Hatena::ブログ(Diary)

斎藤館長の航海日誌

2010-05-04 国立の珈琲と真空管の音 喫茶EAST SIDEへ行きました

saitoukanchou2010-05-04

国立の珈琲と真空管の音 喫茶AST SIDEへ行きました。

偶然だったのですが、twitterでこのお店の存在を知ったのですが、実際に行ってみましたら・・・それはそれはすんばらしいお店でした。

過去、様々なレコードを聞かせてくれたりオーディオに力を入れているお店に行った事はありますが・・・こちらのお店は、”最強”です。

縦横60センチはあろうかという大きなスピーカーと、それを動かす真空管アンプ!!

そして店主が聞かせてくれるLPレコードは、ノイズ一つなく伸びやかな歌声を再生してくれます。

その音質の良さといったら!!

山崎ハコファーストライブ・・・彼女の吐息すらも完璧にこちらのお店のサウンドシステムは再現していました。まるで自分の目の前で彼女が歌ってくれているような・・・そう、決してお世辞ではなく、そう感じてしまうほどの音質だったのです。

レコードって、こんなにも素晴らしい音を宿しているんですねえ・・・。

まさかレコードを聴くだけでこんなにも感動するとは思いませんでした。

それにもまして、これだけ素晴らしいシステムを維持し、ノイズ一つない完璧LPレコードの保存と整備・・・店主様、かなりスゴイ人です。

私も彼女に頼んで、数枚のレコードを持込みました。

由貴ちゃんの歌声もこのステレオシステムにかかると・・・嗚呼・・・なんて良いんでしょう・・・。

学生時代の甘酸っぱい思い出が一挙に蘇りました。

今回は火曜日でしたので”歌謡曲”の特集だったそうですが、他にもJAZZ、クラシックジャンルも多岐に渡って聞かせてくれるみたいです。

他にもアンティークラジオオルゴールに蓄音機も最高の状態で稼動します。

本当に良い音を楽しみたいのであれば、全力を持ってオススメいたします。


珈琲と真空管の音 EAST SIDE

国立市東2−5−28

042−573−3082


http://www.eastside-k.com/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/saitoukanchou/20100504