A blog? with Σαιτω

Optimized for Opera Mini Opera User Preview in Opera Mini

Antenna my yahoo
グラフ Opera 系日記 - 方針 - about - twitter
Opera の情報は上の検索窓で過去ログからどうぞ
Home for all Opera fans.

 | 

2010-08-22 Sun

オスロ - 島の絵

昨日公開した写真に風景がなかったので、別の趣向で何枚か紹介します。

前々回にフェリーで渡って非常に気に入ったオスロの目の前にある島へ今回も行ってきました。今回は幾つかある島のうちで最も気に入った Lindøya へだけ上陸しました。

これは島に二つある船着場のうち、西側から見たホルメンコーレンジャンプ台です。

島から見たホルメン

先ずは、島で見かけた海鳥。

海鳥

こちらは子供を連れた別の鳥。

鳥

海岸沿いに並ぶサマーハウス。上記リンク先によるとレンタルされているようです。こうした小さな別荘が島中にあります。

サマーハウス

家の構造が分かりそうな一枚。どれもこのくらいのサイズです。ロフトが付いていそうですね。

家の構造

こちらは平屋。多くの家が庭先に国旗を掲げていますが、良く見ると国旗は三角形をしています。

正式な長方形の国旗は朝掲揚して夕方には取り込まなければならない規則があります。そこで三角形の国旗の模様が描かれた旗を代わりに使っているそうです。これならば、出しっ放しにしておいても規則違反にならない手軽さがあるようです。

この写真では国旗が見難いので、YouTube から動画を探しましたのでリンク先でご覧ください。

家

こちらは立派なサマーハウス。これ位が最大サイズ。

島の中は歩道しかないというか、そもそもガソリンスタンドがありませんので、車は一台も走っていません。

家2

Lindøya を始めとする市街地から十数分で行けるリゾートの人気は非常に高く、家の大きさに比べて賃料は相当に高価だそうです。渋滞もなく週末にやって来てのんびり過ごすというのが正しい使い方なのでしょう。

東京で言うとお台場にこんな別荘があるようなものですから、うらやましい限りです。

この島の良いところは、自然がある、人が少ない、広告の看板がない、自動車が走っていないということでしょう。最後に、埋め込み可能な動画を貼っておきます。海面に波がほとんど無いのも不思議な感じがするでしょうが、市街地側も含めてオスロフィヨルドはこのように穏やかです。

D

2010-08-21 Sat

ノルウェー国立科学技術博物館

前回のオスロ出張からずいぶん経ちますが、まだ公開していない写真が相当あって途方にくれています。

ともかく今回はオスロの町外れシェルサースにある国立科学技術博物館を 写真と共に紹介します。シェルサースと書きましたが、つづりは Kjelsås となります。ノルウェー語では Kj をシェとかヒェのように聞こえる音で発音し、a の上に丸が付いている文字は a と o の中間のように発音するので、クェルサースではなくシェルもしくはヒェルソースが正しい音に近いと思います。

先に書きましたが、ここへ行く予定はなかったのですが、たまたまハイキングしていたら出くわしたので何の予備知識もなく入ってみた、ただそれだけのことです。ハイキングといっても単に森の中を一度見た看板の記憶だけを頼りに歩いていっただけですが、こんな紙切れが木に貼ってあったので写真に収めておきました。残念ながらそういう人たちを見かけることは出来ませんでした。

森の中の標識

ともかくそんな森を抜けてひと気のある地域に出て見つけたのがこんな博物館でした。サイエンス アンド テクノロジーという上に、以前同僚のダニエルさんからも勧められた記憶もあったので、これは入らないわけには行きません。

博物館入り口

写真を撮ってきた展示物を幾つか貼ってみます。

ノルウェーの代表的技術企業といえば、ビデオ会議機器の大手、タンバーグでしょう。昔のテープレコーダーが展示してありました。

タンバーグは今年 2 月にシスコによって買収されてしまいましたね。

タンバーグ

これはちょっと懐かしいレコードを連続再生するプレーヤー。

レコードプレーヤー

博物館らしくもっと古い時代の円筒型録音機もありました。

エジソン型

こちらは相当昔の計算機だったと思います。

計算機

もう一つ、ノルウェーの企業で注目されているのが、電気自動車の THINK でしょう。日本では業務提携した伊藤忠が販売権を得たそうですから、従来型自動車メーカーが事実上ないノルウェーの車を日本で見られる日がやって来るのかもしれません。

展示してあった Think ですが、外板までプラスチックで実物大オモチャのようというのが第一印象です。オスロの町では何箇所かに電気自動車用街頭充電スタンドがあるのを見かけたことがあります。

電気自動車 Think

  • この博物館ですが、解説文がほとんどノルウェー語で、英語はほんの一部にしかありません。外国人が一人で行ってもあまり楽しくはないかもしれません。
  • 博物館の公式サイトですが、左側のメニューにある "KALENDER" をクリックするとエラーが出ちゃいますね。これはブラウザ側の問題ではないようです。

2010-08-01 Sun

オスロの動画

だいぶ間が開いてしまったが、家に新しいラップトップが来ていろいろなセットアップが完了したので、余り良いものはないがオスロへの出張中に撮った動画を公開しておく。

先ずは町からバスの切符で乗れるフェリーで島へ渡った帰り、船上の絵。

D

次に、ホルメンコーレンのスキージャンプ台へ行った時の絵。去年のゴールデンウィークに行った時には、まだ建設中でした。写真に写っている鉄道は今回補修中で、町からバスで行きました。

D

市内の彫刻公園の絵。前回行ったときに写真はたくさん撮ってきたので、置き場所へのリンクを張っておきます。

D

ハイキングしている時に見かけた蟻塚の絵。

D

他に、日本の Opera ユーザへとお願いしてホーバードとルアリの絵も撮ってきたのですが、彼らにはユーザイベントで見せると約束してきたので、Web には上げません。特にホーバードは恥ずかしがっていましたので。

先日の大阪でのイベント時に数人の方にはお見せしました。

 | 
2003|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|08|10|11|12|
2011|01|03|04|07|10|12|
2012|01|04|07|08|11|
2014|05|