小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2008-04-01

四月に入って、

ビジネス街では新入社員らしき人の姿を見かけるようになったが、誰が新入社員であるか、ということは、基本的には服装によって判別する部分が大きい訳で、服というのは、このようにメッセージを発しているのだ、ということが分かる。

しかるに、他人に余り関心がないオタクの私は、他人が新入社員かどうかに別に関心はないし、他人がどんな服を着ているのかにも関心がない。

このことを鑑みるに、けだし、ファッションとは服装によってメッセージを発することであり、(他人の)服が発するメッセージを読み取ることに関心がない人が(自分の)服が発するメッセージをコントロールすることは原理的に無理だろうから、オタクを他人に余り関心を持てない人、と定義できるのなら、オタクは、自然状態として、服装に無頓着であり、アキバ系ファッションがよく似合う人、なのではないだろうか。

ちなみに、

斎藤環氏はオタク二次元で抜ける人と定義したのであるが、三次元の人が何らかのメッセージオーラのように放っているのだとするならば、オタクではない人は、そのようなメッセージを放っていない二次元では抜けない、という可能性もあるのだろうか。

(他人に関心がない人は他人が放つメッセージにも関心がないだろうから、他人に関心がないオタクは、二次元と三次元におけるそのようなメッセージの差異に無頓着である、と考えられよう)

cf:http://d.hatena.ne.jp/sarasate/20060603

 |