔法の力を押し込めて暗いところに隠しているクリーデンスはクローゼットな同性愛者を象徴しているのではないかと思う。そこに近づいてくるMACUSAのお偉いさんであるグレイブス(一応コリン・ファレル)は一見ものわかりがよさそうで同じ魔法使いとしてクリーデンスを助けてくれるのかと思いきや、実はクリーデンスを利用する気満々だった。これは子ども狙う性的虐待者を象徴していると思う。とくにグレイブスがクリーデンスを薄暗い路地に連れ込んで、ボディタッチなどもまじえながら言葉巧みに甘言で説得するところはまるで若者を狙う性的プレデターみたいだ(ネタバレになるので詳しいことは言えないが、グレイブスの正体が映画最後でわかると全くこの誘惑が甘言による性的搾取しか見えなくなる。グレイブスには既にほとんどのハリー・ポッター読者が知っている前科がある)。ところが狂信的な母親虐待されているクリーデンスは不安子どもなので、本性を隠して自分を利用しようとするグレイブスに頼ることでより傷ついてボロボロになってしまう(オチちょっとオーランドゲイクラブ襲撃を思い出すところもある)。

 ここで本来、クリーデンスを助けられる力を持っていたのはティナ(キャサリンウォーターストーン)か、あるいは最後にどうにかクリーデンスが作ったオブスキュラスをなだめようとするニュートのような人物である。ここで、しょっちゅうトランクから自分の正体をダダ漏れにしているニュートが魔術(同性愛メタファー)を押し隠した結果できた闇であるオブスキュラスに対抗し、テロに走りかけた子どもを助けられるような強靱な精神倫理観、思いやりの持ち主であることがわかる。この映画では、自分の正体を開けっぴろげに周りに知らせてしまちょっと抜けた開放性が強さとか美徳といったものにつながる。自分を押し隠すことは人を破壊するが、そのへんにちょろちょろこぼしまくっているニュートは破壊されない勇気を身につけている。

 この映画においてトランクというのは、ものを隠しておきつつ、常に中身がぶちまけられてしま可能性をも秘めている両義的な存在だ。クローゼットは持ち運びができない重たいものだが、トランク一時的に何かを運ぶためのものなので、家の中に隠してはおけず、クローゼットよりはるかに中身が漏れる可能性が高い。当然運搬の途中で中のものが外に飛び出したりするし、旅行中に必要があれば自分で中身を出さないといけない。一方でトランク公道とかバーとかに比べるとずいぶん私的ものだ。この、基本的にはしまっているが開く可能性を常に秘めているトランクは、ニュートのドジで柔軟なスタンス象徴していると思う。彼は大胆なカムアウトはしないが、その正直な気持ちが常ににじみ出ており、そしてそのにじみ出る個性を気にしていない。ここにニュートの強さがある。そしてこの映画が訴えているのは本当の気持ちを押し隠さずに自分とつきあっていくことの重要性だろうと思う。たぶんこの映画は、自分を隠していて苦しんでいる子ども若者たち背中をそっと押してくれる作品なのだ

 なお、この作品はベクデルテストパスする。ただ、いくつかのレビューで指摘されているように、ジャズエイジ映画なのにアフリカンがとても少ないのはちょっと気になった。カルメン・イジョゴ演じるMACUSAトップ以外はほとんどアフリカンが出てこない。ハーレムルネサンスふうの魔女とか見たいんだが…

タイトルはこれをパロっています。すいません。

コメント
0件
トラックバック
3件
ブックマーク
0 users
saebou
saebou