小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2014-01-22

フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか』

浦久俊彦 著

新潮新書

ISBN978-4-10-610547-0

フランツ・リストの評伝。

完全な伝記ではなく、いくつかのモチーフに分けてリストの生涯を素描したものだが、ほぼ評伝と考えていいと思う。

新書レベルの評伝としては、大体こんなもの、という感じの本か。

軽くて読みやすい本だし、ちょこちょこと面白い部分もあった。

興味があるならば読んでみてもよい本だろう。

以下メモ

・技巧は、たいしたものではないが、確かな効果がある。

ピアノの白鍵は、象牙によって美しく飾られたピアノの商品価値を示している。

2014-01-10

放棄

私たちはどう生きるべきか』(ピーターシンガー 著 ちくま学芸文庫)を二章までで放棄。

政治的アジテーションの書。

主張内容は、何もかもが悪い方向に向かっている、今すぐ倫理的に生きるんだ、というところか。

ひょっとしたら著者が正しいのかもしれないが、原著出版から二十年経って、必ずしも何もかもが悪い方向に向かったのではないと分かっている現段階で(いやまあ悪い方向に向かったのかもしれないが)、そんな主張を読まされても、という感じ。

まともに取り合うべきかどうか大いに疑問だと思う。

疑問を感じないのはおかしいんじゃないだろうか。

2014-01-06

英雄なき島 硫黄島生き残り元海軍中尉の証言

久山忍 著

光人社NF文庫

ISBN978-4-7698-2811-2

硫黄島で戦った海軍中尉から聞き書き

基本的にほぼ従軍体験記で、硫黄島は生き残りが少ないので貴重ではある。興味があるならばお薦めできる本。

第三者ライターがまとめているから読みやすいし、実際に体験してきた人の証言はやはり強い。

栗林中将も部下に威張り散らす「典型的陸軍型の将校」とか。ただ、典型的な陸軍型将校が今の時代もう分からないよな。

経験そのものが貴重だし、よくできた従軍戦記だと思う。

興味があるならばお薦めしたい。

以下メモ

・指揮系統がしっかりあるなら総攻撃は行われない。総攻撃とは、指揮を執れなくなったので勝手に死んでこいという命令である

・将校は後ろで指揮を執るので、先頭に立って突撃したりはしない。

・硫黄島で日本軍組織的な戦闘が行われたのは最初の数日だけで、後は防空壕にこもってひたすら隠れていた。

 |