A blog? with Σαιτω

Optimized for Opera Mini Opera User Preview in Opera Mini

Antenna my yahoo
グラフ Opera 系日記 - 方針 - about - twitter
Opera の情報は上の検索窓で過去ログからどうぞ
Home for all Opera fans.

 | 

2010-02-28 Sun

Opera 10.50 沢山の Snapshot

前回が 2/20 なので 1 週間以上間があいてしまった。blog してる暇があったら Opera 10.50 のバグをどうにかした方がずっと良いだろうし、広報/マーケティング的活動は社内のそういう部署の人に任せれば良い。そんな風に思って忙しい日々を送っていました。

Opera 10.50 の Snapshot に関して言えば、2/12 の Beta 1 以降について言及してこなかったことになる。その後沢山の Snapshot や Beta2 が公開され、現時点での最新版は、A small changelog にある build 3290 となっている。バグをチェックしているだけのこちらと違って、その修正、その修正パッチの取り込み、それらに基づいて実際のビルドを作るといった作業ははるかに大変な訳で、もうかれこれ 1 ヶ月以上、開発は土日も働きづめのようだ。

今週末もずっと稼動していて、その結果がアイロニックなスモール チェンジログ ビルドな訳である。

  • まだ問題は残っているが、いろいろ目処がたったので、こうして blog を書けている。

「目処がたった」と書いた通り、10.50 は RC にまで辿りつきました。

Opera 10.50 RC for Windows

イェーガー モンキー

このところブラウザの速度というと、OperaChrome (WebKit) にばかり目が集まっているが、JavaScript の高速化の口火をかつて切った、もう 1 つの陣営がある。MozillaGecko エンジンである。

いちはやく TraceMonekey で JIT を導入し、どんなものだと言わんばかりの時期があった。このところはすっかり Opera や WebKit に遅れをとり、すっかりおとなしくなってしまっていたが*1、数日前にイェーガー モンキーなる新 JavaScript エンジンの名前が出ていた。既に JIT を採用していたはずの TraceMonkey があるのに、どこが違うのかと、先ずは公式 Wiki ページを開いた。

  • Gecko の JavaScript エンジンは、正式には SpiderMonkey という。
  • SpiderMoneky にネイティブコード作成機能を追加するのが TraceMonkey である。

すると JägerMonkey は何なのか、素人なりに疑問が生じてくる。

公式解説には、SpiderMonkey 向けにインラインスレッディングを実行するのがイェーガー モンキーだと書いてある。要するに TraceMonkey の更なる最適化プロジェクトに付けられた名前といった理解で良いのだろう。

開発は 1 から行われたものではなく、ライバル(あるいはオープンソースの同僚) である WebKit の JavaScript エンジンからコピーしたと公式に書いてある。

  • WebKit の JavaScript エンジンは SquirrelFish (最近では SquirrelFish Extream と称しているようだ) という。
  • WebKit を使ったデスクトップブラウザの代表格、Chrome ではマーケティング上の理由だろうか V8、Safari では Nitro と呼ばれ、GoogleApple がそれぞれに改良を加えている。

その WebKit のうち Mozilla は Apple の Nitro をそのまま使ったとある。他所のコードを転用するというと思い出すのが、Adobe Flash 9 の JavaScript エンジンを SpiderMonkey に移植しようという Tamarin というプロジェクトがかつてあった。それは頓挫したが、オープンソースではこうしたことが時々ある。

Mozilla ではいずれの場合もバックエンドには Nanojit というライブラリを使っていたが、イェーガー モンキーでは Nanojit は役不足だったのか、上記 Nitro に乗り換えたとある。

こんな勢いでは、そのうち Gecko のレンダリングエンジン自体までもが "simple and fast" な WebKit になったりはしないのかと言い出す人が出てきてもおかしくはない。

*1:一部では IE 6 と同じ理屈で、実際の Web サイト/サービスはシェアの大きなブラウザに最適化して作られている、よって IE 6 や Firefox の方が実際の利用場面では高速だなどと言い出す始末。Firefox が異常なまでにシェアを気にする理由はそこにある。

2010-02-20 Sat

YouTube はモダンブラウザで

Use Modern Browser

YouTube を古いブラウザで開くと、このような表示がされる。 よいことだ。

EU のブラウザ選択画面

Browser Ballot

これが EU で提供されるブラウザ選択画面だ。EU 内で販売される Windows ではこの画面がデスクトップに表示されブラウザを選ぶことになる。

Select your web browser(s) を再読み込みすると並び順が変わる。

(横スクロールに気付かない人、気付いてもスクロールさせない人が相当居るだろう。)

実際の Windows デスクトップ上での表示については、オンラインメディアに画像が出ている。たとえば EU Browser Ballot: Which Would You Choose — Poll

(People who read this also read 以下の各項目は Opera 10.10 だとほとんど消えて読めないが、10.50 beta だと正しく表示される。)

2010-02-12 Fri

赤い O

Chrome のように初期状態でメニューが表示されない Opera 10.50 で、従来のようにメニューを表示したい場合は「赤い O」をクリックして出てくるメニューの中にチェックを入れる項目がある。

ところがどうも幾つかの(恐らくはメニューをカスタムしてある) 10.10 から 10.50 beta に上書きすると「赤い O」が表示されないらしい。そもそも「赤い O」という表現自体に問題がある。

赤い O

このように赤い背景に上の切れたシルバーの O ボタンが、タブの左端に表示されているはずである。これはインストール前の 10.10 系でもメニューを表示させるボタンとして同じ位置にあったのだが、表示されないとしたらそれをインストール前に消してしまっていたのだろうか。

Old O

そうなると「赤い O」は 10.50 beta でも出ていないのかも知れない。

さて戻し方だが、以下の絵のようにタブのコンテキストメニュー>カスタマイズ>外観の設定を開いた上で、タブの左端の何も表示されていない辺りをクリックしてやると、絵で示したように黄色い色で囲まれた枠が出てくる。その状態でダイアログ右下の標準に戻すを押してやると、めでたく赤くはない「赤い O」が表示されるであろう。

O の戻し方

このボタンを押すことによって従来のメニューがドロップダウンしてくる。その中に、従来のようにメニューを一行分の場所を取って常時表示させる項目があるはずだ。

上記は標準の skin でやってみたものだが、skin を変えてあると色や形、大きさに違いがあるだろう*1

[土曜日/追記]

当然ですが、メニューを表示させれば「赤い O」は表示されません。

*1:画像の上にマウスをかざすと透過するのは CSS のテストのために opacity と transition-duration を書いてあるためです。

2010-02-11 Thu

Opera 10.50 Beta RC2

We have disabled geolocation for now because we need more preparation for the backend services.

Opera Desktop Team - Beta RC2

Geolocation は今回見送りとなりました。

日本との時差がオスロには 8 時間あるので、夜中の 2 時過ぎまで稼動していることがお分かりいただけると思います。

Opera 10.50 Beta リリース

日本時間の午後 5 時にリリースされました。上記エントリにあるように午前 10 時過ぎから ftp に置かれてミラーされる余裕を取っていました。しかし直前で差し替えがあったので、発表前に ftp から入手したビルドは古いはずです。ご注意ください。

Windows の正式ベータリリースビルドをお使いください。

Desktop チームの Mac 主任、アダムからのお知らせ。

Don't worry Mac and UNIX fans we haven't forgotten about you with all the Windows work going on. We too have been working hard improving your favourite platform. So much so that these platforms are now well into their Alpha stages, and we are working hard to get to Beta as soon as possible.

Opera Desktop Team - Windows Beta Released and More!
  • Opera 10.50 beta (with Opera Widgets for Desktop) for Windows changelog
  • 更新履歴の日本語訳はもう出来ているはずです。近いうちに公開されるでしょう。[追記] 公開されました。
  • Beta は beta ですから上書きとか常用には適しません。Google のベータサービスで慣らされてしまったとしても、それが Opera の beta に当てはまる理由はありません。

プレスリリース

With the fastest JavaScript engine and graphics library, and great speed on limited networks with Opera Turbo, Opera 10.50 promises to be the fastest browser on Earth.

You have never browsed this fast before — Introducing Opera 10.50 beta for Windows

スピードについては他との比較表付きで記事が出ています。

A new era of browser speed

2010-02-10 Wed

Opera 10.50 Beta RC

出社して Opera を起動すると Beta RC が画面に出ていて驚いた。慌ててインストール。

遅くまで仕事してオスロが暗くなってからリリースしているようだ*1。RC というと Final に対するリリース候補と考える人も居るようだが、ベータとしてリリースする候補版のこと。

これからもベータへ向けて着々と進んで行くのでしょう。日本は明日祝日だが、緊急事態に備えて一日ウォッチしてます。

*1:北緯 60 度程なのでこの時期の日暮れは相当早い。

2010-02-09 Tue

Opera Snapshot いろいろ

昨日は自分の仕事に精一杯で Desktop team blog をチェックしている暇もなかった。会社へ行ってみると 2 つも Snapshot が公開されていた。大人数でやっているのでそれぞれ頑張っているようです。

2010-02-07 Sun

Opera 10.50 日曜版

日曜日にも仕事してます。ということで

Approaching 10.50 beta for Windows

金曜日の分からそんなには直せていないのですが、ぱっと見て分る通り "進む" "戻る" ボタンがくっつきました。

  • いつのまにか Presto/2.5.21 になっています。

2010-02-06 Sat

Opera 10.50 今週末版

今週末版には昨年 3 月に Labs.Opera で実験版を公開した Geolocation 機能が搭載されたビルドを出しました。

まだテストは残っているし、位置情報へのアクセスを許可しても再読み込みしないといけないなど、あくまでもテスト段階です。更新一覧は既にユーザの方が和訳しているのでそちらを参照していただくとして、二点だけ補足しておく。

  • opera:about 等のページに CSS が当たっていないのは、opera.exe のあるディレクトリ以下の \styles の中に opera.css を入れ忘れてしまったからです。一つ前のビルドからでもコピーしてきてそこに置いてやればスタイルが適用されます。
  • UI で CJK フォントの適用が云々というのは、通常の使用では関係ありません。特殊な Windows を使っていた方や特殊な環境で使っていた方だけに影響が出ていました。

ペッターが "we are now approaching the beta stage on Windows" (Windows はもう少しでベータの段階へ入る) と言っているように、あと一息です。

  • Context menu の Go to Web address が動作しないのも既知の問題です。
  • Google News の日本語が 3222 になって Webpage Normal font で表示されるようになっていると思います。これまでの Snapshot は滅茶苦茶でした。

左が Opera 10.10、右が 10.50/3222 Google 検索結果で気になっていた人も多いリンクの下線問題。

リンクの下線

2010-02-01 Mon

期待にお応えして

A new view button to the right on the status bar adds a zoom slider (Windows-only for now)

Opera Desktop Team - New snapshot

ちょっとしたリグレッションがあって、Facebook を始めとするいくつかのサイトでコンテンツが表示されない問題があったりした週末ビルドでしたが、次が公開されました。

  • Evenes へのパッチの適用が多くてこれまでのビルドで動かせなかった MDI もこのビルドから動くはずです。
    • 詳細設定 > タブ > 追加のタブオプション で "前回終了時のサイズで表示" にしてお試しください。
  • "リンク先のコンテンツを保存" で固まっていた問題を修正。
  • プライベートブラウジング時に関係する多数の修正。
  • Widget に関係する多数のバグを修正。
  • これまで差があったステータスバーの背景色を変更。
  • Windows 版だけですが、画面右下端のズーム UI を以下のように変更。右端の下向き三角をクリックすると、このように表示されスライダーで操作も出来ます。

Opera 10.50 zoom UI

  • ビジュアルタブ表示にした際に、Aero インターフェース以外で左端の Opera アイコンが上下に引き伸ばされてしまっていた問題の修正。

既知の問題

  • マウスジェスチャで新規タブを開いても Speed Dial が表示されません。Ctrl +T なら Speed Dial が出てきます。
  • コンテキストメニューの "ウェブアドレスに移動" が動きません。
  • ビジュアルタブの大きさを増減させると左端のタブと浮動表示させたパネルがフルスクリーンになってしまう。
  • opera:about など opera: なページでズームしない。
  • MDI 時にウィンドウの上端を握ってリサイズ出来ない。
 | 
2003|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|08|10|11|12|
2011|01|03|04|07|10|12|
2012|01|04|07|08|11|
2014|05|