A blog? with Σαιτω

Optimized for Opera Mini Opera User Preview in Opera Mini

Antenna my yahoo
グラフ Opera 系日記 - 方針 - about - twitter
Opera の情報は上の検索窓で過去ログからどうぞ
Home for all Opera fans.

 | 

2010-10-31 Sun

夏時間終了

どうにも納得が行かないのだが、今日までヨーロッパは夏時間だ。夏時間という名前がよろしくない。夏はとっくに終わっているのだから。それに 1 年のうちで通常のヨーロッパ中央時間を使う期間の方が夏時間より短いのが最も納得が行かない。

ともかく今日は 1 日が 25 時間あるので普段以上に暇をもてあましてしまう。実はそれが不満なだけだ。

オスロの夕日

今日、社内の友人宅に招かれご家族とお茶をしたのだが、さっそく夏時間修正にしくじり 1 時間早く着いてしまった。正確には日曜日深夜午前 1 時を深夜零時とする、そういうことらしい。その後車で数分走り近くの丘から夕日を眺めてきた。

Oslo sunset

2010-10-30 Sat

3 週目

オスロへ来てから 3 週間が経ちました。今週後半は雨が降って気温が高く、5 度から 10 度近くありましたが、風が少し吹いて体感気温はその前と余り変わりません。

今週末はいろいろ間に合わなくて Snapshot を出せませんでしたが、ちょっとした問題が片付いたら週明けにでも出せるでしょう。少し間が空いた分、出て来る時には沢山のチェンジログが付いてくるでしょう。

さて、せっかくの週末なので小雨と知りつつ町へ出てみました。アパートの前から出ている路面電車で中心部を通り抜け、U 字を描いて左端に位置するターミナル、Majorsuen まで乗りました。ジャンプ台のあるホルメンコーレンまでの地下鉄は春に来た時に工事中でバスが走っていましたが、まだ開通していません。年明けにはノルディックスキーのワールドカップが一帯であるはずなので、それまでには完成するのでしょうか。

天気が悪いのを知りつつともかく 4 度目の山登りです。

案の定、雲と霧で何も見えません。ジャンプ台の下まで行っても上が全く見えません。寒いし雨も降っているのですぐに引き返し。

セントラルステーションまでバスを乗り継ぎ、駅前で本や文房具を見物。どれも高くて買って帰る気になれません。当然のことながら本はノルウェー語ですし、見物だけして帰宅。

そういうわけで、今日は写真無しです。

休暇

日が変わっていますが土曜日のところに続けて書きます。オスロへやってきたのが体育の日で、文化の日に勤労感謝の日と合わせるとクリスマス前に 3 日休めるはずです。当然こちらでは日本の休日も普通に仕事していますが、こっちにいる間にそれらの休日分を消化してみることにしました。

格安航空券も検討したのですが、便利な時間帯がないのとサーチャージや税金は余り変わらないのでスカンジナビア航空でロンドンまでのチケットを予約しました。オスロからロンドンのヒースロー空港まで 1 時間半、往復で 2 万円程でした。これはさほど安くないようで、後に年末に予定しているギリシアまでの航空券はルフトハンザで何と 1 万 7000 円で予約出来ました。

とりあえず今回は文化の日から(日曜帰りはぐんと高いので)土曜までの小旅行です。ロンドンで見たいのは大英博物館だけなので宿はその近くを予約してみました。ホテルがもっと安ければ一週間位居たかったのですが、特に中心部はどこも高いようです。

というわけで今週は 2 日だけ働いて後半はお休みします。荷物を減らしたいし安宿でパソコンがちゃんと保管出来るか心配ですので、これは会社に置いてゆくことにします。

2010-10-23 Sat

初雪

木曜の晩にふと気付いて外を見ると雪でした。数時間で止んだけど気温が低いので余り溶けずに残っているところがありました。降った量は多くありませんでしたので、大抵のところではもうなくなってしまいましたが、アパートの中庭の一番残っている箇所を切り出した写真です。

今朝の街中の気温はマイナス 2 度、予想最高気温はプラスの 5 度位です。

残ってる初雪

写真奥に見える一階の角部屋がここです。

こちらへ来て二週間が経ちました。今朝起きてみると 8 時を回っていました。すっかり当地の時間に体が慣れたようです。天気は良さそうなので運動不足解消のためにこれから自転車に乗ってきます。

オペラハウス

これから雪が積もると登れなくなるので久々にオペラハウスまで行ってきた。

自転車を裏に止めたので、人の少ない裏からの一枚。以前書いたように、黒い縞模様の壁面は太陽電池パネルが埋まっています。

オペラハウス1

足腰を鍛えるために登りました。

オペラハウス2

近くにある水上モニュメント。

オペラハウス3

2010-10-17 Sun

最初の週末

きっとそのうち飽きてこんなことは書かなくなると思うので、その気があるうちに週末に行った場所の写真を公開します。

先ず土曜日

アパートの先住民が残していった自転車のサドルを低くして半日ほど出かけました。まずは先に紹介したアッカー川に沿って港まで出ます。歩道兼サイクリングロードが川沿いにあります。

サイクリングロード脇

港からはオスロ湾沿いに西へ向かい、御料牧場の間を抜けます。放牧されている王様の馬たち。

王様の馬

その先にはノルウェー民俗博物館、バイキングシップ博物館、コンチキ号博物館などがありますが、以前見たことがあるので素通りです。町の対岸まで出てから引き返します。これで往復 20Km 位あったでしょうか。上り下りがあるので運動不足の体には相当にこたえました。

帰りにこれも何度も入ったのですが入場無料なのでナショナルギャラリーに再び。そんな土曜日でした。

そして今日、日曜日

前回の今年の春に行って大変気に入った町の北にある湖へ出かけました。前回とは逆ルートで先ずはアパート前から出ているトラムの終点であるシェルソースまで行きます。近くには科学技術博物館があるところです。終点なのでトラムはユーターンして折り返します。

トラムの終点、シェルソース

そこから数分川沿いを行くとこんな景色に出会えます。科学技術博物館まで来たらちょっとその先まで足を伸ばしてみるのがお勧めです。この流れが Opera 本社脇にまでつながっています。

湖からの川

川をさかのぼるとマリダルス湖に出ますこちらは周囲にフェンスがあって近寄れないのでノルウェーの森を抜けてもう一つの湖、ソグンス湖を目指します。

途中で横切る道路に面白い標識を見つけたので。大型哺乳類は居ないと聞いているのですが、たまには出てくるのかもしれません。

トナカイに注意

ソグンス湖は周囲 3Km ほどの小さな湖で、今日は何かのイベントがあったのか 6 月に来た時の数十倍の人で賑わっていました。人が少ないのが良いところなのでちょっと今日は失敗。

ここからは中心部までは地上を走っていますが地下鉄で町へ戻ります。そして今日最大のハプニングが列車の中で起きたのです。

オスロの公共交通機関は、改札がなかったりチェックが甘くて、どうみても切符を持って居なさそうな人が堂々と乗っています。以前聞いた話では稀に検札があってそれに引っかかると数万円も追加徴収されるそうです。ですからタダ乗りは割に合わない、そう大抵の人は考えてチェックがなくても普段からちゃんと切符を買うようです。

これまで幾度も電車に乗っていたのですが、湖からの帰りに初めてそれに遭遇しました。しかもこういう時に限って、たまたま古い回数券を使っていたので説明に手間取ってしまい、ここで乗り換えるんですけどと言ったはずなのに、ちょっと待てと引き止められて一駅乗り過ごしてしまいました。

まあ何も急ぐことはないからとその駅で降りとぼとぼ歩きます。ムンク美術館でトイレだけ借り、お隣にあるオスロ大学付属自然史博物館一帯を散歩。というか今日は歩き過ぎでそろそろ足が痛くなってきました。

建物のツタが綺麗に紅葉していたのでもう一枚。

ツタの紅葉

結局その後、アパートまで更に数十分歩いて帰ってきました。こんなどうでも良い日記は書いている本人が一番飽きます。多分もう書かないでしょう。写真だけ貼る、今後はそうしましょう。

2010-10-16 Sat

最初の週

オスロへやってきて最初の週が終わりました。今週はメディア向けのイベントがあり、それに合わせて Opera 11 に入る Extension の発表があったので直前までデスクトップチームはその準備で忙しかったようです。忙しかったようですというのは、数十人からなるチームですので、Extension (まだ日本語での正式表記は決まった居なかったはず) に関わっていない人の方が多い訳で、私も別のことをしていました。

社内に居てもメディアイベントでどこまで情報を明らかにしたのか、はっきり把握していないのでやたらなことは書けません。ここで言えるのは、それ以外にもバージョン 11 というのにふさわしい幾つかの新機能の追加があるだろう、ということ位です。ともかく取材にはるばる日本から来て下った方にお礼を申し上げたいと思います。幾つかの記事がそのうち出るでしょうから、楽しみにしていただけたらと思います。

今週はまだ時差も修正されず、朝は我慢して 6 時まで寝ていて(それでも日本時間にしたら午後 1 時。頑張って寝ていました)、7 時にはオフィスに行き、5 時前に帰ってくるという生活でした。通勤時間は徒歩で 5 分ほどですので時間が有効に使えるはずですが、アパートのテレビは壊れていて映らないし、自転車は鍵がかかったままなので夕方からビールを飲んで呆然とした時間を過ごしていた、そんな週でした。

木曜日には一度だけアパートの前から出ているトラムに乗って、オスロの市庁舎まで出てみました。年末近くのノーベル平和賞授賞式が行なわれる頃には騒がしくなるのでしょうか。港から以前宿泊していた王宮の北側まで散歩してみましたが、芝生の緑と落ち葉の黄金色が晩秋らしいよろしいコントラストを見せてくれていました。

Opera 11 alpha はもうすぐ公開されると思いますが、何せアルファ版ですのでいろいろと問題があることでしょう。未だ入っていない新機能の実装と平行して既存のバグ修正に励み、なるべく良い製品に仕上げたいなと思っています。

会社の周り

Opera が入っているのコの字型をした建物でその 2 階から 5 階に各部署が分かれて入居しています。これまでは会社から市の中心寄りのホテルへ泊っていたので、建物の北側へは来たことがありませんでした。今居るアパートが北側にあるので帰りにちょっと遠回りして景色を眺めてみました。

Opera の東側には小さな川が流れているのですが、川沿いを一二分さかのぼるとちょっとした滝があります。落差は15メートルくらいでしょうか。結構な水量ですごい音を轟かせています。

Opera 近くの滝

もう一枚。

Opera 近くの滝2

この川の沿岸にはかつて工場群があったそうですが今はみなアパートやオフィスビルに姿を変えています。Opera の東側にはリグネスパークという再開発地帯がありますが、そこはマッチ工場があった場所だそうで、かつては原料の硫黄のにおいで悪臭や川の汚染などの問題があったそうです。工場がなくなった今は川も綺麗な姿を取り戻しています。

リンク先を見直してみると、今居るアパートもこのリグネスパークの一画になるようです。こちらの地図の小さな方の紫区画にこのアパートはあります。Opera 本社は地図の中央左端になります。

Opera Portal News

アパートでルームシェアしているジョセフ君がやってる Opera Portal News とう宣伝 blog。基本的に Opera 関係のことだけを書いているそうです。

確か彼の肩書きはオンラインライターだったはずなので、応援してやってください。

2010-10-12 Tue

オスロ到着

おはようございます。昨晩どうにかオスロのアパートへ到着しました。

成田からコペンハーゲン経由のフライトは順調で午後 6 時半にはガーデモエン空港に着いたのですが、そこからアパートへ到着するまでちょっと苦労しました。

空港からオスロ中央駅までは乗り慣れた空港特急でわずか 10 分で到着。そこからが問題です。今回、アパートの鍵を受け取らなければならないので、先ずは Opera 本社の受付へ向かいます。メールでは中央駅からタクシーに乗ってとありましたが、何度も来ている町ですからと路線バスを探します。しかし駅から会社までの路線には乗ったことがありません。そもそも会社の最寄までバスが直行であるのか、あったとしてもどの路線か、知りません。

幾つかあるバス乗り場を重いスーツケースを転がしにくい石畳の上を引きづりながら少し探します。多分これだろうというのを見つけたのですが、右側通行というのを読み間違えてしまいました。走り出したバスはオペラハウス脇を走ります。これは逆方向だと気付いたものの、躊躇しているうちにどんどん奥地へ進んでしまいます。とりあえず人の居ない真っ暗なところで降りて、反対側の停留所まで再び荷物を引きづります。バスの回数券にはスタンプを押してもらったのですが、何十分以内ならそのまま乗れるので倍の料金を払わずには済みました。

そんなことをしてどうにか見慣れたバス停まで来て、そこから会社まで数分、再び荷物を押します。遅くなったので誰も居ないオフィスに入り約束された場所に鍵の入った封筒を見つけます。アパートまでの地図か詳しい住所が書かれたメモを期待していたのですが、入っていたのは鍵だけです。わずかに小さな文字で建物番号らしき数字が鍵に付いています。

誰かこの件に関わっている人の連絡先なぞ知らされていませんので、この時点で最悪の事態を想定しました。その場合は自前でホテルに一泊するしかありません。

日本で Google Map で1度だけ見た記憶を頼りに、とりあえずそれらしい場所の近くへ行ってみます。この時点で午後 9 時を回っています。寒いし相当に心細くなってきました。

Google Map が指し示していたのは、日本で言うと番地までで何号という細かいポイントを示していませんでした。これは Google Map の問題ではなくこちらの番地システムの問題です。道を挟んだ 1 区画には数件のアパートが建っています。さて目的地はどこでしょう。

たまたま目の前に駐車して来た車から降りた人が居たので、鍵を見せて聞いてみます。多分こっちの建物だろうと言われて、とにかくそこの玄関口の鍵を回してみます。開きました。大変な幸運です。

さて次の問題はどの部屋か探すことです。これには全く情報がありません。1軒、1軒鍵を差し込む訳にも行かず困ってしばし茫然。会社が借りているところだから上の方の高そうな階ではないだろうと予想し、まずは 1 階の 4 部屋から見てみます。ドアの前にも 2 部屋ずつもう 1 つドアがあります。1方を開けてみると片方の部屋のドアに小さな Opera ステッカーが貼ってあるではありませんか。

こうしてどうにか部屋をノックすると、ルームシェアするマーケティングのおにいさんか出てきました。

こんな風にしてどうにかたどり着いて、今日から仕事をします。日本とは 7 時間の時差があるのでこれを書いている今は午前 6 時半ですが、慣れるまで 1 週間位は異様な早起き生活となるでしょう。

2010-10-10 Sun

再びオスロへ

余りに blog 熱が冷めてしまい、前回の出張の絵を少しばかり上げたきり最近はすっかり放置してしまっているはてな。そうこうしている間にも次の出張の話は進んでいまして、明日、再びオスロへ向かいます。

オスロにはいろいろな時期に滞在したことがあるのですが、秋から冬は初めてです。会社のノルウェー人に聞くと、この時期は最悪だとか、かわいそ過ぎるといった同情のまなざしを向けられる始末。そもそも 10 月にして最低気温がマイナスって、それは秋ではなく冬。しかも冬至に向けて日はどんどん短くなり、普通に働いても暗いうちに出て、真っ暗な時間に帰ることになる。今月中には初雪もあるそうだし、そうなると町じゅうがぬかるみ、朝は歩道が凍結して滑りやすくなるし、明るい話題はありません。

とは言っても、観光に行くのではないので、仕方ありません。

今回の出張は少し長くなる予定ですので、その間に 10.70 の主要な新機能が続々と実装されて公開されるでしょう。どうぞお楽しみに。

長くなる予定というのは、もちろん 10.70 の開発時期に 1 人位アジア人が開発現場に常駐していた方が良いだろうという上の方の暖かい配慮によるものです。オスロに居る間に正式版まで進むかは分かりませんが、これまでのバージョンのように、これでも正式版なのとか、使い物にならないから旧バージョンに戻す等と言われないよう、チームのみんなと協力して広く使ってもらえるバージョンを出せたら良いなと思っています。

また今週現地時間木曜には、Up North Web と名付けられたプレス向けのイベントが予定されています。あちこちから何十人も報道関係者を集めるそうですから、相応の発表があるのかも知れません。こちらはもう直ぐですので、ご期待ください。

そして Opera 10.6x 系は 10.63 RC2 まで公開されているので、正式版はもう間もなくでしょう。こちらもどうぞよろしく。

そういえば明日は祝日でしたね。休日に移動するため、その分の代休は現地で貰って骨休めできればと思っています。

この絵は 2009 年の 2 月に撮った、オスロの冬の朝です。夜明けの空は綺麗なんですけどね。

Oslo 冬の夜明け Feb. 2009

 | 
2003|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|08|10|11|12|
2011|01|03|04|07|10|12|
2012|01|04|07|08|11|
2014|05|