小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2007-11-09

『ナツコ 沖縄密貿易の女王』

奥野修司 著

文春文庫

ISBN978-4-16-771747-6

密貿易の大立者を軸に、密貿易が盛んだった敗戦直後の沖縄の世相状況を描いた本。

当時を知る人物に取材して、その大立者、金城夏子の生涯を追い、彼女が生きた時代を浮かび上がらせたノンフィクションで、ややまとまりがないので、一冊の本としては必ずしも良い出来だとは思わないが、素材そのものが珍しいし面白いので、興味があるならば読んでみても良い本か。

全体的に、やや方向性もなく、何でも詰め込み過ぎであり、もう少し絞れるように思うし、ライターとしては、文章が後一歩、という感じもしないでもないが(一例だけ挙げておくと、「当時は潮風で板戸や柱はささくれ立った家並みが、いかにも漁師の町といった風情を漂わせていた」とか)、絞ったからといって必ず面白くなるというものでもない訳だから、ノンフィクションとしては、こんなもの、といった本ではないだろうか。

後は素材勝負ということになるが、ごく近い時代の一応は日本の話でありながら、余り知られていないことで面白く、素材の面白さも十分に伝えられているだろうから、その点では、良い本ではないかと思う。

ややまとまりはないが、割と面白いノンフィクション。

興味があるならば、読んでみても良い本だろう。

メモ1点。

・アメリカ軍が沖縄に基地を建設するにあたって、インフレを防ぐために沖縄で流通していたB円を日本円に対して高く設定した結果、日本から割安の製品が流入して、沖縄経済は生産に不向きとなり、基地依存型の経済となった。

 | 
Connection: close