Hatena::ブログ(Diary)

ちくたく このページをアンテナに追加

2011-09-15

「それでも、生きてゆく」の最終回を見て

フジTVのドラマ「それでも、生きてゆく」の最終回が終わりました。

内容的には非常に重いドラマでしたが、演者の力でとてもすがすがしいドラマだったと思います。

人はいつまでたっても、何も変わりません。でも、ぶつかる人がいれば、いつか変われるのかもしれません。

深見と双葉は心を通じあわせることができました。同じ明日を見て、生きていくことができました。いつか、双葉の「行ってきます」という言葉に対して、深見が「おかえり」という日が来ることでしょう。

甘ったるい終わり方を選ばなかったドラマでした。とてもよいドラマだったと思います。

ところで、深見が借りていたビデオの延滞料はいくらになったのでしょうか。

2010-06-02

首相とは中間管理職!?

鳩山首相が辞任表明演説をした。賛否両論ある。特に政治家には受けてないようだ。それでも私は辞任表明の演説はすばらしかったと思う。

さて、何がすばらしかったか。それは鳩山首相の持つ理念をしっかり説明したからだ。あそこまで訴える力があるのに何故今まで使わなかったのか不思議でならない。

使わなかったのではなく、使えなかったのかもしれない。理念を語り、与党野党マスコミ、国民が反発するのを恐れたのだろう。ただでさえ、宇宙人扱いをされていたようだし。

特に党内に力強い味方がいなかったことは残念だったように思う。それだけでなく事あるごとに文句を言ってくる小沢幹事長の影響も強かったのだろう。

首相という立場にいながら、まるで中間管理職そのものだ。上からも下からも叩かれる・・・

とは言え、鳩山首相理念のもとに動いていたことを再認識できたことはすばらしかった。もっと、自由に語る場があればよかったのにと思う。

理念を通そうとして、通らないことも多々あるだろう。理念通りいかず、子供手当て問題や普天間問題、高速道路料金問題などなどのようにちぐはぐな結果を生むこともある。

しかし、それは理念に沿ってやっていれば、国民は理解できるはず。変に選挙対策だとかいって、不要なお金のばらまきをするよりはよっぽどいい。

最後の最後に政治家として、立派な演説をした鳩山首相には拍手を送りたい。

2009-04-08

祭りが終わってからが勝負

桜の季節だ。桜の鮮やかさが嬉しい。

しかし、桜がきれいなのは長くて1週間。1週間も経てば、葉桜になり、桜の素晴らしさが失われる。

今まで、そう思っていたが、マガジン2009 NO.19の「はじめの一歩」に挿入されている詩を見て、それだけではないことに気付かされた。

花は散る

満開の頃の

華やかさも

賑やかさも

残らない

一つの季節が終わり

その後芽吹き

緑に覆われた樹木ほど

力強いモノはない

終わったら寂しいのは桜だけではない。祭り、仕事、遊び、何でも終わりは寂しい。いい結果が出ることもあれば、出ないこともある。

どんなことでも、何かが終わったら、次に向けての何かががはじまる。何かを経験したからこそ、次に向けての何か力強く踏み出せるのだ。

2009-03-26

試練からは逃げられない

イチローは運を持ってるのではなく、運をたぐりよせた。

先日、WBCで日本が2大会連続の優勝を果たした。決勝戦で、最後に決めたのは、イチロー。優勝を決めたあとの会見でイチローは「俺は何かを持っている」と発言。

今大会で、イチローが不振で苦しんでいたのは、誰が見ても明らか。誰もがイチローへの期待をなくしていた。イチロー自身もそうであったのかもしれない。試合後の記者との会話も殺伐としたものだった。周囲の期待に結果が伴わないとき、誰もが心に余裕がなくなる。それはイチローほどの実績のある人でもそうであるように見えた。

決勝戦で、どの試合でもチャンスを活かせなかったイチローに、10回延長2アウト、1打勝ち越しという最大の試練が訪れる。プライドが砕かれ、ボロボロのイチローにとってはチャンスではなくピンチだったに違いない。あの場面でのイチローの出番は、TVを見ている人をも駄目かと思わせた。

しかし、イチローはこのチャンスを掴み取った。自身のヒットにより、勝ち越しを決め、WBC2連覇を果たした。イチローは試合後の会見で「何か持っている」と言ったが、やはり、これは「たぐりよせた」というのが正しいと思う。あのとき、あの試練がイチローに訪れたのは、偶然ではない。もちろん、失敗したかもしれない。しかし、今回は、イチローは試練を乗り越えられた。

試練は誰にでも訪れる。しかし、それを乗り越えるのは非常に大変。人並みの努力では抜け出せない。何故なら、誰もが人並み以上の努力をしているから。もちろん、乗り越えられないときもある。そのときは、もがくしかない。

試練を乗り越え、砕かれたプライドを取り戻す方法は、人の100倍もがくことだと思う。試練からは逃げられない。しかし、試練は乗り越えられるものだとイチローが教えてくれた。

2009-03-11

劣等感スパイラルを乗り越えろ!

先日、NTV系で月曜10時に放映中のしゃべくり007を見た。ゲストは郷ひろみ。ここで郷さんが言っていた言葉が私を救った。

司会「ライバルは誰ですか?」

郷「ライバルはいません。人と比べることは無意味な劣等感とつまらない優越感しか生まれないから」



郷「5年後、10年後に向けて、今、自分が何をすればいいのかを考えるようにしている」