Hatena::ブログ(Diary)

ほぼ週刊?−−注文の多いゴルフ倶楽部

2005-05-10 今回は各政党、えらく静かやな。学習したか?

イラクでは刀狩が終わってない

イラク日本人拘束か 武装勢力が犯行声明」

http://www.sankei.co.jp/news/050510/kok006.htm

イラク武装勢力「アンサール・スンナ軍」を名乗るグループが9日、イラク西部ヒート近くで日本人を拘束したとする犯行声明をウェブサイト上で出した。ウェブに掲載された旅券の映像によると、この日本人の名前は「斎藤昭彦」さん。キプロスの警備会社は齋藤さんとみられる日本人が同社で働いており、イラクで連絡が取れなくなっていることを確認。米軍関連の民間警備関係者とみられ、重傷を負っているもようだ。

またかよ!と思ったけど、ちょっと実情が違うようです。というのは、この武装勢力の犯行声明を読んでみると

一、西側情報機関員や契約雇員を乗せた何台かの車が、米軍基地を出たとの情報を得た後、聖戦士はヒート近くで待ち伏せた。

 一、彼らが到着した時、聖戦士は彼らを攻撃。(車には)12人のイラク人背教者に加え、武装した5人の外国人がいた。背教者と外国人が米軍の応援を要請している間、激しい戦闘が起きた。

 一、即座に応援部隊が送られてきたが、聖戦士は大規模な攻撃を実行、彼らの多くに重傷を負わせ、投降させた。

 一、米国ヘリコプターが到着したが、聖戦士は彼らを拘束。日本人である1人を除き、即座に殺害した。聖戦士が彼を捕らえており、重傷。

 一、われわれは彼の映像を撮影し、近く公表するだろう。殺害した者の証拠書類や写真も公表するだろう。

 一、聖戦士の誰もけがをしていない。米ヘリコプター遺体を持ち帰った。

となっています。お仕事ボランティアやバッグパッカーじゃない)で現地に入っていた日本人が、武装勢力の襲撃にあった、という状況のようです。もともと日本人狙いではないようですね。

しかし、これでイラクにまだ米軍を中心とする多国籍軍が駐留しなければならない理由がよくわかります。イラクではまだ「刀狩」が完了していないんです。日本では、突然武装した集団から襲われる危険性を感じることなく、日々の生活ができるのも、民間人の武装が禁止されて、公権力以外が武装することが違法であり、それを適切に取り締まっているからですね。まあ、昨今はそれも怪しげなところがありますが、それでも日本世界一治安がいいことは確かです。しかし、イラクでは公然と武装集団が闊歩しているというわけです。武装集団に対しては、丸腰で話し合いをすることなんてできません。武装集団の武装解除のためには、より強大な武力で相手を抑え付ける以外に方法はありません。話し合いの場合でも、より強大な武力が担保になるわけですから。そのためにも、多国籍軍の駐留をイラク政府自体が望んでいるのも、現実的には当然ですね。

コメント欄がめっちゃ面白いw

「中高校「歴史」科目を分離...韓国教育強化へ」

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=63270

記事は大したことありません。でも、コメント欄、熱いですわw。例えばこんなん。

2005-05-10 08:32:50 李氏朝鮮末期はソウルでさえ昼間から盗賊が出没していて、安心して歩けなかったそうです。そういうことも、しっかりと教科書に載せるんですか?

2005-05-09 20:26:43 日清戦争によって、はじめて韓国中国属国でなくなり、独立国となれたという史実をきちんと教科書に記述してください。歴史を歪曲しているのはどうみても韓国の方でしょ。李氏朝鮮がどれほど独裁恐怖政権だったかについても教えてないでしょ。今の北朝鮮なみの恐怖政治であったということを韓国人は知らされていないのでは。

2005-05-09 20:16:41 韓国人の多くは独立門の存在を「日本からの独立」の記念だと思い込んでいるらしい・・・。「清からの独立」だって〜の。どうやら清の属国であったことを認めたくないから勝手にそう思い込んでいるらしい。あまりにのも反日が先走りすぎて本当の歴史が完全に見えなくなっているな。国内では通用しても、海外に出ると恥かくぞ韓国人

で、こんなことは載せられないから、結局

2005-05-09 14:26:36 大陸の一部である朝鮮半島だけで独立した韓国史を教える事はむずかしいと思います。それよりも中国と中央アジア日本を含めた東洋史の方が歴史の流れが掴み易いはずです。それでも韓国史にこだわるのは民族主義を強化したいのでしょうね。韓国高校の歴史教科書には朝鮮民族は優秀な民族であると書いて有ったのを読んだ事があります。また、そんなどこかの宗教団体のパンフレットみたいな教科書が出来るのでしょうね?

激しく笑いました。

これも歴史教科書に載せると面白いと思うよ。現代史として。

「親書の内容を話して下さいますか?」

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/08/20050508000031.html

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が6日、日本・自民党の武部幹事長を通して小泉純一郎首相の親書を伝達された後、記者らが見る前で、「親書の内容を話してもらえるか?」と言った。

一国の大統領閣下とは思えぬご発言。何のための「親書」やねんw。