小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2005-12-24

プリオン説はほんとうか? タンパク質病原体説をめぐるミステリー

福岡伸一 著

講談社ブルーバックス

ISBN4-06-257504-3

BSE等の伝達性スポンジ状脳症のプリオン病原説を批判的に検討して、他の可能性を追求しようとした本。

批判的に検討、ということで、良くいえば確かにその通りであるが、エキセントリックな感じもする本か。

何というか、保険外交員の営業文句を聞かされているような感じ。病気になるかもしれません、事故にあうかもしれません、火災が起きるかも、地震が起きるかもしれません、何もかもが悪い方に向かっています、今すぐ契約書にサインを。

そういうもので良いというのなら、それなりには面白い本だと思うが、私には辟易する部分もあったので、人様に薦めるには問題含み。

それでも読みたいのならば読んでみても、というところだろうが、敢えて薦める程ではないと思う。

メモ1点。

バイオアッセイとは、病原サンプルを希釈しながら実験動物に接種し、半数が発症した濃度を感染単位1として、元のサンプルの感染力を調べる方法である。

 |