Hatena::ブログ(Diary)

μ-Blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

【μFactory ホームページ本体】   【μFactoryの書棚から(管理人が最近読んだ本など)】

2017-11-05 iPhone SE

[]iPhone SE

 少し前のことですが、iPhone SEを購入しました。Apple Store(オンライン)で2017/9/26に注文し、9/27に到着しました。購入したのはiPhone SE 128GB シルバーです。かかった費用としては次の通りになります。

項目金額
iPhone SE 128GB シルバー50,800
Apple Care+12,800
消費税5,088
合計68,688

 これまで使用していたiPhoneは2014/10/1に購入し、10/3に到着しました。その際の費用は次の通りでした。

項目金額
iPhone 6 128GB ゴールド89,800
Apple Care+9,400
消費税7,936
合計107,136

 このiPhone 6iPhone SEに環境移行後、Sofmapに下取りに出しました。査定結果は23,450円(査定上限25,000円-1,250円(本体キズ)-300円(ハコ欠品扱い))でした。以前よりも本体キズの減額が厳しいという印象です。また、このiPhone 6は故障したことがあり、Appleの保証により本体が交換になったことがあります。このとき交換してもらえたのは本体だけだったので、本体とハコのIDが不一致になりました。こうなると、ハコを持ち込んでもSofmapの基準ではハコ欠品扱いになるのだそうです。

 iPhone 6についてまとめると、都合36ヶ月間の使用に差額83,686円を払った計算です(液晶保護フィルム等は別途購入していますが、記録がないので計算に含めていません。)。月額にすると2,324円、通信料と合わせると月に4,000円程度となり、なかなかいい取引だったと思います。今回購入したiPhone SEも大事に使おうと思います。

2017-07-30 ここ5年ほどのJAL国際線運賃の変化

[]ここ5年ほどのJAL国際線運賃の変化

 最近、ふと国際線の運賃が以前に比べてかなり上がっているということを実感したので、調べて見ました。気づいたきっかけはシンガポール線でしたが、今回は王道の(?)ニューヨーク線で調べました。

運賃クラス2012冬季2013冬季201420152016夏季20172018
プレミアム(相当)219236227260270274274
ダイナミックセイバーA(相当)189206197230240244244
ダイナミックセイバーB(相当)165190182216220224224
ダイナミックセイバーC(相当)137137142174180184184
ダイナミックセイバーD(相当)107110115147153157157
ダイナミックセイバーE(相当)8792100132138142142
ダイナミックセイバーF(相当)727886116124128128
サーチャージ21(10月)21(10月)25(4月)10.5(4月)0(4月)7(4月)-

※単位は1000円です。

 2012年度、2013年度は冬季が夏季より5,000円安く、2016年度は夏季が冬季より4,000円安かったため、安い方の時期の運賃を採用しています。また、この区間は出発の曜日によっても運賃が変わります(日本発火〜金、アメリカ発日〜木が安い。この差は往復で20,000円。)ので、これも安い方の時期の運賃を採用しています。

 結論としては、運賃表では大幅に値上がりしていました。特に、2015年度の値上げ幅は非常に大きいです。ただ、各運賃区分の配分計画や実績が我々にはわからないため、実質的な値上げ率は運行会社にしかわからない点は留意が必要です。

 2015年の値上げの理由は、よくわかりませんが、1つ考えられるのは円安でしょうか。2012年の秋には1ドル80円でしたが、2015年の正月には1ドル120円になっています。円建ての費用は変わらなくとも、航空機の調達費用等その他の費用でドルまたはユーロ建てのものが多いと仮定すれば、影響はありそうです。

 もう1つ気になるのは、結果的にどの運賃クラスも約5万円という一律の値上げ幅(率ではなく)である点です。パックツアーを使わず、自分で安い運賃の時期を狙って計画を立てるのが好きな自分にはなかなか厳しいものがありますね。

【参考サイト】

【追記】

 値上げした時期が、燃油サーチャージが下がった時期と一致するのではないかという指摘をいただきました。まだ確認していませんが、メモしておきます。(2017.7.30)→追記しました。なお、各運賃が適用された時期の期初でのサーチャージを記載しています。(2017.7.31)

2017-07-23 JAL国際線の運賃クラス

[]JAL国際線の運賃クラス

 JAL国際線でよく利用する運賃クラスの名称が2017年4月から変更になりました。しかしながら、古い名前が身に染みついている身としては、なかなか慣れません。ということで、全体ではありませんが、表を作成してみました。

旧名称新名称マイル積算率マイルによるアップグレード
ダイナミックセイバー(7,5,3) A(Saver, Standard) H70%
ダイナミックセイバー(7,5,3) B(Saver, Standard) K70%
ダイナミックセイバー(7,5,3) C(Saver, Standard) M70%×
ダイナミックセイバー(7,5,3) D(Saver, Standard) L50%×
ダイナミックセイバー(7,5,3) E(Saver, Standard) V50%×
ダイナミックセイバー(7,5,3) F(Saver, Standard) S50%×

 今回まとめてみて初めて気づいた点があります。それは、ダイナミックセイバーは、路線によって予約・購入期限以外の違いがあるということです。基本的には、Flex相当(予約変更不可、取消要手数料)の取扱いだったのですが、例えばハワイ線はStandard相当(予約変更要手数料、取消要手数料)ですし、韓国中国台湾香港線は旧AのみStandard相当の取扱いだったということです。正直これまで気にしたことがなかったですが、そういう意味では新名称で分かりやすくなったのかもしれません。

【参考サイト】

2017-07-02

[]MacBook (2017)の導入

導入の検討

 WWDC 2017において、MacBook (2017)が発表されました。私はMacBook Air (11.6, Mid 2013)を保有していましたが、かねてより、内蔵SSDの容量不足に悩まされていたことと、Retinaディスプレイが欲しいと思っておりましたので、これを気にMacBookの購入を検討しました。なお、現在使用しているモデルも、購入を検討しているモデルも、梅(一番下のランク)のモデルです。

項目MacBook Air
(Mid 2013)
MacBook
(Early 2016)
MacBook
(2017)
CPUデュアルコアIntel Core i5デュアルコアIntel Core m3
世代HaswellSkylake-YKaby Lake-Y
クロック1.3GHz(TB 2.6GHz)1.1GHz(TB 2.2GHz)1.2GHz(TB 3.0GHz)
メモリ4GB8GB
ストレージ128GB256GB
グラフィックチップIntel HD Graphics 5000同515同615
液晶解像度1366x7682304x1440
外部出力(最大)2560x16003840x2160(30Hz)4096x2304(60Hz)
重量(kg)1.080.92
その他--第2世代バタフライ構造キーボード
価格(円)98,800128,800142,800

 MacBook (2017)における主だった変化点としては、CPUの変更(ベンチマークベースで25〜30%性能向上)、外部出力能力の強化、キーボードの改善が挙げられます。また、公式のホームページにおいてはSSDの速度が最大50%向上したと謳われています。

 通常であれば、最新の2017年モデルを購入するのですが、今回悩ましかったのが価格が前モデルよりも上昇していることです。アメリカでは、2016年モデルも2017年モデルも1299ドルですので、1ドル100円換算であったものが、110円換算となりました。これは、現在の為替が1ドル112円(2017/7/2現在)であることを考えれば、合理的なところでしょう。

 自分の経験則の中で、CPU性能は(上がる時には)最低1.5倍、できれば2倍の差がないと実感しづらい、という点があります。また、外部出力についても、デスクトップマシンとの併用ですので、あまり重視しませんでした。そうなると、コストパフォーマスンスは旧モデルが有利です。キーボードの改善は気になるものの、慣れの問題として納得することにしました。

MacBookの購入価格と、MacBook Airの下取り価格

 実際の購入価格は、新宿ヤマダ電機において、118,800円(税抜)+14%ポイント還元でした。クレジットカード決済としてもらいましたので、クレジットカードのポイントによる還元を1%と仮定すると、計算上112,000円で購入できました。

 一方、環境移行後、使用していたMacBook AirSofmapの下取りに出したところ41,000円となりました。上限価格は42,000円でしたが、ACアダプタのパーツが一部欠けていたため、減額となりました。よって、今回移行にかかった費用は71,000円となりました。

 36ヶ月使用すると仮定すると、月あたり2,000円の出費ですから、しっかり活用していきたいと思います。

【参考サイト】

2017-05-28 iPhoneのヘルスケアで入力できる体重の上限は362kg

[]iPhoneのヘルスケアで入力できる体重の上限は362kg

 iPhone (iOS 10.3.2)のヘルスケアアプリで体重の入力をしているときに気づいたのですが、体重を363kg以上入力しようとしても、右上の「追加」ボタンが非アクティブになり、入力できません。

f:id:san-diego:20170528124543p:image  f:id:san-diego:20170528124540p:image

 中途半端な上限値のように見えますが、おそらくこれは800ポンド(約362.8kg)が上限で、それを換算した結果なのではないでしょうか。

2016-09-26 iPhoneの「写真」アプリでの不都合2

[] iPhoneの「写真」アプリでの不都合2

 「iPhoneの「写真」アプリでの不都合」と類似の記事になります。数カ月前にも、以前の記事と同様の症状(Macの「写真」の画像がiPhoneの「写真」アプリにうまく同期されない)に悩まされました。検索してみると、この症状に対して試行錯誤されている方が他にもいるようでした。例えば、「iPhone Macの写真が一部同期されなかった時に試してみること。」では、インデックスカラーになっているpng画像がライブラリ内にあるのが原因となりうるため、そのような画像ファイルをなくせば解決する場合があるという見解が書かれています(ただし、この記事はMacの「写真」ではなくフォルダからの同期が前提となっているようです)。残念ながら、今回はこの対応を行っても解決しませんでした。

 結論としては、今回の不都合は、MaciPhoneの写真に関するiCloudまわりの同期設定を設定をいったん変更し、戻すことで解決しました。私は「iCloudフォトライブラリ」「マイフォトストリーム」「iCloud写真共有」の「写真」と「iCloud」の連携機能は使っておらず、Lightningケーブルでの同期のみを行っています。ここで、上記の3つの設定をMac上とiPhone上で一旦ONにして、その後OFFにしました。これにより、写真の同期が正常にできる状態になりました。

 なお、Mac上で「iCloudフォトライブラリ」をONにする際、現在のiCloud容量では不足するというエラーダイアログが出ました。Mac上の写真は5万枚近くあるため、確かに5GBのiCloud容量では不足するでしょう。そこで、私は、容量を追加購入するボタンを押し、その後の購入作業中に購入をキャンセルすることで、無事に(?)容量を追加購入することなく「iCloudフォトライブラリ」をONにできました。

2016-09-25 復元時にiPhoneの万歩計データが消えないようにする

[] 復元時にiPhone万歩計データが消えないようにする

 iPhoneを修理交換したり、不具合解消のために復元作業をした際に、ヘルスケア内の万歩計データの履歴が消えてしまうことに気づきました。これは仕様かと思ったのですが、iPhoneバックアップを「コンピュータ」にとっていて、かつ「バックアップを暗号化」のオプションを外している場合のみの仕様であることに気づきました。

 これまで私は、バックアップを暗号化すると、何となく有事の際にデータを復元するために不利となるかもしれないと考えていたため、暗号化していませんでした。しかし、このような差異があるのであれば、「暗号化」としたほうが利便性の面では好ましいということになります。ちなみに、iOS9.3.5とiTunes12.5.1.21の組合せでは、暗号化することで「アカウントパスワード、減る介アデータ、およびHomeKitのデータ」がバックアップできるようになるという記載がありました。

f:id:san-diego:20160925172515p:image

2016-02-11 Mac mini (Late 2012) SSD化

[]Mac mini (Late 2012) SSD

 El Capitanにアップデート後、Mac mini (Late 2012)にプチフリーズのような症状がでるようになりました。CPUCore i7のQuadモデルですし、アクティビティモニタをみてもCPU負荷は高くない状態でした。この症状は、EvernoteXCodeなど、小さいファイルをたくさん扱う(と私が想像している)ソフトが動作しているときに発生していましたし、世のOSアプリケーションSSD前提の作りに移行しているという直感もありましたので、この機会に念願のSSD化を行うことにしました。

 購入したのは、San Disk X300の1TBのモデル(購入価格29,980円)です。Mac miniの内蔵HDDHGSTの1TB (5400rpm)モデルであり、既に600GB程度使用していましたので、1TBモデルにしました。固定ストレージデバイスにこれだけのお金を出すのは久々です。いずれにせよ、SSDが1TBでこの価格になると、2.5インチHDDの将来はなかなか厳しいように思います。

 なお、X300のスペックは、最大速度がリード530MB/sec・ライト470MB/sec、最高IOPSがリード90k・ライト74k、耐久性が80TBW以上です。

 Mac mini はメモリ増設以外の改造は保証対象外となりますので、作業は慎重に行いました。以下の情報を参考にしました。特に1つ目のサイトは動画もあり非常に親切です。

 必要な工具はT6とT8のトルクスドライバー(通常タイプでOK)と、プラスドライバーです。これに加えて、プラスチック製のへらがあるとコネクタを外す際に安心です。取付け作業は順調に終わりましたが、戻す際にWi-Fiアンテナがついている金属のメッシュ板を固定するネジ3本のうち、2本しか固定できない問題が発生しました。部品の精度(サイズ)が悪く、もともと無理やり固定していたようでしたので、これはあきらめました。

 データの移行は、Mac miniリカバリ領域から起動し、「ディスクユーティリティ」で行いました。データの移行は4〜5時間程度要しました。SSDから起動したあとは、「trimforce」コマンドによりTRIMサポートを有効化しました。なお、当初は数秒間応答がなくなるという事象が時折発生しましたが、翌日以降は発生しなくなりました(原因は不明)。

 ベンチマーク結果を以下に示します。Mac mini 2012のI/FはSATA3(600MB/sec)です。元々のHDDは50〜100MB/secでしたので、格段に性能が向上しました。SSD特性からして、ランダムアクセス性能はより大きな改善が得られていると想像します。なによりも、実際問題としてあらゆる操作に対するレスポンスが改善されました。

f:id:san-diego:20160211194038p:image

 結論としては、ディスクアクセスが原因の引っ掛かりを感じているのであれば購入の価値はあると感じました。非常に満足しています。

2015-12-03 ミラーレス一眼カメラを購入

[]ミラーレス一眼カメラを購入

 私はフィルム時代を通しても、ずっとコンパクトカメラを使っていたのですが、ミラーレス一眼カメラに一度は挑戦してみたいと思い購入しました。購入したのはSONYのα6000のダブルズームキットです。CanonAPS-C機やマイクロフォーサーズも気になったのですが、SONYコンパクトカメラRX100が気に入っていたという理由もあり、α6000にしました。それから、ソフトケース(ハクバのDCS-02MBKPG)と、液晶保護フィルム(KenkoのKLPM-SA5100)も別途購入しました。ちょっと試しに使ってみたのですが、バッテリの減りが速く、本格的に使うにあたってはバッテリと充電器も購入する必要があるかもしれません。せっかくなので活用していい写真を撮りたいと思います。

2015-02-04 iPhone(iOS)のユーザ辞書機能の復旧

[] iPhone(iOS)のユーザ辞書機能の復旧

 私は普段iPhone6(iOS8)を使用しているのですが、ここ最近、日本語変換機能のユーザ辞書機能が使えない状態でした。これが初めてではなくiOS7以前とiPhone5の際にも似たような症状となったことがあります。具体的には以下のような症状でした。

  • ユーザ辞書に登録したはずの単語が変換できない
  • 「設定」の「ユーザ辞書」の一覧画面を見ても、単語が1つも表示されない
  • 新たな単語を登録する操作をしても、変換できるようにならず、ユーザ辞書の一覧画面にも表示されない

 なお、以前iPhone5で似た状況が発生していた時には、「ユーザ辞書」の一覧画面を表示しようとすると「設定」アプリが固まるという症状もありました。

 ユーザ辞書が使えないというのは不便なので、Webの情報を調べて何通りか解決を試したものの、復旧せずに困っていました。それが、ある日、ユーザ辞書機能が復旧していることに気づきました。確かに、復旧する前で何点か思い当たる節はありますが、どれが原因かわからないので、メモも兼ねてここ1週間ほどで行った主な設定変更および環境の変化をメモします。

 さて、この中に決定打はあるのでしょうか…?