三軒茶屋 別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-02-26

[][][]柴田ヨクサル・インタビュー

 『近代将棋』2007年4月号(Vol.734)には、『ハチワンダイバー』の著者・柴田ヨクサルのインタビューが掲載されています。わずか5ページではありますが、連載に至るまでの経緯とか裏事情とかこれからの展開などなど盛りだくさんの内容ですので、興味のある方は是非是非ご覧になってみて下さい。

 そのインタビュー中で、柴田ヨクサルと将棋の関わりも紹介されています。小学校のころにはプロを目指していて、地元北海道の大会(激戦区)に出れば優勝の実力だったそうです。で、関根茂九段と二枚落ちの対局の機会をもらい、その結果次第では関根門下として奨励会に入会できたとのことでした。ところが、その対局で「我ながら子供とは思えないショボいハメ手」で挑んで関根九段にたいそう怒られてしまい、それからはしばらく将棋から離れてしまったそうです。それで今に至るわけですが、「いままで2回、赤旗名人戦に出ているんですよ。どちらも地区大会を突破して、前回は東京予選の22人の中に残りました」というから驚きです。さらに、ネット将棋の老舗『将棋倶楽部24』のレーティングも1900点台とのことなので、これはもうかなりの指し手です。

 こうした事柄もインタビューを読んでいただければ分かることですが、それでもあえてこうして紹介したのには理由があります。『ハチワン』の感想をネットサーフィンすると、おおむね好意的なものが多いのですが、そうした中に、「ヨクサルは何をやってもヨクサル」「将棋じゃなくてもよくね?」といった感想がときどき見受けられるのです。それは違う! と声を大にして言いたいです。『ハチワン』は、著者によれば8:2の割合(読者のうち将棋の分かる人2割)という感覚で描かれているそうですが、ここで描かれている将棋観・盤上のドラマ・将棋の内容はとてもシッカリしたものです。将棋が分からない人でも楽しめるように描かれているのは確かですが、しかし、だからと言って将棋が描かれていないということでは全くなくて、それどころか『ハチワンダイバー』こそ将棋というものをとても魅力的に表現している漫画であり、著者自身の将棋の腕前がその裏付けになっているのです。おっぱい将棋で一躍有名になった対二こ神(にこがみ)戦(コミックス2巻収録予定)ですが、将棋の内容は今までにないくらい熱いものでした。香上がりから穴熊と思わせての端角はとても意表を突いたカッコいい指し回しで心底感動しました。あれ以来、矢倉戦で自分も是非指してみたいと狙ってしまうくらいの魅惑的な一局でした(あの将棋は監修の鈴木大介八段が丸々作ったそうですが、さもありなんといったところです)。私は、今回のインタビューを読んで著者がかなりの将棋指しであることを知ってとても納得しました。だからこその面白さなわけですね。

 連載は絶好調ですし、3月19日には待望のコミックス第2巻が発売予定とのことで、今後の展開がますます楽しみです。

【関連】

・『ハチワンダイバー』単行本の当ブログでの解説 1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻 11巻 12巻 13巻 14巻 15巻 16巻 17巻 18巻 19巻 20巻 21巻 22巻 23巻 外伝

「7手で終わってる」ってどういう意味?

オッパイ将棋は賭博罪に該当する?

『ハチワン』と『ヒカルの碁』を比較してみる

柴田ヨクサルが指した”ハチワンシステム”

近代将棋 2007年 04月号 [雑誌]

近代将棋 2007年 04月号 [雑誌]

10級未満^^;10級未満^^; 2008/12/13 20:23 偶然、こちらのHPにお邪魔しまして いまでは「お気に入り」に登録させて頂いております。
私の棋力(と言う言葉も知りませんでしたが^^;)というと
職場のちょっと将棋好きなおじさんに飛車角落して貰っても
負けてしまうといった 超低レベルです(笑)。
ゆえに ハチワンダイバーを知り、コミックスを買って読んでいても
局面ごとに「なんで それで詰むの???」と、疑問の為に
軽快なストーリーが楽しめないでいました。
そこに まるで私の為に説明して下さっているような(笑)
こちらのHPにお邪魔するようになってからは 疑問の霧は晴れ、
さらに将棋の世界・価値観・考え方など 懐の深いところまで
考えるようになりました^^
これからも 私のような 将棋をよく理解出来ないでいる者たちの為に
是非とも解説の程、よろしくお願いいたします。

アイヨシアイヨシ 2008/12/14 23:33 >10級未満^^;さん
 始めた当初こそひっそりとやっていたハチワン解説コーナーですが、漫画版の人気の高まりもさることながら、まさかのテレビドラマ化もありまして、いつの間にやら当ブログで1、2を争う人気コンテンツとなってしまっています(汗)。
 これからも単行本が刊行されるごとに、定跡書やソフト様や某巨大掲示板の見解を参考にしつつ(笑)、微力ながら少しでも分かりやすい解説を目指して頑張りたいと思っていますので、何かご不明な点等ございましたら遠慮なくコメントなどいただければ幸いです。よろしくお願いします(ペコリ)。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sangencyaya/20070226/1172496614