スマイル0円 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-10-07 あとから評価するぐらいならそのとき言ってほしかった

バナナ♪ゼロミュージック(NHK 9月23日) バナナ♪ゼロミュージック(NHK 9月23日)を含むブックマーク

出演: つんく♂さん、中澤裕子さん、矢口真里さん、高橋愛さん、道重さゆみさん、モーニング娘。'17

モーニング娘。結成20周年記念特集。

中澤裕子さんのブログ 楽しい可愛い愉快な仲間たち。

矢口真里さんのブログ 集合!!

f:id:samuraibomb:20170923212804j:image

f:id:samuraibomb:20170923212827j:image


主な女性アイドルグループの活動期間はキャンディーズ6年、ピンク・レディー5年7か月、おニャン子クラブ2年6ヶ月。モーニング娘。がいかに特異な存在かよく分かります。


オーディションの模様はASAYANの映像をふんだんに使っていた。NHKで 映像提供:テレビ東京 って見てなんか感動した。

5日間で5万枚の手売り。今の現役ハロプロメンバーはこの映像見たことない人もいるかも。


ふるさと』をリリースしたときをつんく♂さんが振替って、「『ふるさと』という曲もとても良く出来ていたんですが、攻めるというか、社会に対してワクワク感が足りないと思っていました。そんな時に、モーニング娘。という素材を見つめ直したんですね。何がこの子らの魅力なのか。」。

そしてLOVEマシーンを発売して164万枚の大ヒット。この時の盛り上がりは大変なものでした。


メンバーチェンジによってつんく♂さんはグループの音楽性を変えていた。「基本的には当て書きっていうんですかね。メンバーの顔を思い浮かべながら曲、歌詞、振り付け、衣装もライブ構成を考えてましたね。」。


後藤真希さん加入について、矢口「金髪の13歳っていうので、もう衝撃美少女が入ってくるって」。

羽賀「中澤さんとは29歳差です」→中澤「こういうことばっかり言うんです!」。


中澤 「一番最初はシャ乱Qロックボーカリストオーディションから始まってるので、まずグループを結成した時点で仲良くやりましょうねっていう雰囲気は全くないわけですよね」

設楽 「そっかグループになるとは思ってないもんね」

中澤 「思ってないです。みんな一人で歌いたいからレコーディングスタジオに行くと会話が無いんです。メンバー同士」

設楽 「そんなの新加入のメンバーは気絶しちゃいそうだね」

中澤 「2期の時は2期が歌ってるのを私達外でスタジオのソファーで見てたり」

出演者とお客さん 「(悲鳴)」

設楽 「超不良学校みたい」

お客さん 「(笑)」

日村 「めちゃくちゃ怖い」

矢口 「もう足ガクガクになりながら歌って、でもやっぱり声も出ないんです怖さで」


矢口 「当時がとにかく忙しかったんですよ。忙しい時は半年に1日ぐらいしか休みが無かったんですよ。その時に洗面所に立って、なんか分かんないですけど頭が真っ白になってゴーンゴーンって(洗面所に頭を打ちつけてた)(笑)」

設楽 「忙しくて寝ちゃったとかじゃなく自分で知らないうちに打ちつけてたんだ。もうそれやばい末期じゃん」

矢口 「末期末期(笑)」


高橋 「例えば遅刻するじゃないですか。で、「すいませんでした」って謝るじゃないですか。その後一人ずつに謝りに行くんですよ」

設楽 「それはさあ後輩がいても?」

高橋 「後輩にも言います。で、それ遅刻したらこうなるよってことを」

日村 「見せしめだ」

高橋 「そうですね」

佐藤 「ハーイ、ハーイ(挙手)。私は学校を遅刻したらここ9期10期が全員連帯責任にされたりとか」

設楽 「学校の遅刻なんて分かんないじゃん誰も」

佐藤 「なんか私達の会社は怖くて、分かってるんですよ」

出演者 「(笑)」


道重 「オリジナルの先輩方も全員卒業されてモーニング娘。どんどん新しくなっていったんですけど、そんな中でAKBだったりとかももくろとかどんどん新しいアイドルの子たちが出てき始めて当たり前のように出れてた歌番組に出れなくなってきたりとか。で、やっぱり周りの人から「モーニング娘。って今なにしてるの?」って」

設楽 「一番辛いね」

道重 「やっぱ悔しかったですね」

設楽 「「最近見ないじゃん」みたいに言われたの?」

道重 「そうですね」

お客さん 「あー」

高橋 「でもその時代つんく♂さん自身も分かってくださってこういう時期だからこそ技術を磨けって言われました」

道重 「でも愛ちゃんがリーダーだった時のメンバーがのちにプラチナ期って呼ばれるようになったんですよ」

柳原 「(拍手)」

高橋 「でも私達やってたときはプラチナ期って言われたことなかったんで」

道重 「あとから評価するぐらいならそのとき言ってほしかった」

全員 「(爆笑)」

柳原 「本当そうなの。本当申し訳ないんだけど本当そう」


フォーメーションダンスの発想をつんく♂さんが語った。「中国の耳が聞こえない女の子たちが一糸乱れず踊るパフォーマンスを見て音が聞こえなくてもこんなにぴったり合うんだからモーニング娘。でも練習すれば、もっとぴたっと合わすことはできるはずだって思って。振り付けの先生にもインドユニゾンダンスと中国のその雑技団の女の子たちのビデオを見てもらってこれを足して割った感じ!みたいなリクエストしたのを覚えてます。」

モーニング娘。はこのフォーメーションダンスを武器に自身初となる5作品連続オリコン1位を記録した。ナレーションではNHKでは”オリコン”は言えないので”チャート”と言っていた。


バナナマンの日村さんと三四郎の小宮さんが挑戦することになってモーニング娘。がまずはお手本を見せた。小宮さんの変な動きにまーちゃんしゃがみこんで爆笑。

日村さんは意外とキレがあって盛り上がった。牧野「格好良かったです」→日村「ありがとう。じゃあ俺入っていいかな?」→全員「(爆笑)」


つんく♂さんからのメッセージ

「普通、部活とかってどうしても先輩が偉く芸能界も先輩後輩ってあるんですが、モーニング娘。や、この手の引継ぎ型のユニットって実は新メンバーが一番大変なんですね。それは曲数がどんどん増えていくから。1期なんて偉そうにしててもたかが20曲ほどでしょ。12期は何曲覚えなきゃいけないのか・・・。作った僕も覚えてない曲もたくさんあるのに・・・。なので新メンバーに会ったら先に「引き継いでくれてありがとうございます」って楽屋に挨拶に行った方がええんちゃうかなって思います。(笑) まあ、とはいえ、先輩たちが大きな問題を起こさずやってきてくれたから今があるわけで、後輩たちもその先の後輩たちに引き継いでいけるような音楽的な歴史を残してほしいなって思います。」


最後にスペシャルライブ。まずは『邪魔しないで Here We Go!』。スタジオが広くて存分に踊ることができました。衣装も『邪魔しないで Here We Go!』のでしたがこれはウエストが太く見えるから私はイマイチです・・・。

次に『モーニングコーヒー』。先輩達が目の前で見る前で歌うのは想像するだけで緊張する ((((;゜Д゜)))

最後に生バンドの演奏付きで『LOVEマシーン』。現役メンバーがしっかり引き継いでいます。

矢島舞美さんが小田原「きまつり」訪問 矢島舞美さんが小田原「きまつり」訪問を含むブックマーク

前編

後編

作業着&ヘルメット姿でも際立つ美貌。木の伐採や加工など滅多に体験できないことを味わって嬉しそう。

間伐材に墨で名前を書いてコースター作り。”舞美”は字画多くて大変だ。

最後はジップスライドで楽しんだ。暑い最中のロケお疲れさまでした♪

こぶしファクトリーつばきファクトリーDVD MAGAZINE こぶしファクトリー・つばきファクトリーDVD MAGAZINE を含むブックマーク

こぶしファクトリー DVD MAGAZINE Vol.5 CM

https://www.youtube.com/watch?v=yYvoY5AYs6Y

二人減ったのは残念だけど明るさは変わってない。和田さんが須藤茉麻さんに見えてきた。


つばきファクトリー DVD MAGAZINE Vol.5 CM

https://www.youtube.com/watch?v=NBBy4Vm2dfw

樹々ちゃんのウィンクにやられました(*^_^*)

【自己紹介】新井愛瞳です!ついにチャンネル本格始動!まずは自己紹介から!【アップアップガールズ(YouTuber)】 【自己紹介】新井愛瞳です!ついにチャンネル本格始動!まずは自己紹介から!【アップアップガールズ(YouTuber)】を含むブックマーク

https://www.youtube.com/watch?v=-GFR9N-OXxI

週刊ファミ通森戸知沙希さん 週刊ファミ通に森戸知沙希さんを含むブックマーク

ASICS HARAJUKU FLAGSHIP Opening Partyでの菅原佳奈枝さん動画 ASICS HARAJUKU FLAGSHIP Opening Partyでの菅原佳奈枝さん動画を含むブックマーク

リフティングパフォーマンス

Part1

Part2

以前よりも技のバリエーションが増えて細かい技の精度が上がってます。


◇テックボールでwasseさん、セレッソ大阪マスコットキャラクターマダム・ロビーナ”と対戦

https://www.garow.me/media/1620043379428896490_4989818004

https://www.garow.me/media/1620134942033269523_4989818004

bluenote1969bluenote1969 2017/10/07 23:29 バナナゼロミュージックは、実はASAYANの制作スタッフだった方々が中心となって立ち上げた番組なので、今回のような企画がスムーズに通るという側面があるそうです。何と言ってもNHKは地上波も全国放送なので、こういう番組で20周年をアピールできたというのは、大きな成果だと思います。

samuraibombsamuraibomb 2017/10/08 20:33 それは知りませんでした。ありがとうございますm(__)m。それなら納得です。
NHKの全国放送なのは良かったですね。時間帯も深夜というほどではないですし、昔の映像から現役メンバーのスタジオライブまで幅広く網羅していてモーニング娘。の魅力を伝えることができていたのではないでしょうか。アップフロントを辞めたメンバーもモザイクなどかかっていなかったのが嬉しかったです。

そばかす。そばかす。 2017/10/08 22:55 >プラチナ期。
>>道重 「あとから評価するぐらいならそのとき言ってほしかった」
さゆは現役時代にも別の番組で言ったことがありました。
「なんてったってハロプロ」
(他の現役アイドルがハロー!を語るハロショイベ)
を1回だけ観に行ったことがあるんですが、
その時出演したアイドルたちは、
ちょうど「その時期」にハロー!から、
離れちゃったりしてるんですよ。
で後悔の弁を述べているわけですね。
 
さゆが言ってるのも、もっともですが、
評価されなければ、いつまでもそのままなので、
”再評価”はハロー!ファンの一人として、
ありがたいですね。ハロー!から離れなくて、
良かったと思ってます。
 
こんなことは今後も繰り返してほしくないのが、
正直な感想ですが、繰り返さないためにも、
必要なことだと思っています。

samuraibombsamuraibomb 2017/10/09 21:36 ラジオなどで以前にも同様の発言していて、やはりそれだけ強く思っていることなのだと思います。
プラチナ期は他のアイドルグループが台頭してきた時期で、アイドル好きな人はDDが多いからやっぱり新しいのが出てくるとそちらに興味が移ってしまうのかなあと。ずっとハロプロを応援している人はプラチナ期でもパフォーマンスの技術がどんどん向上していて良い曲を生み出してるのを分かってたけど、当時のリリース曲の世界観とかMVの照明の暗さなどは派手さが弱かったので勢いが伝わりにくかったのかもしれません。後年になって再評価されてきてるのは本当嬉しいです。私はプロレスとアイドルグループは長く見続けたほうが絶対得という考えを持っていて他の人にもそういう風に応援してもらえたらなと思っています。ちゃんとした技術を持つ人が正当な評価を受ける世の中になるといいですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/samuraibomb/20171007