Hatena::ブログ(Diary)

サラの裁縫箱/リングピロー制作日記

2017-07-17 リングピロー1332

リングピロー1332

[]角にレースを付けたオーガンジーをのせたリングピロー

ずっと在庫切れだった”コーナー用のレース”が手に入ったので、久しぶりにオーガンジーをのせたリングピローを作りました。

ベースはマットシルク、白いオーガンジーの4角にケミカルモチーフレースを付け、角をずらしてクッションにのせ、中央にバラを飾りました。

こういった細糸のレースは、仮留めしてから透明な糸で縫い付けるのですが、レース糸が割れてしまうといけないので、コーチングステッチの要領で、レース糸の上を縦に渡して固定します。

その時に針の出し位置と入れ位置を気をつけないと、レースが波打ってしまうので結構気を使います。

リボンは、バラの萼に合わせてアンティークグリーンを選びました。


この作品、出来た日にpinterestにアップしたところ問い合わせがあって翌日引き取られました。

やっぱり白系オーガンジーは人気があるんですね。。

これからはちゃんとショップにアップしてからpinに載せようと思います。

2017-07-10 リングピロー1331

リングピロー1331

[]黄色いカラーを飾った和風リングピロー

No.1330と同じ、レモンイエローの”花立涌文様の金襴”の残った分で工夫して作ってみました。

両面分はなかったので、表を白いちりめんと鉤型に縫い合わせて螺旋ブレードを縫い付け、黄色いカラーを茎をアレンジして飾りました。

最初の内は、半ば遊び半分で、端を丸めてリボン風にねじったりしていたのですが、思いの外ちゃんとした形になったのでそのままクッションに透明糸で留めました。(ちょっとカクカクしていますが...)

これも変わっているから当分売れないだろうなぁと諦観の境地(- -;)

ateliersarah

2017-07-06 リングピロー1330

リングピロー1330

[]レモンイエローの和風リングピロー

レモンイエローの花立湧文様の金襴を使った神前式用のリングピローです。

以前紅白で同じようなデザインを作りましたが、今回も、共布で作ったリボン飾りの端に、丸&ドロップ形のパールをフリンジ風に付けています。

リングが目立つよう、中央布の下に菊花形のレースを足しました。

ateliersarah

2017-07-01 あじさい

紫陽花

[]あじさい

今年も大勢の人が紫陽花を見にやって来ました。

とりわけテレビで露出の多い長谷寺は人で溢れています。

駐車場が整備され、大型の観光バスが来るようになってからは尚更です。

入山料を払って人混みの中、後ろを気にしながら歩くより、人家の塀から頭を出している紫陽花の方が、ゆっくり愛でられて私は好きです。

裏道を歩いている時、淡い色の多い中、綺麗なピンクの紫陽花を見つけたので撮ってみました。

昔、実家の庭に咲いていた紫陽花が年々色褪せてくすんで行くのを見て、母に「汚いから抜いた方がいいんじゃない?」と言った事がありました。

その時、「このままにしておいてあげて。また色が変わるかもしれないでしょ」と言った母の、少し寂しそうな顔が思い出されます。

2017-06-30 リングピロー1329

リングピロー1329

[]チュールレースを飾ったリングピロー

オフホワイトのシルクサテンにチュールレースを十字にのせて、横向きレースを両脇で絞りました。

端には丸パールとドロップパールを付けてフリンジ風にしています。

しっかりした生地にパールをつけるのは簡単ですが、チュールのように穴だらけ?で繊細な生地に付けるのは大変です。

このレースは、昔ゼクシィでスクエアピローを作った時から気に入って使い続けていますが、そろそろなくなりそうです。

sold out

2017-06-25 リングピロー1328

リングピロー1328

[]ダリアを飾った水色の和風リングピロー

同じ生地の3連作になります。

これは以前コットンジャガードで作った作品(No.1296&1297)と同じ作り方の和風バージョンです。

正方形の布を、折り紙のように4辺を内側に折りたたむようにして縫い合わせ、上方の縫っていない部分を外側に開いてとも布をのせ、白いダリアを飾りました。

洋式に比べてサムシングブルーの「ブルー」が取り入れにくい和婚では、リングピローに使うのもひとつの案です。

2017-06-24 リングピロー1327

リングピロー1327

[]青磁色の金襴とちりめんの市松和風リングピロー

撮影した日時が違うので、外光によって少し色が変わって見えますが、No.1326と同じ金襴を使っています。

こちらは、これまでたくさん作って来た、2種の布を交互に縫い合わせる市松タイプです。

縫い目に花形のレースをのせ、組紐とくるみボタンを付けています。

ミシンの糸替えが面倒で、つい同じ生地を続けて使ってしまいます。

(こちらは掲載前)

2017-06-21 リングピロー1326

リングピロー1326

[]花丸形の和風リングピロー

昔からよく作っている、八片の花丸形の神前式用リングピローです。

今回も縁の凹みに金のロンデルとペパーミントのカラーパールを付け、中心にツイストコードを飾りました。

金箔が使われているので、色調は抑えめですが、華やかな感じの金襴生地です。

ateliersarah

2017-06-19 リングピロー1325

リングピロー1325

[]リボンを並べたネイルピンクのリングピロー

私には珍しくちょっと可愛い感じの作品です。

統一感を出すために共布を使う事が多いので、普段リボン飾りは自分で作ります。

でも今回は市販品を使ってみました。

リボンを輪にして中央を巻き、裏で糸留めするのは結構手間がかかりますが、市販品を使うとかなりの時短になります。

細いスカラップレースを縦に4本、開きの巾を揃えて縫い付けるのに結構苦労しました。

ateliersarah

2017-06-15 リングピロー1324

リングピロー1324

[]カラーを飾ったあずき色の和風リングピロー

あずき色のシルクスラブシャンタンと渋いボーダー柄の金襴を合わせた和ピローです。

ボーダーの異なる柄を3箇所縫い合わせてスクエアクッションを作ります

表にパープルの”カラー”のアートフラワーの茎を巻いてのせ、とも布で作ったリボンを、茎の輪の中に2箇所に縫い付けました。

とも布リボンはちょっと厚みがあるので、リングは片側にはめるスタイルです。

茎を丸めたのは、丸=円が”縁起の良い形”というのと、長さをカットしてのせるよりバランスが取れるからです。

写真を眺めていたら、なんとなく楽器の「ホルン」を思い出しました。

ateliersarah