Hatena::ブログ(Diary)

冴未帖〜高橋冴未の漫画の仕事と**な日々〜

2016-01-28

童殿上なんかするんじゃなかった!第3回

本日更新しています。表紙は、お正月にお披露目したカラーの

別バージョンです。

f:id:saemi_takahashi:20160128201647j:image

「きらきらだったら、龍生さんのポジションは中務卿宮様だよなー」

と思っていたんですが

今回の表紙採用にあたり、頭の中将様にしました。

さて、中将様と大姫のお見合いの行方やいかに、ですが

その前に、今回の目玉はこの二人ですねー。

f:id:saemi_takahashi:20160128201648j:image

f:id:saemi_takahashi:20160128201649j:image

右大臣家の兄妹、綾姫と、葵の中将

きらきら馨る終了後、こんなだった二人です。

f:id:saemi_takahashi:20160128201650j:image

うーん、まさか葵くんが大人になった姿を

描く事になろうとは…

しかも28歳で永遠の17歳(笑)

これからも、もしかしたら、ひょっこり

「あの人は今」な誰かが登場するかもしれません。

早生さんとかどこでなにしてるんでしょうねえ…


さて、ツイッターでもお知らせした誤植なんですが

下記2カ所、ちょっと、あららーな事になっているので

今回はこちらで訂正しておきます(赤字部分が正しい表記です)

4ページ目のこのコマの春以君の台詞

f:id:saemi_takahashi:20160128201651j:image

身分血筋もコネもさることながら〜」

6ページ目、萌葱の最初の台詞

f:id:saemi_takahashi:20160128201652j:image

「ああ、大姫とのお見合いの話だ


今回ギリギリな上に印刷所にご無理をお願いしてしまったので…

ひとえに私の責任です…次回からがんばってもっと早めに原稿を…

2016-01-01

あけましておめでとうございます。

f:id:saemi_takahashi:20160101155133j:image

長らく更新しなくてすみません…。

「童殿上なんかするんじゃなかった!」

昨年11月より、続編が連載開始しました。

前作を応援してくださった皆様のおかげです。

本当にありがとうございました。


今回のお話はずばり、透理君モテ期到来&初恋来る!?

というお話です。

今の所立花が透理君に一方的に好き好き状態で

透理君は押され気味で

実のところ、まだよく「恋愛的な好き」がわかってません透理君。

そんな透理君がもしかしたら、初めて、ある女性に

恋心を抱くかもしれません。

オイオイ、じゃあ立花はどーなるんだっていう…。

伊勢斎王の事も含めて

二人の恋の行方を見守ってあげてください。


今回から新しいキャラが加わりました。

伊勢からやってきた怪しーお兄さんと、宮家のお姫様。

加えて「なつかしいあの人は今!?」もあります。

今回「葵の中将と呼ばれている人は、あの、葵君です。

次回は彼の今の姿をドーン!と1ページ丸っとぶち抜き

お見せする予定ですので、どうぞお楽しみに。

今まさに、その原稿をせっせと書いております…


一回目からスケジュールきつきつで、私も歳とりましたし…

昔のように無理も効かない身体になった事とか諸々事情がありまして

ページ数少なめでお送りすることになっていますが

(隔月でお願いしようかと思ってたら、なんか問答無用で毎月になってしまってました)

今回のお話は前回よりも少し枚数的に余裕をいただきましたので

チャンスがあれば、きらきらのキャラの今の様子を、今回のように

盛り込んでいきたいと思っています。


ところで、このイラスト、透理君達の衣装の色が本来の殿上童の色と違います。

殿上童の衣装は、とある資料によると赤(紅)らしいんですが

全員赤になってしまうとちょっと色味的にまずいなーと思い

透理君達の衣装の色を変えています。

地味な色なんですけどね…一応色々考えて

青白橡(あおしろつるばみ)色っぽくしてみました。

蔵人所勤務の透理君達には縁のある色なのですよ。

興味のある方はちょこっと検索などしてみてください。


それでは、今年も

「童殿上なんかするんじゃなかった!」を、よろしくお願いします。

2015-08-16

ハーレクインオリジナル9月号発売中です。

ハーレクインオリジナル9月号

ハーレクインオリジナル9月号

キャスリーン・オブライエン作「隠されたメッセージ」141ページです。

原作は158ページだったかな(しかも上下2段組)

到底125ページは無理なので、なんとか増やしてもらったのですが

それでも原作よりも少ない枚数なので、かなり大改造しました。

…実はネームの段階で160ページあったんですがね…

いやー、無事141ページで収まった時はホッとしました。

f:id:saemi_takahashi:20150813052638j:image

原作のヒーローヒロインは、例えるなら「風と共に去りぬ」の

スカーレット・オハラとレット・バトラーくらい

ゴージャス美男美女&情熱的なカップルなんですが

まあその…アレですね、私の漫画をよくご存知の皆さんなら

おわかりでしょうが、私にソレは無理(笑)

ちょっとイケメンの弁護士ヒーローと普通の高校教師ヒロイン

になってしまいまいました…すみません。


お話は、腕利き弁護士と評判のクレイ・ローガン氏(31歳独身)

ある資産家の「遺言執行人」というお仕事をすることになり

遺産総額1200万ドル(日本円にして現在だと約15億!すげー!欲しい!下さい!)という

莫大な遺産の相続人の査定を行うというものです。

その相続人がヒロイン。ヒロインは資産家の姪で

幼い頃両親を亡くし、弟とともに叔父である資産家に引き取られていました。

24歳、現在は私立高校教師でごくフツーの賃貸マンション住まい、

自分のスカートを自分で縫うくらいの倹約家ですが

実は16歳で行きずりミュージシャンと駆け落ち

叔父さんはなんとか教会に乗り込んで相手との結婚を無効にしたものの

その後ヒロイン家出、現在勘当状態という

宰相の局様なら書類にでっかく赤で「却下」と書きそうな経歴の持ち主。

f:id:saemi_takahashi:20150816194728j:image※某宰相の局様/今回のお話には関係ありません※

しかも、やはり家出してヒロインの家に転がり込んだ金食い虫の我がままプーの弟付き

コイツに1200万ドル渡したらヤバいだろう、とっとと

第二候補の慈善団体に寄付しちまいな!それが世のため人のため状態です。

それでもクレイ・ローガン氏「できれば姪に財産を渡したい」という

資産家の頼みを実現するため、辛抱強く「良い所がどこかある筈」

お屋敷で同居しながら査定をしていくというお話です。

真面目で厳しいクレイ・ローガン氏はヒロインの数々のアイタタさ加減に日々こんな感じですが

f:id:saemi_takahashi:20150816194726j:imagef:id:saemi_takahashi:20150816194719j:image

f:id:saemi_takahashi:20150816194722j:imagef:id:saemi_takahashi:20150816194721j:image

実はローガン氏、結婚間近まで行った恋人を事故で無くして以降、女性との交流があまり無かった模様で

プールやツリーハウスなどで、ついうっかりヒロインとこんな事になったりして

f:id:saemi_takahashi:20150816194724j:image

f:id:saemi_takahashi:20150816194720j:image

イカン、ダメだ、仕事だ仕事!がんばれ俺の理性!冷静になれ俺!と苦悶したり。

そしてヒロインも、最初は不貞相続人の自分を見張る「看守」と思っていたローガン氏に

まんざらでもなくなり…でもそんな二人にトラブル発生!

ヒロイン、友人の男性教師(真面目だけが取り柄のつまらない男@ローガン氏談)と急接近。

f:id:saemi_takahashi:20150816194718j:image

ハッピーエンドへの道は山あり谷あり、という感じです。

f:id:saemi_takahashi:20150816194725j:image

がんばれー諦めるなー


お屋敷には叔父さんが可愛がっていたコペルニクスというオウムがいまして。

おしゃべりなこの子が、ヒロインの写真を見ると不思議な言葉を繰り返します

叔父さんからヒロインへ、隠されたメッセージ。

叔父さんは他にも、遺産を相続することになるだろうヒロインへ

愛ある仕掛けを残していて、びっくりどんでん返しもあり、素敵な作品です。

ページの都合などで、原作と変えてしまった部分も多々ありますが

ヒーローVSヒロインVSおしゃべりなオウムの、1200万ドルの遺産を賭けた攻防

楽しんでいただければ嬉しいかなーと思います。

2015-08-02

一年ぶりの更新です

日付を見て愕然。うわー一年放置してたよスミマセン。

昨年、童殿上のコミックスの仕事が終わった後、ハーレクインさんのお仕事に

かかったわけですが、なんというかかなり苦戦しまして…

ネームが出来上がったのが年の瀬、そこから原稿にかかって7ヶ月

141ページ書くのに丸っと一年かかってしまったというorz

そのハーレさんの作品は、8月11日発売のハーレクインオリジナルに掲載されます。

タイトルは「隠されたメッセージ」です。

よろしくです。

作品について詳しい事は発売されてからということで。

で、ここ数日、一年ぶりに机の上に原稿がない!という生活を送ってます。

そこへこの子達がやってきてくれましたー。えへへ。

お人形をさわるのは半年ぶりくらい?

イオナちゃんと柚葉ちゃんです。

画像めっちゃ悪…ヘタクソですみません。

イオナ/劇場版 蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァーDC

f:id:saemi_takahashi:20150802192700j:image

f:id:saemi_takahashi:20150802192701j:image

アゾンさんさすがのクオリティイオナ可愛いよイオナ

夏なので涼しい色の衣装でいいんだけど、テレビ版の紺色も可愛かったなあ


柚葉/Pink!Pink!a・la・mode Black×Pink DS限定版

f:id:saemi_takahashi:20150802192703j:image

f:id:saemi_takahashi:20150802192702j:image


柚葉ちゃんと一緒

f:id:saemi_takahashi:20150802192658j:image

f:id:saemi_takahashi:20150802192659j:image

ゆずっち「イオナちゃん、デフォの靴これだよね?」

イオナ「説明書によると足の先のパーツを取らないと履けない」

ゆずっち「足の先を取る!?…なっなんか大変そうだね

     そういえば、手袋みたいなのしてるんじゃないの?」

イオナ「某掲示板情報で、たった数日で腕が青くなったという

    被害が確認されたからしない。

    あなたのその黒い首輪も早々に撤去することを推奨」

ゆずっち「がーん!恐怖の色移り!数日ってイオナちゃん発売されて

     まだ2〜3日だよね!?アゾン史上最速の色移りなんじゃないの!?

     なんて恐ろしいっお互い気をつけようねっ」

イオナ「うん」


…なんか、イオナゆずっちの前にも誰か来たような…あ!

f:id:saemi_takahashi:20150802192704j:image

サアラ忘れてたよ!サアラはまたいずれ〜

2014-08-23

高橋冴未、もう一度勉強しなおしますっ!

f:id:saemi_takahashi:20140823023702j:image

8/26 発売予定

アマゾンさんはこちらからどうぞ〜


以前ちらっとお話した、イラストのお仕事です。

カバーのイラストを書かせていただきました。(カバーイラストのみです)

まさか学参コーナーに自分の書いた絵が並ぶ事になろうとは思いませんでした。

現役学生の皆様、古文の参考書はコレがイチオシですよっ!(笑)


学生の頃、古文文法は得意な方だったんですが

もうすっかり忘却の彼方で

いただいた献本の問題に挑戦しましたら見事に全問不正解でしたorz

そういや係り結びの法則とかあったねえーみたいな…

「童殿上なんかするんじゃなかった!」の続編も決まりましたし

また和歌とか自作する事もあると思うので

この参考書で私も勉強しますよ!マジです。

ところで、このイラスト、重ねの色目があまり奇麗にできなくて

一枚没にして書き直しました。

2枚並べておきますので色の違いなどお楽しみください。

f:id:saemi_takahashi:20140823030710j:image

f:id:saemi_takahashi:20140823030711j:image