サイコーの最高な日々

2018-11-25

復興マラソン!

16:03

こんにちは〜、おばっち@連投です。

 

前回に引き続き、マラソンブームの私の出走レポートです。

 

今回は、今年で2回目の開催となる「東北・みやぎ復興マラソン」です。

 

このマラソンの特徴は、皆様もご存知かと思いますが、コース全域が東日本大震災浸水エリアとなっております。

 

一歩ずつ復興の道を歩む“被災地のいま”を走りながら体感することができるということで、全国からランナーが集まる人気の高いマラソンになりつつあります。

 

 

ということで、スタート地点です。

  

f:id:saikoh-diary:20181125145726j:image

 

いよいよスタート! 見えづらいですが、サザエさん応援に駆け付けております。

 

f:id:saikoh-diary:20181125145723j:image

 

拡大図。

 

f:id:saikoh-diary:20181125160320j:image

 

芸人としてよりもランナーとしてのほうが人気な(?)猫さんとも握手できました〜。

 

f:id:saikoh-diary:20181125145721j:image

  

復興マラソンのもう一つの特徴として、エイドステーション(給水・給食施設)が19か所もあり、地元の特産や岩手福島熊本など被災地ゆかりの食べ物もいただけます。

  

これは亘名物はらこ飯」。「お替り自由だよ〜」なんて言われましたので2食いただきました。

  

f:id:saikoh-diary:20181125145719j:image

 

復興創生トマト「アンジェレ」。正直トマトは苦手なので、大きいのでなくプチトマトのほうにチャレンジ。

やっぱりちょっと苦手でした・・・でも完食しましたよ!

 

f:id:saikoh-diary:20181125145716j:image

 

熊本みかん」。個人的にはこれが一番うまかった〜。

わしづかみで食べちゃいました。

疲れた体にビタミンCが沁みる気がします。

 

f:id:saikoh-diary:20181125145714j:image

 

後半の34キロあたりでは名取名物「せり鍋」。

これは残念ながら到着直前で売り切れ!

楽しみにしていただけにザンネン!

 

f:id:saikoh-diary:20181125145711j:image

  

で、肝心の走りのほうはこんな感じです。

 

f:id:saikoh-diary:20181125145709j:image

 

実は練習でも25キロぐらいで膝が痛くなってしまうのですが、いざ本番では早々と17キロぐらいで膝痛がきまして、あとは走って止まっての繰り返し。

復興の様子を確認する余裕はもう全くありません。

歩かないことを目標にしていたのですが、立ち止まっている時間が長くなり、もう見栄を張らずに歩いてでもゴールを目指すことにしました。

下のグラフでも後半ペースガタ落ちなのが一目瞭然です。

 

 

そして、最後なんとかゴールが見えてきました!

なんとスタートから5時間半も経っておりました。

 

めちゃくちゃ疲れた〜、でも頑張った〜!

やった〜、ゴールだ〜〜〜〜。

 

f:id:saikoh-diary:20181125145703j:image

 

ご褒美の完走メダル

石巻市雄勝町の名産品「雄勝石(おがついし)」が使われています。

 

f:id:saikoh-diary:20181125145744j:image

 

実はゴールのとこでボースカウトの少年が待っていてくれて、一人ずつランナーの首にかけてくれるんです。

マラソンで苦しかったのと、急に優しくされたのが合わさって、もう体の感覚がおかしくなっているのでしょうか、目の周りがジンジンしびれて涙が止まりません。

年甲斐もなくしばらく感動の涙でございました。

 

復興マラソンの特徴として、地元の方々の応援が温かく、「頑張って〜」だけでなく「ありがとう〜」の声もたくさんもらいました。ランナーのほうが元気をもらうだけでなく、感謝までされる大会は他にはないそうです、それだけでも感動でした。

 

ゴール直後はもうフルマラソンは走らなくてもいいかなと思いましたが、また来年がんばろうかな〜! (^_^)