Hatena::ブログ(Diary)

it’s a small market このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-03-25

除湿機もハイブリッド

f:id:saitokoichi:20180325163019j:image


我が家は家族全員が花粉症でありまして、この季節は洗濯物を屋外に干すことに大きな抵抗があります。一方、乾太くんのような衣類乾燥機があるわけでもなく、全自動洗濯機の乾燥能力にも満足できていません。


となるととるべき手段は「部屋干し」。でもこれ、なかなか乾かないし部屋は湿気るし衣類にイヤな臭いがついてしまうこともしばしばで、かなり困り者。


そんな時の強い味方が、衣類乾燥機能を搭載した除湿機。室内干ししている部屋に設置すれば、強力に除湿してくれます。


除湿機にはその除湿方式が2種類あります。ひとつめはエアコンの除湿機能と同じ方法で空気中の水分を除去するコンプレッサー方式。もうひとつはデシカント方式といって除湿剤を活用して水分を取り除くものです。前者は比較的暖かい時期に適した方法で、後者は気温の低めの時に効果を発揮します。


冒頭に書いたように花粉が舞う季節は部屋干しにせざるを得ない我が家ですが、続いてやってくる梅雨ってやつも厄介な季節で洗濯物が乾きません。雨が降るのは冬も同じことで、雨雪で洗濯物を外に干せない時は困ってしまいます。


ということで、我が家が購入したのは前述のコンプレッサー方式とデシカント方式を両方備えたパナソニック製のハイブリッド型。季節を問わず部屋干しの強い味方になってくれています。

f:id:saitokoichi:20180325163035j:image


スイッチを入れるだけで周りの気温に応じて除湿方式を自動選択してくれて、ガンガン除湿、あっという間に何リットルもの水が水受けに溜まっていきます。

f:id:saitokoichi:20180325163137j:image


結構大きめの音(エアコンで強風を出してる時くらいの音)がしますが思ったほど電気代もかかっていないので、とても重宝しています。除湿機を買うなら、一年を通して使えるという意味でハイブリッド式がオススメかなあ。

2015-04-10

名前の由来なんてある意味どうでもよくて

f:id:saitokoichi:20101111124624g:image


東洋経済オンラインさんの釣りタイトルにまんまと引っかかって読んでしまいましたが、浅いですねえ、浅い。踏み込みが浅すぎです。「この差って何?」とおっしゃるわりには、姓の由来に言及しているだけ。たくさんあるサイトウさんの漢字の「違い」や「使い分け」について知りたい、というのが世間の関心事ではないでしょうか?

東洋経済オンライン

「斎藤」「斉藤」「齋藤」「齊籐」・・この差って何?

錦織圭が「ニシキオリケイ」ではない理由

http://toyokeizai.net/articles/-/65709


「サイトウ」問題については他人事ではありませんので、関連する事柄についてブログを書き残してきております。『「斎藤」「斉藤」「齋藤」「齊籐」・・この差って何?』という問題について、誠に勝手ながら東洋経済オンラインさんの記事を以下の過去ブログにて補完させていただきたく存じます。


ちなみに「斎藤」系統のサイトウにはざっくり4種の書き方がありますが、「斎藤」と「齋藤」は基本的に同じもの、「斉藤」と「齊藤」も同じものです。つまり2系統しかないので、「斎」と「斉」の違いだけ意識しておればよいということです。「斎」と「斉」が文字として違うものであるということは、それぞれがきちんと使い分けられていることから明らかですね。「書斎」は「書斉」とは書きませんし、「一斉に」は「一斎に」とは書きません。


過去ブログ:

「斎藤」以外の人には細かくてどうでもよい話かもしれない考察

『自分の名前、正しく書いていますか?』

http://d.hatena.ne.jp/saitokoichi/20101111/1289447533

サイトウさんはサトウさんとよく間違われます。真顔で間違われます。不思議で仕方ありません

『なぜ人は佐藤と斎藤を間違えるのだろう』

http://d.hatena.ne.jp/saitokoichi/20110606/1307353471

外人さん的には「SAITO」は馴染みがないので

『SALTOのバリエーション』

http://d.hatena.ne.jp/saitokoichi/20140116/1389880830

2014-12-31

郵便ポストの場所を知る『ポストマップ』


年賀状を出そうといつもの郵便ポストを目指すと、、、ない! えー、ポストなんて、ほかにどこにあったっけ。普段ポストを意識して生活しているわけではないので、一瞬途方に暮れます。


そんなときに便利なサービスが、その名もズバリ「ポストマップ」。

f:id:saitokoichi:20141231102026p:image


ウェブ版、スマホ版、そしてガラケー版も用意されているすぐれもの。クレジットを見ると2006年からサービス提供している模様です。利用者がコンテンツを作っていくタイプのサービスで、網羅率がすごい。国内の設置ポスト数の95%以上をカバーしているとのこと。


f:id:saitokoichi:20141231102030p:image


スマホからマップを開いたところが以下。Googleマップにポスト位置が被せられています。ポストの場所を表すアイコンの色には意味があって、赤が通常のポスト、緑がコンビニ内ポスト、そしてグレーに表示されているのは廃止されたポストです。

f:id:saitokoichi:20141231102027p:image


収集時刻の情報も載っていて便利。ユーザーによって投稿された写真やコメントもあります。

f:id:saitokoichi:20141231102029p:image


当サービスの運営チーム(http://30maps.com/)の野望は同様のマップサービスを30個提供することのようで、現在12サービスまで紹介されています。

f:id:saitokoichi:20141231105958p:image


「苔マップ」、「猫ちず」あたりが謎ですね。かなり趣味性が高いので、ご興味をお持ちになりましたらアクセスしてみてください。