Hatena::ブログ(Diary)

嘘くさいぞ私は このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-01-21 You Only Live Twice

[] 自分を好きになる方法 13:52  自分を好きになる方法 - 嘘くさいぞ私は を含むブックマーク  自分を好きになる方法 - 嘘くさいぞ私は のブックマークコメント

 びっくりした。ここまで寄せているとは思わず。すごく良い。

2015-09-27 日曜日の使い方について

[] 火花について 14:39  火花について - 嘘くさいぞ私は を含むブックマーク  火花について - 嘘くさいぞ私は のブックマークコメント

 「火花」って何が面白いの?芸人なんかに取らせて話題作りじゃね?という言説の人に対して。ポッと出の芸人が取るなんて嫉妬とかしないの?という質問に対して、羽田圭介が、何も後ろ盾のない高校生が小説を書くより、芸人が小説を書くほうがよっぽどいいものが書けそうじゃないですか?(大意)と言っていて、正直これに尽きる。会社員より芸人のほうが面白いものが書けるに決まっているじゃないですか。どっちが出会う確率の低い経験をしていると思っているんですか。芸人なんかに取らせて話題作りじゃね?っていう言説は本当に内在する差別意識に気づいてなくて、そういう差別意識は見ていて本当にげんなりしますね。私がマイノリティ文学が嫌いなのは、逆差別になりうるからで。だんだんなんで今日おれ怒っているのかわかんなくなってきた。でも、だいたい例えば純文学にありがちなテーマの自意識なんて、芸能人こそ一番考えるテーマじゃん。もっと皆が書いたほうがいいよね。

2015-08-03 前髪クネ男

[] ううんそうじゃない 02:02  ううんそうじゃない - 嘘くさいぞ私は を含むブックマーク  ううんそうじゃない - 嘘くさいぞ私は のブックマークコメント

 村上春樹の人生相談みたいなやつ、まじで読むのめんどくさいな。→結果途中でやめました。スワローズのとこが読みたいだけで買ったわけだし。

村上さんのところ

村上さんのところ

2015-07-12 ゼッコウチョウ

[] 火花 14:43  火花 - 嘘くさいぞ私は を含むブックマーク  火花 - 嘘くさいぞ私は のブックマークコメント

 普通にとても良いと思うのです。ここ15年の芥川賞受賞作品は7割くらい読んでいると思うけど、芥川賞とればいいのではと思います。ただ、芸人だから問題なく成立している部分が多いから、芸人以外について書けるのだろうかというと分かりません。説明くさい熱い自分語りは芸人だからマッチしていて、高いレベルでフィットしているけど、これなんか別の職人だったら作品が壊れてますよね。あとたぶんだけどすごく推敲しているなあと思いました(ちなみに単行本で読んだ)。たまにクリシェが嫌ですけど、とても隅々まで意識されていて読んでいて心地いいです。

 島本「夏の裁断」もいいと思ったけど。

2009-07-04 いつまでも、いつまでも

[][][] はなれて行かないでくれ つきあってくれ 03:35  はなれて行かないでくれ つきあってくれ - 嘘くさいぞ私は を含むブックマーク  はなれて行かないでくれ つきあってくれ - 嘘くさいぞ私は のブックマークコメント

 生まれて初めて「THIS IS 偏頭痛!」という状態にある。今まで、偏頭痛という意味がわからなかったが、これだ!という気分。自由に使えるボキャブラリーが増えた。

 おれはSF者じゃないのだが、いやその前に、ところで、この「者」というのはなんと読むべきなのか。おれの中では「SFモノ」だったのに、誰かが(たぶん豊崎由美か岸本佐知子か)「SFシャ」と読んでいて、もうこれはちょっとした失恋であるのだった。だが、なんにせよ、本の雑誌は休刊されたら困るので、少しでも買おうと思ったら買うのだ。SF本の雑誌である。その中で感動したのが、最後のほうの三村美衣のSFガイドで紹されている筒井康隆「SF教室」という本の引用である。序文と締め。

 切手を集めはじめて、ほんの二‐三十枚たまっただけなのに、もう、切手の目録がほしくなった――そんな経験はきみにはないだろうか。(中略)SF全体のことが知りたい――そんなきみなら、これを読みたまえ。この本はきみのための本だ。

 どうか、この本を読み、大学にはいっても、おとなになっても、はじめてSFを読んだ時の感激を忘れないで、いつまでも、いつまでも、このすばらしいSFからはなれて行かないでくれ。いつまでも、いつまでも、ぼくたちや、ぼくたちの愛するSFと、つきあってくれ。

 ぼくが筒井さんを大好きだというのはこういうところなのだと思う。この文章だけで泣いてしまうではないか。ぼくは別に筒井さんの本をたくさん読んでいるわけでもないし、それに衝撃を受けたわけでもないのだ。だけど、今、こういうことを言う人がいるだろうか。言って、様になる人がいるだろうか。SF興味ないけど。

 あと星野真里が青学の仏文だとわかったのだが(ウィキペディア)、卒論のテーマが知りたい。あと、BRUTUSの巨人特集で、選手の好きな本とか映画とか音楽とかを聴くコーナーがあった。この話は少し近くて、このように有名人の文化的な、アカデミックな方向の趣向が知りたいみたいなファン需要に応える空気がもっとあってもいいと思う。しまった、最初に書きたかったことと違う。

 あとムルは行きつけの古本屋(年に2回くらいしか行かないけど)でわりときれいなやつを安く買えました。ここならあるかもと思った一軒目で見つかったときのこの歓び。「オレは狂喜乱舞して寝るぞ」。寝ます。

SF本の雑誌 (別冊本の雑誌 15)

SF本の雑誌 (別冊本の雑誌 15)

BRUTUS (ブルータス) 2009年 7/15号 [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2009年 7/15号 [雑誌]