Hatena::ブログ(Diary)

井上さくらのトキタマ日記

2011-03-23

東日本大震災とその後の困難の中で

3月11日、日本列島が大きく震えました。
刻々と伝わる被害のあまりの大きさに、胸がしめつけられるような日々が続いています。
被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
その後に続く福島原発の事故は被害と不安をさらに広げ、停電や日常物資の不足感は私たちの生活を直撃しています。
揺れ続ける政治だけでなく、社会全体が見直しを迫られているように思えてなりません。
悲しいニュースの一方、被災地では被災者自身がボランティアとなって立ち上がり、国内外で救援の輪が広がっています。
今、一人一人が力を出してつながる事が新しい分かち合いを生み、日本を前に進める大きな一歩になると信じます。
私自身も経験した事のない出来事の連続ですが、皆様と一緒に未来を切り開くことができるよう、精一杯の力を尽くします。

3月23日には、横浜市が避難所に指定している磯子区の「たきがしら会館」に被災者の皆さんを尋ねました。皆さん、福島県からの方でした。多くの横浜市民がボランティアで駆けつけていました。「何かできることはないか」という皆さんの熱い思いがガンガン伝わってきました。
しかし、避難生活が長引きそうな状況を考えると、プライバシーが保たれ、ある程度長期に滞在可能な避難施設の確保が急務ではないかとも感じました。
神奈川県も横浜市も、長期的な避難施設の確保に向け、今最大限の労力を払うべきでないでしょうか。f:id:sakuraline:20110313134930j:image:right