ミュンスター再洗礼派研究日誌 このページをアンテナに追加

2015-07-04

[][] 公開シンポジウム宗教改革の伝播とトランスナショナルな衝撃―宗教改革500周年にむけて」 21:43  公開シンポジウム「宗教改革の伝播とトランス・ナショナルな衝撃―宗教改革500周年にむけて」 - ミュンスター再洗礼派研究日誌 を含むブックマーク

しばらく前だが、6月20日に立教大学で開かれた「宗教改革の伝播とトランスナショナルな衝撃―宗教改革500周年にむけて」というシンポジウムに行ってきた。このシンポジウムは、ケネス・G・アッポルド 氏(プリンストン神学大学 ジェームス・ヘイスティングス・ニコールズ宗教改革史教授)と日本の研究者が、多様な観点から宗教改革に迫るというものだった。

http://www.rikkyo.ac.jp/events/2015/06/16186/

アッポルド氏の著作『宗教改革小史』は、日本語での翻訳もある。


アッポルド氏の報告は、“Reformation Studies on the Eve of the Quincentennial”(「宗教改革研究の動向について:500周年を目前に」)というタイトルで、宗教改革をグローバルな観点から見ようという野心的なものだった。

近年の宗教改革研究では ARCHIVE FOR REFORMATION HISTORY 100号(2009年)で多数の国の宗教改革研究回顧が行われていたように、ドイツ以外の宗教改革にも関心が向けられるようになってきている*1。アッポルド氏も『宗教改革小史』でスカンジナヴィアやハンガリー宗教改革に触れていた。しかし、概ねこれまでの宗教改革研究では、対象の範囲はヨーロッパ内部で広がってきた。

しかし、アッポルド氏はこの報告でヨーロッパを大きく踏み出し、宗教改革研究を全世界の歴史と結びつけて考えることを提唱していた。彼は冒頭でアンドレ・クロ―の16世紀は「出会いの世紀 century of encounters」だという言葉を引き、16世紀にはヨーロッパ中東南アジア東アジアアメリカなど世界の様々な地域と遭遇したことを強調した。そして宗教改革キリスト教共同体の再定義だという自身の見方に基づき、宗教改革はグローバルな出会いによって新しい共同体が生じるという16世紀に世界中で生じた大きな動きの一部だと考えられるのではないかという問題提起をしていた。

限られた時間の報告であったため、そのテーゼの詳細は語られず論の妥当性も不明だが、非常に刺激的な報告だと感じた。おそらく今後、このようなグローバルな観点に基づいた宗教改革像を論文や著書などのかたちで公開して下さると思うので、楽しみにしている。

その後も、イングランド、スカンジナヴィア、南ドイツオランダと幅広い地域での様々なテーマについての報告が続き、大変勉強になった。

2007-07-06

[][] Myth and Reality of Anabaptist/Mennonite Women 22:07  Myth and Reality of Anabaptist/Mennonite Women - ミュンスター再洗礼派研究日誌 を含むブックマーク

以前ご紹介した再洗礼派やメンノー派女性に関するシンポジウムMyth and Reality of Anabaptist/Mennonite Women」のプログラムが公開されました。行けないのが、返す返すも残念でなりません。


Myth and Reality of Anabaptist/Mennonite Women


International Conference 31 August & 1 September 2007

In both the past and present, Anabaptist/Mennonite women have stirred the imagination. During the sixteenth century, female martyrs were considered heroines of steadfast belief. In later eras, they were labeled as role models for their sobriety and piety, whereas the general public satirically criticized their sanctimoniousness.

During the conference, 26 distinguished scholars from six countries will examine the images of Anabaptist/Mennonite women from a variety of multi-disciplinary perspectives – a new approach for both gender history in general and the history of Anabaptism/Mennonitism in particular. Unlike previous approaches, the conference will not concentrate, for example, on the level of freedom that women achieved or the roles that they played within the movement. Instead, both the construction of images of women and the relevance of the stereotypes applied to them will form the nucleus, as studied within the broader context of society, church and culture. How and for what reasons did those images come into being, under what circumstances, and by whom? In what ways did the ‘typical’ Anabaptist/Mennonite women of the urbanized Low Countries differ from their ‘sisters’ in rural Germany, Switzerland or the Ukraine? Did those images become subject to change in the course of time, and if so, how and why?


Programme

All plenary sessions will take place in the Auditorium, the lecture hall on the first floor behind the registration desk. Parallel sessions will be held on Friday in the Auditorium and the Atrium room, and on Saturday in the Auditorium and the Agora room (follow the signs). The recreational event on Friday evening will take place in the Doopsgezinde Kerk, Singel 452, downtown.



Friday, August 31

08.45-09.25: Registration at the Auditorium desk & coffee in the nearby foyer

09.30-10.30: General session – Auditorium

09.30: Els Kloek (NL): Mennonite women in Dutch historiography – an overview

10.00: Joep Leerssen (NL): An economy of virtues

10.30-10.55: Coffee (& tea) – foyer

11.00-12.20: Parallel session I: Art and culture – Auditorium

11.00: Martina Bick (G): ‘Gelobet sei Gott, Liebe Hausfrau und Schwester in dem Herrn’. Genderaspekte im Liedergut der frühen Täuferbewegung

11.20: Wijnand Mijnhardt (NL): Mennonite women in Céremonies et Coutumes Religieuses de Tous Les Peuples du Monde (1723-1733)

11.40: Christoph Wiebe (G): Frieda Friesen und Nomi Nickel. Mennonitische Frauenrollen im Spiegel der Literatur

12.00: discussion

11.00-12.20: Parallel session II: Church and community – Atrium

11.00: Mary S. Sprunger (USA): Deaconesses, fish wives and the burden of Mennonite respectability: Amsterdam women in a 17th-century congregation

11.20:Yme Kuiper (NL): ‘Sisters in Christ’. Images and practices of marriage,widowhood and piety in Harlingen during the 18th-century

11.40: Anna Voolstra (NL): Grumpy old women? The (self) image of the elderly sisters of the Mennonite ‘Oudevrouwenhuis’ in 19th-century Amsterdam

12.00: discussion

12.30-13.25: Lunch in a reserved area of the VU-Mensa restaurant (at your own cost)

13.30-14.00: General session – Auditorium

13.30: Gary K. Waite (C): Naked harlots or devout maidens? Images of Anabaptist women in the context of the iconography of witches in Europe


14.10-15.05: Parallel session III: Art and culture – Auditorium

14.10: Mirjam de Baar (NL): The stereotype of the sanctimonious ‘Menniste Zusje’ (Mennonite Sister) reconsidered

14.30: Piet Visser (NL): L’Honneste Femme – a French, Roman Catholic role model for Dutch Mennonite Sisters

14.50: discussion

14.10-15.05: Parallel session IV: Status within society – Atrium

14.10: Linda Huebert Hecht (C.): Anabaptist women and property. Cases from court records of 16th-century Tirol

14.30: John Staples (USA): Reflections of women in early tsarist Mennonite society (Ukraine)

14.50: discussion

15.05-16.30: Coffee (& tea) including visit to the exhibition at the VU Rare Book Department

18.00-21.30: Evening program 'Art and food in the historic setting of one of the oldest Doopsgezind churches in the Netherlands (1608)' at Singel 452

18.00: Mennonite hymns and other songs from the 16th- and 17th-centuries, performed by the ‘Camerata Trajectina’ company

18.35: Scenes from Jan Claasz of de Gewaande Dienstmaagd (Jan Claasz, or the maid-imposter), a dramatic comedy by Thomas Asselijn (1682), performed by ‘Act Fast’

19.00: Indonesian banquet (mild; includes drinks as well as vegetarian dishes)

Note 1: Singel 452 is easy to find. From the VU main entrance head right and take streetcar #5 (not #51!), which takes you in 25 minutes to downtown (3 ‘strippen’); depart the streetcar at the ‘Koningsplein’ stop (near the Flower market); cross the streetcar tracks and walk 100 m. along the Singel canal.

Note 2: For the sake of proper catering arrangements, registration in advance (admission € 45) is absolutely required – too late, no date!Read the registration options and offers below.


Saturday, September 1

08.45-09.25: Registration at the Auditorium desk & coffee in the nearby foyer

09.30-10.00: General session – Auditorium

09.30: Volker Manuth (NL): Rembrandt’s Catrina Hoogsaet (1657), a portrait of a remarkable Mennonite woman

10.05-11.00: Parallel session V: Church and community – Auditorium

10.05: Astrid von Schlachta (A): Frauen und ihre Repräsentationen. Täuferinnen in der konfessionelle Phase zwischen Schein und Sein

10.25: Marion Kobelt-Groch (G): Geldgierig, gewalttätig und verlogen. Zum Image der Täuferin in Thomas Bircks Ehespiegel (1598)

10.45: discussion

10.05-11.00: Parallel session VI: Marriage and family – Agora

10.05: Michael Driedger (C): Mennonites, marriage and the emergence of civil society in the Netherlands

10.25: Cor Trompetter (NL): Her mother’s mother. Maternal lines in mixed Mennonite / Reformed family trees

10.45: discussion

11.05-11.30: Coffee (& tea) – foyer

11.35-12.30: Parallel session VII: Martyrs and monsters – Auditorium

11.35: Marjan Blok (B): ‘Your mother in bonds’. The testament of Soetken van den Houte

11.55: Sylvia Brown (C): She-monsters of Münster. Conjuring with Anabaptist women during the English Civil Wars

12.15: discussion

11.35-12.30: Parallel session VIII: Marriage and family – Agora

11.35: Mirjam van Veen (NL): ‘… polué et souillee …’. The Reformed polemics against Anabaptist marriages (1560-1650)

11.55: Mark Jantzen (USA): The trouble with marrying Lutheran boys. How dogma and politics combined to end exogamous marriages in the Mennonite community in the Polish Vistula delta, 1713-1803

12.15: discussion

12.35-13.30: Lunch in the foyer (free of charge)

13.35-14.30: Parallel session IX: Marriage and family – Auditorium

13.35: Katharina Reinholdt (G): Herzliebe Hausfrau und Schwester. Idealbilder täuferischer Ehefrauen in Send- und Märtyrerbriefen der mennonitischen und hutterischen Tradition im 16. Jahrhundert

13.55: Steven D. Reschley (USA): ‘She would not permit that I should stay away from church’. The emotions of a Hausvater and Hausfrau in Europe and the New World, 1821-1868

14.15: discussion

13.35-14.30: Parallel session X: Martyrs of faith and fashion – Agora

13.35: Nicole Grochowina (G): Images of women in early modern martyrologies

13.55: Marieke de Winkel (NL): Sobriety and restraint in the Dutch Golden Age. The Mennonite dress code

14.15: discussion

14.35-15.00 Coffee (& tea) – foyer

15.05-15.35: Closing session – Auditorium

15.05: Piet Visser (NL): Man, those women! Pre-harvesting some conference images and impressions

15.20: Marion Kobelt-Groch (G): Farewell address: see you again, auf Wiedersehn, tot ziens

2007-06-17

[] 日本西洋史学会の報告と日本海の夕焼け 21:31  日本西洋史学会の報告と日本海の夕焼け - ミュンスター再洗礼派研究日誌 を含むブックマーク

この日も快晴で、夏のような一日でした。私は報告者で背広を着なければならなかったので、少々暑苦しかったです。私は、この日報告をしたので、報告前は緊張して人の話を聞く気分ではなく、報告後は燃え尽きて面倒な話を聞く気にはなりませんでした。そのため、私にとってこの日の学会は、原稿を一生懸命読み上げ、質問にできるだけ答えるという単純作業で終わりました。

しかし、他の人の報告では、パワーポイントが使われることもあったので、そろそろパワポ使用も視野に入れないとなあと思いました。

学会が終わった後は、伊勢丹にある和食レストランで新潟名物わっぱ飯を食べました。私は鮭といくらのわっぱ飯を食べたのですが、やはり新潟だけあってご飯が大変おいしかったです。

その後は、苦もあれば楽もあるということで、新潟観光をしました。疲れていて、ぼーっとしたかったので、とりあえず海辺に行って、長い間ぼーっとしていました。浜辺は、延々防波堤で覆われていました。この日は風もほとんどない穏やかな日だったのですが、それでも防波堤には大きな波が押し寄せ、防波堤に当たっては、大きな飛沫を上げ砕けていました。その勢いたるや大変なもので、日本海は本当に荒い海なのだと思いました。

その後も、ぼーっとしながら、海辺を散歩していたのですが、結局日が暮れるまでずっと海辺でぶらぶらしていました。夏の真っ青な空が、日が沈むにつれて次第に赤みを増していく様は圧巻でした。オレンジ色に染まる空の下、佐渡島の向こうに沈んでいく夕日を見れるとは、なんという贅沢だと、心の底から癒されました。

2007-06-16

[] ウォーターフロントと日本西洋史学会の懇親会 21:15  ウォーターフロントと日本西洋史学会の懇親会 - ミュンスター再洗礼派研究日誌 を含むブックマーク

日本西洋史学会目玉のシンポジウムがあったのですが、私は出席せず、午後3時頃に新潟に着いてからしばらくホテル近くをぶらぶらしていました。ホテルの近くに万代橋という橋が、信濃川河口付近にかかっており、私はその近くの川沿いを散歩しました。天気は快晴、夏のような陽気で、大変気分が良かったです。

川沿いには、ホテルやショッピングモール、ガラス張りのテレビ局の建物、そして高層マンションが建ち並んでいました。その雰囲気は、まさにウォーターフロントという感じで、こういう風景はどこに行っても同じだなあと思いました。しかし、川岸の一部は舗装されておらず、雑草が生い茂り、おっさんが釣りをしているなど、金満的な風景とミスマッチで良い感じでした。

そうしてぶらぶらした後は、やはり信濃川河口にある朱鷺メッセという複合施設で開かれる学会の懇親会に行って参りました。朱鷺メッセ付近は、川の河口も河口であり、何とも湾岸で埋め立てチックな感じで、心が洗われるようだと思いました。

懇親会の会費は6000円で、やはり定収入があり研究費をもらって学会に来ている先生方と、極貧に喘いでいる院生やポスドクの会費は同じでした。

今回は新潟ということで、目玉は日本酒だったようで、巨大な樽酒の鏡割りも行われました。日本酒大好きな方々には素晴らしいもてなしだったのではないかと思います。懇親会での社交は、私は何分人脈も何もない地方大学の院生ですので、それ相応で終わりました。

2007-06-15

[] 日本西洋史学会に行こう 02:13  日本西洋史学会に行こう - ミュンスター再洗礼派研究日誌 を含むブックマーク

明日、あさってと、西洋史系学徒最大のイベントである日本西洋史学会が、新潟で開かれますが、私も出席します。明日の懇親会も出ますので、もし見かけたら、声をかけて下さい!

chorolynchorolyn 2007/06/16 06:26 今年は参加しませんが、ご健闘をお祈り申し上げます。

kimucokimuco 2007/06/18 05:59 今年ご発表なされたんですよね。参加できず残念です。ご無理のない範囲内で、軽く全体評を書いて頂けるとありがたいです。お疲れ様でした。

saisenreihasaisenreiha 2007/06/23 21:54 >chororynさん
お会いできなくて、残念でした。報告の方は、結果はともかく、最大限頑張りはしました。

>kimucoさん
今回は、自分のことで、頭が一杯で、他の方の報告などは全く聞いていなかった(その場にはいたけれど、上の空だった)ので、新潟観光の話しになってしまいました。すいません。

kimucokimuco 2007/06/23 23:50 こちらこそ無理なお願いをして申し訳ありませんでした。とりあえずゆっくり休んでください。なにか得るものもあったご様子で、羨ましいです。懇親会、確かに高いですよね。一度学会開催校の学生として参加したことありますが、値段に相応するのか微妙だった思いがあります。会場によって違うのでしょうけど。新潟のごはんがおいしそうで、ちょっと涙が出ました・・・。

saisenreihasaisenreiha 2007/06/24 02:12 こちらこそ、有益なことも書けずすいません。得るものはあったのかどうか分かりませんが、とりあえず大きな会場で話すことには馴れたので、次の報告の時はそんなに緊張しないだろうと期待しています。新潟のお米は、さすがにおいしかったです。kimucoさんも、たまには米食べた方が良いですよ!

chorolynchorolyn 2007/06/24 06:24 何はともあれ、お疲れ様でした。とにかくぼーっとしてたのはよくわかりましたw

saisenreihasaisenreiha 2007/06/24 23:40 その前に、なかなかぼーっとできなかったので、ここぞとばかりにぼーっとしてみました。