A blog? with Σαιτω

Optimized for Opera Mini Opera User Preview in Opera Mini

Antenna my yahoo
グラフ Opera 系日記 - 方針 - about - twitter
Opera の情報は上の検索窓で過去ログからどうぞ
Home for all Opera fans.

 | 

2007-01-31 Wed

UA strings

少し前から 10.50 等というずいぶんと先の番号があちこちで見られたのに気付いていた人もあろう。Opera Watch に投じられた olli のコメントよると、それらは Peregrine のバグだという。現在テストされているのは 10.00 のようだ。

  • 9.20 というのは初見。
  • チャールズの Speaking out... によると、スクリーン・リーダーの修正も「次」には含まれるようだ。

Java on Konqueror

path に java とだけ入っていて動かなかった Konqueror の JVM。/usr/java/jre1.5.0_10/bin/java と入れたら動いた。

  • 日本語が化けるのはなぜ。
  • 正しく path を入れて適用 - OK した上で、Konq の再起動を要する。

シラバス

締め切り間際になってようやく来年度のシラバス原稿を入れた。今年度からその学校は完全オンライン入稿に移行した。

  • CSS を使っているので IE 6.0 以上 か Netscape 6.0 以上を使ってくれという注意事項があった。
  • CSS に対応しているブラウザというと、一般にはその二つを挙げるらしい。
  • 複雑なスクリプトなど使っていないから、Opera で問題なくログイン、入稿、確認が出来た。
  • Netscape のネームバリューは、現在のシェアと比べて数十倍ある。blog 検索をしていると「Netscape 入れてみようかな」という記述をいまだに見かける。

itochanitochan 2007/02/02 11:59 CSSを使っているから、なら、
アクセシビリティが高いのでテキストブラウザでもOKですよ、
と言うべきところだと思います。
なんのためのCSS分離なのか意味がわからないです。

2007-01-30 Tue

Opera Mail の履歴

先に書いた分について、更に追記しておいた。view を超越した移動は確かにするものの、履歴の保存とは言えそうにない。訂正します。

Cairo の効果

Cairo を使うとどれほど画像品質が向上するのか、拡大図を示されてようやく分かった。

Opera - Peregrine で対応予定

Creating buttons without images using CSS3 に示されている、角丸めと影付き文字の例示

  • 夕方、帰宅すると internal build で撮ったらしい screenshot が追加されていた。
  • Konq で撮った絵を上げておく。

Flickr

無闇に待ち時間があったので、近くの土手へ行ったら、花が咲き乱れていた。自分の Flickr へ撮った電話機から直送しておいた。

  • 良く知らないが、誰でもコメント出来のか。
  • 個別にオリジナル表示させると、Exif 情報もブラウザから見れるようだ。

KGtk

KGtk (Use KDE Dialogs in Gtk Apps)Fedora Extras へ入ったようだ。体調不良なので、そのうち様子を見るかも。

まだ鼻で息が出来ているので、大したことはない。

2007-01-29 Mon

Fedora - xfce 4.4.0

ようやく Fedora Core 6 にも Xfce 4.4.0 が公式に入ったので入れ替え。

Optimized for Opera Mini

昨晩 CSS を追加して表示確認したので、このダイアリを Optimized for Opera Mini と自己認定しバナーを貼った。

Opera Mini 以外の media=handheld を理解するマトモなモバイル・ブラウザで表示させても、よろしくなっているだろう。よってバナーにある Mini の文字は、Opera Mini だけではなく、何であれ小さな画面で表示するブラウザ全般を指すととらえる事とする。

Firefox 最小化ネタ

いわゆるメモリ・リークは感心しないが、必要があれば必要なだけメモリを使ってくれたら良い。設定で変えられるのだろうが、近頃の Minefield はどこかで宣伝していた子供騙しが効かない。

ネタはネタでしかない。

Opera ストラップ

Opera Mini 1 周年にお祝いの言葉を寄せると、Opera ストラップがもらえると書いた。応募したとも書いた。返事が来た。

Thanks for your submission. We will send your wrist strap to you soon.

英語が変な気もするが、気にしない。

  • 気になると言えば、to の後に not を付ける不定詞の否定の方が、見る度に不愉快になる。

2007-01-28 Sun

Opera Mail は個別メールを記憶しているか

昨晩から少し気になって今朝修正を加えた「記者の無知」だが、見にくくなりそうなので関連事項をこちらへ別エントリとしておく。

Thunderbird 2 では備える予定だったが今回は見送られるらしいメールでのマルチ・タブだが、Opera Mail は Opera Browser と一体だからブラウザと同様に何でもかんでも別タブで開ける。

設定で何とでも変えられるが、ここでは上下に一覧と個別メール/feed を表示する方式で見る。view の切り替えは Mail Panel から行う*1。一覧/個別の上下 2 カラム表示タブから、個別のメールを別タブで開くと以下のような情景になる。

Muti Tabs1

この状態で、Mail Panel から別 view を選択すると、floating 表示させてある Mail Panel を含めて 3 つあるタブのうち、中央の 2 カラム表示タブの内容が変わってくる事を期待するだろう。しかし 3 つのタブのうち一番上に表示されているタブ、すなわち個別 feed を表示している一番右のタブの内容が、選択した view 内の個別 feed へと変更される。そして、この個別タブ内では view を超越して履歴が保存されているように見える。

Muti Tabs2

タブのフォーカスを真ん中の、2 カラムのタブに当てて、そのタブを最前面に表示させた状態で view を Mail Panel から変更すると、恐らく多くの人が期待するように view の全体表示が、この場合であれば Planet Opera の feed に代わって Desktop Team の feed がそこに表示される。

一昨日の元エントリに関して言えば、view を超越して Opera は開いた mail/feed の履歴を覚えている。それらをマウスジェスチャであれキーボードショートカットであれ、操作可能である。ただしその挙動は、ブラウザさえ「いつものアレ」と違うといって慣れるのを拒絶する人達には絶対無理な、独特のものである。

さよなら Windows

先に Konqueror を一番簡単に試すには KNOPPIX のような Live CD を起動させる事だと書いたが、CD の焼き方を知らない人も少なくないらしい。

http://goodbye-microsoft.com/ 怪しいサイトではない。

SlashDotDebian Gets Win32 Installer というスレが立っていて斜め読みしていたら、https://wiki.ubuntu.com/install.exe というページ(いきなり .exe が起動したりはしない)があり、そこに次のような記述があった。

Ubuntu のターゲットとする世界中のおよそ 90% のデスクトップ・コンピュータでは、マイクロソフト・ウィンドーズが動いている。たいていのウィンドーズ使用者は、プログラムをインストールする .exe ファイルに馴染んでいて、その使い方を知っている。しかし .iso ファイルから CD-R を焼く方法や、CD からの起動法、パーティションの縮め方や Ubuntu のインストール方法を知らない人は少なくない。

自家用車が普及してくると、バッテリー、スパーク・プラグ、エンジン・オイルやタイヤといった、非常に簡単な部品交換も出来ない使用者が増えてくるようなものだろう。

オートバックスにパソコンを持ち込むと、車のオイル交換でコーヒーを飲んで待っている間に、Debian をインストールしてくれるようなサービスがあってもおかしくはない。

それよりも、作業の待ち時間に、ウイルス駆除をやってくれるサービスの方が実現可能性が高いだろうか。

携帯端末対策

はてなダイアリで携帯端末にやさしくする CSS を追加してみた。出来るだけ丁寧に解説してみる。

はてなダイアリの管理からデザイン、詳細を開き、ページのヘッダの中味の最初と最後に以下の記述を追加する。

<div class="mobileskip">
・・・
</div>

同ページの「スタイルシート」に、以下の記述を追加する。

@media handheld{
div.mobileskip, table#banner{display:none}
}

待てよ。

インターネット接続機能付きの携帯電話からはてなダイアリーのページ(パソコンからアクセスする時と同じURL)にアクセスすると、自動的にモバイル版(携帯版)ページが表示されます。

http://hatenadiary.g.hatena.ne.jp/keyword/携帯端末からはてなダイアリーを見る:title=はてなダイアリーのヘルプ - 携帯端末からはてなダイアリーを見る]

こんな余計な仕掛けがはてなにはあったのか。ここなら http://d.hatena.ne.jp/saiton/mobile だったか。ともかく、この仕掛けははてな以外のページのモバイル最適化に使えるかも

  • しかし、上記 /mobile を開いて驚いた。カタカナが半角仮名になっている。気持ち悪い。
  • 開いてみれば分かる、/mobile のソースは WAP クオリティ。自分では決して使いたくない。
  • 無料利用なのに、はてなのバナーを外して問題ないのか。/mobile では表示されないのだから、デスクトップで消さなければ問題なかろう。

いや待て。少なくとも Opera Mini では /mobile をデフォルトでは表示しない。ここの右上バナーから確認すると分かるが、最初に表示するのは以下の左側の絵だろう。はてなが用意した /mobile をわざわざ表示させてみると、右側のようになる。

Opera Mini-2 Opera Mini-1

はてなが言う「インターネット接続機能付きの携帯電話」に Opera Mini は含まれないようだ。

追加したモバイル向け CSS 指定を一旦外して Opera Mini で表示させると、以下のようになる。

Opera Mini-3 Opera Mini-4 Opera Mini-5

最初に表示されるのが、巨大なバナー。スクロールさせるとデスクトップ用バナーとリンク、そうしてようやく本文、となる。繰り返すが、上記 CSS を追記して Opera Mini で開くと、一つ上の左側の画面がスクロールさせる前の最初に表示される。この差は大きい。指定は無駄ではないと確認出来た。

  • One Web for All にした方が資源節約になるでしょう。/mobile は .mobi と同じく無駄です。

*1:view の何たるかから話し始めるのはパス。

2007-01-27 Sat

Konqueror - Selectors

昨日「KDE 3.5.6 が公開」とここに書いたものの、手許の Fedora は Gnome 中心で有名なディストリで、KDE 側からも Fedora 用 rpm は毎度のように提供されていなかった*1

Taken SPC - Konqueror 3.5.6Kubuntu に 3.5.6 を入れてテストしたところ、CSS3.info の CSS Selectors testsuite を全てクリアしたと確認している。WebKitKHTML は単一 OS だからなのか、こうした新規格への対応はいつもながら他に先んじているのに驚かされる。

QSvgGenerator

KDE 4 では様々な画像を SVG に簡単に変換するツールが付いてくるそうだ。かなり素晴らしい。

Generating SVG's with Qt

家電

MITSUBISHI  オーブンレンジ RO-DS5-W

10 年以上使っていた電子レンジのツマミが取れたのを機に新調。今度のはツマミがないので、そういう壊れ方はしない。

某家電店で下見した時に、とびらが 180 度開くのが気に入った。Amazon.co.jp から送料サービスで送ってもらった方が安いので、一昨日の晩にクリックしておいた分が到着。

  • 小分けして冷凍保存してある御飯を、取り説に従ってラップやふたをしないで解凍・温めしてみた。解凍御飯にありがちなベトベト、ガチガチ感がなく、パラリとしたあったか御飯の出来上がり。ここ十数年の、調理家電の進歩に感激。
  • 朝のトーストも余熱なしで綺麗に焼けた。

Opera Mini

昨晩は疲れて寝てしまい、送らなかった Happy Birthday Opera Mini の Send a greeting card だが、せっかく Opera Mini が入っている WX310SA なのでと思い直し、ストラップが欲しくなってメッセージを送った。

今頃送って先着 1,000 名に入るようでは大した関心度ではないのだろうが、さてどんなものだろう。これからもここでは折りにふれて言及し、広報の一端にでもなれば良いと思っている。

*1:もちろん Fedora 有志によって Fedora への導入パッケージの作成や微調整は行われていて、少し待てばそのまま入れて動くものが手に入る。

TERRAZITERRAZI 2007/01/28 23:21 >電子レンジ
センサーによる加熱自動調整機能って、高級機だけだと思ってた。1万円台でもあるんですね。まだ十分使えるけど、次引っ越すときに考えようかな。
トーストの焼き時間は長くなりませんでした?

saitonsaiton 2007/01/29 06:09 電源が 50Hz/60Hz 共用というのは高周波出力の調整をしているあかしですかね。500/140/120W 相当を切り替えているそうで、継ぎ目なしの可変ではないようです。
そうですね、これまでトーストは余熱してカリっ/ホカっと焼いていたので、お任せ 6 分で 4 枚切りの厚目が焼けるというのは、トータルでは余り時間に差はないかも。

2007-01-26 Fri

OperaNinja

Opera Mini 1 周年

Opera Mini 1 周年という事で、何度か紹介した Share Opera Mini にある Opera Mini simulator へ現在開いているページを送るリンク付きバナーを、ここの右上端に設置した。バナーをクリックすると Opera Mini simulator でここが開く。

  • はてなダイアリ無料利用の場合、冒頭に表示される巨大なヘッダが非常に邪魔だし、デスクトップの自分向けに置いてある多数のリンクもページ末尾に置くべきで、とても携帯利用向けに Optimized(最適化されている)とは言えない。とりあえず Preview バナーを貼った。
  • リンク先にあるような bookmarklet をツールバーにドロップして使っても良いはずだが、なぜだか上手く動かない。

なるべく少ないキー操作で本文が読み始められる方が、携帯端末利用者にはありがたい。二段組、三段組になっていて、その上そこに多数のリンクがあるようなのは全くもって邪魔以外の何物でもない。それらを全て各駅停車で通過しないと本文へたどり着けないのは、デスクトップからの利用と大きく異なる点である。もっともデスクトップからでも、本文を読むために何がしかのスクロールを毎回要求する利用者に不親切なサイトも少なくはない。

  • デスクトップの場合でも、画面を開いて初回に表示される画面内に、本文の占める面積が大多数であるべきだ。ひどいところになると、それが 0% などというものまである。
  • 私が見たいのは内容なのであって、広告については言うまでもないが、サイトのタイトルはツールバーだけで結構だし、前口上を開くたびに見せられるもご勘弁願いたいものだ。

広い画面に豊富なメモリの組み合わせという、快適なデスクトップ環境からしかウェブを利用していない人というのは、自家用車でしか道路を走らない人のようなものだ。バスやトラック、自転車やバイク、歩行者の視点を彼らは忘れがちである。想像すらしない人も少なくない。

ウェブの利用も同様であろう。自分では使わなくても、デスクトップ以外の環境へも配慮した方がよろしいと頭では分かっていても、たいていの人の想像力はとぼしいものだ。どうぞ Opera Mini simulator を使って、普段自分が見て回っているサイトを実際に表示させてみると良い。その利用をきっかけに、サイトの構成を変えるような人が出てくると幸いである。

携帯環境から利用しやすいサイトは、恐らくはデスクトップからでも更に快適であるはずだから。

例の忍者、ここでも活躍

Opera Ninja vs CheeseTel Inc.

壺のような、高い壁で囲まれた狭い i-mode(ええ、そう言い切りましょう)の世界を、ウェブの全てだと信じ込まされている不幸なユーザを救うべく、壁を壊す正義の忍者君。

プレスリリース - Happy Birthday, Opera Mini によると、世界で最も Opera Mini が滲透しているのは、ボルネオ島にある石油と天然ガスの国、ブルネイだそうだ。

記者の無知

たいていのメールクライアントにはメッセージ間の移動機能が用意されているが、閲覧したメッセージの履歴に従って移動する機能を装備したのは、わたしの知る限りにおいてThunderbirdが初めてのはずだ。

ITmedia エンタープライズ:Thunderbird 2.0の先行レビュー (3/3)

記事を書くにはもっと調査が必要ですね。Opera Mail ではとっくの昔からそんな事、普通にやってます。メール画面でのマウスジェスチャで、進む/戻るも出来ますけどね。

元の間違った内容を、間違ったまま日本語にして公表してしまうなんて、天下のアイティメディアがやることではないだろう。修正するようコメントしておいた。

原文では以下の箇所だ。

Most mail clients have shortcuts to move to the next and previous messages, but Thunderbird is the first client I've seen with a feature for moving in the history of messages that you've viewed.

Linux.com | A first look at Thunderbird 2.0

原著者の視野が狭いようだ。元記事にはアカウントを取らないとコメント出来ないのかと思っていたが、匿名なら出来そうなので、コメントしておいた。

28 日、追加・訂正 - コメントで指摘されているように、Opera では view 間の移動はするものの、個別のメールを一つづつ覚えてはいない。そのような点を最初だと元記事は言いたかったのだろう。

更に追記。個別 view 内では Opera も一々の開いたメールを view を超越して記憶している。よって最初の誤りではないかというここでの指摘は有効である。

1 月 30 日、追記。 - あの不定期で指摘されているように、上記追記その 1 が正しいようだ。

KDE 3.5.6

とりわけ Konqueror の描画エンジンである KHTML のバグ修正結果を早く見てみたいものだ。

  • Konq も overflow-x/y に対応したとなると、ますます厳しい状況になりそう。
  • text-overflow: ellipsis について Opera 9 は、-o- 付きで対応していたはず。

各種ブラウザに興味はあるが、Safari のためだけに Mac を買う事はない。もちろん Mac は多少高価だが試すに値するハードウエア/OS だとは思う。

お手軽に KHTML を試すには LiveCD を使うのが良い。中には Iceweasel/Icedove の入っている LiveCD もあるので、そのロゴをあなたのディスプレー上に表示させてみるだけでも話のネタになるだろう。

  • Try KDE - Live CDs with KDE
  • せっかく日本語版 KNOPPIX-5.1.1 が出たというニュースに接したので焼いて起動させてみた。
  • Iceweasel から書き込み中。
  • boot 時に knoppix desktop=beryl としたら nVIDIA の MX4 440 を認識したものの、No AIGLX extension for your graphic card, sorry, no 3D Desktop と言われてしまった。まあ良い。
  • 日本語入力は、scim prime なのか。いつもとちがう変換候補ダイアログに戸惑う。Anthy や Wnn も入っているので切り替えられる。
  • 英語版 HHK なのに日本語キー配置とみなされて、記号キーがどこにあるのかサッパリ分からない。
  • 見慣れないので、一応ネタとして貼ってみた。

Ice family

確定申告

e-Taxソフトのご利用に当たって、必要となるWWWブラウザの推奨環境は、次のとおりですので、事前にご確認いただきますようお願いします。

なお、Microsoft Internet Explorer 7.0については、現在、動作確認中です。

e-Taxを利用する場合のブラウザ環境について

どうぞ、IE 利用者だけ、税金を払ってください。

  • 「確定申告書等作成コーナー」から直接送信する場合の利用環境 - JRE5.0 Update6/7 なんて使っているコンピュータに、大事なデータを入れておいてはいけません。
  • 印刷により申告書を提出する場合の推奨環境 - Adobe Reader8.0は推奨環境ではありません。Adobe Reader8.0を使用すると、帳票が正しく印刷されない場合があります。 - これまた素晴らしい。こんなことのために Adobe Reader 8 をアンインストールして、「今年最大の脆弱性」を抱えた旧版等入れたくない。
  • もちろん Linux 上の Opera 9 でチャレンジしたが、ボタンが押せないで跳ね返された。Fedora Core 6 の Firefox 2.0.0.1 で作成した。
  • 「ご意見」を求めているようなので、特定の OS やブラウザに依存しないシステムを作るよう要望しておいた。
  • 今年から「定率減税」が半分になってしまったので、納税意欲も半減。
  • 「国税から地方税への税源移譲」は来年の申告分から。所得税が減って地方税が増える。

yukichi99yukichi99 2007/01/26 10:53 itmediaは日経じゃないです...。そっちはITProっす。でも、まあ、似たり寄ったりですが。

saitonsaiton 2007/01/26 11:02 うっかりしてました。修正しました。

MrTMrT 2007/01/26 14:16 アイコンをクリックでの動作になりますが、ShurikenPro4/R2 というメーラーにも「履歴に従った移動機能」はあります。
私はこの機能を全然使っていなくて、いつから付いた機能か判りません。なので、Thunderbird2.0 より後なのか、も判りません。
まぁ、いずれにしても記事には「わたしの知る限りにおいて」とあるから「嘘つき」ではないですよね(本人も自信なかったのでしょう、きっと)。

2007-01-25 Thu

インターネットを脅かす 3 つの危険

PC World に Thwart the Three Biggest Internet Threats of 2007 と題した記事(邦題;「2007 年にインターネットを脅かす三つの危険」)があった。さて、あなたなら何を挙げるでしょうか。そう、一番目は Internet Explorer に決まりです。フィッシング、マルウェアが続きます。

もちろん有効な対策も述べられている。IE を使い続けるなら ActiveX をオフにしておく、オンにしておきたいなら 100% 信用出来るサイトでだけオンにする、必ず WindowsUpdate を行う、IE を少しは安全寄りになったバージョン 7 へ更新するといったアドバイスが紹介されている。そして最も効果的な対策は、IE 以外のブラウザをインストールしデフォルト・ブラウザに設定する事だとし、以下のようにこの項目を締めくくっている。

MozillaFirefox は IE に次いで最も広く用いられている代替ブラウザだ。しかし Firefox を多くの人が使うようになった結果、犯罪ソフト作者がその弱点を突こうと関心を持ち始めた。どんなソフトウエアも完璧ではないが、私を含むセキュリティ専門家の多くは、IE や Firefox より Opera の方が安全と考えている。

PC World - Thwart the Three Biggest Internet Threats of 2007

次のページでは IE に次いでインターネットの脅威となっている、フィッシングの解説と注意すべき点が述べられている。この記事の執筆時点では、フィッシング対策機能を備えた Opera 9.10 は未だ出ていなかったようで、IE 7 や Firefox 2 に備わっているフィッシング対策機能の使い方説明と共に、同様の機能が Opera 9.10 にも備わる予定だと記されている。

3 ページ目には Malware = 悪意を持ったソフトウエア、ウイルス、スパイウェアアドウェアから身を守る方法が説明されている。メールに添付された実行ファイル等を無闇に開かない、SPAM フィルタを使う、アンチ・ウイルス・ソフトを最新に更新する、無料のオンライン・サービスを利用する等の方法を紹介した上で、Windows XP SP2 では不十分だから Windows Vista へアップグレードするのも有効だとしている。ただし Windows Vista には既にバグが見つかっているので、それで完璧という訳ではない。Mac OSLinux を使う方がより安全だとしている。

  • 思うに、Windows を使い続けている人というのは、一見違うようでも実は IE を使い続けている人と同じ言い訳をしている。なぜそんな単純な事にまだ気付かないのだろうか。

AppleDRM in Norway

日本語記事 - 「アップルのiTunes Store、ノルウェーで違法扱いに」およびその元英文記事 - Apple's iTunes an outlaw in Norway よりも、Beta News の Apple, Norway Headed for iTunes DRM Showdown やフィナンシャルタイムズの Norway declares Apple’s iTunes illegal の記事の方が詳しい。

Open Standard を要求する EU 政府の方針と米国企業 Apple の対決。Norway には消費者オンブズマンが居るのですね。

  • ところで、日本の高校卒業生は「オンブズマン」制度について皆習って知っているのでしょうか。
  • 現代社会か政治経済のどちらかを履修するのが義務だから、やっているはずだ。社会科学系学部の大学二次試験では、小論文のテーマにでも出てくる可能性があるだろうから、受験対策としてやっているのだろう。

Opera - T-Online

Opera プレス・リリース - Opera and T-Com Partner

ドイツテレコム(Deutsche Telekom/DT)がドイツ国内で展開する T-Online へ向けて、Opera の特別版が配布される契約がまとまった。DT は 1,000 万ブロードバンド、4,000 万ナローバンド、1,500 万課金契約者を抱えるヨーロッパ最大級のプロバイダ(ISP)である。

Opera 9.10 deutsch で紹介されている T-Online 向けにカスタムされた Opera の内容であるが、ダウンロードが T-Online 契約者としてのログインを要するので不明だが、各種ファイルのドイツ語化、bookmark や検索エンジンの初期設定などが変更点であろう。また上記ページで配布されているのは今のところ Windows 版 9.10 だけのようだ。

  • プレスリリースには、T-Online 向け Opera ブラウザは T-Online のウェブサイトから入手出来る他、T-Com のハードウエアにバンドル(同梱)されたり、他のパートナー企業からも入手出来る予定である。とあるので、もしかしたなら T-Com のモデム等に付属する CD に Opera が入って配られるのでは等と期待をしてしまう。
  • 同サイトでは、Opera@USB 9.10 deutsch が既に配布されている他、同業他社の製品も数多く手に入る。
  • 今回の契約というのは、Opera に上述のカスタムを施し、特別版として配布するというものだろう。日本の IE shell が国内企業とコラボして配っている類と想像される。

変換コネクタ

EHP-CT34/00シリーズ

ほぼ同じような変換コネクタを先日購入したばかりだが、こちらは紛失を防ぐストラップが付いていて使わない時も電話機にぶら下げておけるのが良い。

アクセス集めのデマ

突拍子もないデマを流して、SlashDot なり digg.com へたれこめば、とりあえずアクセスは稼げる。困った人はどこにでも居るものだ。

Digg では Warning: The Content in this Article May be Inaccurate と警告が付いている。Satoru Iwata が言っていると書くと、信じてしまう人も居るのだろうか。

Yahoo! がサポートするブラウザ

Yahoo! Japan ではない Yahoo! がフルにサポートする A-Grade Browser のチャートには、IE 5.5、Mozilla Suite、Netscape、そして Firefox 1.0.x は既に外されているが、Opera 9.x は入っている。

サポートされているはずなのに Yahoo! Mail を Opera 9 で使おうとすると、いろいろと不具合があるそうだ。Yahoo! Japan の各種サービスも、本家 Yahoo! にならった方針で非 IE ブラウザへ積極的に対応してもらいたいものだ。

2007-01-24 Wed

Opera for OLPC

一般向けに互換性を優先して gcc 2.95 でコンパイルされている Opera for Linux の static-build は、OLPC での動作に問題があった。そこで Desktop team は gcc 4.1 で作り直した特別版を公開した*1

Opera OLPC Edition

この特別版を自分でも試してみたい人もあろう。OLPC BTest-1 でテストした Opera OLPC Edition であるが、最近のディストリであれば通常の Deskotp Linux 上でも動くだろう。いろいろと注意点があるので、上記リンク先を参照されたい。

  • 200 DPI の解像度を有する特殊な OLPC 上での動作を見る特別版なので、デスクトップでいろいろやって動かせたところであまり意味はなさそう。
  • それではそんな特別版を一般配布する理由は何だろうか。OLPC という特殊なハードウエアが手許になくても、その考え方に賛同したり、アイディアに技術的な興味を持つ人は居るだろう。そうした人にとってこの Opera は、OLPC を身近に感じられる一手段になるだろう。
  • また OLPC プロジェクトに対しては、以前から話題に登っていた全てオープンソースで構成する OLPC に、Opera という非 OSS を含めるかどうかという問題に対する Opera 側からのアピールだと思われる。
  • Linux がなくても雰囲気を手軽に味わえるかも知れない OLPC Skin も公開されている。一般にはこれも OLPC の広報に役立つと思いたい。

FC 6 の gcc は 4.1.1 だから動くだろうと思ってとりあえず入れてみた。今もそれからだが、時々日本語入力だけでなく一切のキー入力を受け付けなくなる事がある。以下に三枚のスクリーンショット

キー入力の問題は、copy/paste をさせた後に生じるようだ。Opera の外に開いた別アプリ上で日本語入力のオンオフをさせると復活する。scim と Qt の問題だろう。

スクリーンショットを撮り終えたので、544 から 543 shared-qt へ戻した。OLPC 上の Sugar でなければ余り面白いものではない。フォーラムで普段 static 版を使っている人からは、gcc 4.1 になって速度の向上を感じられたという声も上がっている。

  • どうやら、あちこち取っておいたバックアップで、無事に通常環境へ戻せたようだ。

Peregrine の名前

Opera10 コードネームにあるように、この名前が最初に出てきたのは 2005 年の 9 月頃だった。ここでも「Merlin の次は Peregrine と決まっている」とその頃書いたと、はてな日記内検索が教えてくれた。

Xfce

Pop up にも影が付くのが結構カッコ良いと思うのは、ミーハーだからでしょうか。マウスポインタが消えてるけど、貼っておく。

Xfce4 shadow

バグだったのか

僕も良くみる Anne van Kesteren の Anne’s Weblog は私の場合、当然通常は Opera で開いて見るのだが、Firefox で開くと水平スクロールバーが出るようだ。調べると半年も前に報告されていたバグだった。

W3C Recommendations

今朝見かけて、日本語訳もあるのに、その後あちこちでは見ないのでメモ。

*1:Qt も一般の static-build とは異なり 3.3.7 になっている。

2007-01-23 Tue

Peregrine

Opera - Selectors

Internal build に触れられない大多数の人のためにと、Opera Open the Web の David Storey が blog で、Upcoming CSS3 support in Opera と題した記事を書いている。

以下は最新の内部版で新たに対応したもの。

  • :root
  • :not()
  • :nth-child()
  • :nth-of-type()
  • :first-of-type
  • :target (これは未だバギー)

以下はコア・エンジンには実装されているが、何らかの理由(いわゆるリグレッションだろう)で現在は不動にされているもの。

  • :empty
  • :nth-last-child
  • :nth-last-of-type
  • :last-child
  • :last-of-type
  • :only-child
  • :only-of-type

::selection pseudo-element だけは未対応なまま。

  • 幾度か触れたように現在の weekly は幹 (trunk) から分かれた枝 (branch) に位置するバグ修正主体版で、近い将来に出るだろう Opera 9.12 になるものである。
  • 一方、幹の方は 10.00 を目指して内部で開発が続いている。一部には .00 を超えて .50 等という id を名乗る内部版もあるようだ。
  • その幹版で実装に向けて検証がなされているのは、デイビットがここで紹介している CSS selectors に限らない。既に彼がテストしているように、他にも多くの CSS 3 規格への対応が trunk では予想される。
  • WaSPMolly も取り上げている他、あちこちに引用されているようだ。
  • 彼のコメント欄には自身によって Opera 10.00 internal、Firefox 3.0a2pre、WebKit Revision 19024 を使って CSS 3 Selectors test を受けてみた一覧が 2 枚のスクリーンショットと共に投稿されている。
  • せっかくだから、はてな記法を使って整形してみる。
Opera 10 internal
From the 43 selectors 34 have passed, 2 are buggy and 7 are unsupported (Passed 460 out of 578 tests)
Firefox 3.0a2pre
From the 43 selectors 32 have passed, 4 are buggy and 7 are unsupported (Passed 369 out of 578 tests)
Safari 19024
From the 43 selectors 25 have passed, 9 are buggy and 9 are unsupported (Passed 355 out of 578 tests)
IE 7
From the 43 selectors 13 have passed, 4 are buggy and 26 are unsupported (Passed 355 out of 578 tests)
Opera 9.12
From the 43 selectors 25 have passed, 3 are buggy and 15 are unsupported (Passed 346 out of 578 tests)

cf. CSS3 Selectors Test Suite by W3C

  • 64 bit 版も trunk ではやってるらしい。
  • ここの上で「他にも多くの CSS 3 規格への対応が trunk では予想される。」と書いたら、Rijk が text-shadow が実装されている Peregrine*1 をスクリーン・ショット付きで紹介していた。 - text-shadow support
  • 彼の CSS には h1、h2 そして a[href]:hover に text-shadow が使われている。
  • サポートしない規格を試験的とはいえ my.opera で使うはずがない。すると既に使われている border-radius と box-shadow も Peregrine で対応する可能性が高まったと言えるだろう。

ここにも text-shadow

text-shadow に対応しているブラウザのない Windows で表示確認する方法など。

with Safari h1{text-shadow:1px 3px 5px gray} としてある。これで、いつ Opera が実装しても直ぐに分かるだろう。

  • BrowsrCamp でも同様のサービスをやっているが、iCapture が最も早くて軽そう。
  • Browsershots.org による Konqueror のシャドーが異様に汚かったので、自前の Konq で再確認。

Konq on FC6

  • アンテナの方は Konq で確認しながら調整。

Ant with Konq on FC6

*1:Opera 10 の内部コードネーム。日本名ハヤブサ。Opera 9 の Merlin はお馴染み。

2007-01-22 Mon

Opera - XML

Weekly の report.xml を Opera 本体では上手く表示出来ないのは口惜しいお思いの方もあるだろう。既に XML を整形する user.js を入れて使っているベテランには不要だが、いくつかのリンクを紹介しておく。

XML がスタイル情報を有していない場合に、Opera は整形せずにデータを表示する。他のブラウザのように内容を推定し表示させるユーザー JavaScript である。

XML tree - UserJS.org

ユーザ CSS を適用させても済む。Rijk が書いてくれた userreport.css をプロファイル以下のユーザ CSS ディレクトリに置き、Opera を再起動すれば使えるだろう。ユーザ CSS ディレクトリの場所を確認するには、以下の内容を URI 欄に貼り付ける。

opera:config#UserPrefs|LocalCSSFilesDirectory

  • 他人に紹介する前に自分で試さないというのは理不尽なので、ともかく入れてスクリーンショットを撮った。

usercss selection menu Report-XML

  • 上記の通り再起動すると、ユーザ CSS に新しく userreport.css という項目が追加されているので、それを使うよう選択すれば上掲のように表示される。user.js の多用は何かとトラブルの原因になるので避けたいから、こちらを必要な時だけ適用させる方が安定運用につながるだろう*1
  • FataL が XSL で整形したファイルを公開している。これを参考に自分でスタイルを書いて整形してから公開するのがベストだろう。
  • 様式はお仕着せでも良いから、自分の XML も公開用に自動変換してくれないかという横着者には、Opera Report ConverterSeldaek が作ってくれた。
  • saito's report これが私のもの。
  • Opera Report Converter で変換すると、Seldaek の元へあなたの情報を送る事になるのは分かりますよね。彼は独自に情報を集計するそうです。その辺は承知の上でよろしく。
  • その集計 - Global Statistics

以下、先週の Weekly に関する情報。

  • International 版で UI が日本語にならないのは公開時の誤り。既に置き換えが終了しているようなので、最新のファイルを取得して上書きすれば、直っているだろう。こちらは日本語版を使わない方針なので、未検証*2。 - 入れ直すと日本語になるそうです。
  • 次のファイナルにも使用報告機能が初期設定をオフにして盛り込まれる予定。

Xfce 4.4.0 リリース

長らく待たれていた Xfce 4.4.0 がサイトのリニューアルと同時に公開された。おめでとう。これまでなかったデスクトップやそこでのアイコン、transparent ARGB やシャドーにも対応している。

こっちもなかなかカッコ良いファイルマネージャ Thunar のページ。マルチタブだしプラグインを入れれば File Roller や Ark のようにファイラーからアーカイブを作成・操作出来るようだ。

  • Desktop は、設定マネージャー>デスクトップ から Xfce にデスクトップを管理させる、にチェックを入れれば良い。
  • 手許の Xfce 4.3.99.2(4.4 RC2) on FedoraCore 6 の透過設定画面のスクリーンショット
  • ブラウザのコンテキスト・メニュも透過処理される。
  • 上掲はやり過ぎたので、少し抑えて影を付けた

WILLCOM 新機種

Opera サーバーサービス」というのに興味をひかれる。MyOpera の完全日本語化版のようなものを考えれば良いのかな。

「Operaサーバーサービス」では、サーバー上にデータをストックできる「オンラインストレージ」や画像を保存・閲覧できる「フォトアルバム」などが利用できます。(中略) 「Operaサーバーサービス」はOpera提供によるもので、事前にユーザー登録が必要です。

WX320K

Opera Mobile が標準だが、Java MIDP2.0 が載っているから OperaMini も動くだろう。

もう一つの目玉 RSS だが、オンライン型との事。

パソコンのブラウザ Opera 9からも、作成したアカウントのIDとパスワードを使って登録したRSSのフィードの閲覧・編集ができる

アルミ素材を採用した京セラ製PHS端末「WX320K」

Desktop の Opera 9 から閲覧・編集が出来るのなら、他のマトモなブラウザからも出来るのだろう。唯一 WX310SA から乗り換えを考慮しなくて済みそうなのは、miniSD が刺せないでたった 16MB の内蔵メモリしかない点。

*1:上に写っている rss.css が気になる人もあろう。Tommy Olsen が公開している Opera css tweaks から入手出来ると思う。細かな話は User CSS tips and code for Opera を参照。

*2:バグレポートする時に、あちこちの英語名称を探して来なければ話が通じないというのが、英語版を使い始めた理由だった記憶がある。

2007-01-21 Sun

はてなも圧縮してるのか

昨日 X が立ち上がらない環境を一時的に使った際、w3mlynx で d.hatena.ne.jp へアクセスしようとすると、application/x-gzip なので [d] ダウンロードまたは [c] キャンセル、と表示されてマトモに開けなかった。幾度か試すと w3m では gzip を展開出来たのかここを表示出来たが、面倒なので google.com を開いて別の問題のないサイトで情報を入手した。

lynx on Fedora

今日になって検索すると、こんな公開ブックマークがあった。既にはてなでも html を圧縮して使っているのだろうか。MIME type は見かけ上 text/html になっているが、元のファイルは gzip で圧縮されているのだろうか。上手く MIME type 指定を受け取れればブラウザ側で展開して表示する、しかしその指定の受け取りでしくじると、圧縮ファイルのダウンロード云々となる、こういう理解でよろしいのだろうか。

  • w3m も lynx も、arekore.html.gz を gzip encoded だけど text/html という mime-type として扱えるはずなのだが。
  • Google から a.hatena.ne.jp は開けたので、失敗しているだけなのかな。

ScreenSaver

Fedorarss-glx-kde というパッケージがあるのを最近知り、入れてみたところ非常に綺麗なスクリーンセイバーであった。

元は 3D OpenGLOpenAL を使った Really Slick Screensavers のようだが、Really Slick Screensavers Port to GLX によると作者に交渉して GPL ライセンスで公開されたらしい。

  • Really Slick XScreenSavers からも公開されている。
  • 基本は Linux/Solaris/OSX 向けだが、旧版らしいものの Windows 用もダウンロード・ページから入手出来る。
  • Fedora で最も印象に残った Skyrocket と Lattice を試しに Windows2000 に入れてみた。Skyrocket2 には OpenAL32.dll も同梱されているので音を出せる。
  • zip を解凍したら、\WinNT\System32 以下にコピーするだけ。
  • Open GL をサポートしていないグラフィック環境では、実用的には動かないだろう。GeForce 4 MX の我が家では、デフォルト設定でかろうじて動く。

keyboard shortcut

ここのところマウス操作のおっくう病にかかってしまい(半分本当)、以前に増してキーボード・ショートカットを多用している。これに慣れてしまうと他のブラウザが使えなくなってしまう*1。右手にマウスを持っていると、左手でだけでキー操作して使えるブラウザでないとならないからだ。

ふと I を単独で押したらページが再読み込みしたような気がした。ニュースで聞いて分かったのだが、これは画像の再読み込みをしているらしい。なるほどページの再読み込みではなく画像だけを再読み込みしている。これは知らなかった。

  • しかしその操作が Load all images と表記されているとは。まんまとやられた気分。

同じ I でもメール画面だと一覧表示、単独表示、メニューのみ表示の切り替えだというのは知っていたが、ブラウザの画面での I はうっかりしていた。

あるいは Shift+I なら多用している。Enable display images > Disable display images > Display cached images only と、> の使い方を最初に覚えるかも知れない用例だ。

  • Keyboard Shortcuts in Opera にも Document Window での I は載っていない、と言い訳してみる。
  • とはいえ上記を bookmark して Panel に入れておく。
  • 以前の Ctrl+B が変わってしまったので、Alt+F2 にショートカット表示を入れておいたのだが、9.12 になってしまったので、別に考えなくてはならない。

以前 Opera 8.0 の頃にパネルに入れたヘルプの目次を開いてみてビックリ。ja なのに一部がハングルですよ。

*1:BackSpace が右端なので、左手でだけでは戻るすら出来ないのでは困る。

2007-01-20 Sat

Opera spyware edition

Opera weekly 9.12

今週の Weekly 起動時の警告画面。やはり 9.12 で 10.00 系列ではなかった。

  • opera:config#UserPrefs|EnableUsageReport
  • Final への上書き推奨。

午後追記;

  • 今朝は出掛けにメモだけしたが、今週の Weekly は weekly を入れて使っていてもフィードバックをくれない多数の人からもフィードバックを自動で送ってもらえる仕様になっている。どんな情報が送られるか気になる人は、\profile 以下に新設されている \usagereport 以下にある report.xml ファイルを開けば分かる。
  • それを送られるのが嫌なら、上記 UserReport に入っているチェックを外せば済む。
  • ユーザがどんな機能を使っているのかを調べるもので、個人情報や閲覧履歴のドメイン名などは送られない。
  • そういうことなので上書きしてくれないと、利用状況の調査にならない。
  • 上書きするので、profile のバックアップだけはしっかり取ってくれと強調されている。
  • 上書きしても、日本では 楽天・インフォシークとの提携ページが最初に開くようだ。
  • これくらいの事が信じられないようなら、Weekly など大事なコンピュータにインストールしない方が良い。
  • 9.12/build 543

SVG アニメーション

Dev Opera には今年になって 3 つ程新しい記事が上がっている。その一つ Using animateMotion in SVG にある太陽と地球、月、彗星を動かす SVG に感動した。

  • 最も手の込んだ 3 番目の SVG でも、わずか 2,115 バイトしかない。
  • SVG/1.1/DTD なので Gecko では動かないという声は今年 1 つ目の Jax の記事にもあったが、どうせ SVG アニメーションに対応していないのだから、どちらでも良いだろうという見解。

2005 年末に書かれ、その後幾度か改訂されたものの最新版 - Guide to Deploying SVG with HTML も公開されている。

CSS 3 - multicolumn

Multi column layout using CSS によると、Gecko に続いて nightly Safari も対応したらしい。そこで懸念されているのが、Multi Column の間違った用法。

紙に印刷したなら読みやすさに貢献するのだろうが、ウェブ画面で無闇に使うと、全部読むには一番下までスクロールさせてから、再び一番上まで戻さないといけないような誤用がそれだ。

Opera 社 - 株主向け情報公開

Financial Reports のページに、昨年末にオスロで開かれた株主向け説明会(Capital Markets Day 2006)の資料が PDF で公開されている。- via Opera Otaku, of Lawrence Eng

Opera 社の経営戦略の概要や日本市場の重要性など、見ておいて損はない資料。

Linux - nVIDIA

GeForce2 や 4 は最新のドライバではサポート対象外になったようだ。そこで Fedora では livna.org を通じて kmod-nvidia-96xx と xorg-x11-drv-nvidia-96xx で 96xx 番台のドライバを配布し始めた。

  • Supported NVIDIA Graphics Chips
  • 上記一覧の下方に、the legacy GPUs として我が家の GeForce4 が含まれている。使い始めて 3 年半、その時点で Linux だから安定運用をと、少し古い GPU にしたのだが、レガシー行きですか。

昨日 yum update した時に、新しい kernel と kmod-nvidia 等が一緒に入ったのは覚えているのだが、その後再起動せずにいた。先ほど Fedora を起動させると X が立ち上がらない。それはそうだ。そこで上記 livna.org に書いてあった方法というか、正確なパッケージ名を確認しようと lynx で livna.org を開いた。こういう時に X を使わないブラウザが役に立つ。

いつもの「仮想」端末ではなく、全画面端末とでも呼ぶのか、ともかくそこで文字列を書き取り、yum remove と yum install をして 1.0.9746 から 1.0.9631 ドライバに入れ替えて reboot。こうして無事に X が立ち上がり Opera on KDE で更新中。

2007-01-19 Fri

Browser User JavaScript

大変有名な FirefoxGreasemonkey のようなと説明するのが一番分かりやすい、ブラウザの機能を拡張する JavaScript は、他のブラウザにも大抵ある。

お出かけ

Tokyo Tower

はてなアンテナではこの項目、「マップを表示するにはJavaScriptが有効になっている必要があります。」と表示されている。

  • cookie もオフ、JavaScript もオフ、Flash もオフ、リファラも当然オフにしている人って、自分は世界の真ん中にいると思っているのだろうな。

日本語翻訳者募集中

Opera Widget の中でも評価の高い Artist's Sketchbook は、最新版の 1.56 では 22 もの言語で UI を表示出来る。しかし残念な事に、まだ日本語がない。

  • 作者の grafio は Translation of Artist's Sketchbook 1.5 で翻訳者を求めている。
  • お前がやれと言われる前にざっと眺めたのですが、Opera 本体で日本語版を使ったのは Opera 6 の頃だけだったろうか。そんな私には無理です。
  • さほどの量はないので、どうぞよろしくお願いします。
  • これまでに通算 10 万回以上ダウンロードされてきた人気ウィジェットのクレジットに、あなたの名前が載ります。

日本語化

Mozilla Add-ons へようこそ! - 見出しだけ日本語というページも目立つが、全部英語よりははるかにマシ。ただし、以下の画像は seamonkey でメニュをクリックした時のキャプチャ。

Big fault with any browser

IE ユーザを取り込もうというなら、どんどん日本語化して下さい。

今月の機能だったのか

ぺらぺらおぺらさんがOpera Widget 紹介の一回目に取り上げている touchtheSky は人気の Opera ウィジェットだ。

以前ここでは、そこのデータを使っている関係で Accuweather のトップページに Opera Widget の紹介文が載っていると書いたが、今見に行くとその位置に IE 用ツールバーの文字しか見当たらないという惨状。良く見ると Monthly Features という項目になっている。

しかし心配する事はない。Toolbar for Internet Explorer のページ下には、Opera 用ウィジェットと Firefox 用アドオンへのリンクも載っている。

  • そういえば先日そのインタビューを取り上げたブレイク・ロスは、「僕のアパートには窓があるから、お天気ウィジェットは要らない」と言っていたから 、Forecastfox も要らないのだね。

2007-01-18 Thu

誰も気にかけない

少し前に、ブレイク・ロスが Google 検索の結果画面に Google が自社関連の文字列を挿入すると指摘したところ、論争になった揚句に結局 Google はそれらを取り止めたという騒ぎがあった。これは Google がやったからみんなの注目を集めた訳で、同じような事をやっても誰も注目しない忘れかけられているサービスもある。

David Naylor が Mac OS 9 で使っている Netscape 7.01 で Firefox を検索してみたところ Netscape が検索結果の第一位に表示された。

  • 他の何で検索しようが、検索語に browser と入っていると、特別製の Netscape バナーが第一位に表示されるようだ。
  • 検索エンジンには AOL Search を使っているようだが、元のそちらで検索するとそのような特別な表示にはならない。
  • browser という語に反応するのだろうと思ったが、firefox だけや mozilla firefox でも Netscape が一番に出てくる。
  • デイビッドも書いているように、MSN サーチが万一同じ事をしたら、それはもう訴訟沙汰だろう。
  • 本家 Netscape/AOL は、Mozilla も Firefox も単にここのところ景気の良いだけの分家、とみなしているのだろうか。

FlashPlayer for Linux

こちらのタイトルも「誰も気にかけない」にしたい位だ。ただし FlashPlayer for Linux を気にかけないのではなく、それが非 Gtk2 アプリ非対応という困った代物だからだ。

世界が Gtk で完結していれば良いと本気で思っている人には、scim+Anthy で不具合が出るか出ないか位しか気にならないだろうが、Opera だけでなく Konqueror でもマトモに動かない、ALSA でないと音の出ない、そんな未完成品が正式版を名乗るのはやめて欲しい。

* Only Advanced Linux Sound Architecture (ALSA) is supported (OSS/ESD will not play audio; audio will silently fail.)

* Only GTK2-based browser versions are supported.

Adobe - Adobe Flash Player : System Requirements

日本語記事

Linux版は、フルスクリーンモードや自動アップデートなど、一部の機能をサポートしていない。またFirefoxMozillaSeamonkeyのブラウザをサポートしているが、Opera、Konqueror、Netscapeのブラウザ上では動作が不安定になるとAdobeは述べている。

アドビ、Linux向けに「Flash Player 9」をリリース - CNET Japan

Opera 入り *NIX

DistroWatch の Package searches で Opera 9 を配布しているディストリビューション一覧が分かる。

  • そこで以前に検索してから大分経つが、結構増えているのに驚いた。
  • 当然ながら Firefox 2 は比べものにならない程多くのディストリに入っているし、デフォルト・ブラウザに設定されている場合も最近では多い。

大きなサムネイル

1.1 が間もなく出るというので、久々に seamonkey を入れ替えようかと思ったが、昨年末に入れた 1.5a が入っていたので latest nightly に差し替えた。タブの上へマウスをかざすと縮小画像が出るのだが、Opera のそれと比べて文字情報がない分、画像が大きい。この辺は好みが分かれる所かもしれないが、大きくて見やすいのは悪くない。

Seamonkey 1.5a2pre Opera 9.1

Opera ではマウスを放置しておいても縮小画像は出たままだが、恐らくどこかの設定で変えられるのだろうが seamonkey では初期設定のままだと 5 秒程で画像は消えてしまう。

  • Opera 9 で縮小画像を消す/表示させる設定箇所。上がタブ上の縮小画像、下が右クリック+マウスホイール。
    • opera:config#UserPrefs|UseThumbnailsinTabTooltips
    • opera:config#UserPrefs|UseThumbnailsinWindowCycle

GMail へアクセスすると https なので、URL 欄の背景が黄土色に変わる。これは手許の Firefox でも変わるが、ログインしてしまうと手許の Firefox は通常色に戻ってしまう。

Google クロールで見かけた文句

Google ニュース検索で見かけたのに Opera で開いても出てこない文句があった。

ああそうかと思い出し、w3m で開いてみた。

keikoku

Google はこうしてクロールしているのでした。正確には lynx だったか。ともかくその「案内」文に Opera の文字が入っていたので、上掲のニュース検索に引っかかったのだと、ようやく合点が行った。

  • 参考;Linux で仮想端末で動くブラウザに Opera で開いているページを表示させる menu.ini の書き方
  • Windows の lynx を起動すると、端末まで同時起動するのかと今更ながらに驚く。

上記はかなり良心的な方で、大手プロバイダの Web メールには次のような記述がある。

【推奨環境】
Webブラウザー
Microsoft Internet Explorer 5.0以上
Netscape Ver.7.0以上

Webメールを使う > Webメール推奨環境について : @nifty

こうした初心者も使うとこには、Mozilla Japan や Opera 東京が正式に申し入れをして対応を求めるべきだろう。

about:buildconfig

手許の Windows の Firefox でタイトルの文字列を URI 欄に入れると、2.0.0.1 では target i586-pc-msvc と出るが、Nightly Minefield/3.0a2pre では、i686-pc-cygwin と出る。

  • さて、これが何を表現しているのか、私は知らない。
  • about:blank もしくは opera:blank を Opera で表示させ、ソースをみると以下のようになっていた。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">
<html dir="ltr" lang="en">
<head>
 <title>Blank page</title>
</head>
<body>
</body>
</html>

律儀に整形してあるなあ。Error ページのソースとは以下の一行が入っておらず、CSS が適用されていないだけで同じヘッダーだ。

<link rel="stylesheet" href="file://localhost/C:/Opera のインストールされているパス/styles/error.css" media="screen,projection,tv,handheld,print,speech">

Minefield では次のようになる。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01
Transitional//EN"><html><head><title></title></head><body></body></html>

さて全ての media に適用とあるので、あらためて Opera の error.css を眺めてみると、media 指定を使い主として画面サイズを考慮した以下の記述が見られる。

@media all and (max-width: 800px)

@media all and (max-width: 350px)

@media all and (max-width: 300px)

@media all and (max-width: 250px)

@media all and (min-width: 1025px)

@media print

2007-01-17 Wed

Fedora

共に yum から簡単に入れられる Konqueror の機能拡張。

  • kio_resources - URI 欄に 'resources:/' と入力すると、リソースの種別ごとに一覧が表示され直接開ける。当然ながら Opera の詳細設定で、Programs の Protocol に resources を追加し Konqueror で開くよう指定しておけば、Opera の URI 欄から Konq を呼び出して使える。
  • Kio-Sword - 取得済み SWORD のテキストへ Konqueror からアクセス・表示出来るようになる。Konq を Sword のフロント・エンドとして使える拡張ツール。GnomeSwordBibletime 等を使わず、何でも Konq で済ませる事も出来る訳だ。それらも Fedora では yum から入れられる。

画面脇に常時表示

Firefox ユーザの巣窟、スラドにもスレが立っていた。当初の常時表示なんて驚いた派が、かえって少ないのが笑える。自分が世界の中心って事だな。

  • 左脇だろうと、上に一行(= 某 Gecko ブラウザの何とかバー)だろうと、常時表示には変わらないだろうに。
  • 巡回先を常時表示させておいた方が便利という声も。一つのフォルダに入れてワンクリックで全部をタブに展開という、Opera ユーザなら当たり前の事をやらないからだろうか。他人の考える事は、はなはだ理解に苦しむ。

hige さんが 『Operaでブックマークに登録してあるページへ素早く移動する方法』 という題で図示して解説したら、そこそこ需要があったようだ。上記のフォルダ内の bookmark を一気に開くなんて、絵入りも何もないだろうが、ともかく真似てみる。

まず Opera の bookmark の表示方法だが、見難いという声を耳にした事がある。

How to view bookmarks

これだけどうとでも表示出来るのに、気に入らない人はないだろう。

  • 何であれ、お仕着せが一番という人にはこれでも気に入らないか。

例によって英語版だが、Sort by my order にしておけば、各フォルダ内の bookmark の並び順をマウスでドラッグ・アンド・ドロップで並び替えも出来る。

  • 時に Opera の bookmark はマウスで移動出来ないという苦情を耳にするが、他の順序で表示するよう命じておきながらマウスで並び替えようとするのは、矛盾した命令を下しているようなものだ。
  • そもそも boomark の「表示」の並び順なんて、nickname を多用すればどうでも良いのであって、それは単に旧式 UI から離れられない頭の硬い人向けの救済策に過ぎないと、進取の精神にあふれている Opera ユーザは考えているのだ。

Folder tree

名前などどうでも良いのだが、ここでは at_once というフォルダに、一気に開きたい巡回先を入れてみた。そのフォルダを選んだ状態でリターン・キーを押せば、フォルダ内の bookmark が一気に全部別タブで開く。

フォルダ上で右クリックすると以下のようなメニュが出てくる。

Context menu

わざわざ右クリックから一番上の Open を選択するまでもない。余計な御世話だが、Open in new window や Open in background window を実行すると、昔懐かしい IE でいうところのブラクラ状態になるので驚かないように。

  • opera:config#UserPrefs|ConfirmOpenBookmarkLimit がデフォルトでは '5' になっているので、一気に開かせようとすると確認の警告が出るだろう。初回に以後は警告を出さないとしておけば、この値は自動で変更される。
  • フォルダにニックネームを付けて活用出来ると、上記 hige さんとこに追記がある。

ノルウェーのテレビ番組

ぺらぺらおぺらさんとこで市川さんも my.opera blog を始めたと知り、読みに行くとノルウェーのテレビ番組の取材を受けたとあった。

  • Opera ニュース - 彼の blog。「デスクトップPC向けブラウザのマーケティング」担当とのことですから、Desktop Opera ユーザのみなさん、期待しましょう。
  • Mobilmania i Japan - かろうじて画像と英語の部分で内容を推し量れた。

Blake Ross への OperaWatch によるインタビュ

Interview with Firefox Founder and Creator Blake Ross

Opera ユーザが気になりそうな点の要約。

Opera は Firefox のおかげで大変な利益を受けている。Firefox は代替ブラウザの存在を広めるのに成功したし、Firefox のおかげで崩れてしまうウェブ・ページ互換性の問題が少なくて済んでいるからだ。Firefox と Opera コミュニティは、それぞれのファンが、けなし合ったり中傷し合うのではなく、これからもっと協力して行かねばならない。我々は共に素晴らしいブラウザを作っているのであり、標準規格に適合させるべく努め、セキュリティを第一の目標に掲げている。

両陣営のユーザ間で言い合いが断えないのは馬鹿げた事で、ウェブをより良くして行くのは我々にかかっているとブレイクはし、以下の点で合意しておこうと提案している。

  • Firefox は Opera から機能を盗んだ。
  • Opera は Firefox から機能を盗んだ。
  • Opera にはより良い組み込みブラウザがある(おめでとう Wii)。
  • エイサは「しょうもない釣り師/お騒がせ屋」(troll)だ*1

こうした点は置いといて、他人のためになることをしよう。

ブレイクはこのところ開発の最前線からは距離をおいてきたが、今年は Firefox のコア開発に戻ると新年の誓いを立てたそうなので楽しみにしたい。

Firefox Add-ons のコードネームがコバンザメ 'Remora' と言うそうだとか、面白い発言がその他にもいくつかあった。

最後に、それぞれのブラウザを三語で表現してくれという頼みに、ブレイクは Firefox = 「日々を楽にする」、IE = 「解体、合体、繰り返し」、Opera = 「最大の同盟者」と締めくくっている。

Security

Sun Java JRE GIF Image Processing Buffer Overflow Vulnerability

手許の FC 6 で $ rpm -q jre とすると、jre-1.5.0_10-fcs と出たので大丈夫らしい。

*1:訳注 - ja.wikipedia の troll 相当項目「荒らし」 - そして相変わらず口汚く罵りまくっているようだ。他人の発言を引用する時は、その人がどういう人か知らないで引くのは危険です。

2007-01-16 Tue

au 春モデル

2007 年 au の春モデル 10 機種には、全て Opera Mobile が載る。

FreeSBIE 2.0 Clint Eastwood

FreeBSD の Live CD である FreeSBIE のバージョン 2.0 公開版が出された。出たばかりの FreeBSD 6.2-RELEASE を元に 1.3GB のファイルを 1 枚の CD に収めてある。コードネームは Clint Eastwood。

  • アナウンス
  • FreeSBIE 2.0 Release Notes, Handbook and FAQ
  • 日本のミラー ftp
  • Now I write this with Mozilla/5.0(X11;U;FreeBSD i386;en-US;rv:1.8.0.8)Gecko/20070111 Firefox/1.5.0.8
  • After booting from CD, you have to hit 'startx', then you have XFCE. I use USB Mouse via USB Hub, which doesn't move at all, so I did all of my work with keyboard.
  • マウスと日本語入力を取り上げられてここに記録するのは少々窮屈なので、Fedora へ切り替えた。
  • xdm と gdm も起動するが、パスワードが分からず撤退。上記 2.0 Release Note にも記述無し。
  • XFCE の他に FluxBox も起動出来た。

iso を焼くのに Fedora からだったので久々に K3b を使った。Windows の B'sRecorder 何とかより余程初心者にやさしい。あれはどこに iso をドロップしたら良いか、たまにしか使わないので毎回迷ってしまう。K3b ならボタン一押しで間違えようがない。Linux が間違いなく Windows より優れている分野だ。

Fedora 以前はコマンドラインから cdrecord をしょっちゅう使っていたのだが、それに皮をかぶせただけとはいえ、便利なのは確かだ。

想像力を働かせよう

矢野りんさんによる、「wiiでウェブページを見るとどうなるのか?

3 カラムって普通だろうとか、今時画面サイズはこれ位とか、自分の環境を一般化しない想像力があれば、Wii に限らず対応出来る場合が多いだろう。

2007-01-15 Mon

真冬の蚊

イエカは成虫で越冬するそうだ。物陰でじっとして数ヶ月生き延びるとは本当にしぶとい。

寝る前にブーンというあの羽音を聞いたのだが、眠くて現実を直視出来ず、冬だからまさかと思う事にして寝てしまったら、こんな時間に起き出して痒み止めを塗る羽目になった。しかも刺されたのは、手の平の、親指の下あたりだ。こういうのは、猛烈にかゆくて寝ていられない。

冷静になってみれば、暖房が行きわたって連中が真冬でも活動しているのだろう。そういえば昨日は換気を兼ねてと、洗濯物を取り込む時に窓をしばし全開にしていた。まったくもって、やられたと言うしかない。

いくつかの最新情報

久々に出た Tim's Opera Bits 第 4 巻に、第 3 巻で寄せられた質問への答えが載っている。いろいろと興味深い答えがあるのだが、そのうち拡張についての部分だけを紹介しておこう。

拡張を提供する API を Opera が備えようとしないのは何故かという質問。質問者は、多くの人々の要求に答えるのはどんなブラウザにも不可能だ。それを解決するのが拡張機能であるとしている。

(Tim の個人的見解) 拡張がその答えになるのだろうか、不明である。多くの人々が拡張を欲しがっているのは、それが Firefox にあるからだ。だからといって Opera にとってもそれが正しい答えである必然性はない。その機能を備えたからといって、あなたが本当に使いたくなるような、高品質な拡張が手に入るかどうかは別問題だ。

技術上の問題も数多くある。Opera の core の持つ機能は、多くのプラットフォームへ出来るだけ簡単に移植出来るよう、小さく適度に保たれている。拡張 API を追加すると、恐らく一つのプラットフォーム、すなわちデスクトップ Opera にはプラスになるだろうが、Opera 全体にとっては必ずしも最善ではない。

多くの Opera のファンが、Firefox の拡張に対して、速度、メモリ使用、安定性等の点で不満を持っているのを知っている。それらが本当かどうかは実の所分からないが、そうした問題についても考慮しなければならないだろう。さらに Firefox ユーザのうち拡張を入れているのは、ほんのわずかだという見方も良く目にする。(拡張に関しての)たいていの話は、少数派の上げている声でほとんどが宣伝がらみなのだ。誰か(どれくらいの人が拡張を入れているかに関する)正確な数字の分かっている人が居たらぜひ教えてもらいたい。もし以上の通りならば、拡張 API を実装するために要する労力を他に回した方が良いかも知れない。

その上で個人的には、拡張 API はあったら良いなと思う。Opera のファンは偉大でクリエイティブな人達だから、そうした人達が考え出すものをいろいろ見てみたい気がする。そうすれば Opera 社は現行の機能のうちのいくつかを、基本インストールから除外し、それらを拡張として公開出来るだろう。全ての人がウェブ・ページの規格適合性をチェックしたり、ブラウザにウィジェットを入れる必要を感じてはいないだろう。しかしながら、必要がないと思っていても、使ってみたら気に入るかも知れない。最初から付いてなかったら、使う事はなかっただろう。難しい問題だね、実に。

その他、気になるだろうポイントを要点だけ。[ ] 内は訳注。

  • Opera で動く VoIP は確かにテストしていたという情報をこちらでもつかんでいたのだが、何か問題があったのだろう現在言及する人はいなくなってしまった。
  • Google の多くを始めとして Opera で使えないサービスについて。browser.js で対処したり、Open the Web の活動で頑張っている。シェアが増えれば解決する。[いまだにそれらのサービスで Opera が動かないのは、Opera がダメだからと愚痴をこぼして blog ってる人がいるとしたら、それこそ FUD だ。]
  • Opera 9.x 系列の内部呼称は Merlin、10.x 系列は Peregrine。
  • 極めて例外的に、将来の Opera 10 についての情報リークが二点。Opera Mail について、最も議論が盛んな実装希望機能がついに実現する。インデックスのバックエンドが入れ替えられる。[一点目は、最も賛否両論のあるアレだろうから、HTML Mail の作成機能の事だろう。]
  • Opera の UI エンジンは Quick というが、その書き換えは予定されていない。修正のみ。

2007-01-14 Sun

Fedora

昨日 Extras に入ったので、後程試すためにメモ。

#yum install childplay と打ち込んだら、s が抜けていて見つからない。子供のゲームだから childsplay か。よくやる間違い。本体が 1.9MB プラグインが 3.6MB その他にパイソンのモジュールが 697KB 入った。

  • いくつかゲームをしたが、簡単な計算や英単語を覚えながらマウス操作やキーボードに慣させるには良いのかも。

openarena の方は、1.7MB とデータが 72MB。

  • 普段ゲームをしない私には、非常に高度なものに思えた。敵を見つけた瞬間に、こちらの死体が床に転がってしまう。
  • 元になったゲーム発売当初のレビュー 1999 年末 - ついに完成! コレがQuakeの最新作だ!!

私と Opera Weekly

Opera が weekly build を公開し始めてから、全ての build を Windows と Linux にインストールしてテストし、問題に気付けばフォーラムやバグ・トラッキングに報告してきた。しかしこの所忙しいので、今後は全部には付き合って行けそうにない。とりあえず先週版は外して 9.10 Final を常用する事とした。

  • 細かな要望や個別サイトでの不具合でも、積極的に報告する事を Weekly を使い続けるつもりの皆さんにお勧めする。
  • 問題のあるサイトで右クリックから報告する方法もある。ただし送られた報告を、「誰か」が全部読んでいると言われているが、どのような地位にある誰がどれだけの責任をもって読んでいるのか、はっきりとした答えを聞いた事がない。
  • 一番確実に開発の現場に携わっている技術者に直接要望なりバグなりを伝えるには、バグ・トラッキング・システムに登録した上で、Desktop Team blog か My Opera フォーラムに英語で書き込むのが良い。それ以外に確実な方法を私は知らない。
  • 英語で上手く説明出来るか心配で尻込みする人もあろう。フォーラムだったら、最初は上手く伝わらなくても、お前が言いたいのはこれなのか、あれなのかとフォローしてくれる親切な人が必ず居るので心配する事はない。

最近の SPAM

Opera Mail でも SPAM は自動ではじいてくれる。はじかれた SPAM をじっくり眺める暇人あまり居ないだろう。メール・サーバの SPAM フィルタを通り抜けて MUA へまで届く最近の SPAM は、ほとんどが数十 KB の画像上に宣伝文句が書かれているタイプのようだ。ここまでは知っていた。

今日、たまった SPAM を一括削除しようとしたら、あるタイトルに目がとまった。The SVG Working Group and Web API Working Group jointly developthis specification. とある。これはフィルタの誤検出かと思ったが、例の画像が他と同様に付いている。

しかし面白いのは、画像に続いて「意味があるような、ないような」 文面がだらだらと続いている点だ。

本文中には、タイトルの他にも the Mozilla DeveloperConnection などという単語がある。末尾が Center なら本物かと思って一応しっかり目を通すだろう。また単語間のスペースが欠けて上記のようになっている例が多く見られる。

恐らくは自動収集した文言を、これまた自動編集してメールに添付しているのだろう。したがって部分部分には意味があるのだ。出てくる単語には、上掲の他に、SVG、Dojo、SVG logo contest 等、目がとまるものが散らばっている。

2007-01-13 Sat

Opera Weekly

各地で既報の First weekly in 2007 が出てまいりました。

  • 例の巨大 Firefox 画像も表示されます。(良い子は真似をしないように)
  • Firefox マウスパッドのページでの div.page の computed height は IE6/Konqueror/Opera 9.10 同様 607px と解釈するようです。(Word Press のゴチャゴチャ CSS が原因なのかは不明 - 要するに Gecko でしかマトモに見れないのだとすると、それはそれで問題ではないかと思う。)
  • 人によっては YouTube で読み込み中から動画が表示されるのは、ありがたい改善点かな。
  • text-shadow は動きません。
  • これが Opera 10.00 になる版でしょう。
  • 少し期待していた Info Panel は 9.10 のまま。
  • 新規インストールは面倒なので、&opera -pd /home/USER/Desktop で起動して様子見。
  • 昔の -personaldir より短くて覚えやすい。以下の - full-version も覚えておくと良い。

$ opera -full-version

Opera 9.10 . Build 536 for Linux. Qt library 3.3.7.

Compiled on Jan 12 2007 by gcc 4.0

using Qt 3.3.4 (i686 Linux g++-4.0.0 full-config no-canvas no-iconview no-network no-opengl no-sql no-stl no-table no-workspace no-xml).

  • link の選択に戸惑う事が多かったり、いきなり強制終了するなど、テスト目的以外では全く意味がないので、特別の意図がある人以外は入れない方が良い。

Opera - アナウンス

OLPC

OLPC は全く無知な私ですが、Opera 関連で興味を持ち言及したら大島さんという方に引いてもらいました

OLPC OS aka Sugar ってどういうものかと思っていたところ、先日 digg.com に LiveCD もあるよ、というエントリがあったので見に行きましたところ、olpc-redhat-stream-development-livecd.iso と言うファイルがしばらく前から公開されているようです。latest は不安だったので、昨年 12 月 3 日の latest stable を焼き試してみた。

Error 13: Invalid or unsupported executable format

と出で起動出来ず、あっさり断念。とりあえずファイル名から Sugar って Redhat ベースだったのねとだけ再確認。VMWare の image もあったかと。

  • OS 自体やアプリの中身を見れる/いじれるのが OLPC の良い所という方針らしいので、ブラウザ・アプリである Opera は難しいでしょうね。

一言だけ

ふーん、Opera には自動アップグレード告知ってないんだ。

  • 9.01 の告知が、間違って 90.1 になっていたために、多数の人がウェブに上げてくれた証拠画像一覧 at google
  • 変なのと関わりたくないから元記事へのリンクは張らない。

squeakersqueaker 2007/01/13 16:32 僕は最近実機でしか試してないのでわからないのですが、http://wiki.laptop.org/go/User_Feedback_on_Imagesには217なら動いたようなことが書いてありますね。ぜひとも新しい目のもので試してみてください。ただ、エミュレータ上で動かしたほうが動く可能性が高いとは思います。

OSの中がいじれるのは良いとは思いますが、何百万人、何億人単位の子供を相手にするときには、そればかりを重視してもしょうがないとは思うんですよね。ただ、ブラウザアプリはeBookや日記アプリなどと連携して中心的な役割を果たさなくてはならないので、(開発者が)ハックしてカスタマイズしなくてはいけない、ということはあります。』

saitonsaiton 2007/01/13 16:47 コメントありがとうございます。エミュレータ上だと動く可能性がありそうな事を読んでいたのですが、何と言っても livecd のお手軽さに惹かれてしまいます。

2007-01-12 Fri 仕事始めの日

Opera - Info Panel

来るべき Opera 10.00 における*1ページの Info Panel 表示は、ピーターが公開し要望を求めているような形になると思われる。

彼が書いているように、これは決定形ではなく、まだこれから十分変更可能なものなので、要望のある方は直接彼の blog にコメントすると反映されるでしょう。

また、近いうちに Opera のサイトの改変も予定されているそうだ。そこでは現行の Opera もサポートしていないテキストシャドーやボーダーラディアスを始めとする各種 CSS 3 マークアップや、マイクロフォーマットも試されるかも知れないと示唆されている。それらの実装に際しては、ブラウザ嗅ぎ分けは行われない方針だともいう。

ということは、Opera 10.00 ではそこで使われる規格に対応するだろうと考えられる。

  • デイビットのページは本体を先取りして、いくつかの属性を付けてテストしている。Opera では分からないが、Konqueror で見るとテキストシャドーがかかっていたり角が丸まっていたりする。

iPhone

どこかの世界一有名な宣伝マンがいつもの調子で、iPhone は世界初の実用になる携帯ブラウザだとか寝言を放っているようだが、Wired News が Opera のヨン・テッチナー CEO にインタビューしているので大筋を紹介しておこう。

  • Wired News(以下 WN) iPhone はハンドヘルド・キラーだとスティーブ・ジョブスは言っているけど、5 年以内にはコンピュータ・キラーになるんじゃないかと思うんだ。この発言をどう見てるんだい。ソフトウエアやデータは、ウェブを通じてやりとりされるようになるでしょ。
  • てっちゃん(以下 JT) そういう見方も可能性がない訳じゃあないけど、それぞれのデバイスにそれぞれ適した用途があるからね。オフィスワークにはデスクトップのような大きな画面を使ったコンピュータが適してるよ。携帯端末にもそれぞれ適した用途に応じていろんな種類があるからね。iPhone には大きくて優れたスクリーンが付いてるけど、万能ではないよ。別の用途にはもっと別の適した端末が使われるよ。いずれにしても、あらゆるものがウェブにつながってるんだけどね。
  • WN オフィス・アプリが数年以内にウェブ・ベースになるだけではなく、フォトショプのような大きなアプリもいずれウェブ・ベースになるんだろうか。
  • JT オフィスは Ajax13MS Office コンパチな形式がもうウェブ・ベースになってるし、画像や動画、フラッシュなんかも編集可能だよね。
  • WN 現時点では、モバイル環境でのデータ転送帯域とデバイスの処理能力が制限になってるんじゃないの。
  • JT 両方の問題共に、予想よりも徐々にだろうけどいずれ解消するよ。iPhone は 3G じゃないでしょ、今更。残念だね。もっとも 3G と言ったって Wi-Fi より遅いんだけどね。アジアでは 4G も始まってるというのにね。結局、実際に手に入る環境という制限の中で動かすしかないんだよね。まあ帯域だけあっても CPU 能力が追い付かない例もあるんだけどね。DS みたいに 100Mhz 以下で動かしてる Opera も我々はやってるんだ。今日の携帯デバイスはだいたい 100 から 200Mhz 位のものでしょ。iPhone だって、せいぜい 500Mhz 以下だろうね。
  • WN GMail は 600Mhz のパソコンでも動くけど、すごく遅いよね。
  • JT Opera なら動くね(両者、笑)。
  • WN 私の 600Mhz のパソコンで動くのは、Opera と Camino だよ。
  • JT OLPC は見たかい。
  • WN いや未だだ。
  • JT 我々は OLPC を持ってテストしている数少ない会社だけど、あれは 500Mhz に 128MB なんだよ。Opera をテストさせているんだけど、十分動くね。
  • WN Opera を OLPC のデフォルト・ブラウザにする件で何か進展はあったかい。
  • JT 連中はオープン・ソース狂だからね。Mozilla ベースのを動かそうと試みているおかげで、基盤に当初の二倍である 258MB のメモリを載せなきゃならないってさ。Opera ならそこに手を入れずとも見事に動くんだけどね。
  • WN 上手く連中を説得できると良いね。
  • JT 長いことそうしてるんだけどね。彼らがこれまでに作った 20 数台のうちの 1 台を我々が手に入れられたって事は、我々のしている事が評価されてるあかしだと思うよ。インターネットをこれまで以上に多くの人々の元へ届けようとして我々がしてきた事は、彼らのプロジェクトと完全に合致するからね。

ブラウザ選別が IE を追い出している自業自得

Why doesn't Adobe Flash always render for IE Mobile?

*1:昨晩あたりから 10.00 の UA id を訪問履歴以外でも見かけるようになったので、以前より広い範囲の内部テスタにインターナル版が配布され始めたのであろう。

yaskeyaske 2007/01/12 10:57 スタイルシートとかのURL表示部分はリンクにしてくれればいいのに。
と、さいとうさんが書いておいてくれればいいのに。

yaskeyaske 2007/01/12 20:22 いやだいいやだい。
いちいちCtrl+J押すなんていやだい。

saitonsaiton 2007/01/12 20:30 読みに行ってるようだから分かると思うけど、下線を消しているだけでクリッカブルだってさ。というか、9.1 でも info.css のカスタマイズでいろいろ可能とか言ってるけど、どうよ。

yaskeyaske 2007/01/12 23:47 デフォルトでクリッカブルなのが価値があるのです。ひとたびinfo.cssをいじりはじめたら止まんないと思います。でも年を取ったせいでやりたくない。

2007-01-11 Thu

広報からのはっきりとした反論

火曜日に「脆弱性の扱い」として主要部分を訳出した、Opera 9 のプレスリリースと iDefense からの脆弱性公表のタイミングのずれについて、Opera 広報のトーマス・フォードの解説が Opera Has Words For Mozilla という記事の中で紹介されている。

基本的に先にクラウディオから Desktop Team blog に出されたものと同様だが、広報らしくより分かりやすく書かれている。

IDefense が Opera に脆弱性の警告をしてきたのが 2006 年 11 月の 16 日で、その後 Opera は調査を開始した。フォード氏によると、脆弱性の公開日時は iDefense と Opera の間で同意されたものとなるのが IT 業界では決まりとなっているそうだ。その時期がクリスマスと新年の休暇と重なってしまったため、Opera は 1 月 5 日に情報公開するよう iDefense と合意した。Opera は 2006 年 12 月 18 日に修正を含んだ Opera 9.10 を公開した。

さてスラッシュドット等でも採り上げられるようになった騒動の、発端の一つとなった Mozilla に勤めるエイサの個人ブログでの発言に関しては、以下のように応答している。

「(エイサの指摘する点のうち) 9.10 がセキュリティ修正を含んだものだという点を、我々は明らかにすべきであった。皆がリンクしているチェンジ・ログもいくつかの箇所で修正をした。」とフォード氏は認めている。

「我々内部の報告・情報伝達過程に改善の余地があった事を理解し、こうした事が二度と起きないよう対策を講じた。」

その上で、エイサに対して抗議している。

Mozilla コーポレーションの表の顔として見ると、彼のコメントは深慮に欠けた残念なものだ。Mozilla コーポレーションを含むあらゆるベンダは、脆弱性の深刻さの度合いについて発見者による評価と見解に相違がある場合には、修正を行うだろう。

とした上で、重要なのはエイサ自身が書いているように、ユーザが実際に攻撃の危険にさらされている期間なのだ、今回の問題について言えば、Opera ユーザは一日も危険にさらされはしなかったと、フォード氏は強調している。

まあ、いかにも広報らしい物言いだが、「あの」エイサにマジレスするなら、この位が丁度良いのかも知れない。

browser.js の変更点

昨晩の続き。最新の browser.js で修正された行を比較。

修正前

}else if(top==self&&location.search.indexOf('disablechatbrowsercheck')==-1){

修正後

}else if(top==self&&!window.opener&&location.search.indexOf('disablechatbrowsercheck')==-1){

Opera on OLPC

昨年末からテストされていた OLPC 上の Opera にいくつかの進展があったようだ。

上記によると、static 版 Opera は gcc-2.95 でコンパイルしてあるのだが、特別に gcc-4.1 で作った static build を試したところ、固まる事もなく順調に動いているそうだ。

W3C - Mobile

マイケルが jp.opera を離れて W3C - The Mobile Web Initiative へ移ったと、David Storey の記事で知った。

彼の jp.opera 在籍時代には、メールでやりとりしてくれたり、東京オフィスに招いてもらったりと、いろいろ良くしてもらいました。W3C での活躍を応援しています。

Only for Windows

digg.vom の記事で知った XGL 風に Firefox のタブを切り替えてみせる Tab Effect

  • 後で入れてみよか。
  • うちの環境ではタブ切り替えにもたつく事もなく遊べた。

Fedora Extras

CSSED 0.4.0 が新たに FC 6 の Extras に入ったというアナウンスがあったので、後程試す。

  • Windows GTK-2.4 版もあるようだ。
  • 手許の Windows 環境では libxml2.dll が見つからないとして起動しない。
  • LibXml2 for Windows からたどって libxml2-...-bin.zip を入手し解凍したら \bin 以下にある libxml2.dll を \cssed 以下に置いてやれば起動する。

2007-01-10 Wed

Opera - browser.js at GMail

昨日「すばらしい Beta サービス」の中で GMail における Opera の browser.js の不具合をここで言及したが、こんな日本語の blog でいくらわめいても修正されるはずはない。

そこで my.opera forum に書き込んでおいた。さっそく browser.js の作者ハワードが応答してくれ、修正してくれるようだ。

Why can't GMail just set "target=_blank" on those links? Well, anyway. Will push out a fix right now.

links in gmail - Opera browser - Opera Community
  • bjsversion='edited: January 9, 2007, version: Opera 9.10 Desktop' が修正済みの最新版 browser.js
  • link も普通に開けるし、GChat も表示されるようだ。

Opera Mini - Yahoo! 検索

さっそく「OperaMiniが3.6636にアップ、サーチがYahooになり、さらに進化!!」だそうです。後程、WX310SA の Opera Mini も入れ替えてみます。

以前 Advanced だった 310SA 用ファイルは、以下のように Basic に置き換えられていた。落ちてきたのは 3.0.6636 

Based on user feedback, this device supports Opera Mini Basic (MIDP 1).

Opera Mini?

追記;午後 6 時 - 帰宅してからインストール。これまでの 3.0.6506 への上書きだと Google 検索のままだったので、一旦削除して新規インストールしてみる。3.0.6636 になると最初に表示される Google が居た位置に、紫の Y! アイコンと Search の文字。もちろん Yahoo! Japan ではなく yahoo.com の検索だ。なぜか yahoo.com のアカウントも持っているので*1、アメリカ版 My Yahoo! へログインしてみる。その後、はてなへログインして、こことアンテナをブックマークし、My Opera へもログインし記念書き込み。この辺で通信料が心配になってきたので終了。とりあえず使えるのを確認しただけ。Yahoo.com の検索に 'hatena' と入れると、日本語の結果が出るので、まあ使えそう。

  • Opera Mini の機能解説スタートページサーチエンジンの設定解説の画像は、既に Google に代わって Yahoo! になっている。
  • しかしそこでの画像は恐らく Advanced 版のものだろう、WX310SA に入れた日本語 Basic 版では Wikipedia の検索窓はなく、URL 直接入力窓と Y! Search だけである。
  • Basic 版では skin の変更も出来ないようだ。
  • 上記をサっと一周して、prin の接続料とパケット代の合計が、およそタバコ一箱分だった。動作検証にも金がかかるなあ。

Adobe Reader 7.0.9

acroread 8 のない Linux 版等向けに、7.0.9 がようやく出たらしい。一部には早くも 2007 年最大の脆弱性と言われている AcrobatReader の対策版。

入れてみた。

$ rpm -q AdobeReader_jpn

AdobeReader_jpn-7.0.9-1

と、入ったのだが、実際に起動させてバージョン表示を見ると、7.0.8 05/22/2006 と出てくる。急いでいたのだろうが、しょうもないなあ。こんなのは起動させないよ。Fedora なら evince で決まり。

  • GTK 2.10 下での問題もそのまま。
  • ../bin/acroread とか ../nppdf.so の日付が今月になっているから、他の多くが 7.0.8 の頃のままでも気にしないでおくべきか。

*1Flickr のアカウントを取るのに必要だったからかな。

2007-01-09 Tue

Opera - Yahoo!

携帯分野で Opera と Yahoo! が提携

昨晩、速報的に伝えた Opera と Yahoo! のモバイル分野での検索提携について、両社から正式のプレスリリースが出た。

Opera Mini のページには、今後の Opera Mini では Y! サーチがスタート・ページ(=ホーム・ページ)になると画像入りで紹介している。

New downloads from operamini.com will come with Y! search preinstalled in the built in homepage. We will also soon start switching existing users to Y! Search.

Yahoo! Search in your Mini - Opera Mini Blog - by Opera Mini
  • Yahoo! Go’s oneSearch
  • WebProNews の英文解説記事、Opera Goes Yahoo For Mobile Search には、取材にメールで答えた Opera 担当者のコメントが載っている。「2005 年 12 月に Google との間で結んだ 1 年間の契約を延長する交渉の中で、他のパートナーにも来てもらって我々の携帯戦略を前進させるのに最も適した相手はどこなのか比較検討した。(中略)我々は Yahoo! からのオファーが、収益の面でも戦略面でも最善であると判断した。」
  • また上記記事では、デスクトップにおける Google との共同に変化はないと付け加えている。

脆弱性の扱い

ここ数日話題になっている Opera の脆弱性公表問題について、Opera Desktop Team blog でリリース責任者のクラウディオから Handling Security と題したコメントが出ている。

脆弱性問題公表の過程について、一般論を交えながら解説されているので、主要部分を訳出しておく。

誰かがアプリケーションに脆弱性を発見した場合、その人はベンダに報告すべきである。報告者が脆弱性の公表日時を設定出来る場合もあるが、通常は両者が納得する期日が設けられるものである。

脆弱性の内容が明確でない場合には、両者共同でその実証に取り組む。こうした後、対策が済むと、報告者とベンダ双方から脆弱性勧告が公表される。ベンダは通常、勧告の中で報告者に脆弱性発見の功績を認める事となる。

重要なのは、両者が互いを尊重し合うことである。(外部テスタのための実験版)スナップショットで修正が施された場合、その修正について、実験版では公表されないものである。これは報告者と安定公開版だけで更新を行う一般ユーザ、双方のためである。安定版において脆弱性の修正がなされる前に情報が公開されると、多くのユーザを危険にさらす結果となる。良心的な報告者はベンダが公開版で修正を完了するまで脆弱性を公表しないし、ベンダは報告者が脆弱性発見を公表するまで、発見の功績を尊重するため発表を行わない。

たとえ既に修正が済んでいても、修正一覧(チェンジ・ログ)で言及しない問題というのが生じる場合がある。他社の同様の製品における修正を待つ場合がそうだ*1

しばらく前に Yngve が、ブラウザにおけるセキュリティ問題とは正確には一体何なのかについて、素晴らしい要約を投稿した。既に書かれた点ではあるが、さらに重ねて強調しておきたい。Opera において我々はセキュリティと極めて真剣に取り組み、報告される一々のセキュリティ問題について慎重に分析と評価を行っている。脆弱性の深刻さの段階評価が、我々の内部セキュリティ・チームによって後に格上げされる事も有り得る。分析が進む中で当初の深刻さが正確ではないと明らかになる事もあるからだ。しかしその際にも我々の第一の目的は問題の修正にある。より精密な分析が修正の後になされる事もあり、それによって当初の発見が修正される場合すらある。

さて 9.10 のリリースに際して二つの脆弱性公表が遅れた問題は、リリース時期とクリスマス休暇が重なるという不幸な一致に依るものである。みなさん、良いお年を、そして安全なブラウズを。そしてまだならば、9.10 への更新をお忘れなく。

すばらしい Beta サービス

GMail で開いたメールにあるリンクからサイトが開けなくなった。Firefox では開ける。フォーラムでも報告者が居た。

  • 回避方法としては、リンク上で右クリックして新しいタブで開く、あたり。
  • あるいは、右クリックではなくセンタークリック。要するに GMail からリダイレクトさせようとすると、末尾に下記の余計な文字列が付加されて上手くゆかないぽい。

それではと、一応 GMail のヘルプに目を通そうとしたら、not found on this server となってしまう。これも Firefox からは開ける。Opera で開くと URL の末尾に ?disablechatbrowsercheck=1 を自動で付けるようだ。これは先日入った brower.js がやっていることなのだろうか。

 // 196536, GMail: browser blocking prevents chat feature from appearing
    if(top.location.search.indexOf('auth')>-1){
    addPreprocessHandler( 'disablechatbrowsercheck', 'auth' );
	}else if(top==self&&location.search.indexOf('disablechatbrowsercheck')==-1){
    location.search+=(location.search)?'&disablechatbrowsercheck=1':'?disablechatbrowsercheck=1';
}

AskX

以前ここで Ask.com の新しいサービス、AskX が Opera を差別すると書き、メールで問い合わせたら頑張りますという返事の来たことを記した。Opera を放置するしょうもない Google に嫌気がさして久々にのぞいてみた。

上記を開こうとすると、AskX のページが開く。しかも警告が出ずに Opera でも Ajax 風検索結果ページを見せてもらえる。これは向うが対応したのか、id as か browser.js で Opera が自動対応したのか。

  • 検索結果画面にある双眼鏡アイコンにマウスをかざすと、スクリーンショットが浮きでてくる。
  • More から blog を選択すると、旧 Ask の結果画面へ移るが、右端に関連 blog のなかで購読者の多いfeed がお薦めとして表示されるのも面白い。
  • Ask の辞書の他、Wikipedia も 3 段組みの右端に出るので、ブラウザ側のスクリプトで細工してやる必要がない。
  • その他、いろいろ面白いと再発見。
  • さっと見渡した所、override_downloaded.ini や browser.js にそれらしい記述はないので、Ask.com が直したのかな。だとしたら素晴らしい。
  • Answers.com に割り当てられている検索キーワード 'a' を 'ans' へ変更し、追加した AskX を 'a' にした。
  • ブリタニカの内容が出てくる Answers も良いのだが、Opera で開いても Answers Extension を入れないかという Firefox 向け広告が出てきて愉快ではない。
  • Google だけ使っていたのでは世界を狭くするよ、という事だ。
  • AskX を紹介する日本語記事

Opera Widget に関する和訳記事

珍しく Open Tech Press に Opera の記事が訳されていた。「ウィジェット開発に注目したOperaコンテスト

昨日ここで書いた SimAquarium 無断改造問題も話題に登っている。

*1:コメント欄でクラウディオ自身と Rijk が書いているように、今回の問題はこれには当てはまらない。

2007-01-08 Mon

Greasemonkey into Opera

Combine Gmail and Google Reader in Opera

Firefox 専用 user JavaScriptGreasemonkey という機能拡張スクリプトがある。Netscape が作った JavaScript に汎用性があるならば、他のブラウザでも動かなくてはならない。しかし実際には今も Firefox 専用と書いたように、そのまま他のブラウザで動く Greasemonkey は残念ながら多くない。落胆する事はない。多少の修正を加える事によって使えるスクリプトもあるからだ。

上掲の user JavaScript は、Opera でも動くもので、Google Mail 画面内に Google Reader を取り込んで表示させるもの。試しに使ってみたが、いくつかの画面で Feed という表記が見られなかったりと未完成な箇所はあるが、面白い試みかと思う。

  • こうした Greasemonkey スクリプトを Opera でも使うという試みは、以前から広く行われている。ファイル名の末尾を .js ではなく .user.js にして使う習わしになっている。

Opera は重くなっているのか

タイトルは、人の目をひくものを付けるのが大事だそうだが、えてしてそうしたタイトルは誤解を招きやすい。この項で問題にするのは、確かに動作が機敏ではなくなった Opera 9 の話ではない。OperaMail が付いている事で、Opera ブラウザは動作が緩慢になっているのか、という問題です。

次のような記述を、昔から時たま見かける。引用するのは、たまたま今日見かけたからで、別に他意はない。

私は最初、Opera を入れた時にびっくりしました。それにはメールもチャットも入っていたのです。それはまさしく NetscapeMozilla の時と同様でした。しかし考えてみてください。全ての人がメールを使うでしょうか。チャットを使うでしょうか。ブラウザだけで十分という人もいるはずです。そういう人にしてみればそうした機能はただ Opera の動作を重くしているだけに過ぎないのです。

Amigomr の徒然日記 : 「小さなソフト」と「大きなソフト」

こうした見方は、自然なものかも知れません。まず最初に、理論上アプリケーションの動作が遅くなるのと、実用上遅くなるのを分けなければなりません。Opera の考え方を結論から言えば、後者の観点で問題がなければ、何を含めても良いだろうというものです。何らかの機能が必要のない人は、その機能を使わなければ良いだけです。使わない機能のせいで決して本体の動作を緩慢にはさせない、これが Opera の方針と言われています。

Opera はバージョン 7.50 の正式版前に、それまで別箇であった m2.dll を Opera.dll 内に含めるという変更をしました。Opera 7.5 以前では m2.dll を rename するなり削除してしまえば、理論上でも素のブラウザだけの Opera を動かす事が可能でした。m2.dll のサイズは 200KB 程だったでしょうか。理論上は 200KB でも全体の動きを遅くさせはするでしょうが、体感出来る人は当時の環境でもいなかったようです。

そこで Opera 7.5 以降 m2.dll は本体に組み込まれました。先程確認してきましたが、現行の Opera.dll は 3,147KB あります。登場以来、大して機能向上していない OperaMail, aka M2 ですから、恐らく m2 関係のファイル・サイズは今でも本体の 1 割未満でしょう。

なぜそんなに小さなサイズでいろいろな働きをさせられているかというと、各種コンポーネントをブラウザ本体と共用しているからです。HTML メールの描画にはブラウザと同様の描画エンジンが、たとえ簡易版であろうとも必要です。表示フォントの選択、表示窓の設定、フラット/ツリーの並び替え、検索など、共用出来る所は非常に多くあります。これを最大限に活用すると、200 から 300KB で済むのだという事を Opera は証明しているのです。

それでも体感出来ようが出来まいが、一切の無駄は認めたくない、排除したいという潔癖性の方は、opera:config#UserPrefs|ShowE-mailClient に入っているチェックを外してしまえば気が済むでしょう。メール関連機能が非表示になって、ブラウザだけの Opera が使えるでしょう。表示確認だけに Opera を使う方も、このチェックを外しておくとサッパリするかも知れません。

  • 「小さなソフト」と「大きなソフト」Part2 で追加説明がなされているのを読みました。実際に Firefox が広く好まれているところをみると、そこで書かれているような追加方式の方が受け入れられやすいのでしょう。
  • それから、昨今の脆弱性の公開騒動にしても、基本的に人が足りないとはいえ、独善的で一見様お断りみたいな所のあるとこですよ、確かに。

Microsoft 製品を使わない

ニューヨーク・タイムズ紙に Tips for Protecting the Home Computer - 「家庭のコンピュータを守る秘訣」と題された記事があり、SlashDot でも採り上げられている。

記事ではマイクロソフト社以外の OS を使う、アンチウイルス・アプリケーションを使う、Windows Update をすると共に、Internet Explorer 以外の FirefoxOpera といったブラウザを使う事もユーザを保護する等としている。

  • 代替ブラウザだけでなく、OS 自体を非 Windows にしないと、根本的な解決にならないと私は思います。
  • OSS の利点を説く人が、基盤となる OS に商用・非 OSS である Windows を使っているのは、自己矛盾だと思います。Flash が見れなくても平気だと断言する、mp3 なんて聞かない、フリーなフォントが歪んでいても気にしない、商用ドライバしかないプリンタ、キャプチャ・ボードは買い替える、それ位でないと説得力がありません。

脆弱性の公開

昨日は私の想像を述べたが、新たな情報が追加公開されている事を知ったので、補足が必要になった。Secunia の Opera Browser Two Vulnerabilities に、以前見た時にはなかった iDefense Labs による報告へのリンクが Update として追加されていたからだ。

それぞれの VIII DISCLOSURE TIMELINE を見ると、以下のように書いてある。

11/16/2006 Initial vendor notification

11/17/2006 Initial vendor response

01/05/2007 Coordinated public disclosure

Opera 9.10 が公開されたのは、12 月 18 日だから、それ以前に今回の件は Opera ASA へ報告されていた事になる。すなわち 11 月 16 日に最初の通知を行い、もしかしたなら自動応答だったかも知れないメールの返信が翌日には届き、協議の上で情報公開が行われたのが 1 月 5 日だという事になる。

すると読み筋としては、エイサが吠えていたように「知っていたのに隠した」というふうになるのだろうか。彼ならこれまでの言動からして、そう考えても無理はない。しかしセキュリティ企業から報告を受けるという事は、対策を取ろうが取るまいがいずれ公表されるものだし、Opera とてそんな事を知らぬはずがない。すると依然として昨日書いたように、あなた方が言う脆弱性はクラッシュさせはするけど悪意あるプログラムを実行させられる可能性は極めて低い、と報告を受けた側の Opera は考えたというのが、ありそうな筋だと私には思えるのだ。

ただこれを機に、こうした脆弱性につながる情報の扱いに関しては、それを積極的にアップデート促進のために使った方が良いと思いはする。

  • 昨日から探し続けていた社員のコメントがフォーラムでようやく見付かった。書いているのは Anne van Kesteren で Core チームの人だから、リリースやチェンジログには関っていない。

I'm not involved with releases or anything, but I assume this was a mistake given how we normally deal with these things.

Asa Dotzler of Mozilla Firefox says that Opera fails to notify users of risk - Security and privacy in Opera - Opera Community

いずれ公式であるか、リリース担当者からのコメントがあるかも知れない。

  • よそに言われる前に自分で書いておくと、Opera foe Wii を作った時点でこの問題を知っていたのかという疑念がいずれ浮上するだろう。Opera 9.10 for Desktop が 12 月 18 日公開で、Wii browser の公開はクリスマスだが、Opera の手元を離れたのはもっと前だったのかも知れない。Wii Browser の公開は変に遅かったからね。

Opera Widget

先日ここで紹介した SimAquarium の新版というのは、うっかり grafio の作だと思っていたら別人が勝手に配布していたものだった。その辺の事情に興味のある人は、オリジナル SimAquarium に付いている長いスレを読むと分かる。

つまり熱狂的なファンが、最初は改造ファイルだけを配布していたのだが、そのうち原作者の許可を得る前に改造版を配布し始めてしまったようだ。一作目では原作者も苦笑いっぽかったが、二作目まで公開してしまったものだからこれから先が心配だ。ともかく長いスレに執拗にコメントし続けている改造版作者のただならぬ様子から、grafio も呆れ気味。

Opera Mobile - Yahoo!

ラスベガスで開かれている世界最大の電子機器見本市 CES で、驚くべきニュースが発表された。

Companies Form Strategic Partnership to Bring Yahoo! Search to Millions of Consumers Using Opera Browsers for Mobile Phones

Opera Names Yahoo! Exclusive Global Partner for Mobile Search

Google ではなく Yahoo! と携帯電話の Opera は検索で独占契約を結んだそうだ。2007 年に出荷される Opera Mobile、Opera Mini 共に順次 Yahoo! oneSearch を標準の検索エンジンにするという。

デスクトップでさっぱり Opera 対応をしてくれない Google から、先ずは携帯端末の分野でライバルの Yahoo oneSearch へ切り替えたという事か。契約条件が Yahoo! の方が良かったのかも知れない。プレスリリースの中で Opera のテッチナー CEO も、「Opera と緊密に連携してくれる相手を見つけるのは、ユーザの体験を最適化するのに大変重要であった」と強調している。

Yahoo! oneSearch は携帯向けの新サービスで、検索結果を読みやすくグループ化して表示するのが特徴らしい。

  • オスロ証券取引所のプレスリリース
  • いずれ同内容のものが、opera.com にも掲載されるであろう。
  • Nokia が独自ブラウザに切り替えると発表して以来、低迷していた Opera の株価もようやく上昇の兆しが見えてきたようだ。
  • Yahoo! は既に Motorola、Nokia、Samsung、Research In Motion らと 70 機種を超える携帯電話へ新検索エンジン Yahoo Go 2.0 mobile service の提供で既に合意している。
  • コンピュータからの検索では Google に対して劣勢な Yahoo! が、これからの主流と目される携帯分野で盛り返そうという戦略を明らかにしてきたようだ。

ohsaruohsaru 2007/01/08 18:29 基本的にエ○動画や○ロ画像が見れて、ついでに RAW現像とかフィルム・スキャンとか簡単なレタッチが出来れば必要十分な自分なので OSなんて何でも良い感じです。

2007-01-07 Sun

一検索は幾らか

昨晩、M はミリオンで百万だよねと、チャットで笑いのネタにしていた*1 Mozilla 財団の検索収入にまつわる話題ですが、その時はここの今年の方針により採り上げないと宣言したものの、そういえば Opera も一検索あたり幾ばくかのお金を Google からもらっているんだからと気を取り直して、以下の記事を紹介する事にした。

Mozilla's Millions by The Numbers

上記の記事中では、Mozilla のサイトに PDF で公開されている詳しい財務報告を読み解き、財団が 2005 年度に得た検索収入の額を 2,880 万 2,507 ドルと推定している。1 月 3 日にここで「52.9 M ドル、円に換算して約 63 億円程」と書いた数字とは大きく異なるが、米国の会計システムに通じているであろうコラムニストの挙げた数字を、ここでは採用して先へ進む事とする。

  • 28.8 M ドルという上記の金額を換算すると、34 億円強である。
  • 国による会計システムの違い以前に、財務報告書を読み解く力が残念ながら私にはないので、元になる数字が 63 億なのか 34 億なのかで、実はこの後の話に少なからぬ影響が出てくる。ともかく、ここでは元筆者の挙げる数値にならっておく。

Google は Firefox ユーザが検索をする度に幾らかのお金を財団に支払う契約をしている。これはデスクトップ版 Opera の場合と同様である。かつて有料、もしくは広告付きだった Opera が、一昨年から広告なしで無料になったのは、この仕組みで得られる収益に頼ったものだ。それに Mozilla も頼っている訳だ。

さて一回の検索あたり支払われる金額を、元筆者は 1 セントから 5 セントと推定している。日本円にして 1 円から 6 円程だ。仮に 1 セントだとすると、 2005 年度に全世界で Firefox ユーザは約 28 億 8000 万回検索した事になる。一検索 5 セントとすると、5 億 7,600 万回となる。20 億という数字は途方もないと思う人があるかも知れないが、記事によると 2005 年 11 月、一ヶ月間で Google が行った総検索数が 20 億を少し超えた値だそうだから、一年間ではその 12 倍程となるだろう。すると Firefox ユーザによる年間の検索回数を 20 億程とするのは、さほど見当違いな数ではないだろう。

推定される Firefox ユーザ数というのも諸説あるようで、Mozilla 側でも正確なアクティブ・ユーザ数をつかんではいない。調べようがないからだ。分かっているのは、ダウンロードされた数だけだ。2005 年 10 月に Firefox は 1 億ダウンロードを超えたと発表している。記事ではこの数値から、Mozilla は計算上 1 ダウンロードあたり 29 セントの利益を得た事になると結論付けているが、ここでは別の計算をしてみよう。

推定するしかない Firefox のアクティブ・ユーザ数を、2005 年の段階で仮に 4,000 万とし*2、一人あたり平均で年間 80 回の検索をしたとし、上記の 34 億円を割ると一検索あたり 1 円強となる。一人あたりの年間検索回数を推定するのは非常に難しいが、毎日数十回検索する人から月に数回の人、全く Google を使わない人までの平均だと、もっと少なくなるかも知れない。

結論としてここでも、元記事とほぼ同様の 1 円から 6 円程度という、思うに異様に高い数字が出てくる。外国の場合で言うなら*3、Yahoo! を使わないで Google を使って検索しただけで Google はそんなに払うものだろうか。一桁か二桁、違うのではないかと思えるのだ。検索結果画面には Google の広告が出てくるが、Firefox ユーザの多くは広告を非表示にしているではないか。当然この事は Google も分かっていて、いずれ広告非表示機能の付いたブラウザに対して、支払い率を下げるよう交渉してくるのかも知れない。そういう交渉が既に始まっている可能性も否定出来ない。だからこそ、収入に対する支出が異様に低く押さえられ、将来に備えているのであろう。

いけない、話が逸れた。という訳で、我々 Opera ユーザが Google から検索をすると、一回に付き数円のお金がオスロに入っている、と思う事にして置きましょう。

Wii の脆弱性

昨日ここに書いた Opera 9.10 以前にあった脆弱性は、Opera/9.00 が載っている Wii には当然ながら見事に当てはまりそうだ。

http://digg.com/gaming_news/Wii_Susceptible_to_Opera_9_02_Vulnerability

  • トライアル版とはいえ、何らかの対応をとってくれるのだろうか。
  • my.opera Forum では 9.10 をも強制終了させてしまう JPEG について、bug-245681 で報告したとある。

脆弱性がらみなので、ここへぶら下げておく。

Another 朝顔日記の言及からAmigomr の徒然日記での記事紹介を通じてエイサがまた吠えているのを知った。

「さぁ Opera ユーザの皆さん、これにどう反論しますか?」とか、Opera Software should not ship another major release until they have a similar program in place. といった挑発には乗らずスルー力を発揮する所だ*4。私は Opera の社員ではないので内情は知らない。乗せられるのではなく、以下に想像を書いてみる。

12 月 18 日に Changelog for Opera 9.10 for Windows を書いた時点では、Opera 側は今回の問題を脆弱性と認識していなかったのではないか。雑多な修正の内の一つとして不正なヘッダーを持った JPEG でクラッシュしないよう修正を施し、Multiple stability issues solved とだけ記したものと想像される。

ところが年が開けて iDefense からこれこれの問題が以前の Opera にあるね、9.10 では直っているねと通知を受けたので、Advisory を出した、まあそんなところだろう。- Thanks to iDefense Labs for notifying Opera Software about this vulnerability.

以前から単なるクラッシュと、それを悪用した悪意あるプログラムの挿入の間には、微妙な見解の相違がある。当初 Opera 側は前者と考えていたが、指摘を受けて可能性は低いものの後者と認定したのであろう。- attempted attacks will often cause crashes without succeeding with the exploit

Opera - browser.js による脆弱性対策完了

Adobe Acrobat Reader バージョン 7 以前に存在する非常に危険な脆弱性については、ここを含め各地で書かれているからご存じであろう。Opera を使っていればもう安心。browser.js を通じて対策が取れる。

So, I'm happy to announce that most cases of this exploit no longer work in Opera.

Yesterday we published a browser.js update for all public versions of Opera greater than 8.01 which disables the exploit for all files that have a .pdf extension.

patching Adobe's hole - miscoded - by Hallvord R. M. Steen

browser.js は 1 週間以内に自動更新されるが、心配な人は 1 月 3 日にここに書いた方法により手動で今すぐすれば良い。

  • January 5, 2007 という日付がファイルの冒頭に記されていれば対策済み。
  • 246299, PDF security patch というコメントが検索で出てくれば安心。
  • ハワード、ごくろうさま。
  • 彼によると、これはパッチ・バージョン 1 らしいので、今後より改善されるかも知れない。
  • Adobe からのアナウンスには、来週までに 8 に更新できない環境のために 7.0.9 を出すよう努めるから、それまで危険なうちの製品は使うなという異例のコメントが出ている。

もう少しで 1%

長らく 0.6 から 0.7% 付近をさまよっていた Opera のシェアですが、Firefox use nearly doubled in '06; Safari gained, IE and Netscape lost によると、ゲーム機や携帯電話の Opera のおかげでしょう、0.9% へまで上昇しているとか。

多くの人が Opera を使ってくれると、デスクトップ・ユーザとしても Opera を排除したり動かなくされたまま放置という非道い仕打ちから逃れられる希望が見えてきます。

*1為替に弱いというより算数が苦手なのでしょう。おかげで再計算してしまった。

*2:2006 年度にその数字は 7,000 万を超えた付近だろうと言われている。

*3:ご存知のように日本を含むアジア地域では Yahoo! と契約しているそうだから、日本の Firefox ユーザは進んで Yahoo! を使うことが「貢献」になる。Google ではダメだ。

*4:エイサがどんな事をこれまで書いてきたかを別にして単純に引用する事は、私には出来ない。

muroyanmuroyan 2007/01/07 12:03 はじめまして。キーワードで飛んできました。Wiiのネットに脆弱性ですか。ちょっと怖いですね。私もWiiでネットサーフするので・・・。

2007-01-06 Sat

Opera - Security

9.10 以前の古い Opera に 2 件の脆弱性があったとの報告が公開された。対策は、現行の最新版 Opera 9.10 へ更新する事。

  • opera.com/support では Severity: Moderate としている。
  • Secunia Advisory: SA23613 では Highly critical な危険性とされているので、Opera 9.0/.01/.02 などを未だ使っている人は、この機会に 9.10 へする事を強くお勧めします。
  • FrSIRT/ADV-2007-0060 でも Critical (重大な危険)としている。

あなたはここ

http://digg.com/software/IP_Tracing_find_anyone から、IP-address.com

IP アドレスから所在地を Google Map 上に指し示す。Big satellite picture (click here) を選ぶと、大きな航空写真に切り替わるのだが、あまり気分の良いものではない。

多言語表示(続)

昨日分で dz をブータンとしなかった誤りを修正し、その他のフォントを探してきて追加した。これで Wikipedia で表示出来ないのはアラム語だけになった。

Acrobat Reader 脆弱性への対策

Adobe Acrobat Reader バージョン 7 プラグインの脆弱性を悪用されると、my.opera.com に置かれた PDF が原因で Opera コミュニティのアカウントが乗っ取られてしまうだけでなく、ローカルディスクに保存されているファイルを読まれてしまう恐れすらあるらしい。

Opera コミュニティを含む PDF ファイルをホストしているあらゆるサイトが、この脆弱性にさらされている。しかも攻撃はサーバ側では探知出来ないので、以下のような対策を my.opera では取ったという。

われわれのユーザを守るために、全ての PDF ファイルを別ドメインに置き、そこへリダイレクトする措置を取った。これが PDF ファイルを削除する以外にサーバ側で取れる唯一の対策だと私は考えている。

Adobe Reader v7 Browser Plugin Cross Site Scripting Vulnerability - My Opera News

新年会

学校は未だ始まっていないが、とにかく新年会。おみやげももらってご機嫌にこれから帰宅。

Fedora - memo

Enlightenment DR17 の簡単な入れ方。16 なら別の Window manager で構わないだろう。絶対 17。

  • Fedora Core 6 yum repo for Enlightenment E17/DR17 から fc6-yum-repo の rpm を入手しインストール。
  • #yum install enlightenment とするだけで、基本ファイルは入る。
  • あとは、http://dr17.saaf.co.uk/fedora/6/en/i386/RPMS.e17/ この辺から適当に名前を yum に入れて様子見。iconbar 位は入れないと寂しいでしょう。
  • 起動しても恐らく文字化けして操作不能になるだろう。頑張って豆腐文字を読み、どうにか言語設定を en-US にでもすれば大方のメニュは表示される。

2007-01-05 Fri

OOo の脆弱性

昨日の yum update で OpenOffice.org 2.0.4 に更新が完了してから、詳細を見に行って知った脆弱性について、日本語の記事も上っていた。

OpenOfficeに危険度「高」の脆弱性

  • yum とは、Fedora 等で広く使われているファイル更新の仕組み。似たものに従来からある apt がある。仮想端末を開いて管理者権限で 'yum update' と画面に打ち込むだけで、セキュリティやバグ対策が施された新しいファイルがサーバにあるかどうかを調べ、自動的にそれらを取得して更新をしてくれる。Windows の Windows Update の非 GUI 版と考えれば良いだろう。
  • マイクロソフトが全て管理している Windows Update と違うのは、基本ファイルは Fedora コミュニティが管理しているが、独自に yum に対応した公開サーバを置いているボランティアが居る点。それらを利用する事で、公式配布版には含められない mp3 や DVD 再生のためのアプリケーションやコーデックス等も、同様にそれらのサーバから自動取得出来る。
  • 以上、Windows しか使った事のない人向けの簡単な解説。

SVG の 10 年

Opera 社の Jax こと Jonny Axelsson は、XHTML 2.0 の Editors に名を連ね関連メーリングリストへも活発に参加するなど、Opera へ加わる前から標準規格とは縁のある仕事をしてきた人のようだ。彼の my.opera blog に The Year in SVG と題した読み物が掲載されていた。

  • SVG 界を巡る、この 10 年の動き。
  • Jeff Schiller の寄せているコメントもどうぞ。
  • 昨年 4 月に Opera 9.0 Beta が公開された際にも、Jax は En svensk tiger (スウェーデンの虎) と題したエントリを書いている。こちらでは Opera と SVG の関わりにより重点が置かれて書かれている。
  • Wikipedia の説明によると、このタイトルは第二次世界大戦中に使われたスウェーデンのスローガンだったそうだ。
  • Opera 9 と Opera 8 を比べると、表面上は BitTorrentWidget の装備が目に付きやすいが、Acid2 Test にパスしただけでなく SVG を始め Web Forms 2.0、XSLTXPath への対応といった、地道な標準への準拠によって、8 から 9 へのメジャー・バージョンアップに名実共に値するものとなっている。

Internet Explorer をまだ使っているのですか

ワシントンポストに Internet Explorer Unsafe for 284 Days in 2006 と題された記事があるのを今朝見かけた。独自に作成した表まで作っているものの、何を今更と思って言及しなかった。365 日中 365 日危険なのが Internet Explorer でしょう。

昨年ここに書いた 2006-10-19 Thu - Security - 真赤な船出へのリンクを置いておく。

European touring car

シカゴ・トリビューン紙が IE vs. Firefox: Browsing the browsers というブラウザの記事を載せている。

また Opera は無視かと思ったら、「PC 雑誌は Opera をヨーロッパのツーリングカーにたとえている」として、試す価値はあるような書き方をしていた。これが何か分かる程、私は車に詳しくないのが残念だ。European Touring Car Championship に出るような車を考えたら良いのだろうか。それなら ジャガー、BMW、アルファロミオ、ポルシェやフォルクスワーゲンに対して、アメリカ人が抱く思いを想像すれば良いのか。

その思いというのが分からないのだが。

  • ここには何度も書いたように、私はサーブかシトロエンだと思っている。

多言語表示

http://meta.wikimedia.org/wiki/List_of_Wikipedias#Active_Wikipedias_ordered_by_language_code

上記のうち Fedora で全部/一部が表示出来ずに豆腐状態になってしまうのは、arc アラム語、bo チベット語、dv ディヴェヒ語、dz ブータン語、km クメール語、ii 彝語である。

2007-01-04 Thu

検索キーワード

最適な答えをネットから引き出すには、いくつかのポイントがある。適切な検索語を設定すると共に、複数の検索エンジンの中から最適なものを使う必要がある。ここで重要となってくるのが、検索エンジンの切り替え方法である。一々専用の小さく狭い「検索語入力窓」脇の、更に小さな三角形をマウスでクリックし、沢山登録してある検索エンジンから*1必要なものを選んで動かすようではとても快適とは言えない。

たとえば「g books」はGoogleで「books」を検索する。「yt U2」はYouTube上で「U2」を検索する。便利な点は、ひとたびコマンドを覚えてしまえば、いちいち検索サイトに飛ばずに、この1行のコマンドラインからどんな検索でも実行できるところにある。

TechCrunch Japanese アーカイブ ≫ シンプルなコマンドラインツールが役に立つ

上記で紹介されているオンライン・コマンドライン検索補助サイトが行っているサービスは、Opera のキーワード検索を知らない人には「ウェブ検索をいつも大量に行っているユーザーにはたいへん便利なツール」と思われるのだろう。

この記事を書いている人は、キーワード検索機能の付いたブラウザを本当に知らないのか、知らない人々向けに自分でも知らないふりをしているのだろう。

キーワードをご利用いただくとさらに早く検索することができます。アドレスフィールドに直接、スペースで区切ったキーワードやフレーズを入力してください。例えば、"Opera" に続けて "g" を入力すると、"g" というキーワードが割り当てられた検索エンジン(この場合は Google )で "Opera" という語の検索が行われます。

Opera の検索機能

ちょうど私の所では、YouTube 検索に上記 2 サービスと同じ "yt" が割り当てられているので、"g opera" の代わりに "yt opera" とアドレスフィールドに入力すれば、YouTube で "opera" の検索がなされる。この機能があるので「検索語入力窓」が使われる事は滅多にない。普段はアドレス入力バーで隠れているスタートバーに、念のために置いてあるがそれで困った事は今まで一度もない。

2006 年のブラウザ戦争

2006: The Year in Browsers

Rijk のニュースへの記事に付いている署名で気付いた*2、Wired News によるブラウザ戦争を Star Wars でたとえた概観。

IE は帝国軍、Firefox は共和国軍、Safari はファルコン号、Flock はエピソード VII にたとえられ、Opera はハン・ソロ、チューバッカ賞を授けられている。

  • 単純に MS を帝国軍、最大の反乱勢力である Mozilla を共和国軍とするのに、私が同意出来るはずはない。
  • acroread や flash を独占・囲い込みしているのが Macromedia であり、UserJSで直せるようなことなのにそれをしないGoogle* がどれ程のものかは、今更言うまでもない。

広報の基本

Opera に限らないテーマだろうが、Opera Otaku のローレンスが、年頭の質問を my.opera blog でしている。Opera を広めたいと思っている人は彼のコメント欄に答えを残して欲しい。以下、マーケティングの専門家としての彼の考えの要約。

Opera のように沢山の機能があると、どの機能から話すべきか難しいと共に、そういう態度では避けられないジレンマに陥る。これが便利だ、あれが素晴らしいと言っても、それでは抽象的になったり主観的過ぎたりするだけだ。彼は先ず相手がブラウザに何を求め、どんな使い方をしているのかを聞く。そうすればどんな風に Opera が相手の役立てるかが分かる。

我々がするべきなのは、人々がブラウザを取り替えるべき具体的で主観的過ぎない説明なのだ。そこで Opera の広報に携わっている人達に質問したい。「より多くの人々が Opera を知り、使うのが重要なのはなぜか」 - Why is it important that more people know about and use Opera?

そこから考えて新しい年の活動を始めよう、と彼は言っている。

  • さっそく多数の意見がローレンスの所と、これまた読者の多い記事を取り上げたダニエルの所へ寄せられている。
  • 一番最初にコメントしているレイクの分だけ紹介しておく。

私の場合は「Opera なら、あなたの方でウェブをコントロール出来る」といつも答えている。これまで私は技術恐怖症の両親がコントロールを差し迫って「必要」とするまで、一度も Opera を売り込んだ事がなかった。彼らが必要としていたのは、フラッシュのゲームを含めて本当に何でも拡大してくれるズーム機能だった。

この答え、取り分けその冒頭の「あなたの方でウェブをコントロール出来る」というのは、Opera を長く使っていると当たり前になってしまっている、ウェブに対する基本的な見方に関係するものだと思う。ページがどう見られるかを決めるのは、作り手側ではなく閲覧者側なのだという基本的かつ根本的理解において、Opera を使っている人とそうでない人との間には、極めて大きな発想の違いがある。

  • ブラウザ振り分けや CSS ハックに注力する製作者の気持ちを、Opera ユーザが理解し難いのはこのためである。この点で柔軟な発想を持っていたからこそ、異様に早い時期に Opera にスモール・スクリーン・レンダリングが備わったに違いない。
  • W3C の Amaya が追求している、閲覧だけでなく HTML の編集も同時に行えるブラウザ、その実現形が Opera なのです。
  • ズームもそうであるがページのお仕着せ CSS と自前で用意したユーザ CSS の切り替えを、Opera 程簡単即座に出来るブラウザを知らない。
  • CSS 2.1 でも矛盾する指定があった場合に、通常はページ製作者の書いた CSS が閲覧者の CSS よりも優先するが、!important が付いている指定に関しては両者の力関係を逆転させるとしている。

an "!important" declaration (the delimiter token "!" and keyword "important" follow the declaration) takes precedence over a normal declaration. Both author and user style sheets may contain "!important" declarations, and user "!important" rules override author "!important" rules. This CSS feature improves accessibility of documents by giving users with special requirements (large fonts, color combinations, etc.) control over presentation.

CSS 2.1 Specification - 6.4.2 !important rules

Security - Adobe Reader

Adobe Reader Cross-Site Scripting Vulnerability - Secunia によると Less critical だという。

I was able to validate the proof of concept code with Adobe Reader versions 6 and 7; however, Adobe Reader 8 prevented the code execution and presented me with an "Operation Not Allowed" dialog box. The validation was done in both Opera 9.10 and Firefox 2.0.0.1.

arstechnica.com

バージョン 6 と 7 に影響があるそうだ。7.0.8 が最新版の Linux では使わないという対策しかないので、evince で開く設定に変更しておく。

*1:検索エンジンの数が「沢山」とは言えない程しか登録出来ないブラウザは論外である。

*2:たとえば、opera.general > opera crashing

TERRAZITERRAZI 2007/01/04 19:36 Operaがその人に向いているか「Ctrl+B」を便利と思うかどうかで判断する。無限に使われるだろうCtrl+V→Enterの2ストロークを1ストロークで済むことに価値を見出せない人には、ブラウザに限らず何を薦めても一緒だと思う。

2007-01-03 Wed

Google 越しの世界

世の開発者たちの多くは規格書を読まずに、いわゆる「現物合わせ」で仕事をしている。「現物合わせ」というのは、伝統的な職人達が最も得意とする所で、設計図など無くても、あるいはそれがあっても一々詳細に目を通さずとも、文字通りの職人技で精巧な品を仕上げてしまうのだ。

  • 家の増築で柱を繋がないとならない場合、どういった「ほぞ」を刻むかは、実際の現場で手にした材料の具合に応じて変えなければならないだろう。
  • 相手が人間ならば、さらに多様な対応が求められる。同じ事を教えるのにも、どの時点でどういったアドバイスを与えたら最も効果的か、教師の力量が試される。

しかし「現物合わせ」だけで押し通すと、最悪の場合、規格品の窓枠が壁に取り付けられなくなったり、階段の間隔に不揃いが生じたりする。素人の工作でありがちな、椅子の足をがたつかないように削って合わせているうちに、全体が短くなってしまうたぐいの失敗だ。

Google が提供している各種 Web サービスには、Google だけに限った事ではないのだが「現物合わせ」が目立つ。彼らが考える主要ブラウザの特異な挙動に合わせて、様々なつぎはぎが当てられているのだ。そして Wii にせよデスクトップにせよ、Opera を彼らは対応すべき主要ブラウザとはみなしていない。少なくとも Opera 対応の優先順位は高くない。最近では Google Reader が Opera でも使えるようになっただけだ。

そこで Google を始めとする Opera 嫌いなサイトの*1、のろまな対応に業を煮やした技術者が仕方なく考え出したのが、Opera 側でサイトの挙動を変える JavaScript、すなわち UserScript なのだ。似たような働きをするものに Greasemonkey Script というのがあるが、「現物合わせ」で合わせてもらえている Gecko 系ブラウザでは、主として機能の拡張を Greasemonkey は担っているように見える。

この日記でもようやく動くようになったと大喜びした Google Mail ページでの Google Chat は、Google 側の修正によってではなく、Opera 側の browser.js という名の UserScript によって対応がなされた。

  • ブラウザ JavaScript の説明 - at jp.opera.com
  • 「更新情報の取得」の二行目だけ英語のままなのは、間もなく全体が Opera 9 に対応した文書に差し替えられるだろうから、大目に見てやろう。
  • Opera6.ini の設定 も内容が古いから、間もなく差し替えられるに違いない。よろしくお願いしますよ。
  • 初期設定でこの機能が有効だった Opera 8 と異なり、Opera 9 では opera:config#UserPrefs|BrowserJavaScript の値は 0 = 無効である。これを機会に 2 = 「週ごとにアップデートを確認しながら使用する」 へ変えておくと、頻繁にウェブを利用する人の多くにとっては助けとなるであろう。初期設定で無効なのは、一般的利用者にとってブラウザ JavaScript はかえって混乱を招くという判断なのだろうか。
  • メニューのヘルプから、更新をチェックするをクリックしてやると、手動でブラウザ JavaScript が最新版であるかのチェックが行われ、既に読み込まれているスクリプトよりも新しい版があれば、自動で差し替えが行われる。サイト側が対応して不要になったブラウザ JavaScript の一部は、全体を上書きする事によって自動で取り除かれる。
  • Opera には opera.com から上記の仕組みで送付されて組み込まれるブラウザ JavaScript の他に、利用者の好みで手動で組み込めるユーザ JavaScript が利用出来る。
  • ユーザ JavaScript を利用するには、適当なフォルダを作成し*2、そのフォルダを Alt + P で開く Preferences から Advanced > Content > JavaScript options を開き、新設したファルダを指定してやる。
  • 上記ファルダ内に JavaScript が置かれると、自動的にユーザ JavaScript として読み取られ作動する。ブラウザの再起動は必要ない。

さて、ようやく本題の Google による各種サービスを Opera でも満足に動かすユーザ JavaScript の紹介である。Google の各種サービスを良く使うという xErath というハンドルの学生が、自身の my.opera blogで各種 Google サービスで Opera を困らせる設定を回避する user.js を公開した。

このユーザ JavaScript を利用すると、Google spreadsheets、Google Calender、Google Picassa Web、Google Docs が Opera でも満足に動くようになる。Google Calendar 以外は使った事がなかったが、一通りの動作確認は行えた。

  • これまで Opera での動作を阻んできたのは、下らないブラウザ判別と中途半端な DOM 対応だと作者の Eiras は主張している。
  • いずれも GMail のアカウントを持っていれば利用出来る。
  • my.opera forum の User JavaScript では、開発中の user.js についての各種議論が盛んに行われている。興味をひかれるスクリプトがあったら、使ってみて直接書き手にフィードバックしたり、要望を伝えるのに最も適した場所である。

懸念されるのは、こうしたユーザ JavaScript を悪用したセキュリティ問題だ。送られてきたスクリプトの安全性をチェックしてから公開していた UserJS.org が半年前から更新を停止してしまったので、現在これらの利用は自己責任となっている。

重要な追記

第三者作成のユーザー JavaScript を共有することはできますが、信頼できる人以外のスクリプトライブラリを使用したりインストールすることは避けてください。確信が持てない場合は、スクリプトを Opera フォーラム、ニュースグループ、メーリングリストなどに投稿し、利用しようとしているスクリプトが正しく記述されているか、不正でないかを尋ねてみてください。

ユーザー JavaScript による制御

4 ページに渡るユーザ JavaScript の日本語による公式解説が上記リンク先で公開されていて、そこでは「ユーザー JavaScript は opera: または https: プロトコルへのアクセス時には読み込まれません。」とあるが、対応する英語原文は Opera 9 向けに修正されており、上記引用符内の部分は次のように変わっているので注意。

User JavaScript will not be loaded on pages accessed using the opera: protocol.

https: プロトコルにおいてユーザ JavaScript を動かす事は、opera:config#UserPrefs|UserJavaScriptonHTTPS にチェックを入れる事によって可能である。従って無用な穴を開けておきたくない向きには、チェックを入れたまま忘れていないか、確認する必要があるかも知れない。

  • Eiras 作の resize-textarea-util.js を使うと、コメント欄が狭くて書き込みにくいはてなの初期設定を、自由に広げて思う存分コメント出来る。
  • Textarea resizer - 入れるならスレッド冒頭の初版ではなく、中途に提示されている第二版。ただし起動キーが Ctrl から Shift へ変更されているので注意。

resize textarea

シェアと検索収入

今年の方針として、Opera 関連に話題を限ると決めたのだが、次の話題は主として Mozilla 財団に関わるものである。

長いこと公開されずに謎だった Mozilla 財団の収支について、ミッチェル・ベイカー Mozilla CEO が自身の blog で概要を説明すると共に、Mozilla Foundation Documents に公式文書をようやく明かした。

  • PDF を開いていくつかを眺めると、ミッチェルや他の幹部に支払われた額等も公表されている。詳しくは Mozilla 系 blog で解説されるだろうからどうぞ*3

公開されていなかっただけに、憶測を呼んでいた主として Google からの検索に伴う収益は、2005 年度で、ミッチェルの説明によると 52.9 M ドル、円に換算して約 63 億円程である。彼らのシェアがさほどでもなかった 2003 年度には 3 億円弱、2004 年度には 7 億円程だった事も今回分かった。

対して Opera の Financial Statement - First Quarter 2006 に書かれている 2005 年度のデスクトップ関連の収益額を換算すると、約 5 億円となる。Opera の場合はデバイス関連から他に 24 億円程の収益があったが、それでもトータルで Mozilla 財団の半分である。

検索関連からの収益で実ブラウザ・シェアを逆算・想定してみる。その金額がおよそ 12.5 : 1 になっているので、Firefox の 2005 年度のシェアを 9 % とすると Opera は 0.7 % 強となる。まあ妥当な想定だろう*4

Opera Widget

SimAquarium - Orca edition

Widget Worldcup で優勝した SimAquarium の新作、バージョン 2.2 は、シャチが出てきて泳ぐらしい。初期設定の金額が非常に大きいので、設定ファイルを書き換えなくても、これまで買えなかった高性能濾過器やブラウザ背景などを思う存分試せるだろう。

*1:誰が何と言おうと、ええ、彼らは Opera なんか邪魔で、そんなものなくなってしまえば自分達の仕事が楽になる、としか考えられない人達なのだ。

*2:ユーザ毎の各種設定ファイルが置かれているディレクトリ内がふさわしい場所であろう。具体的には Windows ならたいていの場合、C:\Documents and Settings\コンピュータの利用者名\Application Data\Opera\profile 以下あたりにそうしたファイルがあるだろう。

*3:例えば、そんなに多くを内部留保せず Minimo が動きそうな WindowsMobile プラットフォームの技術者を大量雇用するとか、言いたいことのある人はあるだろう。あるいは WinMobile なんてケチな事を言わず、OSS らしく GNU/Linux で Minimo を動かす企画に注力するとか、ね。結局 Minimo なんて本気じゃないのだろうと、意地悪な事を言われるだけですよ。

*4:と、まあ最後は強引に Opera ネタとしてまとめた。

itochanitochan 2007/01/03 23:06 あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

Operaで動かない筆頭に挙げたいのは、JavaScriptで、
  document.form1.submit();
のような文を、
  form1.submit; //(たぶんこんな感じ)
のように省略しているものです
IEでは動くので知らん振りのようです (-_-メ)

JavaScriptにも、AN-HTML Lint みたいなものがあればいいな。

2007-01-02 Tue

GMail コンタクトリスト流出か

簡単な JavaScript を使うと、GMail へログインしたままのユーザからコンタクトリストを盗み出す事が可能だという脆弱性に関する問題が論じられている。一部の記事では Firefox だけでなく、IE や Opera でも動くコードだとしている。現在、調査・修正過程にあるものと思われる。

今回話題に挙がっているのはコンタクトリストの搾取だが、昨年末に一部のユーザにあった、GMail の全メール、コンタクトリストの消失被害とも関係している脆弱性だろうと推測される。

関連して次のような、これまた恐ろしいページも公開されている。Opera ユーザ以外の digg.com 登録者は開かないように。

Are you logged in on digg and not using Opera? Well if you are, you will digg this story either if you like it or not.

Digger's blog

「あなたが digg にログインしていて、Opera を使っていないならば、あなたが digg しようがしまいが、この記事を digg した事になる」という冒頭の警告。セッション乗っ取りという技法らしい。

my.opera forum で yngve はブラウザ側の脆弱性ではないとコメントしている。

If that report is correct, it is NOT the browsers that are vulnerable, it is GMail.

GMail Vulnerable To Contact List Hijacking - Security and privacy in Opera - Opera Community

本家から数日遅れが恒例のスラッシュドット・ジャパンにも、珍しく素早くスレが立っていた。- Google: Gmailに脆弱性、Google Calculator停止中

Googleの検索ボックスから使える「電卓」「通貨換算」が利用できなくなっていた。現在は復帰している。

ITmedia News:Google電卓、通貨換算がサービス一時的に停止

速報とはいえ、原因がはっきりしているのに言及が無いと、結果として隠蔽体質に手を貸している事にならないか。

Linux - ジュークボックス

Exaile

  • AmaroKGTK+ 版というだけあって、皮は GTK だが良く似ている。

HHK - プレゼント・キャンペーン

Happy Hacking KeyboardPFU が発売 10 周年記念キャンペーンをやっている。PFU ダイレクトで商品を購入すると記念品がもらえる他、アンケートに答えて応募すると、希望商品が抽選で当たるそうだ。

キャンペーン期間は今月 21 日までなので、興味のある方は忘れないうちにどうぞ。

Fedora Zod Live CD の壁紙

Fedora 6 Zod Live CD を昨年末に iso を焼いて起動させた感想が、実に綺麗な壁紙だというピント外れなものだった。実に綺麗と言うなら、他にも使いたいという人が居るだろう、公開ておけ、となった。

久々に Flight Gear

Open Tech Press に FlightGearで大空に飛び出そうという翻訳記事があったので、それを援護するように、以前いろいろな地図データと機体データを入れて遊んだ時に撮った画像集へのリンクを張っておく。

2007-01-01 Mon

HappyNewYear

Fedora Legacy

謹賀新年とか言っている場合でもなさそうだ。

SlashDotFedora Legacy Shutting Down として載っていて気付いたが、Fedora Core 4 以前のサポートが打ち切られたようだ。現行は 6 だから一つ前のバージョンだけをサポートする方針に変わったようだ。

管理補修期間に入ったディストリビューションに対する現行のサポート・モデルは、見直しされた。古い Fedora Core に対して以前我々が計画していたような形でのサポートを続行する事は不可能になったからである。今後、Fedora Core 4 以前のディストリビューションは管理補修されない。

Fedora Legacy shutting down | FedoraNEWS.ORG

12 月 14 日に記事になっていたようだ。

Red Hat の古い Fedora Core を動かしていますか。悪いニュースが入ってきた。あなたはもうサポートされない。

The Fedora Legacy Project は現在移行期にあり、扉は閉じられようとしている。プロジェクトが Fedora Core 4 以前のディストリビューションに対するサポートを行わないという決定は、今週中にも有効となる。

Fedora's Legacy Wanes

コミュニティ・サポートをうたってはいたが、以前から引き受け手が集まらないとは聞いていた。Fedora 自体が最新機能を試す実験場という位置付けなので、旧版の補修などという地味な仕事を、進んでかって出る人は結局出てこなかったのだろう。

Opera 9 を更に高速に

Opera の魅力の一つである「速さの秘密」に、キャッシュの巧妙な利用がある。しかしページによっては、再表示の際に JavaScript を組み合わせて InlineFrame 等の領域を再描画させる事がある。古典的ではない、そうした複雑なページへ対応するため、Opera 9 は 9.0 TP2 の頃から設定で 3 つの「履歴再描画モード」を備えている。

A blog? with Σαιτω - Opera - History Navigation

年末に上記で採り上げた設定を探してきてここに書いたら効果があったというトラックバックがあったので、今年の方針にしたがい*1、もう少し親切に再掲しておく。

この設定だが、まず基本的にはいじらない方が良い。初期設定が何のために新設された自動検出になっているかというと、これまでの方式では、いくつかのページで「戻る」操作を行った際に、再描画に不具合の出る可能性があったからだ。何の問題もないのに、Opera を遅くするような仕様変更がなされるはずはない。

したがって、設定を変更する事によって不具合が生じる可能性がある事を十分わきまえてもらいたい。それを理解せずに設定変更をした揚げ句、Opera ってやっぱりダメだねと断言するのは自業自得の愚行である。

公式文書の JavaScript and History Navigation から冒頭に挙げた点以外の要点を抜き出して解説してみる。

  • 一旦 Opera が表示したページの、キャッシュに残った情報を利用して高速で再描画を行う従来から行ってきた仕組みを、fast history navigation と呼ぶ。
  • Opera 9.0 テクニカル・プレビュー 2 版からは、このモードに加えて compatible history navigation と呼ぶ描画方式が組み込まれた。これは冒頭に記した、ページの一部をスクリプト等によって変化させるページの再描画に対応するためである。
  • 現行の Opera 9 には、3 つの「履歴再描画モード」がある。その設定変更は opera:config#UserPrefs|HistoryNavigationMode から行う。
    • 数値 1 (初期設定) - 自動検出。ページによって最適な履歴再描画モードが選択される。多くの場合、これで問題はない。
    • 数値 2 - 互換履歴描画モード。このモードを選択すると、スクリプトによる書き換えに「常時」対応する*2。その結果、必要があろうと無かろうと、「戻る」操作をすると、毎回キャッシュからではなくサイトを通じた情報にもとづいて再描画を行う。
    • 数値 3 - 高速モード。このモードを選択すると、あらゆるサイトでページの再描画はキャッシュから行われる。これは従来の Opera 8.x 以前と同じ動作である。
  • ページの指定と Opera 側の指定の優先順位は、以下の通りである。
  • 1 User JavaScript - 2 opera:config における設定 - 3 ページのスクリプト
  • したがって通常の自動検出モードにしてある場合では、前項の順序でモード選択が行われる。

*1:なるべく日本語で記事は紹介する。Opera の設定などは分かる範囲で解説するという方針。

*2:ただし、以下に記した通り、user.js で何らかの指定がなされている場合には、そちらが優先される。

kai-lapiskai-lapis 2007/01/02 02:52 高速モードは描画済みの情報を保存、再度ページを訪れたときにその情報から再表示するものです。再描画を行わないことでより高速に再表示します。しかし、再描画をしないのでスクリプトからページのロード・アンロードなどは感知できません。

互換モードはそれらに頼るスクリプトに対応するために、描画済みの情報の保存・使用は行わないで、毎回、キャッシュ内に保存されたページとスクリプトから再描画するものです。

 | 
2003|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|08|10|11|12|
2011|01|03|04|07|10|12|
2012|01|04|07|08|11|
2014|05|