小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2005-09-06

梶原一騎伝 夕やけを見ていた男』

斎藤貴男

文春文庫

ISBN4-16-744304-X

梶原一騎の評伝。

私には余り好きになれるタイプの本ではなかったが、全体的には普通の評伝だといえば普通の評伝なので、興味があるならば読んでみても、という本ではないだろうか。

薦めはしないが、特に悪いというものでもないと思う。

私が好きになれなかった理由は、一言でいえば、この腐れ左翼が、という感じか。良くいえば感傷的、悪くいえばナイーブな感じのする本。文庫あとがきの最後のところに、「人間が人間であることができた時代を惜しんで」などと書かれているように。

(どっちかというとこういう科白は腐れ保守が吐くものだろうが、そこが腐れ保守と腐れ左翼は紙一重というか、斎藤貴男が文春と岩波の両方に書ける所以なのだろう)

私は梶原一騎にそれ程の思い入れはないし、本書を読んでも好きになれるタイプの人ではなかったので、著者の梶原一騎に対する共感に共感できない、という感じもある。

だから私としては薦めないが、それでも読んでみたい人には、特に悪いというものでもないのではなかろうか。後は御随意に、というところだろう。

 | 
Connection: close