小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2007-10-30

『近代科学の源流』

伊東俊太郎 著

中公文庫

ISBN978-4-12-204916-1

中世西欧科学史について書かれた本。

一応、タイトルにもなっているように、近代科学の源流を探るというモチーフはあり、完全に通史という訳でもないが、選択にあたっては、ほぼ通史、と考えておいた方が良い本か。

堅めだし、直線的にテーマが論じられているのでもないし、面白おかしいトピックスがあるのでもないので、必ずしもそう単純に楽しめる本でもないと思うが、中世西欧科学の通史で良ければ、読んでみても、というもの。

著者は、中世の科学が近代科学を準備し、アラビア科学が中世科学を準備し、ギリシャ科学がアラビア科学を準備したというが、そのギリシャ科学を、オリエントの科学が準備した点には全く触れられていない、とか、ガリレオ実験は再現不可能らしい、とか批判もできるが、中世西欧科学史としては、こんなものなのだろう。

読み物としてそう面白いものでは余りないと思うが、通史で良ければ、読んでみても、というところ。

読んでみたいのならば読んでみても、という本だろう。

以下メモ

・まだ余りローマ化されていなかったイギリスにおけるキリスト教の布教は、ギリシャ・ローマの進んだ科学知識を同時に注入することによって行われたので、中世初期には多くの優れた知識人がイギリスから出た。カロリングルネサンスが、ヨークからアルクインを招くことによって巻き起こったのは、そのためである。

・古代ギリシャの自然観では、神、人間、自然は同質のものだったが、中世ヨーロッパのキリスト教社会では、これらの間に、創造主である神と、被創造物である人間、更にその人間が利用するために創られた自然、という階層ができた。人間が自分とは異質の自然を支配し、利用することは、近代に入って登場した機械論的世界観によって貫徹された。

2007-10-25

数学する精神 正しさの創造、美しさの発見

加藤文元 著

中公新書

ISBN978-4-12-101912-7

数学に関して書かれたエッセイ

内容云々は措いといて、選択に当たっては、数学に関して書かれた試論、とでも考えておくのが良い本か。

(内容としては、大体において、パスカル三角形を色々に拡張していったものであり、主題的には、人間と(数学的)意味、というようなことが書かれている)

はっきりとしたテーマや特別な内容はなく、茫洋とした感じの本ではあるが、別に悪い本ではないと思うので、中公新書で数学に関して書かれたものを読んでみたい、と思えるくらいの人ならば、読んでみても、という本。

数学者神秘主義の思考理由の一端が垣間見られたし(美しいものは正しい!)、個人的には、それなりに楽しめた。

興味があるならば、読んでみても、という本だろう。

メモ1点。

・古代ギリシャ人にとって、数は、完全に抽象的な記号ではなく、具体的な事物に即したものだったから、数の計算にも具体的な事物と関連の深い図形が用いられた。

2007-10-24

ふるさと納税制度

が出身地でない場所への納税を可能とする制度になるのだとすると、マスコミの注目を集めることに成功したごく少数の自治体のみに専らお金が流れることが想定されるから、自治体の首長には、予めマスコミの注目を浴びやすい有名人タレントがなることが増える、だろうか。

2007-10-20

火山噴火 予知と減災を考える』

鎌田浩毅 著

岩波新書

ISBN978-4-00-431094-5

火山に関しての入門概説書。

入門概説というか、ガイドブックみたいな感じの本か。

火山噴火の種類や減災について等、火山に関する様々なことが手堅くこぎれいにまとめられたもので、その分、インパクトや厚みのある面白さといったものはないが、手際良くまとまっているので、入門概説書で良ければ、読んでみても、という本。

私としては、もう少し深みのある方が面白いという気がするのだが、それは、夏は冬に憧れる、というようなものか。手堅くまとまっているので、火山に関する入門概説としては、これでこんなもの、というところなのだろう。

特別ではないが、悪くもない本。

興味があるならば読んでみても、というところだろう。

以下メモ

・噴煙柱が高く立ち上るのは、噴火によって熱せられた大気の上昇気流による部分が一番大きい。

マグマが上昇してきて火山の岩石の温度がキュリー温度を超えると岩石の磁化が消えるため、磁力を計測することによって、噴火予知に役立てることができる。

また、マグマは固まった岩石に比べて電気を通しやすいので、地中の抵抗を調べることによって、噴火予知に役立てることもある。

2007-10-19

一番北は北極圏、

一番南は南極圏。では東京があるけんは?

2007-10-18

非線形科学

蔵本由紀

集英社新書

ISBN978-4-08-720408-7

複雑系に関する科学読み物。

細かくいうなら、非線形現象についての数理モデルに関して書かれたものだが、大体のところ、複雑系についてのありがちな本、と考えておけば間違いないだろう。

そうしたもので良ければ、読んでみても、という本か。

私は複雑系の本で余り当たりを引いた試しはなく、本書もその例外ではなかったのだが、別にありがちといえばありがちな複雑系の本だと思うので、これで面白い人には面白いのだろう。

本書を読んで一つ思ったのは、複雑系というのは、ありふれたあたりまえの日常現象を数理モデルで表現できるところが面白いのではないだろうか。一般向けの解説書だと数理モデルを表現するのにはどうしても限界がある訳で、そこのところが分からないと、私のように、テーマが、あたりまえのことはあたりまえのことだ、というものであると思えてしまうのではないだろうか。

だとするなら、数学抜きの説明で複雑系の背景にある数理モデルに想いをはせられる人には、複雑系の本は面白いのかもしれない。

複雑系の本としては、標準以上ではあっても、標準以下ということはないと思うので、複雑系の本が楽しめる人なら、本書も楽しめるのではないだろうか。

興味があるならば読んでみても、という本だろう。

2007-10-16

開運!なんでも鑑定団で、

説明VTRが長い場合はホンモノ、という法則を思い付いたが、当たっているかどうかは知らない。

2007-10-13

一般的にいって、女性

というのは男性の目から見てグロテスクだとされることが多いように思うが、考えてみれば、これは少し妙なことのように思われる。

普通に考えて、動物のオスというものは、同じ種の(発情した)メスの女性器を見た時に性的に興奮するように進化するものではないのだろうか。ヒトのオスは、女性器を見て性的に興奮するようには進化してこなかったのか。

やはりモリスのいうように、直立歩行を始めた時に、見え難くなった臀部ではなく正面から見えるようになった乳房が、オスの性的興奮を誘うものになったのだろうか。

(ヒトの赤ちゃんは生後すぐに立ち上がることはできないくらい未発達の状態で産まれてくるので(でなければ巨大化した脳が産道を通らなくなる)、造乳機能強化のためにより大きな乳房が必要になったのではないか、とも考えたが、サルチンパンジー授乳期間も数年に及ぶそうなので別にヒトの授乳期間が長い訳ではなく、乳房に蓄えられた脂肪が直接母乳の素になる訳でもないので、女性の大きな乳房が機能的に求められたということはないだろう)

乳房が大きくなるのは、発情期でなく妊娠・授乳期にいることのサインなので、性的にオスを誘うしるしにはならないという意見もあるが、よく分からない。ヒトに何故発情期がなくなったのか分からないし、何故女性器とは別のしるしが必要になったのかも分からないからである。

直立歩行によって見え難くなったといっても、そこまでヒトのオスの観察力が散漫だとは思えないし、チンパンジーのメスは発情すると女性器を見せてオスを誘うらしいから、ヒトのメスも女性器を見せてオスを誘えば、少々見え難かろうが、ヒトのオスが女性器を見て興奮するので良かったのではないか。

発情期を捨てる直前のヒトの祖先が何を発情のしるしにしていたか分からないので憶測になるが、ヒトは、発情のしるしを捨てた時、(発情した)女性器を見て性的に興奮することも捨てたのだろうか。

ヒトに何故発情期がなくなったかについては、発情期がなくなることによっていつでも繁殖が行えるようになり繁殖力が上がった、という説明があるが、私にはその根拠もよく分からない。現世人類排卵は、チンパンジーとの大きな違いはなく、約一ヶ月周期なのだから、セックスによって排卵が誘発される場合もあるらしいとはいえ、メスが排卵期に合わせて発情していた方が、繁殖力は寧ろ高いのではないか。

ヒトの祖先は、高い繁殖力を犠牲にして、発情期を捨て、繁殖を目的としないセックスを多く行うようになったのであり、繁殖を目的としないセックスにおいては、メスが妊娠・授乳期にいることのサインは、性的興奮を促すのに何の妨げにもならなかったのではないだろうか。

2007-10-12

イヌからネコから伝染るんです。

藤田絋一郎 著

講談社文庫

ISBN978-4-06-275851-2

人畜共通感染症に関して書かれた本。

回虫がいなくなってアレルギーが、とか、伝染病に強いO型は外向的だ、とかの、例によって例の如くの部分もあるが、基本的には、人畜共通感染症に関しての啓蒙読み物、と考えて良い本か。

いろいろと著作のある人の本なだけに読みやすいし、知っておいて損はないことだろうから、興味があるならば、読んでみても良い本だと思う。

後は普通の啓蒙読み物。そう特別でもないが、興味があるのなら、読んでみても良い本だろう。

2007-10-10

幻想未来/文化への不満』

フロイト 著/中山元

光文社古典新訳文庫

ISBN978-4-334-75140-1

フロイトによる宗教批判を集めた論集。

『幻想の未来』『文化への不満』と、『人間モーセ一神教』の一部を訳したもの。

全体的に、精神分析をある程度知っている人が、興味を持つのならば、読んでみても、というような本か。

文章は、酷く堅くはないものの、翻訳調文体だし、所々分かり難い箇所があるし、精神分析を知らない人にはよく分からないだろうし、特に薦める程のものではないと思う。

分かり難いのは、フロイトのせいなのか、時代のせいなのか、翻訳のせいなのか(訳文について一つだけ悪例を挙げておくと、「ユダヤ人大量虐殺したことも、キリスト教徒にとって中世をより平和で、安全にする力はなかったのである」などと書かれている)。基本的な部分でも、宗教という筋立てと文化という筋立ての二本の筋があるのだが、その論理的な関係が、私にはよく分からなかった。

酷く悪くもないが、特別に良くもなく。

それらについて織り込める人なら、読んでみても、というところだろう。

ちなみに、『幻想の未来』と『文化への不満』の簡略な粗筋は、以下のようなもの。

人間は誰しも自分の欲求をすべて満たしたい生き物だが、現実にそれを実現することは無理だし、少しでも多く満たすためには、他者との協同生活を営み、協同生活の掟である文化の中で暮らしていかねばならない。

文化は人間に多くの欲望の放棄を求めるので、人間には、文化に対する不満が、本質的にある。

(フロイトは、文化は客観的には人間に利をもたらすものであるから、それに対する不満が本質的に存在するのは奇妙なことだという。文化が満たすのはエロス的な欲望であり、タナトスの方は、文化にとって最大の敵であるから、抑制されるタナトスが、文化に敵対するのである(ただし、フロイトは、個人の幸福と社会との敵対が、エロスとタナトスの対立から生まれたのではない、と書いている。抑圧されたタナトスは、超自我となって、自我という攻撃目標を、文化によって得る))

文化が、人間の持つ文化への敵愾心を和らげ、人間に保護を与え、人間に望ましくない欲望を放棄させる重要な手段として、宗教が使われてきた。

宗教は、無力な幼児が親の庇護を求めるように、外界の庇護を求める人間の欲求が生み出す幻想なのである。

フロイトは、

原初の社会では、年長の息子には父との対立から過酷な運命が待っており、父の老衰活用できる年少の息子が父の代わりに地位を得ることができたので、その残照が様々な伝説に残っている、と書いている。

日本書紀』を読んだ時に、弟が跡を嗣ぐ話が多い、と感じたが、これもその一種なのだろうか。

2007-10-08

秋華賞のテレビCMは、

例によって例の如くの予想行為だった。

ダイワスカーレットは来ないのだろうか。

今年は、でもそんなの関係ねぇ〜、とかいって突っ込んでくるかもしれないが。

10月20日付記:結局突っ込んできた上に、菊花賞のCMも使い回しだった)

2007-10-05

『高いところが好き』

田部井淳子

小学館文庫

ISBN978-4-09-408206-7

著者が7大陸最高峰に登頂した時のことを綴った体験記。

(7大陸というのは、ユーラシア大陸をアジアとヨーロッパとに別けている。ヨーロッパ最高峰はロシアにあるエルブルース。オセアニアの最高峰は、オーストラリア大陸にではなくニューギニア島にある)

基本的には、登頂時のことをメインに書かれた紀行文的な本で、さくさくと読めるし、7大陸の最高峰を制覇するなんていうことは誰もができることではないだろうから、割と面白い本だと思う。興味があれば、読んでみても良い本。

ただし、多分エベレストに登ったことだけでも十分一冊の本にできる訳で、一冊の本で7つの峰というのは、やや詰め込み過ぎの感がなくはない。その分、準備の話や後日談をはしょって、登頂メインに書かれているのだろうから、前後のことはいいから登頂時の話だけを知りたい、という人には、かえって良い本なのかもしれないが(だから、文庫化に際して一章を追加したのは、この本の特質とは合っていないともいえる)。

私としてはもう少しゆったりとしたものの方が好みではあり、この著者が他に本を書くのなら、そちらの方が良さそうな気はするのだが、これはこれでこうした本なのだろう。後は、そうしたもので良ければ、楽しめる本だと思う。

興味があるならば、読んでみても良い本だろう。

2007-10-02

スポーツニュースは恐い 刷り込まれる<日本人>』

森田浩之 著

NHK生活人新書

ISBN978-4-14-088232-0

スポーツニュースが、いかに社会の主流派のイデオロギーを垂れ流しているか、ということについて書かれた本。

内容的にもテーマ的にも、人文系読み物としてありがちといえばありがちな本なので、そういうものが良ければ、読んでみても、という本なのだろうか。

凡夫の中で我一人目覚めている、というような態度があって、私は好きになれる本ではなかったが。国連に加盟していないと書かれている北朝鮮もスイスも国連加盟国だし。

全体的には、ファンの人が読むような本だと思うので、気にならない人ならば、面白く読めるのだろう。

積極的には薦めないが、読んでみたければ読んでみても、という本だと思う。

以下メモ

女性アスリートは、愛称で呼ばれ、格下扱いされることが多い。Qちゃんこと高橋尚子選手に人気があったのは、小出監督との関係が、擬似的な父娘関係になぞられたからかもしれない。

共同体を作る上で欠かせないのは、時間と空間を共有することである。

・エドゥアルド・アルチェッティという人は、華麗で創造的というアルゼンチンサッカースタイルが、アルゼンチン男性に対して労働や規律より華麗な創造性を尊ぶように影響を与えた、と論じている。

・世界レベルとか世界に挑むとかいわれる時の「世界」は、二項対立としての「日本」がその対極として想定されている。

 | 
Connection: close