小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2006-04-18

中国が、日本が主張する経済水域に航行禁止区域を設けた件で、あっさり引き下がったのは、結構拍子抜けだが、予め無理筋だと思っていたのなら、元々どういう意図があってやったのだろう。

単に日本側の反応を見た、というのなら、これまでのガス田の経緯を考えればすんなり通るはずがないと分かりそうなものだし、こういうのは、前例として、後々に響くのではないのだろうか。

中国内部に強硬派と宥和派の路線対立があるのか。あるいは、本当にただのミスだったのか。

完全に見込みのない無理筋なので、捨て駒として使った、ということなら、中国は日中関係が緊張することに利を見出している、ということなのだろうか。考えるに、つまりはアメリカ向けで、日中間がごたごたしていた方が、アメリカが中国に対して宥和的になり、アメリカを御しやすい、ということなのだろうか。

思春期の危機をどう見るか』

尾木直樹著、岩波新書)を拾い読みした。

(一応、第1章まではまともに読んだが、挫折したのでその後拾い読み)

基本的には、よくある岩波新書の、勝手にやっていて下さいという左翼本。

佐世保で起きた同級生殺害事件における行政の対応を批判した部分は、堂に入ったものではあったが、流石は左翼本、というところなのだろうか。

思春期というものに興味があったので手に取ってみたのだが、その点に関しては、余り特別なことは書かれていなかった。

 | 
Connection: close