Hatena::ブログ(Diary)

=== SANDmark 19106 === beginning stress test このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017年03月30日

続・OmegaT用: 正規表現のグループ参照を使って訳文を置き換えるスクリプトを書いたよ(GUI対応)


前回の記事からの続きです。

変更点

使い方

前提として、このスクリプトは正規表現のグループ参照を用いた置き換えを行うものです。通常の正規表現検索・置換はOmegaTのみで可能です。

regexp = /Sample segment named (.+) could be replaced with (.*)./
def replace(m) { "サンプル分節${m[1]}が${m[2]}に置き換えられます。" }

  • とある部分を変更し、検索に使う正規表現と置換後の文字列を設定します。
  • 『実行』をクリックするとプレビューウィンドウが出てきます。
  • メニュー -> 実行を選択すると、実際に置換を行います。

デフォルトでは

  • Sample segment named something could be replaced with RegExp.
  • Sample segment named whatever could be replaced with script.

上記パターンにマッチする分節すべてがそれぞれ

  • サンプル分節somethingがRegExpに置き換えられます。
  • サンプル分節whateverがscriptに置き換えられます。

と置換されます。

謝辞

OmegaTに含まれるGroovyスクリプトをおおいに参考にさせていただきました。感謝!

技術的な話

GUIなんてやるもんじゃない。
Groovy経由だからJavaほど構築が面倒なわけではないけど、やっぱりコード内でUIを定義しようとするとやっぱりすごいことになりました。長年見なかった感じのコードというか。ほとんどコピペなのでSwingなにそれな私でもなんとかなりました。いろんなサンプルを用意してくれるOmegaTプロジェクトに改めて感謝です。未だにimport staticの意味がわかってないけど許して。

ただ、他のスクリプトを見るとあんまりeachイテレータ使ってなくて、トラディショナルなforループが多いです。分節区切りを変更したらeachで拾えなくなる分節があったんですが、インデックスで参照してたら拾えてたのかな?

OmegaTスクリプトを書こうっていう人がどれくらいいるのかわかりませんが、書いてみると意外と簡単だったりします。現在のベータ版(4.1.1)ではシンタックスハイライトが実装されてたりするので、興味のある人は触ってみてくださいねー。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sandmark/20170330/1490883158