小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2007-02-22

『入門 たのしい植物学 植物たちが魅せるふしぎな世界』

田中修 著

講談社ブルーバックス

ISBN978-4-06-257539-3

植物学エッセイ

大体のところ別に普通にありそうな植物学エッセイで、書き慣れていて読みやすい感じはあるので、エッセイとして悪くない本ではないだろうか。

ブルーバックスというより講談社文庫で出した方が、多くの人に読んでもらえそうな、という感じの本。私には結構面白かったし、それなりに楽しめる本ではないかと思う。

興味があるならば、読んでみても良い本だろう。

以下メモ

リンゴやナシ等の果樹は、自分の花粉では種ができないので、異なる品種の花粉を人工受粉させる。果実は、受粉した種の遺伝子ではなく母樹の遺伝子によって作られる。

トウモロコシ等では、他品種の花粉を受粉すると実の性質が変わってしまうので(この現象をキセニアという)、違う品種のものは離して栽培する。

・植物の花や実にある色素には抗酸化作用があって、紫外線によってできる活性酸素から子孫を守る働きをしている。それを人間が美味しくいただくと、何とかには抗酸化作用があって健康に云々、という話になる。

 |