小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |
 | 

2004-06-26

サカつく'04をプレイ中。従って更新が不定期に。

花へんろは今日で終わりなので、ゲームを中断して見つつ、更新、しようと思ったが、新花へんろは結構別の作品になってしまったような感じで、どうも。というか、主人公が母親(桃井)から本人に移った訳か。ああ、でも、最後はお遍路で終わるのか。

登別カルルス育てるか(なんちゅうチーム名)。

2004-06-23

朝一茶。

イラクで殺された韓国人人質の家族の様子を見るに、泣き女の伝統は確実にあるのではないかと感じる。

警察から児童相談センターに5回も通告があった中学生が、母親にちくられるのが怖くて口をふさごうとした、というのは、無理があるような気がする。余程怖い母親なのか。

ここ数日は茨城の事件が多いような気がする。殺された女子高生は20も年上のスリランカ人と付き合っていたのか。このスリランカ人を殺人容疑で逮捕→冤罪のコンボを期待。

2004-06-21

朝一茶。

多国籍軍自衛隊を参加させることについて、米英の了解を得た文書というのを今頃出してくるのは、何故だろう。泥縄なんだろうか。

部員が線路に石を置いて捕まったら監督が解任、というのは厳しい。詰め腹を切らされたのだろうか。

早坂茂三さん死去。

2004-06-20

朝、起きると暑い。夜も暑い。

昼一茶。

今日は台風ニュースばかりだ。

さっきからパソコンの挙動が変だ、と思ったら、どうやらキーボードの調子が悪いらしい。大丈夫か。

2004-06-18

仙台の病院事件とか東電OL殺人のネパール人の被告とかは、雑誌では冤罪説が結構出回っているのに、林真須美被告に対する冤罪説は余り見たことがないのは、何故だろう。

しかし、同級生殺害事件とかでも、情報の公開を、とかいう意見が必ず出てくるが、何か意味があるのだろうか。真実は加害者にしか分からないというか、加害者にも分からないというか、加害者に加害者の真実があれば、被害者には被害者の真実があるだろう。

なるほど。原発を作る時にはコストが安いと説明しておきながら、後から、使用済み核燃料の処理費用がかかるといって値段を上げる仕組みな訳か。しかし、炭素税を先にぶち上げておけば反発も弱かったに違いない訳で、詰めが後一歩というところか。更にしかし、原発自体の解体処理とかもあるから、まだ後3段階くらいは値段が上がるのだろうという風に考えると、炭素税を導入しても原発のほうがコスト高、という可能性があるのかもしれない。

国際熱核融合実験炉(ITER)の建設費用を58%出すとかいうなら、いっそのこと全部出したらどうだと思うのだが、建設費用以外の研究費とかのコストの方がかかるのだろうか。吊り上げておいて最後に引っ込める作戦なのか。

コンプライアンスの度合いの高い企業には、通関を早くしよう、とかいう議論があるらしい。コンプライアンスとかいって、要するに、政府の言うことをよく聞く企業には餌を、という統制か。

オランダ政府は、チェチェンで誘拐された人の身代金は、支払ったのか。テロリストとは交渉せず、ではないのか。単純な営利誘拐という判断なのか?

DQ8を冬に出すってことは、同一決算期に両方出すことはないだろうから、FF12は4月以降になる、ということなんだろうか。

追記

キーワードからいろいろ手繰っていったら、DQはどうせ延びて4月以降だろ、という意見もあるのか。なるほど。しかしDQはキーワードじゃないのか。

デラマンチャ

フライデーによれば、ドン・キホーテでは偏差値40以下の高校出身者は採用不可であるらしい(ドン・キホーテ側では、そのような提案があったことは事実、といっているらしい)。民間企業としては仕方のない判断であるような気がするが、何とか高校は被差別部落出身者が多いから採用不可、とかになれば、明らかな差別な訳で、線引きがよく分からない。静岡県出身者は採用不可、は差別のような気がするが、牡羊座生まれは採用不可、は民間企業ならばどうでもいいような気がする。アホな高校の出身者は店員として使えない奴が多いだろう、という通念が問題なのか。そうすると、美人の方が売り上げが上がるからブスは採用不可、は差別なんだろうか。○×高校にはブスが多いから採用不可、は駄目なような気がする。ってゆうか、面接すれば分かるじゃん。採用の処理効率アップのためには、あり得るのだろうか。

ということは、入社試験の代わりに統一テストを実施して、偏差値40相当の得点以下は不採用、にすれば、OKなのか。これが認められるならば、煩瑣な採用試験を省略して処理効率をアップさせるために偏差値40以下の高校出身者は採用不可、もありではないだろうか。

取り敢えず、偏差値40以下の高校の出身者はドン・キホーテでの不買運動を始めるが宜しかろう。そうすると、客層が上がって店が良い店になってしまう可能性があるという両刃の剣。

2004-06-17

YJの川村ゆきえは、別に久保亜沙香には似てないか。そういえば、鈴木央は少し前にYJに作品を載っけてたが、サンデーに移ったのはアンケート悪かったのだろうか。それとも既定路線だったのか。

近鉄オリックスの合併は、年間40億円も赤字を出すんじゃやっとられんわ、と匙を投げられたかっこうだから、他球団のオーナーが、何か言えるものではないだろう。黒字ならともかく。巨人パリーグに移って6球団というのはどないだ。

ブッシュ政権は、フセインとアルカイダが関係があると、主張しているのか。どんな無理でも取り敢えず大義名分は与えよう、という姿勢は、評価すべきなのだろうか。自衛隊多国籍軍に参加させる小泉総理の無理も同じことなのか。

2004-06-16

竹中平蔵金融・経済財政担当相(長い)、参院選出馬。参議院というのは任期が6年な訳だが、ずっと大臣をやり続けるつもりなのだろうか。

自殺した女子中学生が、罰ゲームで男子生徒に告白させられていた、らしい。本当にこんな罰ゲームをやってるとは。

2004-06-14

夜一茶。

少年審判での精神鑑定というのは、弁護戦略としてどういう意味があるのだろう。しかし、少女なのに少年審判がPCなのだろうか。

カッシーニが写した土星の衛星フェーベは、ぼっこぼこだ。直径220キロだとこんなものなのか。

近鉄株が上がったのはともかく、いすゞ株が上がるというのは、今頃になって買うのは遅すぎではないのだろうか。

欧州議会も、たいした権限もないのに総数732議席というのは、考えねばいかんだろう。

2004-06-13

近鉄がなくなってプロ野球を1リーグ10チームにする場合、どう考えても東京ドームを本拠地にしている限り日ハムがいらない訳で、札幌に行ったのはこの日を見越してのことだったのか。しかしナベツネの考えとしては、2リーグ制だからこそ1リーグを餌にパリーグの協力を得ることができる訳で、1リーグにしてしまえばもはや他球団に与える餌がない、ということになるなら、1リーグ制は実現しない方が良い、ということになる。

イラクでは暫定政権の関係者がよく殺されるので、これでは、アメリカに反対してアメリカによって暗殺されても分からないに違いない。

元大臣が役員に名を連ねている会社なんて、誰がどう考えてもやばいと思うのだが、やっぱりそうでもないのか。

夜一茶。

陰謀史観

というのは、少数の団体の意思によって社会や歴史がコントロール可能である、という主張にならざるを得ないので、保守派とは本来折り合わないような気がする。が、ユダヤ陰謀論とかが保守反動層と親和するのは何故だろう。保守派の思想なんて所詮は後付けの後知恵で、首尾一貫しないものだからなのか。

意思によって社会が改革可能ならば、大いに改革すれば良いと思うのだが。いかなる改革にも反対するのが、保守派の保守派たる所以なのだろうか。

2004-06-12

昼一茶。

取り敢えず、サクランボの高級品種は佐藤錦と。作ったのは佐藤栄助氏。

花へんろは、平成8年より以降に作られたということは、せいぜい4、5年前の作品なのか。しかし、敗戦直後の田舎町では、喪服の色は白だったのではないかと思う。

2004-06-10

三菱自動車は、こうも小出しに連日ニュースになると、どんどんブランドイメージが悪くなるばかりだ。いっそ一思いに、とか思わないだろうか。

合計特出生率でよく分からないのは、晩婚化、高齢出産化の影響がどの程度あるか、ということで、第1子の平均出産年齢は03年で28.6歳ということだが、医学の進歩で更に高くなることは考えられるとしても、どこかで高どまるだろうから、その時点で出生率の低下が止まることになるのではないだろうか。

拉致被害者の家族会も、帰ってきた人がいる以上、変わらざるを得ないだろうが、変われば変わったで、いろいろと大変なことであることが予想される。

2004-06-09

映画はどちらかが50歳以上の夫婦に割引をするそうだが、一般的に、必要なのは、新規顧客ではなく常連客にサービスすることではないだろうか。

夜一茶。

オリンピックサッカー組み合わせは、他の組もそれなりに厳しそうではある。

2004-06-08

夜一茶。

皇太子の発言は、表面上は何事もなく終息か。面白くない。

長期金利やや上昇。普通、景気が良くなると税収が伸びて財政は楽になるものだが、今の日本ではそれ以上に金利負担が重くなって財政が悪化する可能性もあるかも。

2004-06-07

長嶋監督は、スポンサーの関係で、辞めたくても辞められない、という事情がある可能性もあるらしい。

夜一茶。

加害者が詩を書いていたからといって被害者の父親も詩を綴って良いということはない。

2004-06-06

漫画喫茶に行ったら置いてあったので読み始めた『NANA』は、一巻の途中で挫折。少年誌に載っていそうなラブコメとどこが違っていて駄目なのかはよく分からないが。

米仏首脳会談でレバノンの話が出てくるのは、よく分からないが、そんなにやばい状況になっているのだろうか。おそらくはシリアに対する牽制に過ぎないのではあろうが。フランスがレバノン&シリアの旧宗主国だから、レバノン&シリアの問題に関してはフランスが中心に、というヨーロッパ外交の考えがいまだに巾をきかせている、ということなんだろうか。フランスがシリアを支配していたのなんて、両大戦の間の短い期間に過ぎない訳だが。

ノルマンディー上陸作戦の記念日が来る度に、仲直りの機会が持てる関係というのは、良いものではあるのだろう。フランスにすれば、恩を売られているだけかもしれないが。

2004-06-05

放火犯に女性が多いという話は聞いたことがないが、そういう説がどこかにあるのだろうか。八百屋お七が女性だったように放火は女性の犯罪、というのだったら、ある種凄い帰納だ。ああ、でも、ペニスを切り取るのは女性の犯罪、かもしれない。

尾瀬ってのは、日光国立公園なのか。日光は栃木県の西の方だから、そう離れている訳でもないのか。

アメリカが駄目になった時、日本はヨーロッパではなく中国に付くのだろうから、今はヨーロッパではなくアメリカを支援しておいて良いのかもしれない。EU+中国=アメリカ、という微妙なパワーバランスになるケースも考えられるが、その場合は、EU+中国+日本>アメリカとかが考えられるから、対処方法はあるだろう。

2004-06-04

殺人事件を受けて、カッターナイフを使ったドラマは軒並み放送自粛か。これからは、現実にはあり得ない手段で殺人が行われるミステリーの需要が高まるかもしれない。

野球五輪チームはもはや完全に長嶋のおもちゃというところか。アメリカも出てこないし、こういう時に限って活躍しそうなのがなんとも。

2004-06-03

朝一茶。

サイトというのは、基本的に自分の出したい面を出し、見せたい面を見せている場である、ということはいえる。しかるにリアルな友人関係においては、自分の出したい面のみを出すということは不可能であるから、サイトをリアルな友人に教えるというのは、危険を伴う訳ではある。しかし、サイトなんて友達にでもアドレスを教えなけりゃ誰もこないよな、というのもありがちな話ではある。

民間企業で保存期間内の会計文書を紛失すれば税務署が黙ってないだろうが、警察の場合は、故意による破棄ではない、で済まされるのか。

TFLO開発中止。日本市場は見捨てた、ということなのか。

年金法案の強行採決は、選挙には影響しない、という判断なのだろうか。つまり、どう選挙に結びつけるかが、岡田代表の腕の見せ所、という訳だ。

2004-06-01

小学校で児童同士の殺人があったことは驚きではないが、たいして田舎の学校とも思えないのに、全児童数が187人というのは、驚いた。やはり少子化の影響なのだろうか。

家族との再会場所に北朝鮮の近くは嫌だろうという蓮池薫さんの説明には説得力を感じた。

東急多摩川線って何だ? とか思ったら、目蒲線はなくなったのか。

副社長から副会長に昇格、というのは何だかよく分からない人事だ。とか思ったら、天下り役人だからなのか。

青島幸男はマジで出馬か。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20040602k0000m040108000c.html

「双方の言い分に食い違いがあり、示談金交渉をしていたので推移を見守っていた。逮捕には驚いている」、というのは、どこまで正確に伝えられているのかは分からないが、隠蔽があるに違いない。片方が、本当に何もやっていないと主張し、且つそれを認めるのなら、示談金も糞もないだろう。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20040602k0000m040057000c.html

ただ、細田長官は会見で、「その後はやりとりになる。ジェンキンスさんの意向もある。意思疎通を図ることは必要だ」と述べ、選択肢として北京を完全に排除していないとの立場も説明した。

細田官房長官の発言が、何故曽我ひとみさんと家族との再会場所に北京を排除しないことの説明になるのかは、ちょっと分かりにくいと思うが、テレビニュースを見る限り、北京の可能性はないのか、という記者からの質問に対して、こう答えていた。そのやり取りを記事にすると、こういう風になる訳だ。阿吽の呼吸というところか。

 |