Hatena::ブログ(Diary)

μ-Blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

【μFactory ホームページ本体】   【μ-Diary(管理人の気ままDiary)】

2018-11-06 rsyncによるMacOS X ServerからLinux(Ubuntu 18.04)へのファイル転送

[]rsyncによるMacOS X ServerからLinuxへのファイル転送

 「Intel NUCの購入」で書いたマシンは、Linuxサーバとして運用することにしています。今回、MacOS X Server (10.7.5)からLinux(Ubuntu 18.04)にファイルを転送したのですが、転送したファイルの一部がSamba経由で正常に表示できない(例えば、特定のディレクトリに700項目あるはずが、400項目程度しか表示されない)という症状がでました。結論としては、rsyncでファイルを転送する際に、--iconvオプションをつける必要がありました。例えば以下の通りです。

rsync --iconv=UTF-8-MAC,UTF-8 -auze ssh /Users/hideyuki/Documents hideyuki@linux-server:/home/hideyuki/

 また、このiconvを使用するためには、rsyncがversion 3.1.3である必要があるようです。よって、rsync --versionで使用するrsyncのバージョンを確認し、インストールされているバージョンが古い場合は、MacPorts等を使用して新しいバージョンをインストールする作業を先に行う必要があります。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/san-diego/20181106/1541456320