小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2007-07-17

ちなみに私が15歳の頃は、25歳まで生きられればいいと思っていた。

20歳の頃は、35歳まで生きられればいいと思っていた。25歳の頃は、45歳まで生きられればいいと思っていた。

定量的なデータを持ち合わせている訳ではないが、若い、ということは、永遠今日を生きている、ということであるから、こういう傾向は(少なくとも近代以降は)基本的にそれ程変わりがないのではないだろうか。

私より上の団塊の世代を見ても、安保騒動なんていうのを、この先30年50年生きるつもりでやっていたとはちょっと思えないし、その上の戦中・戦前派ともなれば、20歳の頃は21、2歳まで生きられればそれこそ文字通り御の字だった訳だが、果たしてそれが時代のせいとのみいえるのかどうか、寧ろ若い精神構造のあり様というのが、そういう刹那的な考えと親和的だったのではないだろうか。

若い頃は、人生が短い、とは思わなかったし、短くても別にかまわないと思っていた。でも今は、人生は短いと思うし、それが惜しいとも思う。多分、年を取った私は、もはや永遠の今日を生きてはいないのだろう。

cfhttp://d.hatena.ne.jp/orangestar/20070716/1184526842

 | 
Connection: close