ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

sanahannaの日記            

「2016年07月27日」

小栗旬主演『信長協奏曲』TUTAYA レンタルDVD初出場首位✨

http://m.cinematoday.jp/page/N0084803


 7月25日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは、『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』が初登場で首位を獲得。ピクサー新作『アーロと少年』の連続首位記録は2週でストップした。

 高校生サブローが戦国時代にタイムスリップし、顔が似ていた織田信長に頼まれ、信長として生きることになる。勉強嫌いのサブローは桶狭間の戦いなど史実を知らないまま歴史どおりのことを成し遂げていき、家臣たちとの絆を強めていく中で、戦のない世を作ろうと思い始める……。石井あゆみの同名マンガを小栗旬の1人2役で実写化。2014年10月期にフジテレビ系で放送されて話題を呼んだテレビドラマの劇場版だ。

 2位は先週首位の『アーロと少年』。本作は、『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』など連綿と続くピクサー王道の友情ものだが、恐竜と人間、しかも「言葉を話す恐竜」と「言葉を持たない人間」という独創的なもの。言葉を超えた友情が繊細に描かれている。映画の大きな見どころが、巨大な恐竜もちっぽけな存在に見えるほどの壮大な自然。大草原、激しい嵐や川の激流、険しい山岳などが実写のようにリアルに描かれている。また草原で無数のホタルが舞う場面は幻想的な名シーンに仕上がっている。

 先週9位に初登場した『さらば あぶない刑事』はワンランクアップの8位。名コンビのタカ&ユージを演じた舘ひろし&柴田恭兵と共に浅野温子、仲村トオルらシリーズおなじみの顔ぶれが、前回の劇場版から10年の時を経て帰ってきた。メガホンを取ったのは、松田優作とタッグを組んだ『遊戯』シリーズや『あぶない刑事』シリーズなど数多くのアクション映画を手掛けてきたベテラン監督・村川透だ。


今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)

1位『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』(初登場)

2位『アーロと少年』(1位)

3位『オデッセイ』(2位)

4位『X-ミッション』(3位)

5位『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』(4位)

6位『ザ・ブリザード』(5位)

7位『orange−オレンジ−』(7位)

8位『さらば あぶない刑事』(9位)

9位『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(6位)

10位『ドラゴン・ブレイド』(8位)

 今週は29日に『の・ようなもの のようなもの』がレンタル開始となる。『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』が2週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)



「2016年07月26日」

龍が如く6に小栗旬、藤原竜也ら出演決定✨

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160726-00000076-nksports-ent

龍が如く6に小栗旬、藤原竜也ら出演決定

日刊スポーツ 7月26日 14時2分配信

14

龍が如く6に小栗旬、藤原竜也ら出演決定

「龍が如く6 命の詩。」に出演が発表された出演陣拡大写真

 セガゲームスのPS4用ゲームソフト「龍が如く6 命の詩。」の記者発表会が26日、都内で開催され、正式なタイトル名とともに発売日が12月8日と発表された。

 出演陣では、ビートたけし(69)が既に明かされていたが、新たに俳優小栗旬(33)、藤原竜也(34)、大森南朋(44)、女優真木よう子(33)、雨上がり決死隊の宮迫博之(46)らが出演することも発表された。シリーズ総合監督を務める名越稔洋氏は、タイトルについて「物語の区切りをつけるということで『。』をつけました」と説明。シリーズ作の主人公・桐生一馬の作品としては最終章としている。出演陣については「本当に実力がある方が勢ぞろいしたと思います。龍が如くブランドが浸透したのかなと。理想とするキャスティングができた」と手応えを感じていた。

龍が如く6に小栗旬、藤原竜也ら出演決定✨

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160726-00000076-nksports-ent

龍が如く6に小栗旬、藤原竜也ら出演決定

日刊スポーツ 7月26日 14時2分配信

14

龍が如く6に小栗旬、藤原竜也ら出演決定

「龍が如く6 命の詩。」に出演が発表された出演陣拡大写真

 セガゲームスのPS4用ゲームソフト「龍が如く6 命の詩。」の記者発表会が26日、都内で開催され、正式なタイトル名とともに発売日が12月8日と発表された。

 出演陣では、ビートたけし(69)が既に明かされていたが、新たに俳優小栗旬(33)、藤原竜也(34)、大森南朋(44)、女優真木よう子(33)、雨上がり決死隊の宮迫博之(46)らが出演することも発表された。シリーズ総合監督を務める名越稔洋氏は、タイトルについて「物語の区切りをつけるということで『。』をつけました」と説明。シリーズ作の主人公・桐生一馬の作品としては最終章としている。出演陣については「本当に実力がある方が勢ぞろいしたと思います。龍が如くブランドが浸透したのかなと。理想とするキャスティングができた」と手応えを感じていた。

「2016年07月24日」

大好評✨小栗旬の声『ワンピース 』マッド・トレジャーの声

公開して、原作ファンから、え?あれ、小栗旬の声だったの?めっちゃうまい!巧すぎる!

マッド・トレジャーの声が小栗旬?うそー!

凄い良かったけど、小栗旬じゃなかったよー!?

など、など、大好評です✨嬉しいですね✨


いや〜流石です!!小栗旬✨ ( ´ ▽ ` )


以前、旬くんが「ワンピース」の他のキャラクターの声にオファーされて、断ったという。。

理由は

小栗旬「イケメン過ぎる。俺の声じゃないほうがいい。」


でしたからね。

残念なような。。

是非それも受けて貰って、そのイケメンな声も聴かせて貰いたかったですが。。

旬くんらしいイケメンなお仕事振り(^^)

「2016年07月19日」

興行収入45億円を突破した『信長協奏曲』4位✨

・'(*゚▽゚*)'・ すごいことです!!

1位スターウオーズ

2位妖怪ウオッチャー

3位コナン

4位信長協奏曲

5位ドラえもん

6位オデッセイ

7位暗殺教室〜〜

8位

9位ズートピア (今後も伸びる)

ですからね✨

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160719-00000001-nikkeisty-life

スター・ウォーズが100億円超で1位、コナンも好調

NIKKEI STYLE 7月19日 7時0分配信



 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が興行収入115億円を超え、上半期の1位に。実写映画の100億円突破は10年公開の『アリス・イン・ワンダーランド』以来、実に6年ぶりとなる。

 上位で目立ったのは、定番アニメとマンガ原作の実写化作品だ。定番アニメは、2位に『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』、3位に『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』、そして5位には『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』が入り、トップ5のうち3つを占める結果に。さらに『コナン』は劇場版20作目にして、初の50億円超えを達成。配給する東宝によると「最終的には60億円以上もうかがえる」という。『ドラえもん』は40億円を突破。これは、声優入れ替え後に製作された新シリーズでの最高興収だ。

 マンガ原作作品では、

14年のテレビドラマ化を経て映画化された『信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)』が4位に。小栗旬主演作では、『クローズ ZERO II』を抜いて最大のヒット作となった。

</span

7位の『暗殺教室〜卒業編〜』は、15年春に公開された前作の27.7億円を超える興収を記録。主演を務めたHey! Say! JUMPの山田涼介に加え、嵐の二宮和也、CMで人気上昇中の菅田将暉など、キャストの充実もヒットの後押しとなった。

■少女マンガ原作が30億超え

 マンガ原作作品で特筆すべきは、少女マンガ原作映画だ。このジャンルでは、『ストロボ・エッジ』『ヒロイン失格』(ともに15年公開)など興収20億円を超える作品も出ていたが、12月公開の『orange‐オレンジ‐』がついに興収30億円を突破。『orange‐オレンジ‐』に主演する山崎賢人は、『ヒロイン失格』にも出演しており、このジャンルの“顔”として人気を決定的なものとした。

 同じく少女マンガ原作映画では、16位に広瀬すず主演の『ちはやふる‐上の句‐』、20位にはSexy Zoneの中島健人が主演した『黒崎くんの言いなりになんてならない』もランクイン。『黒崎くん〜』は、配給するショウゲートにとって実写映画で初の10億円超え作品となった。少女マンガ原作映画の人気は、さらに続きそうだ。

 この他でトップ10では、6位に『オデッセイ』、9位に『ズートピア』が入る。『ズートピア』は公開3週目で1位を獲得するなど、週を追うごとに興収を伸ばしており、6月23日付で70億円を突破している。

(日経エンタテインメント! 羽田健治)

[日経エンタテインメント! 2016年7月号の記事を再構成]

「2016年07月01日」

『銀魂』小栗旬主演で実写化決定☆

27巻で小栗旬之介というパロディのキャラクターが出てるらしいけれど、それではなく。。(^^) 笑える。

http://www.billboard-japan.com/sp/d_news/detail/39438/


『銀魂』小栗旬之介……ではなく正真正銘の小栗旬で実写映画化決定! 空知英秋「銀魂ならコケてもいい」

Billboard Japan 7月1日 15時15分

 2004年より連載が開始し、単行本発行部数累計5,000万部を超える大人気コミック『銀魂(ぎんたま)』が、小栗旬主演で実写映画化されることとなった。

f:id:sanahanna:20160701165220j:image

映画『銀魂』関連写真


 本作は、抱腹絶倒のギャグと壮絶アクション、そして厚い人情をも詰め込んだ天下無敵の痛快エンターテイメント。舞台はパラレルワールドの江戸。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。主人公は、そんな時代に己を信じる侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(通称:銀さん)。天パの銀髪が特徴で、普段は気の抜けたような向上心ゼロの怠け者だが、剣の腕はかなりのもの。今回、銀さんを演じることになった小栗旬は『銀魂』ファンであり、また27巻には「小栗旬之介」という小栗旬のパロディキャラも登場している。

 監督は『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一に決定。公開は2017年、今年7月から撮影を開始。実写化されるストーリーやほかのキャスティングについては順次発表される。



◎空知英秋(原作者)−コメント 

『ジャンプ』でやってる「幕末」の「侍」ものというキーワードで『るろうに剣心』並みの大作漫画と勘違いした、こんな豪華なスタッフとキャストが集まってくれました。メンバーが豪華だろうと原作が原作ですから基本泥舟。全員銀魂と一緒に死んでもらう事になりますが、福田監督は『勇者ヨシヒコ』でコスプレ感丸出しながらもそんなのお構いなしで物語に引き込み爆笑させてしまう剛腕振りを見た時から、嫉妬からこのオッさん死んで欲しいなと思っていたし、小栗くんもクローズがカッコ良かったんで、漫画に無断で登場させた時から訴えられるんじゃないかとドキドキしていたし、以前テレビで小栗くんの本棚が映った際に銀魂を1巻で切っているのを見た時から鈴蘭に乗り込まなきゃいけないと思っていたので、二つの邪魔な才能を抹殺するにはいい機会だと思っております。漫画の実写化はイメージと違うと叩かれるのが常ですが、もう今さら何をやっても読者の皆さんの銀魂のキャラ像はブレないと信じていますし、ここに集まってくれた方々はそういう覚悟もした上で、それでも泥舟でもいいから銀魂に乗りたいと言ってくれた方々ですから、そんな人達の作るまた別の形の銀魂ならコケてもいいから見てみたいな、見てもらってもいいかなと思ったのが実写化をうけた僕の率直な気持ちです。という事なので皆さん。わざわざ沈む船に乗り込んだ「現代」の「侍」達の姿を見て、笑うも結構、泣くのも結構。映画と一緒にその顛末もお楽しみあ〜れ。

◎福田雄一監督−コメント  

空知先生から大切な作品を任せていただいたこと、本当に光栄です。 たくさんのファンの方に支持されている原作です。原作の魅力を実写化でも表現できればと、僕が確たる信頼を寄せている最強のキャスト、スタッフに集結していただきました。 空知先生にお会いした時に「福田監督ということは今回ももちろん低予算ですよね!」と言われたのですが、銀魂ともなると、残念ながら?たくさんの予算を頂けました。この予算、たくさん笑えて感動出来る銀魂のために使い切りたいと思います。

◎映画『銀魂』

2017年公開予定

脚本/監督:福田雄一

主演:小栗旬

原作:『銀魂』空知英秋(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)

製作:『銀魂』製作委員会 制作プロダクション:プラスディー

配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)空知英秋/集英社(C)2017「銀魂」製作委員会

『銀魂』小栗旬主演で実写化決定☆


http://www.billboard-japan.com/sp/d_news/detail/39438/


『銀魂』小栗旬之介……ではなく正真正銘の小栗旬で実写映画化決定! 空知英秋「銀魂ならコケてもいい」

Billboard Japan 7月1日 15時15分|Yahoo!ニュース

Twitter

Facebook

LINE

『銀魂』小栗旬之介……ではなく正真正銘の小栗旬で実写映画化決定! 空知英秋「銀魂ならコケてもいい」

 2004年より連載が開始し、単行本発行部数累計5,000万部を超える大人気コミック『銀魂(ぎんたま)』が、小栗旬主演で実写映画化されることとなった。


映画『銀魂』関連写真


 本作は、抱腹絶倒のギャグと壮絶アクション、そして厚い人情をも詰め込んだ天下無敵の痛快エンターテイメント。舞台はパラレルワールドの江戸。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。主人公は、そんな時代に己を信じる侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(通称:銀さん)。天パの銀髪が特徴で、普段は気の抜けたような向上心ゼロの怠け者だが、剣の腕はかなりのもの。今回、銀さんを演じることになった小栗旬は『銀魂』ファンであり、また27巻には「小栗旬之介」という小栗旬のパロディキャラも登場している。

 監督は『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一に決定。公開は2017年、今年7月から撮影を開始。実写化されるストーリーやほかのキャスティングについては順次発表される。



◎空知英秋(原作者)−コメント 

『ジャンプ』でやってる「幕末」の「侍」ものというキーワードで『るろうに剣心』並みの大作漫画と勘違いした、こんな豪華なスタッフとキャストが集まってくれました。メンバーが豪華だろうと原作が原作ですから基本泥舟。全員銀魂と一緒に死んでもらう事になりますが、福田監督は『勇者ヨシヒコ』でコスプレ感丸出しながらもそんなのお構いなしで物語に引き込み爆笑させてしまう剛腕振りを見た時から、嫉妬からこのオッさん死んで欲しいなと思っていたし、小栗くんもクローズがカッコ良かったんで、漫画に無断で登場させた時から訴えられるんじゃないかとドキドキしていたし、以前テレビで小栗くんの本棚が映った際に銀魂を1巻で切っているのを見た時から鈴蘭に乗り込まなきゃいけないと思っていたので、二つの邪魔な才能を抹殺するにはいい機会だと思っております。漫画の実写化はイメージと違うと叩かれるのが常ですが、もう今さら何をやっても読者の皆さんの銀魂のキャラ像はブレないと信じていますし、ここに集まってくれた方々はそういう覚悟もした上で、それでも泥舟でもいいから銀魂に乗りたいと言ってくれた方々ですから、そんな人達の作るまた別の形の銀魂ならコケてもいいから見てみたいな、見てもらってもいいかなと思ったのが実写化をうけた僕の率直な気持ちです。という事なので皆さん。わざわざ沈む船に乗り込んだ「現代」の「侍」達の姿を見て、笑うも結構、泣くのも結構。映画と一緒にその顛末もお楽しみあ〜れ。

◎福田雄一監督−コメント  

空知先生から大切な作品を任せていただいたこと、本当に光栄です。 たくさんのファンの方に支持されている原作です。原作の魅力を実写化でも表現できればと、僕が確たる信頼を寄せている最強のキャスト、スタッフに集結していただきました。 空知先生にお会いした時に「福田監督ということは今回ももちろん低予算ですよね!」と言われたのですが、銀魂ともなると、残念ながら?たくさんの予算を頂けました。この予算、たくさん笑えて感動出来る銀魂のために使い切りたいと思います。

◎映画『銀魂』

2017年公開予定

脚本/監督:福田雄一

主演:小栗旬

原作:『銀魂』空知英秋(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)

製作:『銀魂』製作委員会 制作プロダクション:プラスディー

配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)空知英秋/集英社(C)2017「銀魂」製作委員会

『銀魂』小栗旬主演で実写化決定☆


http://www.billboard-japan.com/sp/d_news/detail/39438/


『銀魂』小栗旬之介……ではなく正真正銘の小栗旬で実写映画化決定! 空知英秋「銀魂ならコケてもいい」

Billboard Japan 7月1日 15時15分|Yahoo!ニュース

Twitter

Facebook

LINE

『銀魂』小栗旬之介……ではなく正真正銘の小栗旬で実写映画化決定! 空知英秋「銀魂ならコケてもいい」

 2004年より連載が開始し、単行本発行部数累計5,000万部を超える大人気コミック『銀魂(ぎんたま)』が、小栗旬主演で実写映画化されることとなった。


映画『銀魂』関連写真


 本作は、抱腹絶倒のギャグと壮絶アクション、そして厚い人情をも詰め込んだ天下無敵の痛快エンターテイメント。舞台はパラレルワールドの江戸。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。主人公は、そんな時代に己を信じる侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(通称:銀さん)。天パの銀髪が特徴で、普段は気の抜けたような向上心ゼロの怠け者だが、剣の腕はかなりのもの。今回、銀さんを演じることになった小栗旬は『銀魂』ファンであり、また27巻には「小栗旬之介」という小栗旬のパロディキャラも登場している。

 監督は『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一に決定。公開は2017年、今年7月から撮影を開始。実写化されるストーリーやほかのキャスティングについては順次発表される。



◎空知英秋(原作者)−コメント 

『ジャンプ』でやってる「幕末」の「侍」ものというキーワードで『るろうに剣心』並みの大作漫画と勘違いした、こんな豪華なスタッフとキャストが集まってくれました。メンバーが豪華だろうと原作が原作ですから基本泥舟。全員銀魂と一緒に死んでもらう事になりますが、福田監督は『勇者ヨシヒコ』でコスプレ感丸出しながらもそんなのお構いなしで物語に引き込み爆笑させてしまう剛腕振りを見た時から、嫉妬からこのオッさん死んで欲しいなと思っていたし、小栗くんもクローズがカッコ良かったんで、漫画に無断で登場させた時から訴えられるんじゃないかとドキドキしていたし、以前テレビで小栗くんの本棚が映った際に銀魂を1巻で切っているのを見た時から鈴蘭に乗り込まなきゃいけないと思っていたので、二つの邪魔な才能を抹殺するにはいい機会だと思っております。漫画の実写化はイメージと違うと叩かれるのが常ですが、もう今さら何をやっても読者の皆さんの銀魂のキャラ像はブレないと信じていますし、ここに集まってくれた方々はそういう覚悟もした上で、それでも泥舟でもいいから銀魂に乗りたいと言ってくれた方々ですから、そんな人達の作るまた別の形の銀魂ならコケてもいいから見てみたいな、見てもらってもいいかなと思ったのが実写化をうけた僕の率直な気持ちです。という事なので皆さん。わざわざ沈む船に乗り込んだ「現代」の「侍」達の姿を見て、笑うも結構、泣くのも結構。映画と一緒にその顛末もお楽しみあ〜れ。

◎福田雄一監督−コメント  

空知先生から大切な作品を任せていただいたこと、本当に光栄です。 たくさんのファンの方に支持されている原作です。原作の魅力を実写化でも表現できればと、僕が確たる信頼を寄せている最強のキャスト、スタッフに集結していただきました。 空知先生にお会いした時に「福田監督ということは今回ももちろん低予算ですよね!」と言われたのですが、銀魂ともなると、残念ながら?たくさんの予算を頂けました。この予算、たくさん笑えて感動出来る銀魂のために使い切りたいと思います。

◎映画『銀魂』

2017年公開予定

脚本/監督:福田雄一

主演:小栗旬

原作:『銀魂』空知英秋(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)

製作:『銀魂』製作委員会 制作プロダクション:プラスディー

配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)空知英秋/集英社(C)2017「銀魂」製作委員会