風待ち日記

2014.08.24

転職して2年

ビーブレックス転職して2年が経ちました。正確には2年と4ヶ月か。しかも前回書いたブログからもう1年経ってるというね。月日が流れるのはホント早いねー。

業務としては、以前よりもディレクションの比率が高まりました。というかほぼディレクション業務のみ。たまーにデザインやコーディングをすることもありますが、基本はお客様とのやりとりや案件の進行管理です。

会社では1年目・2年目にも増して楽しく働いています。前職では月曜日なんて本当に死にたくなるような気分でしたが、今は月曜日がもう楽しみで楽しみで仕方ない。んーそれはちょっと言い過ぎか。でも「会社へ行く」というよりは、「友達が集まる溜まり場へ行く」みたいな感覚かなー。同僚とのSkypeや雑談が楽しくて仕方ない。

同僚とはゴルフの打ちっぱなしスノーボード、バーベキューをしたり、数人でカラオケやもちろん呑みに行くことも。仕事終わりで同僚と呑みに行くとか、小説や映画の世界の話だけかと思ってたんですが本当にあるんですねえ。しかもそれがかなり楽しいのがビックリする。転職前はそういうの一切なかったのでなんか損した気分です。これから取り戻す。

仕事の話に戻ると、興味の対象がディレクションやマネージメント方面にシフトしているので、そういう経験も高めたいなーと思います。逆に技術方面にうとくなってきてるのは寂しいですけどね。CSSメタ言語とかフラットデザインとか。もう全然付いていけない。年齢的な事情もあるんかな。

年齢といえば、こないだ41歳になりました。本厄。ジャスト厄年。厄年ing。リアル厄。前厄でもけっこう痛い目に会いました。本厄ではなにが起こるかな―。

厄年はさておき、このごろは数年後の自分を常に意識するようにしています。「◯年後にこうなるためには、今なにをすればいいのか」みたいな。たとえば50歳になったときに今と同じ業務をしているイメージができないので、じゃあどうすんのか?的な。

このあたりはノンビリと考えてみたいと思います。とりあえず、わりとうまくやれてるという報告です。じゃ、また来年。

2013.04.06

転職して1年

ビーブレックス転職して1年がたちました(参照「転職しました」)。自分でもびっくりするぐらいあっという間の1年間でした。

入社して最初の数ヶ月は制作のコマゴマしたところから。徐々にディレクションというか制作進行やお客様とのやりとりを担当するようになり(つまりディレクション)、電話やメールでお客様に謝ってばかりいる毎日です。というのは冗談ですが。うーん冗談でもないか。だいたい毎日謝ってますねえ。いろいろ遅れていて申し訳ございません。

今年の2月中旬から、急ぎの仕事が入ったりスタッフの入れ替わりがあったりでバタバタしていました。3月上旬までがとくにキツかったですねえ。1日おきに日付が変わるまで仕事してたので、家族にもシンドイ思いをさせたと思います。

風呂に入るのも1日おきだったので、周囲の皆様もご迷惑をお掛けしたかもしれません。ニオイ的な意味で。スミマセンセスミマセン。

上でも書きましたが、今年の2月ぐらいから社内に動きがありました。そんなことも影響して私だけでなく、社内全体がバタバタしている状況なのですが、私個人としては毎日楽しく働いております。ホント、この会社に転職して良かったと思います。

前職と大きく違うと感じたのは、技術的なノウハウを共有できる点ですかねえ。前職では制作スタッフが私一人だったので、結局のところ私の技術・知識の範囲でしか制作を進められなかったのに対し、今の会社では誰かに相談すれば「それは以前◯◯の案件でやったことがあるよ」と教えてくれるので、お客様の技術的なご要望に答えられないということがなくなりました。

毎日毎日忙しくて、あっという間に1日が過ぎていく感じですが、まあこれでいいんじゃないかと思います。少なくとも以前は常に抱えていた「自分や家族はこれからどうなってしまうんだろう」みたいな不安は、今はありません。

というわけで、今後ともよろしくお願いします。

2012.05.10

転職しました

ご無沙汰しております。突然ですが転職しました。3月末で退職し、4月から市内のビーブレックスという会社で働いています。地域ポータルサイト構築のためのCMSを、ASPで提供するのが主な業務の会社です。

ポータルサイト構築、SNSサイト構築はポータル専門エージェントB-BREAKS ビーブレックスへ

以前から転職したいなー、とは思っていたものの、子どもが生まれたりマイホームを買ったりまた子どもが生まれたりと転職のタイミングがつかめず。さらに地元の短大で非常勤講師をしている都合上、それを放り出してまで転職する気になれないという状況でした。

風向きが変わったのは昨年です。次年度から短大の学部のひとつが学生募集を停止することが決まり、いずれ私の担当授業もなくなることに。また、次女が春から保育園へ通い始めれば奥さんの負担も減り、私の働き方が大きく変わったとしてもどうにかなるんじゃないかと思ったのが、転職を考え始めたきっかけです。

10月中旬には会社に退職の意思を伝え、12月に面接。無事4月からの採用となりました。

前職もウェブ制作会社でしたが、今回も転職先として同じ業界を選びました。実はいっとき、仕事に対する情熱というか思いがガッタガタになり、「自分には誰とも関わらない仕事のほうが向いてるんじゃ…」なんて考えたこともありました。ですがその直後、試行錯誤しながらスマートフォン向けサイトをHTML5で作り、「やっぱウェブ制作は面白い!」とあらためて感じたのと同時に、初めて「ホームページ」を作ったときのワクワクするような気持ちを思い出しました。

キーボードで打ち込んだ文字列が、ブラウザがレンダリングすることで色が付いたり動いたり。この色にはこんなアクセントカラーを合わせてみようかな?もうちょっと余白があったほうが見やすいな。え?マーキーとかちょっと面白いじゃーん!みたいなそういう気持ちを。

そして家族が寝たあとにコツコツとポートフォリオを作り、自分はもちろん、家族の運命がかかった面接にのぞむことになるわけです。面接はともかく、面接のアポをとるための電話がメチャクチャ緊張したのを憶えています。なんだったんだろうか、あの頭が真っ白になるような感覚は。

転職して1ヶ月ほどたちました。前職と比べてとにかく忙しい会社です。仕事中にSNSを覗くようなヒマもないくらいです。ですが周りの人たちはみな優秀で、これまでひとりでノンビリと作業をしてきた私は感心してばかりの毎日です。

というわけでこの日記も今まで以上に更新頻度が落ちるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。今年中にはなにかサービスをひとつ、個人的に立ち上げたいと思っています。