Hatena::ブログ(Diary)

日々の記録

2016-08-28

私のカメラ遍歴

昨日、Macユーザーに戻って10年経ったということを思い出しているうちに、これまで自分が使ってきたdigital gadgetをまとめ直したのだが、合わせてカメラやビデオカメラもまとめておこうかと思い立った。

35mmフィルムカメラ

Nikon F401(1989-1998):たしか高校を卒業するときに親に買ってもらい、大学で山登りをしていた時もいつも持っていた。1995年くらいからはPhoto CDを作るようになり、神戸の震災直後の写真もこれで撮った。社会人になってからも使い続け、海外出張にも持って行っていた。Olympus C900Zを使い出すまでは現役で使っていた。結局、このカメラの使用期間が一番長い。

デジタルスチルカメラ

Casio QV-10(1996-1998):35万画素、今見れば「う〜ん」という感じの画素だが、現像しないでも映像が手元に残るというのは感動した。それでもF401+PhotoCDを使っていたということは、画質には満足していなかったということでもある。

Olympus C900Z (1998-1999):レンズバリアを開くとレンズが出てくるタイプのカメラ。ようやく許せるレベルの画素のデジカメが出たという感じがした。Casioが作り出したデジカメ市場、それを初期に発展させたのはオリンパスだと思う。エジプトの紅海で水中撮影していたら水没させてしまった。

Olympus C2000Z(1999-2002)、Olympus C3000Z(2000-2003):子供たちが生まれ、エジプト、パラオ、ベトナムの仕事をしていた時はこのあたりのカメラを使っていた。C2000は海外の仕事用、C3000は自宅用という感じか。

Canon Power Shot S45(2002-2006):ブラジルでの仕事に使った後は自宅で使っていた。C900Zと同じくレンズレンズが出てくるタイプのカメラだが、いい意味でも悪い意味でもしっかりした作りで大きさの割に重かった記憶がある。だから海外にはあまり持っていかなくなったかな。

Canon Power Shot A70(2003-2005):Power Shot S45が重かったので、その代わりに軽さ、手軽さということで使い始めたのがこのカメラ。中国、インドで使っていた。単三アルカリ電池が使えたのも手軽という感じだった。

Canon IXY Digital 55(2005-2008):画質とカメラの持ち運びやすさのバランスが取れていて、海外出張で使っていた。インドネシア、モンゴル、カタール、ベトナム、バングラデシュ。

Canon IXY Digital 900 IS(2006-2009):IXY Digital 55より一回り大きく、性能もちょっと良かったと思う。こちらはもっぱら家庭で使っていた。

Casio EX-V8(2007-2008):デジタルビデオよりももっと手軽に動画を撮れないか、というのとレンズが張り出さないのがいいと思ってこのカメラを買ったはず。でもあまり使わなかった。

Canon Power Shot TX1(2008-2009):これもデジタルビデオよりももっと手軽に動画を撮れないか、ということで購入した。デザインもビデオカメラっぽかった。でもこのカメラもあまり使わなかった。

Ricoh CX1(2009-2010):主に自分が使うカメラ。CanonのIXYシリーズに飽きが来てしまった感じでRicohのこのカメラに乗り換えた。ラオスや中国の仕事に持って行ったが、自分が飽きたのはコンデジなんだなということも分かった。

Canon IXY Digital 920 IS(2009-2011):IXY Digital 900 ISの後継機。もっぱら家族が使うカメラ。

Ricoh GXR(2010-2013):子供が大きくなってきて家族でスナップを取るような機会が減ってきた。子供達が自分で写真を撮るようにもなってきたし。そろそろ写真を撮ること自体を楽しむようになっていいのではないかと思ってRawも撮れてレンズの交換もでき、持ち運びのしやすいこのカメラに乗り換えた。レンズは最初は標準のS10(24-72mm)を使っていたけれど、その次には土管と言われたA16(24-85mm)に移行し、最後はA12 28mmとA12 50mmを使い分けていた。数回レンズ内にホコリが入ってしまうトラブルがあった。本体もレンズ(A12 28mmとA12 50mm)はまだ手元にある。

Canon IXY 220F(2012-):IXY Digital 920 ISの後継機。これももっぱら家族が使っている。最近はスマートフォンのカメラでいいやという感じになってきていて、それゆえにまだ使っている。

Ricoh GR (2014-):GXRを使っているうちにだんだん単焦点カメラでいいじゃないかという感じになってきて、もっといいレンズ、もっと軽いカメラにしたいなと思ってGRに乗り換えた。今も現役。GR IIが出ているけれど、まだしばらくはこれでいいかなと思っている。

デジタルビデオカメラ

Victor GR-DVX9 (2000-2005)

長女が生まれた時に買ったデジタルビデオ。まだPCに繋いで取り出して編集するということはあまり考えていなかったが、iLink(Firewire)ポートは付いていた。

Canon IXY DV M5 (2005-)

GR-DVX9のデザインが直線的で古臭く、子供の行事に撮影するのが恥ずかしくなってきたので買い換えたという感じ。結局、DVというフォーマットに好きになれなかった。撮り溜めたビデオ映像は一応キャプチャしているが、念のためにまだビデオテープがとってある関係で今だに手元にある。

2016-08-27

Macユーザーに復帰して10年だったか

古いブログを整理していたら、2006年の7月5日にMacBook(Early 2006, MacBook1,1)を購入していたみたいだ*1。大学院時代の1993年春に中古のMacintosh SE/30を買い、それから1994年にPowerBook 520を買って1997年くらいまで使っていた。

その後、当時IMBのThinkPadを使う時代が10年近く続いたけれど、2006年にMacBook(Early 2006、ポリカーボネートの黒だった)、その後、2010年からMacBook Airを使うようになって今に至っている。

現在のPowerBook(Mid 2012, MacBookAir5,2)は今年末には4年購入して4年。そろそろ新しい機種に乗り換えたいんだけど...。

*1:ブログ記事自体はどうということもないものだったので消してしまった。消してからちょっと後悔したが。

2015-01-17

阪神大震災から20年

阪神大震災から20周年の日はナミビアの首都ウイントフックで迎えた。

Faebookの方に当時の写真と思い出話を書いておいた。

https://www.facebook.com/youji.sakakibara/posts/946456165365026

それから、震災後20年の神戸の社会経済の状況について。市経済を支えていた港の取り扱いが頭打ちになって、すっかり大阪方面へのベットタウンとしか機能していないということなのかな。時間があるときに整理してみたい。

2013-01-06

代々木公園

子供の冬休みの宿題で災害時の避難場所までの経路を確認するというのがあったので、歩いて代々木公園に向かう。代々木公園に来るのはどうやらこの時以来みたい。下の子がちょうどお下がりの自転車をもらったとき。

久しぶりに来てみると、ずいぶん変化があったように見える。休憩所が新しくなっていたり(これは2年前には新しくなっていたようだけど、記憶がない)、ドッグランの人がますます増えているようで登録制になっていたり。

上の子が2歳くらいになった時から隣の代々木小公園に連れて行くようになり、自転車の練習のために代々木公園に来ていた。でもいつの間にかそんな日々も子供とのよい思い出になった。子供と代々木公園に来るなんて、これで最期なのかも知れないなあ。

2011-03-11

地震発生、歩いて帰宅

昨日の地震の時には東品川のオフィス(22階)にいた。最初に縦揺れ、その後に大きな横揺れ。とにかく建物がよく揺れて、地上ではどれくらいの揺れなのかよく分からなかったが、隣に見える中学校では生徒が校庭に避難しているのに周りは普通に車が走っていて、なんとも不思議な感じだった。

そのうち、お台場方面が燃えているのに気がついた。

17時過ぎに社内の渋谷・新宿方面に帰る人たちを募り、山手通りを通って自宅へ戻る。ずっと渋滞が続き、歩道には同じように歩く人がたくさん。

3時間ちょっとで自宅に到着。家族も無事で一安心。

というわけで、無事にしております。