お金について考えたこと このページをアンテナに追加 RSSフィード

年金、経済教育(M.I.Q.ネタを含む)、投資、家計あたりが主な内容です。
自己紹介 最新記事10日分
まとめ読み用: 年金問題 M.I.Q. たる募金 コンパス

2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

2005年04月24日(日)

[]各象限の読み方 各象限の読み方を含むブックマーク

現在提唱されている呼び名を整理してみた。

リバタリアンid:svnseeds:20050422id:coper:20050328
保守右派(第1象限)グローバリスト保守主義者新保守主義
保守左派(第2象限)ナショナリスト社会主義者/共産主義者権威主義
リベラル左派(第3象限)リベラリスト同左-
リベラル右派(第4象限)リバタリアン同左-

保守に分類されている人(特に保守左派)のかなりは、香山リカ(ぷちナショナリズム症候群―若者たちのニッポン主義 (中公新書ラクレ))言うところの「ぷちナショ」なので、「社会主義者」とも「共産主義者」とも「権威主義者」ともマッチしない。coperさんの

特に、自文化の伝統を守ることに固執する人が、経済活動の自由(それが政府の経済機能の縮小という意味での「小さな政府」を意味しているのであればなおさら)を容認することによって「グローバリスト」になるなんておかしくないか?

という発言も説得力がある。呼び名についてはまだ保留しておこう。

左右もなんとかしたいんですが、なくしてもかえってわけわからなくなりそう(泣)。経済で左右という言葉をなまじ使ったために、コンパスの知名度が上がったのはいいんだけど、よけい誤解を振りまいてしまったようで責任は感じています。

ニューレフトを左に寄せる設問について検討開始。「母子家庭には、手当をやるより、職業訓練や保育の充実に力を入れるべき」「教育訓練プログラムを受けない失業者には、失業保険の給付は抑えるべきだ」あたりなのかなあ。

経済活動に対する規制に関する設問も、もう少し増やす予定。

バイスバイス 2005/04/25 00:45 経済学を少しでも勉強した人にとっては、一見リベラル的な貧困対策が結果的には貧困対策にならない、という知識があります。東京裁判についても詳しく調べると、通説と現実が異なるわけです。他にも、通説と現実が異なり、現実を知っていることによって賛成が反対に変わることがあります。これって難しいですよね。(混乱させて、すみません)

すなふきんすなふきん 2005/04/25 07:49 教育訓練プログラムについてはかなり懐疑的。基本的に労働需要が少ない状況ではかえって無駄遣いに終わる可能性が高いのでは。景気の回復による雇用の自然創出というルート以外に余計なことをしない方がいいかも。この意見ってどの位置に属しますかね。

sakidatsumonosakidatsumono 2005/04/25 08:35 貧困の罠の話を、「新自由主義イデオロギー」で一蹴する方もいらっしゃいますね(苦笑)。用語解説のネタを探しているうちに、いくつか意見が変わったものがあります >バイスさん
おお、ニューレフトだけ左に寄りそうですね(それはそれでいかんのか?)>すなふきんさん

西遊記西遊記 2005/04/26 01:10 ニューレフトってレフト・リバータリアンのことですか?
レフト・リバータリアンの典型的な政策としてベーシック・インカムの構想がありますね。低所得層への所得移転機能を強化しつつ、政府の機能は簡素化、個人や家庭への介入も最小限にということで。

政治学者の卵政治学者の卵 2005/04/26 15:23 母子家庭には手当よりは職業訓練を与えるべき、という対「貧困の罠」政策は、アメリカの政治的文脈では明確に反左派です。クリントンが二期目に母子家庭手当を期限つきかつ訓練義務付きにしましたが、これは民主党左派からは保守勢力への譲歩として相当たたかれたはずです。「貧困の罠」そのものが政治的な論争の種ですしね。クルーグマンはこれの存在に否定的だった気がしますが。福祉による再分配は貧困層の所得水準を高めるが、これが福祉に対する依存を生む訳ではないが、かといって低所得水準からの脱出に貢献するわけでもない、というのが彼の結論かと。

政治学者の卵政治学者の卵 2005/04/26 15:32 保守左派は...国家社会主義ないし国家資本主義(笑)?保守右派は少なくとも80年代の文脈(サッチャーやレーガンを想起)では確かに新保守主義と呼ばれることが多かったと思います。ただヨーロッパを中心に極右政党がかなりの支持を集めるようになった90年代以降では、必ずしも”新しい”保守勢力ではないわけで。ちなみにヨーロッパの極右政党は保守中道から保守左派に近いスタンスをとることが多いので(反グローバリズムですから)、彼らの立ち位置は国家資本主義/社会主義、ないし福祉排外主義(Welfare Chauvinism)と呼ばれることが多いと思います。綴りにミスがあったらすみません。

sakidatsumonosakidatsumono 2005/04/27 00:17 下手に「第三の道」路線の質問を加えると余計ややこしくなりそうなことは見えてきました(冷汗)。ブレアで検索掛けてみましたが、こちらも西欧諸国の左派に叩かれているんですね。
第1・第2象限のイメージが少し固まってきたように思います。

すなふきんすなふきん 2005/04/27 07:41 政府が提唱している「フリーター削減計画」というのはバカの見本みたいなものだと思いますが、これも職業訓練でスキルを高めフリーター(低賃金)→正社員(貧困からの脱出)のルートを考えてるようです。でも経済の常識ではありえない話なんですけど・・・。同じ(労働)品質でも供給だけが増えればそれだけ価値が下がりますからね。マクロ経済環境を所与としての話です。

すなふきんすなふきん 2005/04/27 19:50 ところで現在の小泉政権の諸政策がどこの象限に入るのかとなれば、どうなんでしょうね。

教養の道教養の道 2005/04/27 20:44 提案です。第一象限「新保守主義者」・第二象限「社会主義者・コミュニタリアン(伝統主義者)」・第三象限「(ゼロ度にごく近い場合)社会民主主義者(やや離れると)アナキスト」・第四象限「リバタリアン」

第一・第四=(世界)市場経済志向+ 第二・第三=市場経済志向ー
第一・第二=集団(国家)主義志向+ 第三・第四=個人主義+
など

リバタリアンリバタリアン 2005/05/04 18:35 政治学者の卵さんや教養の道さんがご指摘されている通り、ポリティカルコンパス本来の意味では確かに第2象限に社会主義者・共産主義者も含まれると考えます。
(詳しくは森村進『自由はどこまで可能か リバタリアニズム入門』P14-21)

但し実際に第2象限に含まれている人々は管理人さんがご指摘のとおり、香山リカが言うところの「ぷちナショ」が多いと私も思います。

「グローバリスト」という呼び名ですが、郵政民営化等をめぐる経済政策論議において市場派対再分配派の位置づけを明確にするために(いわゆる亀井勝手連による小泉・竹中批判)、またイラク自衛隊派遣をめぐる「新しい教科書をつくる会」「正論」内部における保守派の分裂(いわゆる小林・西部による「ポチ保守」批判)から第1象限を「グローバリスト」第2象限を「ナショナリスト」とご提案させていただきました。

「特に、自文化の伝統を守ることに固執する人が、経済活動の自由(それが政府の経済機能の縮小という意味での「小さな政府」を意味しているのであればなおさら)を容認することによって「グローバリスト」になるなんておかしくないか?」とのご批判ですが、政治軸の「権威−個人」の対立軸における「権威」を「自文化の伝統」に限定する必要はないと私は思います。

「グローバリスト」「ナショナリスト」という名称がいまいちだな〜と管理人さんが思われるのであれば、私としては第1象限を「新保守」第2象限を「伝統保守」という代案を五提案させていただきます。

リバタリアンリバタリアン 2005/05/04 21:09
第1象限と第2象限の違いですが、私のイメージです。(あくまでもイメージであって厳密な政治学や経済学の諸理論に基づくものではありません)

第1象限 権威・市場重視 新保守(グローバリスト)
アメリカを中心とした世界体制を堅持することが、国益にかなうと考える勢力。
安全保障では日米同盟強化、経済政策では構造改革推進派である。主たる政治家は小泉、論客は竹中平蔵。市場原理、小さな政府、規制緩和を掲げる。こうした結果、経済的には中産階層の没落による二極化がおこり、いわゆる「格差社会」という社会問題を引き起こしている。

第2象限 権威・再分配重視 伝統保守(ナショナリスト)
グローバリゼーションに対して、日本の良き伝統文化を守ろうとする勢力。
経済政策では小泉内閣の構造改革路線を批判し、積極財政による景気回復を主張している。主たる政治家は亀井静香。また自民党内におけるいわゆる「抵抗勢力」と呼ばれる政治勢力がこれに加わる。この勢力は竹中平蔵を「ハイエナの手先」と言って批判する。
http://www.nb-j.co.jp/katteren/
また思想面でも、これまでの保守言論界の対米従属を批判した反米保守が台頭する。主たる論客は小林よしのり、西部邁。彼らは従来の親米保守主義者を「ポチ保守」と言って批判する。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DD%A5%C1%CA%DD%BC%E9?kid=85378
さらに、香山リカが言うところの「ぷちナショ」がこの勢力に加わる。
こうした、グローバリゼーションに対するフラストレーションは日本だけの傾向ではなく、ヨーロッパにおける極右勢力の台頭や昨今の韓国・中国の反日デモにも現れている。
「中国、韓国、日本の右傾化とグローバリゼーション」
http://www.yorozubp.com/0504/050409.htm

とまあこんなところです。

リバタリアンリバタリアン 2005/05/04 23:10 じゃあ、ついでに

第3象限 個人・再配分重視 リベラリスト

人権・福祉・社会保障による弱者救済を重視した社会民主主義勢力。主たる政治家は菅直人。これに民主党左派・社民党勢力が加わる。論客は金子勝。小泉構想改革路線を批判し、「格差社会」の是正ならびにセーフティネット論を展開する。安全保障ではアジア外交を重視し、アメリカを中心としたグローバリズム体制に批判的である。

第4象限 個人・市場重視 リバタリアン

自己責任・自由競争・市場原理を重視し、小さな政府・地域主権を展開。主たる政治家は小沢一郎。これに民主党内の旧自由党勢力や松下政経塾出身者、地方自治体の首長として松沢神奈川県知事・横浜中田市長がこれに加わる。安全保障では日米同盟を重視しながらもネオコン主導による単独覇権主義に批判的である。主たる政策提言として松下政経塾による無税国家論がある。
http://research.php.co.jp/seisaku/suggestion/saihen/saihen.html

リバタリアンリバタリアン 2005/05/05 00:20 大まかに言えば、現在の政治勢力は
自民党=グローバリスト(小泉・安倍)+ナショナリスト(亀井・橋本派)の連合政党
民主党=リバタリアン(旧自由党系・松下政経塾)+リベラリスト(旧社会党系)の連合政党
と言えるのではないでしょうか。
したがって郵政民営化等の経済政策論議に関しては、市場派のグローバリストとリバタリアンが賛成、再分配派のナショナリストとリベラリストが反対というねじれ現象がよく発生します。

sakidatsumonosakidatsumono 2005/05/05 21:47 次版では、一つの象限に対応する複数のタイプを列挙するつもりです。第四象限→清算主義者、「第三の道」、リバタリアン、みたいに。

松尾匡松尾匡 2005/09/29 15:22 呼び名私も考えてみました。
http://www.std.mii.kurume-u.ac.jp/~tadasu/essay_509291.html