小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2008-03-24

チベット騒動では、

自民党から何らかの決議案を衆議院に提出する動きがあっても良さそうに思うが、余りそういう話は聞かない。

そんな決議案を出されて一番困るのは多分日本政府だろうから、きちんとコントロールされているということなのか、日本政府から自民党に、それに見合った利が出されているということなのか。そんな利を要求するのは下っ端の鉄砲玉の仕事だから、衆議院議員が直接動くことはないのかもしれないが。

そういえば、参議院では民主党が過半数を占める第一党なのだから、従軍慰安婦問題に対しての謝罪決議とか謝罪要求決議とか、米兵が起こした事件に対する何からの決議とか、やりたい放題のように思うのだが、今のところは余りそういう動きもないようだ。

それは、小沢民主党の限界を示しているのか、あるいは、健全さを示しているのだろうか。

最近

福田内閣の支持率が下がってきているみたいだが、現在衆議院で圧倒的な多数を占める自民党としては、衆議院の解散総選挙は来年任期切れ直前までしたくないだろうから、結構なオンボロ御輿になっても、来年の春までは担ぎ続けるのが得策、というものではないだろうか。

そしてトップの首をすげ替えて、化けの皮が剥がれない内に選挙戦に突入、と。

民主党としてはそれは避けたいところだから、攻勢を強めればそこまでは持たないかもしれないし、一年使い捨てにできる人がいれば、それもありだが。

あるいは、国会のねじれ状態が来年まで続いて政治が不安定になると、自民民主の既存政党両方に向かい風となって、無党派層が広がり、ここで一気に小泉新党、という可能性もあるのだろうか。

今は小泉路線格差拡大の元凶とされていて評判が悪いが、小沢氏が新党を作る訳にはいかないだろうから、インパクトのある新党を作れるのは、結局小泉氏しかいないのではないか。細川さんみたいな人が誰かいるのだろうか。菅氏辺りが、小沢路線と決別して、というのはありかもしれないが、新党を作る資金力はなさそうだ。

 |