My Cinema☆Life このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-09-13 斬新な切り口ではあるけど

[]『バンテージ・ポイント

主演のデニス・クエイドをはじめ、フォレスト・ウィテカーウィリアム・ハート、シガニー・ウィーヴァーと、やたら渋めのキャスティング。どれもいい俳優だけど、この面子でサスペンスアクションというのは、ちょっと地味すぎじゃないかと。そもそも、年齢的にも肉体的にも、デニス・クエイドにアクションものでヒーローをやらせるのは無謀でしょう。実直で正義感が強いキャラにはピッタリだけど、とにかく動きが重い重い。頑張ってはいたけど体のキレが悪く、華麗なアクションからは程遠いパットしない絵面になっちゃってました。ハリウッドって、何故か運動神経の鈍そうな俳優にアクションやらせるの好きですよね。ハリソン・フォードとか、ハリソン・フォードとか、ハリソン・フォードとか(苦笑)。

でも、大統領暗殺という一つの事件を、シークレットサービスや観光客、大統領本人、首謀者側と、様々な視点から何通りもの描き方をしていく中で、徐々に真相が明らかになる過程はサスペンスタッチで面白く、グイグイひきこまれました。それだけに、ラストのクライマックスが、あまりにもお粗末かつアッサリ終わってしまったのが何とも拍子抜け。前半から中盤までのあの緊張感と盛り上がりが、最後で一気にしぼんだ感じです。結局、犯人たちが何の目的であの事件を引き起こしたのか。何をしたかったのかがよくわからないままに終わってしまった。そもそも、フォレスト・ウィテカーに散々意味ありげな前フリをしておきながら、結局のところ話の筋にはあまり関係なく、単なるサスペンス要素の駒として扱われただけのキャラだったし。ましてシガニー・ウィーヴァーなんて、結局なんだったんでしょ?後々事件に関わってくるのかと思ってたのに、たったアレだけのご出演とは・・・。存在そのものが見事なフェイント。*1ある意味、やられました(苦笑)。

とにかく全体的に、登場人物があくまで物語を複雑に見せるための小道具として使われていたため、ストーリーに深みや感動はありません。その代わり、謎めいた展開とスリル溢れる映像はなかなかの迫力で、ドキドキ感は十分に味わえます。ま、気軽に見れるサスペンスアクションって感じですね。

評価 ★★★☆☆

*1:なんて贅沢なキャスティング

ハルハル 2008/11/18 00:02 オレはこのスリルにズガンとやられました。
前半もさることながら、
中盤以降のカーチェイスが心臓バクバクで。
普段は、カーチェイスとかまったく興味なくて、
『TAXi』シリーズなんかもそれほどひかれないんですが、
見事にやられた感じです。
もちろん、カーチェイスがよかったというよりも、
そこへの持っていきかたがうまいんだなぁと思いました。
『ザ・マジックアワー』に続き、意見がわれた貴重な作品となりましたね(笑)
でも、このややマイナーな作品を観ていること自体、
更紗さん、やっぱ近いです!

更紗更紗 2008/12/01 19:58 ハルさんこんにちは。
怒涛のコメントありがとうございます。
やっぱりこの作品ってマイナーですかね(苦笑)。確かにキャストも地味っちゃ地味ですが、渋好みな私としては結構ツボなキャストです。仰るとおり、カーチェイスまでの持って行き方が抜群で、視点を変えつつ何度も時間を遡る度、徐々に事件の核心が見えてくる作りが斬新で一気に引き込まれました。
最近のハリウッドはスター不足でめっきり人気に陰りがでてしまいましたが、大々的に宣伝されないものの、こうやって地味に良作は作られてるんですよね。ただ、劇場が限られてる上に短期興行が多いため、見逃しているものも結構あります。ちょっと古いけど「再会の街」とかは本当に残念でした。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sarasa-tatara/20080913/1221705552
Connection: close