愛の乙女GOCORO

2009-06-26 おじぎでシェイプアップ グッズ編

[][]花梨 the ワールド

漸くおじぎのレポも書き終わりました。毎度毎度中途半端ですいません m ( _ _ ) m

それとおびただしい量の写真の整理も終わりました。前回は公演日数が少なかったためそれほど量のグッズは出なかったのですが今回は一週間もあったので、まぁ〜それなりに出ました。


          f:id:safaia:20090625183927j:image

まずは、恒例のトレーディング物。公演日数が8日しかないにも関わらず3弾まで出すこの極悪非道ぶり。分かっていてもつい買ってしまうこの感覚


(ここの画像は明日の朝にUPします。)

リ ・一・リ<なんとかして!!

・・・・・・。チッサー犬は置いといて。

          f:id:safaia:20090625182815j:image

次は、舞台風景写真です。こちらもトレーディング同様パート3まで販売してました。公演中は99%上のポロシャツ+ハーフパンツ衣装で、閉館したスポーツクラブのシーンのみ下の私服衣装でした。生でこの私服衣装を見た時はもう・・・・・。

          f:id:safaia:20090625182926j:image

今度はメイキング写真。もうここまで来ると言うことは同じなので省略しますが、ハァーと溜め息が出るのは何故かな。。。。

          f:id:safaia:20090625184603j:image

最後の締めは2L写真!!ご覧の通り全部GETしました〜。というよりは℃-uteの「携帯小説家」みたいに毎日追加されるシステムでこちらは日付なしと手抜き過ぎませんかUFAさん。携帯小説家の方はちゃんと日付が書いてあったのに。

それにしても愛ちゃんのこのシンプルな書き方はいつ見ても気持ちです。だらだらと書いてあるよりかはこういうシンプルの方が自分は好きです。

とまぁ、グッズはこんな感じでしたがヲタを始めた頃からグッズ厨でしたのでこれぐらいのお買い物は序の口かと(笑)℃-uteの方にも手を出しているので今後は考えながら娘。℃-uteのグッズを買うつもりでいます。

2009-06-24 おじぎでシェイプアップ 千秋楽

safaia2009-06-24

[][][]おじぎでシェイプアップ@ル・テアトル銀座(6/14)〜ありがとう、そしてまた会う日まで〜

いつもながら遅いご報告ですが14日のおじぎの千秋楽に参戦して来ました。一週間という短期決戦の舞台でも前回の倍の公演をこなしたおじぎメンバー、今回もあの5人には感動させられたり、笑わせてくれたりとホント楽しいひとときを味わせて貰いました。けど、未だに「明日も銀座に行くぞ!!」と意気込む程終わった気がしないんです。それほど満足してるてことかな(笑)

  ↓↓↓今回の座席↓↓↓

  • 昼→13列中央左

さすがに最終公演ともなると、もうリピーターがたくさんいるので笑どころというものをみんなしっかりと抑えていました。それはそれで時々その寸前で笑ってしまったりと知ってる分先走っちゃうんですよね。中には前回のおじぎを知っていて「また同じセリフを言ってる。」と気づいてたりと色々な楽しみ方がありました。

公演替わりのアナウンスを聞くのもこれが最後でその最後のアナウンスを愛ちゃんれいな娘。ツートップが見事に務めました。そしておじぎメンバーとの最後のシェイプアップが始まった。



花梨暴走、れいな玉砕】

さすがに最終日という事もあり、会場だけでなく、メンバーや役者人のテンションもかなり高め。アドリブも冴えてました。

序盤の絵里香(えりりん)がれいなに絡むシーンでの出来事。深華(土岐田)以外の3人が研修生の絵里香と色々と話している時にれいなが絵里香に「お前、お調子者だな。」とこの言葉に対して絵里香が「えっ、そうですか?そうですよね♪」といつも以上に馴れ馴れしく話しかけて来たのでいつもの殴るフリから本気で殴ろうとしたれいなに会場は爆笑でした!!その時、絵里香はちょっとビビってました。

喧嘩のシーンでは真千子と清水の言い争いをみんなで止めに入る時にれいなが二人の間に入った瞬間、真千子&巨漢清水のダブルボディプレスをもろに受け痛そうな顔をするが、再度喧嘩の仲裁に入ると前より強烈なボディプレスを受け最早演技ではなく素で痛がるシーンは大爆笑でしたが被害者のれいなは笑ってなかった。更に被害は拡大し出番で通る道で喧嘩が長引き出るタイミングを見図る福島大介にも笑いがありました。

トレーニングをしてる福島大介に花梨愛ちゃん)が近づくシーンでは花梨の動きがいつも以上に怪しく会場の殆どが笑っており、このシーンの一番の見せ場「あの〜!!」では前回の笑いに匹敵する

「あっのっ〜!!」

が発動しこの日一番の笑いが会場に巻き起こりました。れいなが不審者(上半身裸の努)を探してる途中に源扮する原健太と出会った時、格闘したり、娘。の曲の振りをしたりとこれまでセリフがない所で会場の笑いを誘っていましたが最後は共に闘った戦友みたく熱い握手を交わしてました。以降、中盤の閉館シーンまで会場中が笑いっぱなしでした。



【健康に生きて行くことが大事なんです。】

中盤まで笑いが起きていましたが終盤の花梨の説得シーンからは笑いよりも涙が多くなります。

いよいよ終盤に差し掛かろうと言う時に今熊夫婦の言い争うに首を突っ込む清水が「自分は普段ちゃんと運動してる。」と今熊夫婦に説教命じて言うのだがルルカやれいな、絵里香達スタッフ全員に否定され「ちゃんとやってるもん!?」と巨漢がジャンプするとシーソーの原理みたく反動で花梨・ルルカ・れいな・絵里香の娘。4人もジャンプしました。これまた会場は爆笑。ホントよく遊ぶよね娘。の4人は。

そしてやる気のない努を花梨が必死に説得するシーンからは徐々に涙が溢れだし説得してる花梨もいつもより本気で花梨演じる愛ちゃんの目から徐々に涙が溢れ始め、自分の父親の事を語る辺りでは涙で目の前がぼやけて見えず、優菜(竹内(ハロプロエッグ))の努への言葉で完全に涙がこぼれ落ちました。花梨の目からも涙がこぼれ落ちその場に泣き崩れるが暫くはその場から動けずにれいなに支えながらはけて行きました。説得シーン、泣き崩れるシーンと女優・高橋愛の演技の凄さにはただただ圧倒されるばかりで思わず釣られて泣いちゃいました。花梨の父親の事を聞かされたルルカ(さゆみん)、深華、絵里香は自分の父親もいなくなったら嫌だとお互い胸の内を語るシーンもちょっとウルッと来ちゃいました。

そして物語は絵里香が一人前のインストラクターになるシーンで、先輩の花梨から色んな事を学ぼうと迫った絵里香の問いに「だめ。」と呆気ない返事に一瞬空気の抜けた風船のように思えましたが

「なんでやねん!?」

と、ルルカとれいなの鋭い突っ込みに最後の最後までこの子らには笑わされました。



【ビックサプライズ】

最終公演も無事終えカーテンコールに移るのだが5人の後に出てくるはずの共演者たちが中々出てこない。当然5人は戸惑い会場もざわめく中な、な、なんと客席の上手側に散歩道楽の男優3人が花束を抱え立っていたんです。勿論、愛ちゃんたち5人には内緒で俳優人全員でサプライズをしようと考えてくれたそうです。そんなサプライズに驚きもう歓喜極まって泣き出すれいなとトッキーに貰い泣きしちゃいました。

散歩道楽の人達がステージに上がり、愛ちゃんたち一人一人に花束が渡され感想を述べるのだがみんなあまりの嬉しさに泣いてしまいえりりんれいなの2人は涙が止まらず客席からの声を受け止めるのが精一杯なほどでした。愛ちゃんもトッキーも涙が止まらず中々言えなかったのですが、さゆみんだけは4人ほど泣いてなく他のメンバーが言ってる間に考えた

「私たちの涙で花が輝いています。」

と、こんな感動の場面で言わなくてもと思いましたがさゆみんの言う通りみんなの涙でそれぞれ花が輝いていました。散歩道楽の方はじめその他の役者の方々ホントナイスです。カーテンコールも最終日てこともありいつもの2〜3倍もやってくれたのでもう満足の一言に尽きります。

そして最後のカーテンコールで散歩道楽谷中田さんから更なるビックサプライズがありました。全員揃った所で谷中田さんが「このまま終わる訳ないですよね。最後はみんなで歌を歌いましょう!?」谷中田さんの発言に会場は大歓声!!一番印象が薄かった谷中田さんが今公演最大の役目を果たしてくれました。正に寝るキュー千秋楽で大役を果たしたお母さんみたいです。

正直、座ったままてのが辛く立ちあがり一緒に歌いながらシェイプアップしたかったです。


【フィナーレ】

話がちょっと抜けましたが主役の5人から役者人一人一人の紹介がありました。折り返し公演ぐらいから娘。達以外にも役者人の何人かにも声援が増え、ちゃんと受け答えする所がさすがプロだなと感心しちゃいました。

娘。たちは勿論のこと共に作りあげた役者人にも鳴りやまない拍手が送られ5人を残して役者人はみんなはけていき木下花梨を演じた愛ちゃんが代表で一言。

「短い期間でもこんな素敵な方々と一緒におじぎでシェイプアップを出来てホント嬉しいです。」

「これからもモーニング娘。そして土岐田麗子、共演した下さった方の応援宜しくお願いします。」

と、珍しく話が纏まった愛ちゃんに拍手が送られ、この8日間お世話になった愛ちゃんえりりんさゆみんれいな・トッキーに感謝の意を込めながら声援を送りました。

今回もおじぎの舞台を手掛けてくれた太田さん、前回に続き2度目の共演で娘。やトッキーを支えてくれた散歩道楽の方々、その他の役者人、ホント素晴らしい物を見させて頂きました。また、皆様に出会える事心待ちにしてます。

ブログといい、劇といいホント楽しすぎる劇でした。

f:id:safaia:20090703223734j:imagef:id:safaia:20090703223733j:imagef:id:safaia:20090703223732j:image

それでは、愛ちゃんえりりんさゆみんれいな・トッキー、そして5人を支えてくれた役者人の方々、全16公演おつかれいなでした!!

2009-06-13 おじぎでシェイプアップ ストーリー編

safaia2009-06-13

[][][]おじぎでシェイプアップ@ル・テアトル銀座(6/6〜6/13)〜人々の思いが行き交うスポーツクラブ

先週の土曜の夜、日曜の朝そして13日の朝昼とおじぎシリーズ第二弾「おじぎでシェイプアップ」を見に行って来ました。前回のシリーズ第一弾「おじぎ30度オンステージ」はショートドラマ「おじぎ30度」の続編ストーリーでファミレスガストをテーマに作られた舞台でした。普段みんなが何気なく利用しているガストですが、あの舞台を通して色んな人生を抱えている人が集まる場所なんだなとちょっと考えさせられた内容でした。

あれから一年三ヶ月、千秋楽で滅多に泣く事のないれいなが泣いて発言した「おじぎ2をやりたい!!」が実現しおじぎメンバーやその他の俳優人にまた会えてとても嬉しいです。しかも今回はオフィシャルBLOGがあると言う事で稽古中や稽古後の事など娘。4人を含め他の共演者達との楽しい感じが凄く伝わって来て初日を迎えるまでホント楽しみでした。

今回の内容はスポーツクラブで様々な人が様々な理由で健康に気をつけながら生きて行く中、5人のインストラクターと会員の人達が一緒に楽しく、ゆっくり、頑張りすぎないよう、頑張っていくストーリーです。このストーリーにはある隠された物語が・・・。

簡単にストーリー(ほぼネタバレ)の流れと参戦した6日のゲネプロと13日の朝公演を中心に皆様にご報告したいと思います。座席の方は自枠で引いてきた今期最高の℃センター!?

  ↓↓↓今回の座席↓↓↓

  • 6日(土)夜→2列℃センター
  • 7日(日)朝→20列中央
  • 8日(月)夜→7列左
  • 13日(土)朝→3列中央
  • 13日(土)昼→23列中央

2列、3列と栞菜りの良席に思えますがとんでもない、3列目までフラットで前のやつの頭で出演者の足元が見えなかったりと不満もあったけど4列目以降からはちょっとずつ段差があるので10列前後が一番見やすかったかな。舞台のセットは3階建て(セットは2階まで)で上部にバイクとかのスポーツ器具があり、下部の1階は受付やヨガをやるスペースなどストーリーの殆どが下部の1階で行われてました。

開演15分前と5分前に娘。4人の公演替わりアナウンスが流れ注意事項等の説明が終わったあとはみんなで一緒にシェイプアッ〜プ♪



まずは、愛ちゃん扮する木下花梨えりりん扮する新人スタッフ鶴絵里香の二人が出会うシーンからスタート。花梨が中央即ち自分の目の前で準備体操している姿に「花梨愛ちゃん)可愛い〜」とデレデレしてる所に研修生の絵里香が出勤して来ます。アルバイトで入った絵里香は花梨に社員なのか聞いてみると、「フリーターでアルバイトだよ。」と答える花梨

「同じです。私もフリーターなんです!!」

と、花梨の手を握りながら嬉しそうに言うが事前にその事を知っていた花梨は至って冷静だった。すると絵里香は携帯を取り出し遊び始めた。花梨は先輩として絵里香に注意すると

「この携帯ここが回るんですよ!!」

と、訳の分からない解答に会場は大爆笑!そんなやり取りが交わされてる中、上手の方からさゆみん扮する地井ルルカが出番だと思いいつものように出て来るが、まだ花梨と絵里香のやり取りが終わって無く「あっ」て顔をしながら戻って行く姿にこれまた会場は大爆笑。ルルカのあの間違えはマジなのか天然なのかは不明。

今度はちゃんと自分の出番で登場し、花梨が絵里香に間違った使い方をしてる人がいたらどうする?の問いに「注意します。可愛くですよ!!」と、前屈みしながら普通に答え違うと言われた絵里香がとった行動が

「なんでやねん!!」

と、完全にウケ狙いだろうと分かっていても笑ってしまいました。正しい教え方をルルカが披露しやっと理解した絵里香、そこへれいな扮する黒田れいなが出勤して来るなり絵里香を知らなかったので「誰?」と花梨やルルカに聞いて新人だと分かり社員なのかどうかの会話をしてる最中に

「オッス、おら悟空みたいな」

と、絵里香がいきなりかめはめ波のアクション付きでやったことにれいな

「なんだこいつ(怒)」

と、前回と同様険しい顔で言うあの表情はマジぽくてちょっと怖かった。その後も絵里香のくだらないギャグとかにキレるれいなのやり取りが行われてる所にトッキー(土岐田麗子)扮する望月深華が出勤して来て絵里香に「分からない事があればなんでも聞いて。」とさすが社員の深華。

かっこいい深華に嫉妬する花梨は深華に「花梨もかっこいいよ」と褒められるが単純な花梨は直ぐ調子に乗り、長椅子に座ろうとして扱けるシーンはマジぽかったけど可愛いくて胸キュンしちゃいました。そして全員で「今日も頑張りましょう!!」とみんなの気持ちを一つにした所でこの舞台の挿入歌「おじぎでシェイプアップ」が流れ始めました。

5人が縦一列に並び「チャチャ、チャチャチャ、チャチャチャチャ、Let's Go」手拍子した後に拳を挙げるユニークな始まり方で13日に行った時には客席も手拍子してましたがいつからやるようになったんだ?今回は明るめでノリの良い曲で振りもヨガのポーズとちょっと似た感じだったりスクワットをしたりとまさにタイトル通り。

メタボな未練も(シェイプアップシェイプアップ!)

美ボディー美ソウルシェイプアップシェイプアップ!)

輝く未来 ここからステップアップ!ステップアップ!

ホントテンポが良く5人の可愛いらしいシェイプアップな振りにもう見惚れていました。



【黒田れいなVS秋川さん】

シーンは変わり下手にはインストラクターと会員の人達、舞台上部ではスポーツ器具で運動する常連の人など色んな人がいるスポーツクラブに名取幸政扮さんする秋川正宗とれいなが2階のスポーツ器具の所で些細なことから喧嘩を始める。原因はれいなが秋川さんを年寄り扱いした事から始まり2人の喧嘩を止めようとする花梨は、スポーツ器具の間をすり抜け喧嘩を止めるはずが、ゲネの時はスポーツ器具に素で激突し会場は爆笑でしたが激突した本人はマジで痛そうな顔をしてた。

花梨が仲裁に入ったことで2人の喧嘩は何とか納まったが喧嘩中に秋川が言った「力道山からサインを貰った事がある。」には思わず吹き出してしまった。てか、あの喧嘩中にサインを貰ったって言うことなのか、まぁ〜笑えて面白かったけどね。

一段落終えるとヒルタ街さん扮する今熊真千子と娘の竹内朱莉ハロプロエッグ)扮する今熊優菜、宮本佳林ハロプロエッグ)扮する新川凛の3人がスポーツクラブ訪れ、優菜と凛のませた会話を密かに盗み聞きするルルカに

「デリカシーって言葉知ってる〜?」

と、小さい子に突っ込まれ更にトドメの

「子供目線だね。」

と、完全になめられマジ凹みするルルカ。あの凹み具合は会場の笑いを誘ってました。

凹んでるルルカを他所に今度は真千子と平田敦子さん扮する清水くみ子がトイレの洗面台の使い方の事で言い争いになり深華や花梨スタッフ全員で止めに入り2人の喧嘩も何とか納まった。

すると花梨の憧れの人、相葉健次さん扮する福島大介がやって来た。おじぎ30度の時からこの設定は変わらず前回同様花梨は仕事そっちのけで福島大介が気になり緊張しながらも近づいて行く姿が怪しい過ぎてつい吹き出し笑いとかしちゃいました。福島大介に声をかけられた花梨は「えへへ」と不気味な笑い声を出したりとホント不審者言っても良いぐらいめっちゃ怪しかったけど、何とか会話ができファンであることを伝えみんなの元へ戻る花梨

の、はずが急に意気込み再度話そうとするが続かず仕舞い

「あの〜〜!!」

と、前回のオンステージの時と同じく会場全体を大爆笑させた。高い声でのあのセリフは花梨の一つの見せ場であり、個人的に笑い所だと思いました。演出家の太田さんが仕込んだのかそれとも花梨本人が前回に続き取り入れたのかは謎のまま・・・。けど、またあのフレーズが聞けて正直嬉しかった。



スポーツクラブで働く理由】

今度は閉館したジムでのシーンなので2階部分は暗い状態で1階部分だけに光照らされる形に。ここからポロシャツ+ハーフパンツ衣装から私服衣装に衣装チェンジ。勤務時のポロシャツ+ハーフパンツとは違いみんなセクシー系の衣装で絵里香・ルルカ・れいな・深華の4人はミニスカで、花梨は胸の開いたかぼちゃぽい衣装に小さめの上着を羽織る、目のやり場に困る衣装に興奮しぱなっしでした。

新人の絵里香の歓迎会をやる為にどこにするとみんなで相談していると花梨の口から

「絵里香ちゃん、何でここで働こうと思ったの?」

の一言がちょっとした切ないドラマのきっかけとなった。絵里香は高尾山のよく当たる占い師にスポーツクラブで働くと良い言われたから、れいなは好きな人に太ったと言われ見返す為、ルルカは自転車で交通事故にあった時リハビリの女性トレーナーがかっこよくてその影響でとみんなそれぞれの思い語る中、花梨だけは話そうとしない。

何やら深刻な理由があるみたいで問いただす絵里香に深華は聞くのを止めようと言いだしルルカ・れいな・絵里香の3人は歓迎会の場所へ移動した。花梨が心配になり「大丈夫?」と聞く深華に「大丈夫」と答える花梨だが彼女が働くホントの理由とは・・・。めっちゃ気になる!?



花梨の必死の説得】

再び会員の人達が集うシーンに戻ります。相変わらずの光景に一人のおデブさんがスポーツクラブにやって来た。そのおデブさんとは植木まなぶさん扮する今熊努。この努がのちに感動溢れるシーンの立役者となる存在なのです。

妻の真千子に言われ嫌々スポーツクラブに来た努、そこにいつも運動せず食べてばかりの清水に声をかけられ愛用のお菓子を何故か隠してと上着を脱がされる。上半身裸と明らかに怪しい格好に絵里香は声をかけ隠してる物を何かと聞くと努はお菓子を守ろうとその場から逃げだしルルカや他の会員の生徒たちにキャーキャー言われながらも必死に逃げるのだが、他の会員の人達に捕らわれ警察に通報されそうになる。

すると、仕事を終えた花梨が「どうしたんですか、今熊さん?」と声をかけた相手こそ真千子が花梨に運動するようお願いしていた努だとその時知ったルルカやれいな、絵里香の3人がその場で理解した所で嵐のような珍騒動はこれにて終了。

大騒動になり漸く花梨と一緒にストレッチをやり始める努に妻の真千子が「心配だから見てていいですか?」と花梨に聞くのだが、その心配は体の事ではなくまた逃げ出さないかの心配であった。その言葉に怒りを感じた努は普段は働いてるんだから休日ぐらいゆっくり休ませろと主張するが他の会員の人やスタッフ達がいる中で大声をあげた為、清水に「恥ずかしくない?」と突っ込まれるがそれでも自分の言葉を一切曲げようとしない。

そんな中、努の言ってる事が何となく理解できる花梨は、昔自分の父親も努と一緒で会社が休みの日は家でゴロゴロしながらお酒を飲んでいて当時高校生だった花梨はそんな父親の姿が大っ嫌いで会話もしたくないほど嫌いだった。けど、一度だけ2人きりで会話する機会がありその時初めて親の大切さを感じたと自分の体験談を努に話す。

娘の優菜に「いや、お父さんが居なくなる嫌だ。」とその言葉を誰よりも理解できる花梨がその場に泣き崩れるシーンは涙なしで見られない感動温まるシーンでした。



【一人前のインストラクター

ストーリーはいよいよクライマックスへ。花梨を除く4人が福島大介の舞台を見に行こうと話し合うシーンから始まります。何時に集合とか何処で待ち合わせなど4人で話し合ってる時に自分は誘われてないと花梨がみんなに言うが4人は以前の出来事から気を使い誘わなかった。清水から福島大介と村上東奈扮する村松奈々の2人が分かれた事をみんなに教え

「そろそろ時間だわ!!」

と、時計を見ながら土井たか子のマネをする花梨にもう笑わずにはいられなかった。研修生から一人前のインストラクターとなった絵里香はその証として社員の深華からルルカ達と同じネーム札を貰う時

「あざ〜す!!」

て、前回花梨がお爺さんに言ったのをそのままパクったとしか思えない。何はともあれ5人全員が一人前のインストラクターとなりこれから一緒にやって行く4人に挨拶しベテランの花梨に色々と教えて下さいねと言うと花梨が絵里香の肩に手を置き

「だめ〜♪」

と、可愛く言い返す花梨にもうノックアウト!!最後は愛ちゃん

「ゆっくり、焦らず、頑張りすぎないよう、頑張りましょう!?」

とこの劇の名ゼリフ語りハッピーエンド



【アフタートーク】

劇としては初のアフタートーク。去年宝塚とコラボしたシンデレラtheミュージカルでもありましたが、まぁ〜微妙でした。トータル5回ありましたが自分は7日の主役の5人(娘。4人+トッキー)、8日の主役5人+名取さん・島本さん・村上さん(携帯小説家でゆり役を演じた人)、13日朝の主役5人+散歩道楽の4人の回に参加しました。

初回の主役のみの時に「今後共演者の人にも来てもらおう」と演出家の太田さんの一言から8名前後で行われたが娘。メンもそうだけど共演者もグダグダなトークで殆ど舞台の感想や稽古の時の事ばかりで正直やらない方が良かったかなと半分思いました。




以上、ストーリーの方はこんな感じでした。花梨とかルルカとか色んな役名が出てきても分からないと思いますが、ショートドラマ「おじぎ30度」からの役名を変えずにウェイトレス以外の職業で働いていたら・・・という発想から作られたのがこの「おじぎでシェイプアップ」なんです。

あんな可愛いらしいインストラクターがいるスポーツクラブなら頑張って毎日通っちゃいます!!

書いた当日の千秋楽の模様は近々ご報告出来ればいいなと思います。

いつもながら分かりにくいレポですいません m ( _  _ ) m

2009-06-06 再スタート

[][]ガストでお食事した後はジムでシェイプアップ

最近、現場やブログなどご無沙汰気味な日々を過ごしてましたが、娘。紺が終わってからは現場がなく週末は親と買い物に行ったり一日かけて何処か出掛けたりとちょっとばかりのリフレッシュを楽しんでいました。現場がある時の週末はヲタ活動が中心になるのでゆっくり休める時間がないから良い期間だったのかもしれない。

けど、今日からまたヲタ活動を再開しますが約一ヶ月だけなので7月〜9月下旬ぐらいまではまた充電期間になりそうです。その間、夏ハロやヲタもだちからお誘いを受けたライブなどは今の所行く予定でいます。

今日、中野で行われる真野ちゃんのデビューコンサートに行きその後、銀座で待っている愛ちゃんえりりんさゆみんれいなの4人が演じるおじぎシリーズ第二弾!「おじぎでシェイプアップ!」を見に行きます。

      


川*’ー’)ノノ*^ー^)从*・ 。.・)从 ´ ヮ`)<見に来てね〜!

と、4人からのお誘いを受けましたので是非ともそのお誘いに乗りたいと思います。みんな待っててね〜♪

2008-03-04 おじぎ30度 オン・ステージ 千秋楽報告

safaia2008-03-04

[][][]おじぎ30度 オン・ステージ(2/27〜3/2)@新宿シアターアプル〜木下花梨はやっぱりプロだった!〜

一昨日、無事に「おじぎ30度 オン・ステージ」が終演いたしました。6日かと言う短い期間で9公演行われました。ゲネプロを含め本番初日から千秋楽まで毎公演ごとに楽しく、新鮮な感じで見れた舞台でした。日曜で終わったのが嘘に思えるほど良かった舞台でした。

さて、ここで今更ですが今回の「おじぎ30度 オン・ステージ」のストーリーと配役に関して少し触れたいと思います。主役でもある4人のウェイトレス+厨房のバイトの方の紹介と簡単なストーリーの紹介です。

・木下花梨高橋愛モーニング娘。) 

f:id:safaia:20080303150848j:image:left彼女は、いつも明るく食べるのが大好き!ちょっと単純な恋多きな女の子。将来歌手になるという夢を持ち続けてる20歳のフリーター。アルバイト先のガストでは望月深華と仲がいい。一見普通の女の子て感じはしますが見た目とは違った方言や想像も出来ない声帯を出したりと見た目とは違ったギャップの持ち主。花梨福島大介の大ファンで以前自分がアルバイトしているガストに来店した時、帰り際に声をかけるが緊張のあまり何も言えず「ありがとうございました。またのご来店お待ちしてます」としか言えなかった。果たして、今回は緊張せずにちゃんと話せるのか?頑張れ!花梨


                      

・鶴絵里香→亀井絵里(モーニング娘。

f:id:safaia:20080303152508j:image:left彼女は、前回の「おじぎ30度」ではシリーズ2での登場。質問好きの、笑顔がステキな人懐っこい女の子。名前が鶴だから前世は亀らしい?高尾山の占い師を信じてるフリーターの18歳。前回では自分のバイト先の友達が急に辞めてしまい、その代わりに花梨、深華が来てその時に2人とは友達になった。今回の「おじぎ30度 オン・ステージ」は理由は分かりませんが花梨、深華、ルルカ、れいなの4人がアルバイトしてるガストでアルバイトをすることになった。今回もまた質問攻めするのか?高尾山の占い師の言うことは当たるのか?鶴絵里香から目が離せない!





・地井ルルカ→道重さゆみ(モーニング娘。

f:id:safaia:20080303203016j:image:left彼女は、前回の「おじぎ30度」では高校生でしたが今回の「おじぎ30度 オン・ステージ」では大学生としての登場。おちょこちょいな現代っ子だが、礼儀正しく、頭も良い。得意技?はうさちゃんピース!前回では、大学受験に無事合格し花梨と深華がいるガストにまた戻ってきて再びウェイトレスの基礎を学ぶ毎日。大学生になったルルカだがお気に入りのカチューシャを付け優しい先輩に教わり徐々に上達していくが、果たしてルルカはあれから上達したのか?花梨や深華みたいにプロになれるかの?






・黒田れいな→田中れいなモーニング娘。

f:id:safaia:20080303203038j:image:left彼女は、前回の「おじぎ30度」ではシリーズ3での登場。見た目は超可愛いが、性格は男勝りな厨房で働く女の子。彼氏イナイ歴18年で、彼氏募集中!の18歳のフリーター花梨・深華・ルルカの3人がアルバイトしてるガストの厨房で働いているがいつから働いていたのかは謎。女同士では男口調のれいなだが男性の前だと豹変したのかのようなブリッ子キャラ丸出しの変わりよう。果たして、ルルカに紹介して貰った彼とは上手く行ってるのか?こちらも注目株の一人!!






・望月深華→土岐田麗子

彼女は、見た目は一見モデル風のちょっとクールな頼り甲斐のあるお姉さん。実はお金持ちのお嬢様?の22歳フリーター。前回では、シリーズ1〜3まで花梨と一緒に出ていた深華。5人の中では一番年上でしっかり者の深華だが将来なりたい夢があるがなんとなくガストでアルバイトをする日々。果たして深華の将来なりたい夢とは何なのか?気になるところで目が離せない!!

八王子あたりにあるガスト。そこでアルバイトする女の子5人は、学校での出来事や、友達の間で広まる都会伝説、恋愛のジンクスや、占いなど、様々な物事を笑いながらも、もしかしたらと信じてしまう、どこにでもいる女の子たちだ。恋の噂に占いに、そして仕事に、落ち込みながらそれでも明るく今を生きる彼女たち。様々な事情を抱えて様々な人が出入りするファミレスを舞台とした、ハートフルコメディ。そしてこの夜、今までよりほんの少しだけ、自信をつけた彼女がいた。

と、簡単なストーリーと出演者を紹介したんですがこういうのは公演中に書くもんですよね(笑)今更レポと一緒に書いてすいません。けど、以降は千秋楽に関してのことですので宜しければ最後まで読んで頂けるととても嬉しいです♪

↓↓↓今回の座席↓↓↓

・2日昼→9列右

・2日夜→14列左通路

【神の手】

夜から仕事が入ってる花梨、深華、ルルカだがその3人の会話の中で出てくる「神の手」。神の手とは雲の形がはっきりと手の形をしていることらしい。花梨は、沖縄でその「神の手」を写メで撮って深華やルルカに見せたが深華に「これは明らかに加工されてるね」と言われ自分の携帯の画像を確認する時の花梨の声には思わず笑ってしまいました。だって愛ちゃんにそっくりなんです。その後、以前別のガストで友達になった絵里香とガストで待ち合わせをしていた3人だがその絵里香ですがどういう理由かは分からないんですが花梨達が働くガストで働くことになったらしくそこら辺の所を詳しく知りたかった。絵里香は以前から高尾山の占い師を信じているらしく新しい場所で働くのが不安だったので占ってもらい、その結果その店で3つの出来事を言われた。一つ目が「このお店で名前に果物の名前が付く人の恋が成就する」二つ目が「このお店で悲しい別れが起きる」三つ目が何故か「このお店で誰か後方に宙返りする」と絵里香自信にあまり関係ないことばかりで聞く意味があったのかと突っ込みたいところでした。

厨房から休憩?として出て来たれいなは、花梨達とルルカに紹介して貰った彼氏とデートをした話をするが絵里香によると「初デートで井の頭公演のボートに乗っちゃ駄目」と指摘を受け物凄い落ち込んでいたのがちょっと可愛そうだった。そういえばれいな「おれ」と言った時に絵里香「オス、おら悟空みたいな」の所では爆笑の渦でした。後、色々ありましたがいっぱいあって覚えていません。お店には徐々にお客さんが集まりだし忙しい中店長一人で対応をしてるの見かねて花梨が仕事に入ることを決めた時は「さすが花梨はプロだな」と関心しました。それを見た3人も花梨と同様仕事に入った。

【いらしゃいませ!】by花梨・深華・ルルカ・絵里香、れいな

花梨、深華、ルルカ、絵里香の4人がウェイトレスの制服に着替えおじぎ30度のテーマ曲?が流れ歌を歌った5人。歌の後は5人とも舞台からはけ暫くは他の共演者の演技となった。ガストに来た女の人2組と一人の女性と付き合ってる男の人の3人の内部話になり、色々と複雑な関係らしく大変な事になっていき、その時絵里香(亀井)が高尾山の占い師から聞いた「誰かが後方に宙返りする」てのが見事当たった。それはその彼のことだった。これで一つ目の占いが当り自信をつけた絵里香、果たして残り二つの占いも当たるのかと思いきや何やらルルカ(道重)が慌てて何かを探してる様子だが、なんとお気に入りのカチューシャが無くなったらしく深華達やお客さんとかに協力してもらい探していたら休憩終えた花梨(高橋)がルルカのカチューシャを持っていた。どうやら花梨はそれを持っておトイレに行っていたそうで無事に見つかって何よりでした。けど、迷惑をかけたルルカはその異様な空気の中でお得意の「うさちゃんピース」をやり始めた。これには会場から拍手が鳴り響いた。

すると一人の女性が急に「店長さん呼んで」と言い出し怒ってるのかと思いきや何やらハッピ〜な気持ちらしく店長と話す女性。実はその女性は再婚するらしくそれを知った店長泣きながら厨房へ行ってしまった。そうこれが絵里香が聞いた二つ目の占い「悲しい別れがある」だった。花梨達ではなく店長のことだったのがちょっと面白かった。そうすると残りは果物の名前が付いている花梨の恋のことだけだがその事を聞いた花梨はニヤニヤしながら何かを想像をしてれいなやルルカが花梨にイタズラをしてることにも気づかない。そこ花梨の憧れのあの人がまた来店してきた。

【あの〜!】by木下花梨

来店してきたのはそう憧れの福島大介。花梨は憧れの福島大介がまた来た事により仕事そっちのけで福島大介に夢中。ルルカは気になったのか花梨近寄り福島大介の話をすると花梨は絵里香から聞いた恋の話を思い出しそれが福島大介と思い声をかけようとするが中々出来ず帰ろうとする福島大介に勇気を振り絞って声をかけるが前と同じようなことになり、一度は呼び止めたが曖昧な話になり、花梨がもう一度呼び止める時の「あの〜!」が会場全体を笑いの渦に巻き込みました。何故かゲネプロも含め毎回笑い所でした。ゲネプロの時には「あっの〜〜!」とちょっと長めで男っぽい声を出していました。ある意味花梨の見せどころだったのではと思いました。すると仕事を終えたれいなガストでご飯を食べていくみたいだが店内にいたおじいさんが気になり絵里香がい言っていた占い師かどうか確かめようとするがその時の奇妙な動きが凄い面白くここでも会場全体が爆笑の渦でした。本人も凄い楽しんでやっていたと言っていました。結局そのおじいさんは高尾山の占い師ではなかった。

そこに花梨が高校の時の好きだった先輩が婚約者を連れて来店してきた。ここからが感動のクライマックスへ。花梨はその男の人が先輩だとすぐ気づき席に案内するが複雑な気持ちで注文を受けに行ったが動揺してるのか先輩が注文してないのに自分がから「ハンバーグですね?」といい始めことにまたもや会場が爆笑!!ホント面白かった。結局その先輩はハンバーグを頼んだ。その後、先輩と婚約者はケンカをしてるみたいでそれを知った花梨は自分にチャンスがあると思い切って先輩に話かけるが先輩は花梨のことを覚えていなかった。なんせ体系も違うし3、4年前のことだから覚えて無くても無理は無いはず。先輩と話している中に何を血迷ったのか先輩に昔ラブレターを出した事を婚約者のいる前で言ってしまいその場から逃げ出そうとした花梨だが婚約者が花梨を引きとめたが興味が湧いたのか先輩の話しお互い一度は好きになった者同士分かり合い彼女も高級レストランよりファミレスで誕生日を祝って欲しいと言った。けど、彼はファミレスをバカにする様な言い方をし始めるが、それを聞いてしまった花梨は文句の一つでも言うのかなと思っていましたが婚約者に「先輩のどこが好きか?」ての問いにまだ答えてなかったのでその問いに答えた。花梨は先輩がサッカー部だった頃に後輩やケガをしたやつに「俺に任せろ!」と言ったいた言葉が凄い心に残っているみたいでそういう所が好きだったそうです。このシーンでの花梨の一言一言が凄い心に響いて思わず涙を流してしまいました。先輩と婚約者は無事仲直りしそれ見た花梨は諦めたのか?泣きそうでした。

すると朝昼夜とガストに来店したおじいさんが花梨に話があると言う事で話すをするがそれは花梨の行動、態度がとても素晴らしく「あなたは実にいい人だ!」と言いたかったみたいでそれを言われ花梨「あざ〜っす!」とお礼をした場面でも大爆笑。花梨てこんなキャラだっけと思いましたが元気が良くていい子だと思いました!話を続けるおじいさんだが花梨が亡くなったお婆さんにそっくりだそうでいつもガストに来ては癒されていたらしくそれでいつも花梨がいる時にガストに来ていたそうです。確かに花梨を見ていると癒されます♪あのおじいさんの言うとおりだね!で、れいなは結局考えに考えあのおじいさんはどっかの会社の会長とか思っていたらしくずっと悩んでいたんだね。ご苦労さまです。そして最後に物語の最初の方にしか台詞が無かった小説家希望の冴えない男が自分が書いてる小説が完成したと大声をあげた。その小説はファミレスを舞台にした小説らしく主人公の名前が「花梨」だそうで花梨(高橋)にお礼を言うと凄い冷たい感じで「なんで私?」と返したところには「やべ〜花梨怖〜い!」と思っちゃいました。最後に花梨が「ラストオーダーです」と先輩達に言ってたのは「あ、アドリブだ」と思いました。そして物語は終了した。

【カーテンコール】

花梨、深華(土岐田)、ルルカ、絵里香、れいなの5人が共演者の舞台人を紹介してましたが、再婚する女性と小説家希望の男が2人で「シャニムニ パラダイス」の「シャ〜二ムニ Let's Go」の所の振りをやった時には思わず「おぉ〜」と言ってしまいました。あの2人何気にキーマンでGoodな人達でした!その他の舞台人も挨拶前ににパフォーマンスしたりで楽しませてもらいました!そして、店長が主役の5人(鶴絵里香→黒田れいな→地井ルルカ→望月深華→木下花梨の順に」を紹介し全員はけて行き5人は再び舞台に戻ってきて一人一人感想を言いました。昼ではトッキー(土岐田)が感極まって泣いてしまい愛ちゃんも思わず泣きそうでしたが、れいながもらい泣きをしてしまい絵里が話している時に号泣したので絵里も思わずれいなに突っ込んでいました。普段なら一言ずつ言ってはけて終わりなんですが千秋楽って事もあり再び戻ってきて何をするのだろ〜と思っていたら別なところから「少々お待ち下さ〜い!」と言う声がして舞台人の人達が戻って来ました。なんと舞台人がメンバー5人にはサプライズてことでこれには思わずマジ泣きしてしまいました。勿論5人も泣いていました。5人の舞台人一人一人花束を貰い一言ずつ話すが、れいながまた泣いてしまい「おじぎ2やりたい」といい事を言ってくれました。最後は出演者全員で「またのご来店お待ちしています!」といい舞台人、メンバー5人もはけて本当に終了しました。


【総括】

おじぎ30度 オン・ステージ、ホントに良かったです♪全9公演中9公演全て見に行きました。そう、初コンプしました。(舞台ですけど)ゲネプロを見たときから「これはいいストーリーだ!」と思い次の日の初日から「凄い楽しみだ〜」と思いながら見に行きましたがその後の公演も楽しく、新鮮な感じで見れました。各出演者の個性が出ていてとても素晴らしかったです。過去にハロプロ関連の舞台を見てきましたが正直今回の「おじぎ30度 オン・ステージ・が一番だと自分は思いました。まぁ、一推しが出ていたってこともありますがそんなの関係なく本当に良かったです。これも5人を支えてくれた舞台人の方々のお蔭かもしれませんね。ホント良いキャスト人でした。れいなが言ってましたが「おじぎ2」是非やってもらいたいです。その時はまた、見に行っちゃいます。

愛ちゃん、絵里、さゆ、れいな、土岐田さん、舞台人の方々、短い期間の舞台でしたがお疲れ様でした!!また、来店します!


↓↓↓無事に千秋楽を迎えられた5人からのコメントです。↓↓↓

http://www.dohhhup.com/movie/R7xMQw0ZRNtpg86byuFjIT4fyg7QqGEJ/view.php