Hatena::ブログ(Diary)

saiten@blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-03-13

[][]レオパルドンにしてみる

チェーンジ レオパルドン!

iPhoneもiPod touchも持っていないものの、まぁ流行りモノだしね、ということでとりあえずiPhone SDKを落としたまではいいんですが、我がMac miniに搭載されている虎ではインストールすら出来ませんでした。いくらレオパルドン発売直前に投げ売られていたmac miniだからってこの仕打ちはあんまりです。

まぁ嘆いてもしょうがないので、ビックカメラに行って買ってきましたよレオパルドン。いまさら購入する人はあんまりいないのか、在庫探すのに店員さんが苦労していましたよ。

しかしねぇ・・・正直、15000円も払って個人的にあんまり必要でもないアップデート機能を手に入れるよりは、この2倍払って8G iPod touch手に入れてjailbreakした方が楽しめるんじゃないかという誘惑はあったんですよ。ただあと3ヶ月待てばiPhoneが出るかもしれないことを考えると、今ここでtouchを買うのは得策ではない気がしまして。レオパルドンには遅かれ早かれアップグレードするんですからそれだったら早いほうがよいかな、と。

で今現在、早速インストール中です。面倒なのでそのままアップグレードで。とりあえずインストールできたらFinderのCoverFlowをとりあえずグリグリしたいなぁ、と考えております。グリグリ。

ちなみにレオパルドンじゃなくてレパードですよね。分かってるんですよ。本当。

2007-09-10

[][]Remote Desktop Connection for mac betaを試す

http://www.microsoft.com/japan/mac/download/rdc/rdc20.mspx

長いよ。

\キー問題がまだ解決しないことと、DELLの2007FPは入力切替に押しづらいボタンを4回も押さないとDVIからRGBに変更できないことの面倒くささから、とりあえずお試し的にmacでも使えるリモートデスクトップ機能を使ってみることにした。

R3、mac miniともに無線LANで接続しているので、ほとんどの描画オプションを切って解像度をXGAにすれば何とか使える反応速度になるかな、といった感じ。安定性は簡単に文書入力(ていうかこのエントリだが)をした感じではそれほど問題は無さそう。macクライアントはbetaなんだけどな。

まぁ、R3側で動画再生とかそういったむちゃくちゃな事しない限りは案外これで十分かもしれない。

2007-09-07

[]mac miniとR3でキーボードとマウスを共有する

f:id:saiten:20070908031843j:image:left:w240

買ってからセクセクと環境構築を行っているわけですが、いやー非常に静かです。ファンは1つ入っているそうなのですが、本当に周っているのか疑いたくなるくらい、動作音を感じさせません。これは静音サーバとしても十分活躍できそう。

さて、一応ある程度の環境構築は終わったのですが、まだまだ体がMacに慣れきってないためメインで利用するには難しいです。そういうわけで開発作業は引き続きR3を利用する訳ですが、これまでR3で使ってきたAppleのワイヤレスキーボード&マウスがmac mini専属状態になってしまったため(R3に接続するにはmac miniの電源を落とさなきゃいけない)、synergyを使って共有することに。

以前、Win-Win環境で使ったことがあったんですが、macはGUI無いのね。適当にconfファイルをいじって、起動するもBus Errorと出て起動せず。どうもIntelMacだとうまく動かないことがあるらしい。とりあえずここに置いてあったバイナリを利用させてもらうことで無事起動。

mac上で画面左端にカーソルをずらせば無事にR3側の操作を行えるんだけど、どうにもマウスの感度が悪い。通信遅延とかの問題じゃなくて、そもそもマウスの動きに対する感度設定が低い感じ。標準の設定パネルだと加速度しか調整できないので、ゆっくり動かすとあんまり移動しない。これが結構不便。ついでにMightyMouseの微妙なボールの動きをちゃんと検出しないし。

R3側の設定をいじったり、mac側の設定をいじったりしてみたけど、どうもしっくりした動きにならないので、どうにかならんかと調べたら、SteerMouseなるマウスドライバを発見。マウスの感度設定ができる上に、個別アプリケーションごとに設定を変更できるらしい。

早速試用版をダウンロードして、インストール。感度調整したらかなりマウスの操作感が良くなった。おぉ、これスゴい良いじゃないですか。スクロールの調整も標準はちょっとスクロール量少なめ、Firefoxはちょっとスクロール量多めとか細かく設定できてかなり素晴らしい。sinergy経由でwindows側も感度が良くなっている上、MightyMouseのボールの微妙な動きもしっかり検出するようになった。おかげで以前直接繋げていた状態とほぼ同じ感度に調整できたと思う。

うーんOKOK。とりあえず、これでもう少し試用して問題なかったらレジストしますかね。

2007-09-06

[]買っちゃったぜ

f:id:saiten:20070906181451j:image:w200:left

新型iPodを見にビックカメラに行ったらもの凄い勢いで安売り(46000円)していたので、思わず衝動買いしてしまいました。うーん。iPod Touchはお預けですね。(^^;

んで、早速帰りにメモリ1GBとヘラを買ってメモリを増設して、今はこの辺りを見て環境構築しながらカタカタ書いている訳です。ていうかことえりはやっぱり変換精度悪すぎですな。

一番安い旧モデルを購入したので、速度面で若干不安だったんですが、R3がメイン機の私には十分すぎるスピードです。まぁ、基本的には手軽なUnix機として遊びつつ、ちょっと動画再生や音楽再生に使おうと考えております。

2007-07-26

[][]Bluetoothドングルが壊れた

f:id:saiten:20070726222140j:image:left:w200

昨日、705NKを購入してわっほいわっほいしながら自宅でBluetoothの接続しようとしたのだが、705NKを認識しないどころかキーボードもマウスすらも認識しなくなってしまった。

どうもUSBに挿してもLEDが光ったり光らなかったりと安定せず、最終的にはうんともすんともいわなくなってしまったので、今日、ビックカメラのポイントを使いつつ新しいドングリを買ってきた。

壊れたDBT-120はAppleStoreで5000円以上したのだが、今回買ってきたLogitecのBluetoothドングルは3000円ちょっと。ポイント差し引きで1000円である。このあたりが欲しかったところだが、Bluetoothマウスとキーボードが使えないのは痛いので仕方ない。

まぁ、特別面倒な環境を作ってはいないので、ベアリングしなおしてあっさり終了。楽なもんだ。

とりあえずDBT-120は保障期間内だったと思うから交換してもらおう。