三軒茶屋 別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-04-26

[][]13年前の「らき☆すた」?

Continue? (1) (ゲーメストコミックス)

Continue? (1) (ゲーメストコミックス)

絶版本を投票で復刊!

 ひさの瑠珈『CONTINUE?』は、1995年に刊行された4コママンガです。

 13年前とはいうものの今で言う「萌え4コマ」の萌芽のようなものが感じ取れる、非常に興味深い漫画だと思います。

 4コマ漫画の計は1話目にあり、というわけで、まずはこの漫画の1話目をご紹介します。

f:id:sangencyaya:20080426202505j:image

 この漫画の主人公は柊紗子と浜村真砂の二人の女子高生。

 柊紗子は学力優秀のゲーム好き、浜村真砂はお嬢様ながら怪力・スポーツ万能のゲーム初心者。

 彼女ら二人が、ゆるゆるとした学生生活を過ごす、というのがこの漫画の内容です。 掲載誌がコミックゲーメストだったこともあり、主人公はゲーマーという当時では珍しい設定。オタク女子高生たちの日常を描く『らき☆すた』『日がな半日ゲーム部暮らし』に通じるところがありますね。

 当時は格闘ゲームがブームとなり、「不良の溜まり場」というゲームセンターのイメージが徐々に薄れていくころ。しかしながら学校帰りにゲームセンターに通う女子高生というのは画期的だった記憶があります。

 作中では当時のゲームセンターに対する風刺などもまぶしています。わー。社・会・派。*1

f:id:sangencyaya:20080426202504j:image

 また、このマンガは1巻で高校編、2巻で大学編ときちんと登場人物が歳をとっていきます。

f:id:sangencyaya:20080426202502j:image

 このあたりは『あずまんが大王』に通じるところがあるかと。

 と、その後の萌え4コマの歴史を予見するかのような漫画なのですが、あまり語られてないのは、漫画そのものがマイナなこともありますが、出版社が倒産するなど不幸な境遇もあり、現在絶版中であり入手が非常に困難という事情があります。

 Amazonのマーケットプレイスでは6,000円というややお高い値段を付けているお店もありますが、普通に売っているお店もありますので、チャンスがあれば是非読んでいただきたいなぁ、と思う一作です。

*1:ごめんなさい。言ってみたかっただけです

頼山頼山 2008/04/27 17:38 うわ、この漫画立ち読みしてた!
懐かしい……

フジモリフジモリ 2008/04/27 20:13 頼山さん、初めまして。
フジモリはゲーメスト&コミックゲーメストを愛読してました。吉崎観音や雑君保プ、かぢばあたるや小川雅史というわかる人にはわかるラインナップの中で、ひさの瑠珈の漫画も楽しんでいました。その辺を語りだすときりがないのですが(笑)、今回はあまりにも「語られていない」、ひさの瑠珈の話題を挙げてみました。久々に読んだのですが、ほんと、ノスタルジーを刺激すると同時に、けっこう最先端をいってたのかなぁ、と思ったり。

ragi-junragi-jun 2008/04/28 10:22 柊「妙子」さんではないでしょうか?

フジモリフジモリ 2008/04/28 11:23 ragi-junさん、初めまして。ご指摘の件ですが、一応第1話扉や2巻人物紹介などで柊「紗」子となっていますので柊紗子で良いかと思います。しかしながら、内山洋が内「田」洋になっているなど(第2巻、p97)名前の記載ミスもありますので予断を許さない状況ですが(笑)。

ragi-junragi-jun 2008/04/28 23:57 失礼いたしました。今の今まで妙子とおもってました。
読みで覚えていたので誤りでした。
それにしてもはてダキーワードも長期に渡って誤記を載せていたとは恥ずかしい限り。

フジモリフジモリ 2008/04/29 00:05 はてダキーワードも「妙子」だったのは知らなかったです。ウィキペディアは紗子でしたね。
ちなみに、真砂は紗子のことを「柊」と苗字で呼び、柊は真砂のことを「真砂」と名前で呼んでいます。作中になかなか柊の下の名前が出てこないことも、誤った記憶を作った要因のひとつかもしれませんね。

ragi-junragi-jun 2008/04/29 10:49 はてダを作った時はそれなりに読み返していたんですが、一旦作っちゃうと記憶のみで追加できてしまって確認してませんでした。
改めて読み返すとやっぱり面白いです。

フジモリフジモリ 2008/04/29 22:48 読み直すと新たな発見がありますよね。
今回の記事の反響で意外とコミックゲーメストの読者がいらっしゃったことが嬉しかったです。

undefinedundefined 2009/08/19 18:39 ノスタルジィ。。大好きだったマンガです。もうこれ以来ひさのさんは引退?してしまったんでしょうか。検索しても何もでないし。
DB終了で10代にしてマンガ終了したので今のマンガ事情全然しらないんですが。。
当時はメストとコミゲを愛読してためずらしいゲーマー少年でしたw
当然周りに同年代の同士はいませんでしたがw布教してましたw
今でも実家には大量のメストとコミゲ全号(多分)がありますよ。

久々にマンガ読むと検索しちゃいますよね。
というわけで来たのでした。
ワーヒーとエクスカリバーもひっぱり出して読んじゃいました。この3つは大好きでした。。
今でもキレイな装丁守ってますよ。

フジモリフジモリ 2009/08/19 20:27 >undefinedさん
コメントありがとうございました。
フジモリもメスト(あえて略す)は愛読してまして、読者投稿コーナーとか大好きでした。ガイルがいる!
コミゲも雑君保プ、小川雅史、道満晴明、吉崎観音など結構豪華で好きだったんですけどねー。

undefinedundefined 2009/08/20 02:25 そういえば吉崎氏は化けましたね。ケロロってそうなんでしょ?
雑プさっき検索したら全然絵が変わっていて魂抜けましたw
ギャグセンは相変わらずなんでしょうか?

メストは色んな意味でよけられない笑いが散らばってる雑誌でしたねw
通常の出版社には考えられないような誤植は瞬獄殺並でしたw
ただでさえ誤植なんて。。なのにジャンプ大ピンチだのザンギュラのめくり大パンツだの予測できんようなみぞおちを突くような逆噴射級の突発の笑いが・・・w

雑プは結構今でもがんばってらっしゃるようなんでやはりひさのさんにカムバックしてほしいところです。

フジモリフジモリ 2009/08/21 00:13 吉崎観音はケロロの人ですが、一番化けた気がしますね。とはいうもののツインビー書いてた頃と本質的には同じだと思っていますが。
個人的に好きなのは小川雅史でした。風林火嶄が中断しているのは残念です。。。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証