Hatena::ブログ(Diary)

斎藤館長の航海日誌

2015-05-25 山北駅前にある「ポッポ」

saitoukanchou2015-05-25

今週のお題「私がアツくなる瞬間」


ちょっとネットで調べ物をしていたら偶然出てきたこちらのお店。

御殿場線の山北駅前にあるんだそうです。

そして名前は「ぽっぽ」。店内には見事な鉄道模型のレイアウトがあるそうです。

食事も楽しめて、本格的な鉄道模型も眺められる・・・いい感じです。

山北駅といえば、蒸気機関車も保存されているほど、機関区もあり活況を呈していた駅だったそうです。

特に私がアツくなる瞬間といいますと・・・この御殿場線は、丹名トンネルが開通するまではレッキとした東海道本線そのものであり、その当時は特急つばめの所要時間を少しでも短縮するために、補機となる機関車列車を走行させながら連結し、登坂が終わると列車を走行させながら連結解除したり、給水車が走行しながら水を吸い上げたりという、“熱い路線”であったと本には記載されていましたのです・・・今は山間部を走るローカル線となりましたが、そのようなスピードに命懸けだった先人たちの知恵や技術に思いを馳せながら、こちらの山北駅のような場所散策してみるのもまた、味わい深いかもしれません。っていうか、その当時の活況だった東海道本線時代の姿を、肉眼で見てみたかったですねえ・・・

そして現在

駅近くの公園には、御殿場線時代にこの路線活躍した国内最大級機関車 D52が保存されています。奇しくも相模原市内にある鹿沼公園にも、同じ形式のD52が保存されているのです。

山北駅への保存は、地元だけに何も不思議なことはありませんが、なぜ、相模原市という縁が無い場所にまでこの機関車が来たのか・・・しかもD51よりも大きなD52がねえ・・・

でも、現役時代には国府津も走っていたそうなんで、神奈川県にゆかりは無くは無いんですね・・・

と、保存会様のサイトで見て、知りました。活動に頭が下がります。しかもじわじわと復元しているのが凄いです!

http://www.geocities.jp/d_52project/

というわけで、D52繋がりでいずれ、山北駅には行ってみたいなあと、そう思っています。


ポッポ駅前屋

http://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140902/14053911/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/saitoukanchou/20150525